今年のWiMAXのおすすめはどれ?

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

WiMAX
ポケットWiFi
JPWiMAX
【最新】WiMAX比較2019!~プロバイダ・料金・キャンペーン~
ワイマックスの料金・キャンペーンを詳細比較

2019年最新WiMAXプロバイダ比較!
最新ルーターW06の申し込みが開始しました!


2019年現在、3000万人を超える規模の契約者数を誇るまでに成長しているモバイルWiFi「WiMAX」。工事要らずで手軽、月額料金も安くて速度も安定しているなど、非常に人気のインターネット回線です。

しかし、WiMAX業界が盛り上がっているが故に難しい問題も…

「機種が複数あるから比較できない」
「プロバイダが何十社もあってどこと契約して良いのか比較が複雑」などなど。

WiMAXを比較する際の悩みが尽きないのです。ただ、どこでも実質無制限で利用できるWiMAXを複雑な比較のせいで避けるのはもったいないですよね。

そこで、こちらではWiMAXの契約までの比較ポイントをまとめました。速度やプラン、料金だけでなくおすすめの契約先まで徹底比較しております。WiMAXを3年以上比較してきた当サイトの決定版とも言える内容です。

あなたに必ずおすすめのWiMAXを届けてくれるコンテンツですのでぜひご覧ください。


2019年WiMAX契約の比較ポイントまとめ

先ほどもお伝えしたように比較が難しいWiMAX。だからこそ、最初にどんなポイントに着目してWiMAXを比較するのか必ず理解することが重要です。そこで、WiMAX比較第1章として契約におけるポイントをご紹介します。確認していきましょう!

そもそもポケットWiFiとは何が違うの?

WiMAXという言葉を聞くと、同時にポケットWiFiという言葉が浮かんでくる方も多いのではにないでしょうか?確かに、ポケットWiFiとの違いは見えにくいです。一般的には、ポケットWiFiという括りの中のWiMAXと定義づけることができます。

では、違いを比較してみると下記の点が上げられます。

  • ポケットWiFiは飽くまでソフトバンクの商標登録である機種の名前(LTE回線を利用)。対して、WiMAXは通信規格(LTEのような回線のこと)を示す
  • ポケットWiFiという名前が有名になりすぎた結果、持ち運びできるWiFiルーターのこと全般を指す一般名詞となった

上記がWiMAXとポケットWiFiの比較解説です。ただ前述の通り、一般的にはWiMAXや他のキャリア(ドコモ、ソフトバンクなど)も含めた「モバイルWiFiルーター=ポケットWiFi」となっています。よって、色んなポケットWiFiの中の1種類がWiMAXだと捉えて問題ありません。

プロバイダごとに速度に違いは無い?

それでは、WiMAXについて少しわかったところで早速比較ポイントを見ていきましょう。まず、1つ目が「プロバイダに速度差はない」ということ。WiMAXには、GMOやSo-net、niftyやBIGLOBEなど、固定回線でも有名なプロバイダが販売中です。

固定回線では、プロバイダが各家庭とインターネット空間をつなげる役割を担っています。しかし、WiMAXは固定回線と比較するとプロバイダにそういった機能はありません。つまり、プロバイダという名前ではあるもののただの販売代理店です。

回線は、UQコミュニケーションズが管理しており、各プロバイダは価格やオプション、サービスなどの違いしかありません。こちらも非常に重要な比較ポイントなので覚えておきましょう。

ギガ放題なら実質無制限でインターネット利用可能

ポケットWiFi(WiMAX以外のほとんどのサービス)は、月間10GB、20GBなどの「月間制限」が主流となっています。こちらは、スマホと同じように月で決められたデータ量以内での利用が前提です。

しかし、比較してWiMAXは月間の制限が無いので実質無制限で利用できるポケットWiFiと呼ばれています。月間7GB制限のあるプランもあるのですが、あまり料金差も無いためギガ放題という実質無制限プランが圧倒的に人気です。

しかし、固定回線と比較すると完全無制限というわけではなく、「3日10GB」という制限が存在しています。詳細は次項でご紹介しましょう。

ただ、月間約100GB使えるので他のポケットWiFiと比較して圧倒的に利用できますし、サイト閲覧や動画視聴など一般的なインターネット利用であれば十分だと断言できます。

