ワイマックスの価格比較におけるポイントを詳しく解説

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

WiMAX
プロバイダ
料金
WiMAXの料金比較ポイント〜プランやキャンペーン詳細情報〜
WiMAXの料金(価格)関する疑問を全て解決

WiMAXの料金は安い!
23社料金比較で分かるおすすめプロバイダ


「WiMAXって最近よく聞くけど、どのくらいの料金で使えるの?」
「料金比較をしたいけど、契約先が多すぎて全部比較できない…」

あなたもこういった点でお悩みではないでしょうか?WiMAXには契約先が20社以上あり、各契約先によって月額料金も3,000円〜5,000円と大きく異なります。さらには、月額料金だけでなく、ルーターの購入費用や初期費用を考えて料金を見なければなりません。

こういったWiMAXに関わる全ての料金を加味して算出した「実質料金」で比較することが大切です。加えて、実質料金以外にも料金比較のポイントやルーターの価格など、知っておきたい情報がいくつもあります。

今回は、そういった料金に関わる全ての情報を解説。必ずWiMAXの料金の仕組みからどこで契約すれば安いのかまで必ずお分かりいただけます。こちらを読んで、安心してWiMAXを契約していただけると幸いです。それでは、まず料金比較する上で知っておきたいポイントについてお話します。


この記事を書いたのは…

運営者大先生

大先生

WiMAXかけては大先生と呼ばれるほどプロ級の知識の持ち主。「WiMAX販売のプロになれる」と豪語する弱冠21歳の担当者だ。これまで1年半余りWiMAXを比較研究してきた実績を持つ自らもWiMAXを利用するほど愛情を傾けている。読者の方に必ず最もおすすめのWiMAXを届けることが信条。


まずは確認!WiMAX料金比較のポイント4選

冒頭でもお伝えした通り、WiMAXを比較する際の重要ポイントは料金です。では、なぜ料金比較が重要なのか、そして料金を比較する上で重要となるポイントは何なのか?こちらをまずはお話していきます。WiMAXの料金比較ポイントは下記の4つ。

  • WiMAXのプラン
  • 月額価格やキャッシュバックキャンペーン
  • オプションについて
  • 料金の支払い方法について

これらが、料金比較の前に押さえておきたいポイントとなります。上記の内容を詳しく確認していく前に、なぜ料金比較が重要なのか確認していきましょう。

なぜ料金が重要なのか?

WiMAXには、UQ以外にも20社以上のプロバイダがあります。そして、各社が全く違う料金プラン、キャンペーンで提供しているためそれぞれのプロバイダで料金も大きく異なります。後述する表を確認すればご理解いただけますが、WiMAXの月額料金は3,000円〜5,000円程度と非常に幅広いレンジで推移しています。

このプロバイダによる料金差があるので、料金比較がポイントになるわけです。続いて、プロバイダと聞くと速度に関わるイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?確かに、料金を比較していくら安くても、使いものにならなければ契約する価値がありません。

しかし、WiMAXにおけるプロバイダは速度に一切関係無く、料金体系がそれぞれ異なるだけです。(固定回線のプロバイダは速度にも大きく関係しています)WiMAXは、UQが回線もインターネットに接続する役割も全て保有しているので、プロバイダは単純な販売代理店だと言えます。

つまり、WiMAXの速度はプロバイダによって変わらないので、「実質料金」で比較して安いところと契約すれば必ずお得に契約できるというわけです。それでは、上記で上げた比較ポイント4つを順番に解説していきます。

WiMAXのプランをチェック

WiMAXには、利用量に応じたプランが存在します。固定回線とは違い、WiMAXは完全無制限で使えるものではありません。よって、料金プランもスマホと同じように利用可能データ量が設定されており、それを超えた場合速度制限が発生します。

