ポケットwifiワイマックスに関する、料金回線速度プロバイダについての口コミと評価まとめ

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ポケットwifiワイマックスに関する、料金回線速度プロバイダについての口コミと評価まとめ

コンシェルジュバナー
WiMAXの評判は?料金・速度・エリアに関する口コミを徹底調査
ワイマックスの評価を徹底調査し解説

WiMAXは本当におすすめ?
口コミ・評判から分かった
メリット・デメリットを完全解説


工事不要で、外でもインターネットが使えるモバイルWiFiで人気のWiMAX(ワイマックス)。

UQ WiMAXの公式サイトの口コミには、良い評判ばかりで本当かどうか疑問に思っている方も多い中で、Twitter上でも口コミの内容は様々。「どれを信じればいいの?」「遅い・繋がりにくい評判は本当?」という声も多く目にします。

そこで、7年以上WiMAXの料金や速度、エリア(電波)に関する情報を徹底調査してきた当サイトが、WiMAXに関する良い口コミも悪い口コミも包み隠さず紹介します。

さらに、各口コミに対し、わかりやすく情報を補足しているので、この記事を読めば悪い口コミのような不満や後悔を避け、WiMAXの快適な使い方までわかります!

それでは、一緒にWiMAXの評判について確認していきましょう。

WiMAXの評判は悪い?評価の見かたを解説

今回、当サイトがSNSでWiMAXの口コミ・評判を徹底調査した結果、下記のような口コミ・評判が多いことがわかりました。

WiMAXに関する
よくある口コミ
  • 料金について
  • 速度について
  • 通信エリア(繋がりやすいか)について

料金・速度・エリアそれぞれの各評判は、同じ内容でもWiMAXを利用するユーザーによって良い口コミと悪い口コミに分かれます

WiMAXの評判は、良い口コミと悪い口コミ両方ある

これらのWiMAXユーザーによって異なる評判で混乱しないように、WiMAXの料金や速度、エリアの各口コミに対し、わかりやすく情報を補足していきます。

それぞれの章ごとに、WiMAXの良い口コミと悪い口コミに分けて解説していきます。まずは、料金に関する口コミ・評判から見ていきましょう!


料金の口コミを確認|プロバイダの違いが評価に影響する

この章では、WiMAXの料金に関する口コミ・評判を紹介していきます。

まずは、料金に関する悪い口コミ・評判から確認していきましょう。下記をご覧ください。

WiMAXの料金に関する悪い口コミ・評判


こちらは、YAMADA Air MobileのWiMAXを利用している方の口コミになります。YAMADAのWiMAXは、他のWiMAXプロバイダに比べ月額料金が高いことがわかります。

続いて、WiMAXの料金に関する良い口コミ・評判を見てみましょう。

WiMAXの料金に関する良い口コミ・評判


こちらの口コミは、BroadWiMAX(ブロードワイマックス)を契約した方のものになります。先程の口コミと比べ、こちらの方は料金に満足しているようです。

実は、WiMAXはプロバイダにより契約期間で支払う総額や月々の料金が異なります
・端末代金の有無
・月額料金の違い
・キャンペーン金額の違い
・オプション料金の違い
など

上記のように、WiMAXはプロバイダにより月額料金やキャンペーンなどが違うため、毎月の支払う金額が変わってしまうのです。WiMAXのプロバイダ次第では、契約期間の支払い総額が3~4万円ほど変わることもあります

例えば、上記の不満の口コミをしている方が利用しているプロバイダ「YAMADA」では、端末代金が必要になりますが、BroadWiMAX(ブロードワイマックス)やGMOWiMAXなど、端末代金が無料のプロバイダも存在します。端末代金が無料だと、初期費用が安くなるので契約時にとても助かりますよね。

料金の口コミ・評判まとめ
・悪い評判は、料金の高いプロバイダに対する不満の口コミが多い
・WiAMXの契約期間の支払い総額は、プロバイダによって3~4万円ほど変わることもある


WiMAXの利用を検討している方は、プロバイダごとに料金を比較することをおすすめします。当サイトでは、そんな方に向けて、現在契約できるWiMAXプロバイダ19社の料金やキャンペーンを徹底比較したページもご用意しております。