プランは3年契約がメイン

WiMAXは基本的に3年契約がメインです。解約したいときにできないと感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、よく比較して選んだのであれば、モバイルWiFiの中でも非常に安定しているのがWiMAXなので解約を考えることは無いでしょう。

また、3年契約だからこそ安い料金で提供でき、お得なキャッシュバックキャンペーンなどを行えるという側面もあるので、3年契約はそこまでマイナス要素ではありません。

こちらでは、WiMAX比較におけるポイントを4つ確認してきました。以上の比較ポイントを踏まえた上で具体的に速度、ルーター、そして料金などの各要素を比較していきましょう。まずは速度から比較です。

最速1237Mbps!通信制限などの速度情報をチェック

それでは、こちらではWiMAXの速度比較をしていきましょう。気になる他のモバイル回線との速度比較、WiMAX独自の高速通信モード、そして速度制限の3つの観点での比較情報を詰め込みました。どうぞご覧ください。

docomo・ソフトバンクなどLTE回線との違いを調査

WiMAX以外にも、docomoやソフトバンクなど大手のポケットWiFiがひしめき合っているのがモバイル業界です。そういった通信大手のポケットWiFiと比較しても、WiMAXの通信スピードは速いのでしょうか?下記の比較表を確認していきましょう。

docomo・ソフトバンクなどLTE回線とWiMAXの速度を比較

キャリア エリア 最高速度 特徴
WiMAX 全国 1.2Gbps 電波の性質上山間部ではおすすめしないが、速度は今後もどんどん進化していく予定
docomo 全国 788Mbps 山間部でも比較的つながりやすい。ただ速度制限が気になるところ。
ソフトバンク 全国 612Mbps
(一部エリア)
山間部でも比較的つながりやすい。ただ速度制限が気になるところ。
スマモバ 全国 612Mbps
(一部エリア)
山間部でも比較的つながりやすい。ただ速度制限が気になるところ。

上記の通り、速度を比較するとdocomoには最高速度で劣りますが非常に高速通信できることがわかります。また、現在758MbpsのWiMAXはここ数年速度を上げ続けており、2019年も進化していくことが期待できるのもポイント。

そんなWiMAXですが、「ハイスピードプラスエリアモード」という高速通信モードがあります。続いては、そのハイスピードプラスエリアに関してお話していきましょう。

ハイスピードプラスエリアモード(wimax2+ × au4GLTE)について

WiMAXは、現在WiMAX2+という通信規格で提供されています。元々、WiMAXという規格のみだったのですが、速度を高めていってWiMAX2+という回線が主流になりました。

通常のモード(ハイスピードエリアモード)では、このWiMAX2+という回線のみを利用しています。そんなWiMAX2+とauの4G LTE回線を組み合わせてさらに高速化したのがハイスピードプラスエリアモード。下記の表から詳細情報を見てみましょう。

ハイスピードプラスエリアモード比較表

ハイスピード
エリア
ハイスピード
プラスエリア
最高速度 558Mbps 1.2Gbps
速度制限 3日10GB(詳細は後述) 月間7GB
料金 月額料金のみ 月額料金+月額1,000円程度。
ギガ放題の場合は基本的に無料。

表でも比較した通り、WiMAXの最高速度はこのハイスピードプラスエリアモードを利用したときのものです。普段と比較して快適な通信環境が欲しい場合に使えるおすすめ機能です。

また、WiMAX2+の電波が入りにくいときもLTEの電波を拾ってくるので、インターネットを利用できます。しかし、そんな高速通信にも注意点が。

それが速度制限です。月間7GBしか利用できないので、利用量が7GB以上になると速度制限がかかります。<br>
上記の点には比較的注意が必要。高速通信のために7GB以上使えばその当月は速度制限が発生するため気を付けましょう。

3日10GB制限に気を付けるべし

上記のような高速通信オプションもあるWiMAXですが、比較する際に気をつけたいのがこの3日10GB制限。WiMAXを始めとしたポケットWiFiにはスマホと同じように利用量に応じた制限が存在します。まずは下記の表をご覧ください。