ただ、スマホの料金プランと異なる部分もあるので、下記の料金プラン比較表をご確認ください。

WiMAX料金プラン

プラン 7GB ギガ放題
料金 3,696円(UQ) 4,380円(UQ)
データ量 月間7GB 直近3日間で10GB(実質無制限、月間約100GB)
速度制限 上記データ量を超えた場合、その月は速度制限が発生する 上記データ量を超えた場合、その翌日の夜間(18時〜翌2時頃)のみ速度制限が発生
LTEオプション 3年プランなら無料
プラン変更手数料 プロバイダによる
※LTEオプションとは、本来WiMAX2+回線のみで通信するWiMAXをauの4G LTE回線と融合させて速度を高速化するオプションのこと。

上記が、WiMAXの料金プラン比較になります。WiMAXには、月間7GB制限のプランと実質無制限のギガ放題プランがあり、圧倒的に人気があるのは後者のプランです。

というのも、WiMAX以外のポケットWiFiなどではスマホと同じ月間○○制限というプランが多いので、速度や料金は満足できるけど十分に利用できないという方がいるから。ギガ放題は、月間での利用量制限が無く、使いすぎたと思っても1日我慢すればすぐに速度制限が解除されます。

さらに、料金プランも7GBプランと比べ600円程度の差なので、WiMAXを契約するなら必ずギガ放題がおすすめです。WiMAXは一般的に3年契約なので、LTEオプションは無料で利用できます。

月額価格やキャンペーンに騙されるな!

WiMAXでは、キャンペーンを行っているプロバイダがたくさんあります。月額料金割引やキャッシュバックなど、様々なキャンペーンを行っていますがそういったキャンペーンに惑わされてはいけません

例えば、A社は月額料金5,000円、キャッシュバックが74,000円だったとしましょう。しかし、B社は月額料金3,000円でキャッシュバックは無しです。このときどちらが実質料金で安いのでしょうか?(どちらも3年プラン)

実は、キャッシュバック無しの方が安いです。

A社…5,000円×37-50000=135,000
B社…3,000円×37=111,000

確かに、よくよく計算してみれば分かるものです。しかし、キャッシュバックの金額が大きいとどうしてもその金額に目が行ってしまいます。また、この例の逆で月額料金が安いからと言って必ず実質料金が安いとも限りません。

よって、必ず全ての数字(月額料金、キャンペーン、初期費用など)を計算に入れて比較することが大切です。

オプションに注意!

WiMAXには、各プロバイダが提供する様々なオプションがあります。基本的に契約したくなければ、わざわざオプションを追加する必要はありません。しかし、キャンペーンによってはオプション契約が必須になる場合も。

もし、そういったプロバイダと契約する場合は、申し込み後すぐオプションを解約することをおすすめします。一般的に申し込み時の加入が条件となっているだけで、無料期間中に解約できるので心配ありません。

料金の支払い方法について

料金の支払い方法も必ず確認が必要です。というのも、クレジットカードでの支払いのみ可能というWiMAXプロバイダが多いから。多いと言うより、ほとんどすべてのプロバイダがクレジットカードでの支払いです。ちなみに口座振替できるのはUQ、BroadWiMAX、BIGLOBEの3社。

もしかしたら、クレジットカード払いに不安を感じる方も多いのではないでしょうか?しかし、WiMAXの支払いをクレジットカードにするメリットが、あなたと業者双方にとって大きいからクレジットカードによる支払いになっています。

業者側のメリット

  • ユーザーの信頼性の担保に時間をかけなくて済む
  • クレジットカードの審査に通っている信頼に値する人間だとわかるから


  • 料金の滞納問題が出ない

あなたのメリット

  • とにかく申し込みから契約までが早い
  • 口座振替にする場合、本人確認に2週間〜4週間かかり、口座振替できるまでにも時間がかかります。発送はそれらが全て終わった後です。クレジットカードなら、遅くとも1時間以内に契約が完了するのですぐに利用できます。


  • 手数料を取られない
  • 毎月少額ではありますが口座振替手数料を取られます。また、キャンペーンを適用できないこともあり、大きく損する可能性が高いです。


上記のようなメリットがあります。クレジットカードを持っていない方は別ですが、持っている方であれば確実にクレジットカードでの申し込み一択です。クレジットカードでも口座振替でも、毎月同じ金額が口座から引き落とされるだけなので仕組みは変わりません。

また未成年の方は、クレジットカードを持っていない場合も多いかと思います。ただ、未成年の方はいずれにせよWiMAXを申し込めないので注意しましょう。(BroadWiMAXは保護者の方の同意書があれば契約できます)

ここまで、料金比較のポイントを詳しく解説してきました。次項では本題のWiMAX実質料金比較をお伝えします。あなたが最もお得に契約できる内容を盛り込んでいるので早速確認していきましょう。

実質月額価格が安いプロバイダランキング!