手っ取り早く、料金が安いプロバイダが知りたいという方は、下記ボタンからWiMAXの比較ページをご確認ください。

主要プロバイダ19社の最安がわかる!
WiMAX総合比較ページはこちら

以上、ここまでがWiMAXの料金に関する口コミ・評判の紹介でした。続いて、WiMAXの通信速度に関する口コミ・評判を紹介していきます。


WIMAXは遅い?速度の評判と制限について

ここからは、WiMAXの速度に関する評判を良い口コミと悪い口コミに分けてご紹介していきます。

まずは、WiMAXの速度に関する悪い口コミ。評判から確認していきましょう。

WiMAXの速度に関する悪い口コミ・評判


上記のように、WiMAXの速度に関する悪い口コミ・評判は、「速度が遅い」「速度制限にかかってしまう」「3日で10GBは少ない」などがほとんどです。

次に、WiMAXの速度に関しての良い口コミ・評判も見てみましょう。

WiMAXの速度に関する良い口コミ・評判


このように、通信速度に関する評判は、「速い」と「遅い」の両極端がありますが、WiMAXの速度制限について理解できると、これらの速度の違いの理由がわかります。

WiMAXの速度制限は、以下のように大きく分けて2種類あります。

・ハイスピードモードで3日で10GBを超えると速度制限がかかる
・ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超えると速度制限がかかる

それぞれ詳しく説明していきます。

速度制限について~3日で10GB~

まずは、速度制限に大きく関係するWiMAXの2つのモードについてご紹介します。

ハイスピード
モード
ハイスピード
プラスエリア
電波 WiMAX2+ au LTE
最高速度(下り) 558Mbps 867Mbps

1,237Mbps
(USB接続時)
最高速度(上り) 30Mbps 75Mbps
使用量 3日10GB 月間7GB
速度制限 1Mbps 128Kbps
速度制限期間 18時-26時まで 月末まで

WiMAXには、ハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードといった、端末(ルーター)を操作して自分で切り替えられる2種類のモードがあります。

上記の悪い口コミにもあったように、ハイスピードモードの場合、3日で10GBという通信容量の上限があります。通信容量が超過した場合、翌日18時~翌2時(26時)まで、最大速度1Mbpsという制限がかかります。ただし、1Mbpsという速度はYoutubeの標準画質が見れるくらいの速度です。

1GBがどれくらいの通信量なのか、1Mbpsの速度の目安はどれくらいかを確認したい方は、それぞれ下記の青い帯を開き確認してみましょう。

※1Gの通信量ってどれくらい?

※1Mbpsの速度ってどれくらい?


また、前述の通り、WiMAXの下り最大1Mbpsの速度制限は翌18時-26時のみなので、ハイスピードモードであれば、長期的にインターネットが使えなくなることはありません。

ここまでの内容から、WiMAXの速度に関して不満を感じやすい方は以下のような特徴があるといえます。
・3日で10GBを超えるほどの大容量のデータ通信量を利用する方
・速度制限中の18時-26時の夜間にWiMAXを1Mbps以上の速度を必要とする方

良い口コミの方々のように、3日で10GBを超えなければWiMAXを快適に使えているという口コミ・評判も多くあります。最も注意が必要なのは、自分が普段使う通信容量や必要な速度を知らないままWiMAXを契約してしまう事です。

1日に利用する通信容量を理解した上で、3日で10GBを超えることが無ければWiMAXを快適に利用できます

次に、速度が著しく低下してしまっている方々の原因でもある、WiMAXについて知る上で最も重要な、もう1つの速度制限について説明していきます。

速度制限について~月間7GB~

WiMAXを利用する上で最も注意しなければならないのが、ハイスピードプラスエリアモードの利用についてです。

au LTE回線を利用したハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+のハイスピードモードと比較して安定的な電波で室内や地下でもつながりやすいという特徴があります。

使用量 制限速度 制限期間
月間7GB 128Kbps 月末まで

WiMAXのハイスピードエリアモードによる通信は、安定・高速通信が特徴ですが、1か月に7GB以上使用することで回線速度が制限されます。

さらに、こちらの制限で注意したいのが、下記2点です。
  • 回線速度が下り最大128Kbpsまで落ちる
  • 翌月1日まで通信制限が解除されない


WiMAXのモードに関する詳細や、速度制限に関することを理解しておかないと、上記の口コミのような不満や後悔に繋がることもあります。 ハイスピードモードの1Mbpsの制限速度に対し、128kbpsという速度は、何をするにも遅いと感じるレベルで、メールやLINEのメッセージを送るくらいしかまともに使えません。