ポケットWiFi VS WiMAX 速度制限比較

キャリア 制限内容 速度制限後の速度
WiMAX 直近3日間で10GB以上利用した場合、翌日の18時~翌2時頃まで制限される 1Mbps
docomo 月間利用可能データ量を超えた場合、その当月ずっと制限 128Mbps
ソフトバンク 月間利用可能データ量を超えた場合、その当月ずっと制限 128Mbps
スマモバ 1日3GB以上利用した場合、当日中ずっと制限される 200Mbps

上記の表の通り、WiMAXでは、直近3日間で10GB以上利用した場合に通信速度を1Mbpsに制限されます。しかし、他のポケットWiFiと比較して非常に緩いことがご理解いただけるでしょう。まず、docomoやソフトバンクのポケットWiFiは月間での制限なので、最大でも月間20GB程度しか利用できません。

ポケットWiFiと比較するとWiMAXは、30日間で100GB利用使えるということになります。圧倒的にWiMAXの方がおすすめですよね。

また、他の比較ポイントとして速度制限後の通信速度も魅力的です。他のポケットWiFiが128Mbpsまで制限される中でWiMAXは1Mbpsの通信速度に保てます。1MbpsあればYouTubeの標準画質を止まること見れますが、128Mbpsではサイトの閲覧もおぼつかないような速度です。

もし、万が一使いすぎたと思っても何とか利用できるというのは安心できるポイントですよね。このように、速度で比較してもWiMAXは非常におすすめだとわかります。続いては、そんなWiMAXの速度を支える最新機種の比較を確認していきましょう。

最新ルーター情報を確認!今ならW06がおすすめ!

WiMAXでは毎年1~2月に2台、10月~11月に2台(時期は大体です)のペースで最新ルーターが発売されています。現状の最新機種は携帯もできる「W06」と「WX05」、そして家でしか利用できないWiMAXホームルーターの「HOME01」と「L01s」の4台です。

こちらでは、ホームルーターの2台と比較しても携帯できるWiMAXルーターが非常に優秀なので、W06とWX05の比較をメインにお伝えしていきます。それでは早速比較していきましょう。

最新機種を徹底比較!W06 vs WX05

2019年1月発売のW06、そして2018年11月発売のWX05の比較をしていきます。それぞれ比較できるように、詳細な比較表を作成しました。ご覧ください。

WiMAX最新ルーター比較表

W06 WX05
外観 W06 WX05
受信最高速度 約1.2Gbps(有線時)
867Mbps(無線時)
440Mbps
送信最高速度 75Mbps 30Mbps
質量 125g 128g
連続通信時間 約9時間 ハイスピード(通常)モード
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
バッテリー:約14時間
ハイスピードエリアモード
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
バッテリー:約13.3時間
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替
  • ハイパワーモード
  • WiFiチャネルモニタ
  • 通信モード自動切替

上記の通り、WiMAXの最新機種を比較できました。少し分かりにくいかもしれませんので、ポイントごとにお話していきます。まずは「最高速度」から。

最高速度では、W06に軍配が上がりました。最速1.2Gbpsを誇るWiMAXルーターです。スペックとしては非常に素晴らしい性能を持った端末と言えます。続いては、「バッテリー」に関して。

こちらはWX05の方が優秀です。W06でも家やオフィスなど、WiMAXルーターを充電できる環境での利用がメインで長時間外出先で利用しない方であれば問題ありません。しかし、外出先でWiMAXの長時間利用が多い方は少しでもバッテリーが持つWX05の方が安心できますね。

最後に実測値について。こちら時間帯やエリアによっても大きく異なるので参考程度にはなりますが、当サイトで最新ルーター2台を比較しております。結論から申し上げると、W05の方が少し安定していました。詳細な比較表は下記ページからご覧いただけます。

W06は発売したばかりということで、まだ実機が手に入っておりません。詳細な実測値比較はルーターが手に入り次第、下記ページで掲載いたします。現状はスペックの比較を下記からご覧ください。

最新ルーター実測値比較

上記のようなポイント比較して、おすすめのWiMAXルーターは「W05」と結論を出しました。理由としては、やはりWiMAXにとって重要な速度を重視して比較した結果です。バッテリーももちろん重要ですが、W05でも6時間以上利用できますし、1日に外出先でそれほど利用する機会は少ないでしょう。