WiMAXの料金と聞いて、やはり気になるのは「どこの料金が安いのか?」ではないでしょうか?比較したいとは言っても、20社以上存在するプロバイダを徹底比較するのは骨が折れますよね。そこで、料金が安いプロバイダをまとめました。

前提として、ランキングの比較基準を下記にまとめております。気にならない方は飛ばして結構ですのでランキングにお進みください。

当ランキングの比較基準

  • とにかく実質料金で比較したランキング
  • 実質料金とは、月額料金、キャンペーン、初期費用、その他料金(ユニバーサルサービス料やプロバイダ会員費など)を合算したもの
  • ギガ放題プランのみでの比較
  • ギガ放題の中でも、1つの会社が複数の料金体系やキャンペーンを出している場合は最安値のプランをチョイス
  • キャンペーンは受け取りできるかどうかも加味して算出

WiMAX実質月額料金比較ランキング

※表はスクロールできます
※プロバイダは上から料金が安い順
プロバイダ 実質月額料金 更新月までの総額
キャッシュバック
受け取り○
キャッシュバック
受け取り×
JPWiMAX 3,336円 120,100円
BroadWiMAX 3,361円 124,352円
GMO 3,426円 4,291円 124,352円
@nifty 3,472円 4,286円 128,464円
BIGLOBE 3,497円 4,308円 129,384円
So-net 3,605円 3,605円
DTI 3,608円 133,504円
SIMCHANGE WiMAX 3,653円 135,174円
Asahiネット 3,677円 136,064円
novas WiMAX 3,891円 143,954円
Tikiモバイル 3,992円 143,712円
UQ 4,429円 163,882円
hi-ho 4,103円 163,882円
楽天ブロードバンド 4,108円 151,994円
カシモWiMAX(2年) 4,670円 168,119円
Jcom(2年) 4,326円 108,146円
エディオン 4,408円 163,082円
DiSM WiMAX 4,408円 163,082円
Yamada Air Mobile
(ヤマダ電機)
4,420円 110,498円
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
4,420円 110,498円
ワイヤレスゲート
(ヨドバシ)
4,753円 175,867円
KT WiMAX
(ケーズデンキ)
4,463円 165,134円
au 5,625円 208,134円

今回はWiMAXのプロバイダが20社以上存在すること、それらを比較していることをご理解いただくため23社の比較表を用意しました。(→こちらから上記のより詳しいデータを確認できます)

この結果、JPWiMAXが現在最安値のプロバイダであると判明しました!もちろん他のプロバイダもおすすめ要素がたくさんありますので、それらのプロバイダの料金・キャンペーンに関する詳細情報は追って確認していきましょう。

WiMAXの料金が気になる方の中には、スマホ割が使える固定回線と迷っている方もいるのではないでしょうか?そこで、WiMAXの料金は固定回線と比較しても安いのか確認していきましょう。飛ばしてすぐにおすすめ情報を見たい方はこちらからご覧いただけます。

おすすめプロバイダの料金情報

固定インターネット回線とも比べてみよう

こちらでは、WiMAXの料金を固定回線と比較していきます。私もそうだったのですが、家での利用がメインの場合WiMAXではなく固定回線の方が安いと思っていました。よくWiMAXの方が安いと言われていますが、実質料金差はあるのか見ていきましょう。