またハイスピードモードと違い、月末までずっと速度制限がかかるという点に注意しましょう。

※2021年10月現在、最新機種のモバイルルーターWX06では、ホーム画面で3日間の「日次データ通信量」とハイスピードプラスエリアモードでの「月次データ通信量」を数字とグラフで同時に表示します。

これにより、動画やオンラインゲームなどで通信料を使い過ぎてしまったとしても、ルーターの画面確認1つで速度制限を回避できるので安心です

ワイマックスWX06端末の通信量確認機能

以上、ここまでがWiMAXの速度に関する口コミ・評判でした。WiMAXの利用を検討している方は、ご自身の利用用途にあっているかどうかをご確認の上、契約することをおすすめします。

速度の口コミ・評判まとめ
・悪い口コミは速度制限に対する不満の口コミが多い
・最も注意が必要なのは、自分が普段使う通信容量や必要な速度を知らないままWiMAXを契約してしまう事

ハイスピードモード
・3日で10GBを超えると翌18時-26時まで1Mbpsの制限
・1Mbpsの速度制限はYoutubeの標準画質はなられるくらいの速度

ハイスピードプラスエリアモード
・月に7GBを超えると月末まで128kbpsの制限
・128kbpsの速度制限は、メールやLINEくらいしかまともに使えない速度

もし、明らかにご自身の日常で使う通信容量が3日で10GBを大きく上回る方は、WiMAXよりも容量を気にせずにインターネットを利用できる光回線がおすすめです。

当サイトでは、光回線がおすすめの方のために、光回線の比較ページもご用意しております。そこでは、1分で分かる6問インターネット診断を用意しておりますので、是非ご活用ください。

おすすめの光回線を探す
6問でわかるインターネット診断はこちら


続いて、WiMAXの通信エリア(電波)に関する口コミ・評判を紹介していきます。


通信エリアの口コミ|電波が悪い時の対策も解説

ここまで、WiMAXの料金と速度に関する評判をご紹介しました。この章では、通信エリア(電波)に関する口コミを紹介していきます。

通信エリア(電波)に関する悪い口コミ・評判

この方は、WiMAXの提供エリア内にも関わらず、電波が届きにくくなっているようです。

こちらは地下に入るとWiMAXが繋がらないという方の口コミです。

続いて、電波に関する良い口コミ・評判を確認してみましょう。

通信エリア(電波)に関する良い口コミ・評判


このように、WiMAXは都会やエリア内であれば問題なく電波が入る方もいます。なぜ、提供エリア内でも電波の良し悪しに個人差があるのでしょうか。

実は、その要因には、利用場所が関係しています。というのも、WiMAXが使っているWiMAX2+という電波は、障害物に弱く、地下や屋内では電波が届かないこともあります。また、エリア内だとしてもトンネルや山間部などでは、利用できない場合もあるのです。

一方、利用場所を変えただけでWiMAXの電波が入るようになった事例もあります。下記の口コミをご確認ください。


このように、WiMAX端末を窓際など電波が入りやすい場所に移動させるだけで、改善できる場合もあります。

また、WiMAX2+回線でも利用する2.4Ghz帯の電波は、電子レンジやBluetooth機器なども含め、たくさんの機器で利用されています。

そのため、同時に複数の機器が利用されている場合、電波がお互いに干渉し遅くなっていることがありますので、WiMAXのエリア内なのに遅いと感じたら、一度機器の使用を止めてみましょう

Try WiMAXで提供エリアの電波や速度のお試しができる

WiMAXを検討している方の中で、電波が入るかどうか不安な方は、Try WiMAXというお試しをおすすめします。

Try WiMAXは、15日間無料でWiMAXをレンタルできるサービスです。インターネットから申し込みできるサービスなので、WiMAXのエリアや速度に不安を感じている人にはおすすめのサービスになります。