ただ、上記のような状況が多い方は、WX05の方がおすすめでしょう。このようにWiMAX最新ルーターを比較してきましたが、価格の話が全くありませんでしたよね。続いて、そんなWiMAXルーターの価格に関してお話します。

端末料金は無料が一般的

見出しの通りなのですが、WiMAXのルーターは基本的に無料です。GMO、So-netを始めほとんどのプロバイダが無料でルーターを提供しています。ただ、「基本的に」と申し上げた通り全てのWiMAXプロバイダが端末価格をタダにしているわけではないので注意しましょう。

当サイトでは、上記を踏まえて端末価格が無料のWiMAXプロバイダしかおすすめとして紹介していないのでご安心ください。ちなみに、他のポケットWiFiと比較するとルーターの代金を月額料金に上乗せで請求するのが一般的です。WiMAXが非常にお得であることがご理解いただけるかと思います。

以上、WiMAXのルーターを徹底比較してきました。おすすめのルーターが見つかりましたでしょうか?次に、あなたが1番気になるであろうWiMAXの料金についてどこよりも細かく比較した渾身の比較をご紹介します。どうぞご覧ください。

WiMAX比較!実質料金で安いのはこのプロバイダ

それでは、あなたに1番伝えたいWiMAXプロバイダの料金比較決定版をお伝えしていきます。前述の通り、プロバイダによって速度の差が無いWiMAXにおいて、最も重要な比較ポイントは料金だと言っても過言ではありません。だからこそ、丁寧に比較解説していきます。

まずは、WiMAXの料金比較ポイントをまとめておりますので確認していきましょう。

大前提としてキャンペーン、月額割引込みの価格で比較せよ

早速ですが、下記の比較ポイントをご覧ください。

WiMAX料金比較のポイント

  • 月額料金だけではなく、キャンペーン(キャッシュバックや月額割引)、端末価格も含めた実際に支払う料金比較が重要
  • WiMAXでは、キャッシュバックや月額料金割引といったキャンペーンが盛んに行われています。こういった比較要素を見逃すと大きく損してしまうことも…


  • 契約期間がプロバイダによって異なることもあるので、契約期間総額よりも実質月額料金を見よ!
  • 契約期間は3年プランが一般的です。しかし、プロバイダによって2年プラン、契約月を含む36ヶ月や契約月を含まない36ヶ月など、期間の定義が異なる場合もあります。よって、総額だけで比較するのではなく実質の月額料金を見るようにしましょう。


これら2つが料金比較のポイントです。

「ただ、そんな事言われても全部細かくExcelで計算するの?時間無いよ…」
「そうです。そんなめんどくさい計算なんかやってられないです。」

だからこそ…当サイトが存在していると言っても過言ではありません。そんな分かりにくいWiMAXの料金を毎月これでもかと比較調査しておりますので、今からご紹介していきましょう!

おすすめプロバイダランキング~JP・Broad・GMO・So-net・UQ~

WiMAXの料金を毎月調査して、最新情報を更新し続けている当サイトだからこそできる徹底比較ランキングを作成しました。上位4つのプロバイダと本家UQWiMAXを載せておりますが、ランキングの下に全プロバイダの比較表も用意。

あなたに必ずご納得いただける料金比較となっております。それでは、お待ちかねのWiMAX料金比較ランキングをご覧ください。

WiMAX料金比較ランキング

プロバイダ 実質月額料金 更新月までの
総額(3年)
キャンペーン
キャッシュバック
受け取れる場合
キャッシュバック
受け取れない場合
1位 JPWiMAX 当サイト限定!
3,357
124,200円 Amazonギフト券
14,000円分
3,448円 4,290円 131,032円 32,000円
キャッシュバック
3,392円 128,913円 Amazonギフト券
14,000円分
3,476円 132,093円 月額割プラン
4,428円 168,264円 3,000円
キャッシュバック