固定回線も取り扱っている当サイトだからこそ、両者の正確な料金比較が可能です。ぜひご覧ください。

固定回線・WiMAX料金比較表

プロバイダ 実質月額料金 更新月までの総額 契約期間
JPWiMAX 3,336円 120,100円 3年
ドコモ光 4,620円 118,000円 2年
ソフトバンク光 4,320円 133,000円 2年
auひかり 5,800円 145,000円 2年
※固定回線は全てマンションプラン

上記のような結果となりました。固定回線がWiMAXより高い理由としては、やはり工事が発生するので工事費がかかるという点が上げられます。また、家族でスマホ割などを適用できる場合にはお得ですが、1人暮らしの方はあまり料金割引のメリットがないのでWiMAXがおすすめです。

ちなみに、3キャリアともにスマホ割を適用しても500円程度の割引に留まります。

以上、固定回線とWiMAXの比較をお伝えしました。続いて、先ほど安いランキングで上位にいたおすすめWiMAXの料金・キャンペーン詳細情報を解説いたします。早速確認していきましょう。

おすすめサービス一覧

前述のWiMAXの料金比較ランキングから抜粋して、おすすめプロバイダの詳細情報を見ていきましょう。今回は、TOP3のJPWiMAX、GMO、BroadWiMAX、そして本家のUQWiMAXについて料金やキャンペーンを確認します。

当サイト限定キャンペーンでJPWiMAXが実質料金最安

JPWiMAXの詳細情報
月額料金プラン 1〜3ヶ月目:2,800円
4〜24ヶ月目:3,500円
25ヶ月目以降:4,100円
初期費用 3,000円
実質月額料金(3年) 3,336円
3年総額 120,100円
キャンペーン 【当サイト限定】
Amazonギフト券14,000円分

上記がJPWiMAXの料金・キャンペーン情報となります。JPWiMAXは月額料金が安いのが特徴ですが、何と言ってもAmazonギフト券キャンペーンがイチオシポイントです。

こちらのキャンペーンは、端末が届いたらすぐに申し込むことができるので受け取り忘れのリスクがありません。一般的なWiMAXのキャンペーンは、契約から約1年後などの期間を空けて申し込み時期を設けるため、忘れる人が多く受け取り忘れのリスクがあります。

また、申し込み方法が複雑だったり、申し込み用メールがわかりにくかったり、受け取りを忘れてしまう可能性が非常に高いです。JPWiMAXは、そういった複雑な要素を取り除いたキャンペーン申し込み方法になっているので安心です。

WiMAX料金最安値のプロバイダ詳細

GMOはキャッシュバック最高額

GMOの詳細情報
月額料金プラン 1〜3ヶ月目:3,609円
4ヶ月目以降:4,263円
初期費用 3,000円
実質月額料金(3年) 3,336円
3年総額 0円
キャンペーン 32,000円キャッシュバック

GMOは、業界最高額のキャッシュバックを誇るプロバイダです。現在32,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っております。ただ、このキャンペーンには先ほど申し上げたキャンペーン受け取りの難易度が非常に高くあまりおすすめできません。

受け取りできなかった場合、WiMAXの料金が高く設定されているので大きく損してしまいます。あなたが、こういった点を抜きにしてキャッシュバックがとにかく欲しいということであれば問題ないでしょう。

BroadWiMAXは月額が最安級

BroadWiMAXの詳細情報
月額料金プラン 1〜3ヶ月目:2,726円
4〜24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
初期費用 3,000円
実質月額料金(3年) 3,361 円
3年総額 124,352円
キャンペーン 【当サイト限定】
Amazonギフト券10,000円分

BroadWiMAXも業界最安級の月額料金を誇るプロバイダです。JPWiMAXと同じAmazonギフト券キャンペーンを当サイト限定で行っております。惜しくも実質料金比較では劣りますが、安いWiMAXプロバイダの1つと言えるでしょう。

月額料金を少しでも抑えて利用したい方にはおすすめのWiMAXです。また、持ち運びできるモバイルルーターの最新端末はJPWiMAXでも販売しているのですが、家専用のホームルーターは販売しておりません。