以上、ここまでがWiMAXの提供エリア(電波)に関する口コミ・評判の紹介でした。

WiMAXのエリア(電波)に関する口コミ・評判のまとめは以下の通りです。
エリアに関する口コミ・評判まとめ
  • WiMAXは提供エリア内であっても、屋内や地下など電波が入りにくい場合がある
  • 電波が入りにくい場合は、窓際に置いたり、ハイスピードプラスエリアモードを利用したりすることがおすすめ
  • 提供エリアと電波に不安がある方は、Try WiMAXの利用がおすすめ

ここまで、WiMAXの料金や速度、電波に関する評判を紹介してきました。続いては、ここまでの口コミを元に、どんな方にWiMAXがおすすめなのかを詳しく解説していきます。


口コミ・評判から分かったWiMAXがおすすめの人とは?

これまでの料金・速度・エリアに関する良い口コミ・悪い口コミの情報を踏まえて、WiMAXがおすすめできる人とできない人を解説していきます。

こちらでは、WiMAXと固定回線を比較してお話しますので、ご自身の利用用途や利用頻度などと照らし合わせて、ご一読ください。

WiMAXがおすすめではない人とは

結論からお伝えすると、下記に該当する方には、WiMAXはおすすめではありません。

WiMAXをおすすめしない人
  • 家族など複数人で利用する場合
  • 確実に3日で10GB以上の通信容量を使う方
  • オンラインゲームや株など、速い通信速度と回線の安定性が必要な方
  • 山間部や地方など、電波が入りにくい場所にお住まいの方

普段から高画質の動画やオンラインゲーム、テレビ通話など明らかに3日で10GB以上インターネットをよく利用する方や、家族複数人で利用する方には、WiMAXはおすすめではありません

また、株や僅かなラグが発生するオンラインゲームなどを行う方にも、WiMAXはおすすめしていません。WiMAXは固定回線と比べ、速度と回線の安定性が劣ります。そのため、通信速度を重視する方であれば、固定回線がおすすめといえます。

以上、ここまでがWiMAXをおすすめできない人になります。高速かつ無制限でインターネットを利用した方は、固定回線(光回線)がおすすめです。当サイトでは、光回線がおすすめの方のために、光回線の比較ページもご用意しております。そこでは、6問で分かるインターネット診断を用意しておりますので、是非ご活用ください。

おすすめの光回線を探す
6問でわかるインターネット診断はこちら


続いて、WiMAXがおすすめの人を解説していきます。

WiMAXはこんな人におすすめ!

こちらも結論からお伝えすると、下記に該当する方であれば、WiMAXがおすすめです。

WiMAXがおすすめな人
  • ひとり暮らしやお一人で利用する方
  • 引っ越しが多いなど、回線の工事ができない方
  • 月々の料金をなるべく抑えたい方
  • 屋外でインターネットを利用したい方
  • LINEやSNSなどの利用がメインで3日で10GBを超えない方
  • 速度制限にかかっても、翌18時-26時までの1Mbpsなら支障をきたさない方
  • 都心部に住んでいる方

WiMAXは、月々の料金をなるべく抑えたい方におすすめです。固定回線は各プロバイダにより差はありますが、相場が4,000円~5,000円に対し、WiMAXは3,000円~4,000円になります。固定回線と比べ、WiMAXは月々の料金が抑えられる点がおすすめといえます。

そして、屋外でインターネットの利用をお考えの方にも、WiMAXはおすすめです。WiMAXは固定回線と違い、工事不要なので、外でも利用できます。また、マンションにお住まいで、インターネットの工事ができない方にもおすすめといえます。

以上、ここまでがWiMAXがおすすめな人についてでした。ご自身の利用状況や利用目的など、どちらに当てはまるか判断していただければ幸いです。

今回ご紹介しているWiMAXは、2021年10月現在20社以上のプロバイダが存在しています。WiMAXはプロバイダごとにキャンペーンや月額割引が異なります。そこで、当サイトではおすすめのプロバイダや機種、キャンペーンなど網羅的に解説したページもご用意しております。

少しでも安く、お得にWiMAXを契約したいとお考えの方は、総合比較ページからおすすめのプロバイダの情報をご確認ください。

WiMAXプロバイダ
総合比較ページはこちら