よって、ホームルーターの最新機種(L02)を契約したい方はBroadWiMAXで契約することをおすすめします。

本家UQは意外と高い

UQWiMAX詳細情報
月額料金プラン 1〜3ヶ月目:3,696円
4ヶ月目以降:4,380円
初期費用 6,800円
実質月額料金(3年) 4,429円
3年総額 163,882円
キャンペーン 3,000円キャッシュバック

最後に、WiMAXの本家であるUQWiMAX。UQWiMAXがサービスの提供主ですが、料金自体は決して安いわけではありません。数多くのプロバイダに売ってもらっているので、敢えて値下げしないという狙いもあるのでしょう。

信頼できると感じるかもしれませんが、実際にはUQか他のプロバイダかで速度もエリアも何も変わることはありません。できるだけお得にWiMAXを契約できる会社を見つける方がおすすめです。

以上、おすすめWiMAXプロバイダとUQの料金やキャンペーンを確認してきました。続いて、ここまでお話してこなかったルーターの価格に関してお話します。WiMAXではルーターが必需品なのでぜひご確認ください。

WiMAXのルーターの価格は?

さて、ここまで詳細にWiMAXの料金について解説してきました。WiMAXサービス全体の料金については触れてきましたが、ルーターに関しては全くお話してこなかったのでここでご紹介します。

最新機種も無料?WiMAX端末について

まさに見出しの通りなのですが、基本的にWiMAXのルーターは最新機種でも無料です。月額料金とは別途で料金を取られることはありません。ただ、プロバイダによっては機種代金を請求するところもあるので気を付けましょう。(UQやniftyなど)

ちなみに先ほどご紹介したプロバイダは全て無料です。安心していただければと思います。ただ、最新機種より古いルーターの方がキャッシュバックや月額料金割引が大きいこともあるので、最新機種よりも料金を安くしたいという方はしっかり比較しましょう。

最新ルーターW06のスペック!通信速度が過去最高

W06
(2019年1月)
WX05
(2018年11月)
外観 W06 W05
受信最高速度 1237bps(有線時)
867Mbps(無線時)
送信最高速度 75Mbps 30Mbps
質量 125g 128g
連続通信時間 約9時間 ハイスピード(通常)モード
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
バッテリー:約14時間

ハイスピードエリアモード
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
バッテリー:約13.3時間
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替
  • ハイパワーモード
  • WiFiチャネルモニタ
  • 通信モード自動切替

2019年1月に発売されたW06は、現在最新ルーターとなっています。これまでは2018年11月に発売されたWX05が最新でした。しかし、W06はWX05を圧倒的に凌ぐスペックを誇っています。

  • 最高速度
  • 最新のW06は、1237Mbpsという最高速度を誇っており、これまでの758Mbpsを大きく更新するルーターとなりました。対してWX05は440MbpsとW06と大きく差が生まれています。


    W05とWX05の実測値比較では、あまり差が無いという結果だったのですが今回のW06に関しては差が出るのではないかという感覚です。W06が手に入り次第、すぐにこちらもご報告させていただきます。


  • 速度向上機能
  • 上記の表の「ハイモードアンテナ」と「ハイパワーモード」はほとんど同じ機能です。家の中など、繋がりにくい場所で送信パワーを高めて速度を改善します。(約20%程度、通信速度を改善)


    ビームフォーミング機能は、これまでクレードルという別売りの充電器のような機械が必要でしたが、今回のW06にはルーターに標準装備されています。これまで速度改善のために買う必要があったものを買わなくて良くなったのは嬉しいですね。(こちらも約20%程度、通信速度改善)


    また、W06とWX05の大きな違いとしてはベストポジション機能もあります。こちらは、最も繋がりやすい場所をルーターが探してくれる機能で、専用アプリを使って利用することが可能です。


  • バッテリー
  • 唯一W06よりWX05が勝っているのがバッテリーです。通常設定で9時間持つW06ですが、WX05が同じく通常モードで11.5時間となっています。


    ただ、外出先でWiMAXを利用すると言っても、なかなか上記のように長時間WiMAXを利用することは少ないのではないでしょうか?よって、少しでもルーターのバッテリーが持つ方が良いという方以外はW06をおすすめします。


上記の通り、最高速度が大幅アップの1237Mbpsに進化。さらに速度安定化機能も大幅パワーアップしております。どちらも無料で貰えるルーターなので、選ぶなら最新W06がおすすめです。

ここまで、詳細にWiMAXの料金比較を行ってきました。最後に、WiMAXの契約前に知っておきたい事前情報をご紹介するのでご覧ください。

料金比較から契約までの間に知りたいこと

WiMAXの料金プランやプロバイダの比較は全て行ってきました。最後に、契約時に気を付けたいことがあるので、そちらをお話させていただければと思います。

キャンペーンの申し込みに注意

まず1つ目がキャンペーンについて。WiMAXではキャッシュバックを行っているプロバイダが非常に多いです。先ほどの料金比較表にもあった通り、高額なキャッシュバックを行っているプロバイダもあります。

高額なキャッシュバックに浮かれてしまって、キャンペーンの適用条件や受け取り方法を見逃すと損することに。というのも、下記のようなケースがあるから。

キャンペーンでの失敗例

  • 申し込みを忘れた!
  • これが1番多いです。契約からキャンペーン申し込みまで数ヶ月後〜1年後と非常に遅いプロバイダが多く、申し込み時期には完全に忘れていることも。また、申し込みできる期間は基本1ヶ月程度なので、その間に申し込みしなければ受け取れません。


    そういったプロバイダは、月額料金が高く設定されている代わりにキャッシュバックが高額なので、受け取りできなければ実質料金で大きく損してしまいます。


  • オプションの解約忘れ
  • プロバイダによっては、オプションの契約が必須の場合もあり、その解約を忘れる方も多いです。こういったオプションは、契約月中に解約するようにしましょう


    もちろん、こういったオプション契約が必要ないプロバイダを選ぶことをおすすめします。


これらがキャンペーンでの注意点です。ちなみに、先ほどおすすめしたJPWiMAXはキャンペーンの申し込みは端末到着後すぐ可能です。さらに、申し込み期限は決まっていないので、思い出したタイミングで申し込めます。 また、余計なオプションも契約する必要が無いので安心してご利用いただけるプロバイダです。

ハイスピードプラスエリアモードの利用で速度制限も…

続いて、WiMAXの月額料金に関わる「ハイスピードプラスエリアモード」について。ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+という回線を利用する通常モードにau 4G LTEというLTE回線を掛け合わせることで通信速度を高速化する仕組みです。

ハイスピード
エリア
ハイスピード
プラスエリア
最高速度 558Mbps(W06) 1237Mbps(W06)
速度制限 3日10GB 月間7GB
料金 月額料金のみ 月額料金+月額1,000円程度。(2年プランのみ)
ギガ放題の場合は基本的に無料。

料金プラン比較のところでも紹介しましたが、WiMAXには通常プランとギガ放題プランがあります。ハイスピードプラスエリアモードの利用にはLTEオプションに別途加入しなければなりません。

2年契約のプランでは、月額1,004円程度かかります。しかし、3年契約であれば基本的に無料で利用可能です。また、このハイスピードプラスエリアモードは無限に使えるわけではなく、月間7GBしか利用できません。

7GBを超えると、ハイスピードモードでも速度制限がかかります。つまり、実質無制限の旨味が消えてしまうので注意しましょう。しかし、最新機種にはストッパー機能が付いており、7GBが近づくと自動で通信モードを切り替えてくれます。

以上、料金比較してから契約までに確認したいことでした。本ページではWiMAXの料金について詳細に解説しましたが、ご理解いただけたでしょうか?WiMAXでは、料金比較を徹底的にやるかどうかでお得度が異なってきます。

ぜひ今回の内容を参考にしてWiMAXを契約していただけると幸いです。下記からおすすめのJPWiMAXに関して詳細情報をご確認いただけます。ぜひご覧ください。あなたがお得にWiMAXを契約できるよう心より祈っております。

詳細情報はこちらから(JPWiMAX) ホームルーターならBroadWiMAX