全プロバイダの比較表はこちらをクリック

プロバイダ 実質月額料金
(キャンペーンを受け取れた場合)
更新月までの総額
(基本3年)
BIGLOBE 3,414円 126,310円
So-net 3,605円 130,394円
nifty 3,392円 125,490円
カシモWiMAX 4,092円 102,295円(2年)
DTI 3,527円 130,504円
Asahiネット 3,596円 133,064円
Yamada Air Mobile
(ヤマダ電機)
4,300円 107,498円(2年)
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
4,300円 107,498円(2年)
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
4,672円 172,867円
KT WiMAX
(ケーズデンキ)
4,382円 162,134円
エディオン 4,327円 160,282円
Jcom 4,206円 105,146円(2年)
DISM WiMAX 4,327円 160,082円
novas WiMAX 3,810円 140,954円

いかがでしたでしょうか?比較の結果、最も料金が安いのは「JPWiMAX」という結論になりました。JPWiMAXは、当サイト限定キャンペーンを実施中で14,000円のキャッシュバックを行っております。

WiMAX料金比較ランキングをご覧いただくと分かる通り、キャッシュバック金額が大きければ料金が安いというものではありません。「受け取れない危険性」を理解していく必要があります。料金比較を終わる前にこちらをお話しておきましょう。

キャッシュバックは必ず受け取れるものを選ぶべし

「キャッシュバックってみんな受け取れるものじゃないの???」

厳密に言えば、みなさん受け取れます。しかし、それはWiMAXのキャッシュバックの存在を忘れていなければ、また申し込み方法を忘れていなければ、期限を忘れていなければの話です。どういうことかポイントをまとめたのでご覧ください。

キャッシュバック受け取り忘れの恐怖…

  • キャッシュバックの受け取り時期
  • WiMAXキャッシュバックの受け取りは、数ヶ月~1年以上後というのが一般的。つまり、完全に忘れてしまっている場合も非常に多いです。


  • 申し込み申請方法の罠
  • WiMAXのキャッシュバック申し込みは、上記受け取り時期の直前に行うように設定されています。忘れてしまっていればまぐれで受け取れるようなものでは無いのです。


    また、申し込み方法も複雑で普段使わないであろうWiMAXプロバイダ発行のメールアドレスに届く申請用URLが付いたメールから申し込みます。さらに、大量の広告メールに紛れているため見逃す可能性も高いです。


  • 申し込み申請期限の存在
  • 最後に、先ほどのWiMAXキャッシュバック申し込みには期限が設けられています。大体受け取り前の3~4週間限定というのが一般的です。


    申し込み時期、方法に加えて、期限までもあったらさすがに敵いません。申請するのを忘れていて「あっ!!!」と思ったときにはもう終わってるなんてこともあります。キャッシュバックがあってこそ安い料金でWiMAXを利用できるので、高額な料金で利用するしかありません。


以上が、WiMAXの料金比較で重要なキャッシュバックに関しての情報です。例えば、GMOはキャッシュバックの受け取り申請が契約から11ヶ月後に来る申請用メールから、約1ヶ月の期限内に申し込む必要があります。

ちなみに、WiMAXのキャッシュバックの受け取り率は40%以下なんてことも言われており、SNSで後悔をつぶやいている方もたくさんいるのが現状です。

そんなGMOと比較して、ランキングでご紹介したJPWiMAXは端末を受け取ったその日にキャンペーン申し込みできます。他のプロバイダと比較すると圧倒的に早いです。また、受け取りも3営業日以内には必ずできるのでさらに魅力的。(詳細は後述)

上記のようなキャッシュバックの罠にも注意しながら、WiMAXの料金を徹底比較してきました。最後に、料金比較の結果出てきたJPWiMAXというプロバイダに関して少し解説いたします。

最新のおすすめサービスは「JPWiMAX」

ここまでWiMAXの速度や料金といった様々な比較にお付き合いいただきありがとうございます。徹底比較の結果分かったおすすめのJPWiMAXについて、なぜおすすめなのか少しお話してWiMAX比較を終わりましょう。

料金比較でも少しご紹介しましたが、おすすめポイントは下記の3つです。

JPWiMAXおすすめポイント

  • 他社と比較して月額料金が安い
  • オプション契約無し
  • Amazonギフト券キャンペーンを簡単受け取り

これら3つのおすすめ比較ポイントを簡単にまとめておりますのでどうぞご覧ください。

月額料金が最安級でお得

プロバイダ 月額料金
JPWiMAX 1~3ヶ月目:2,800円
4~24ヶ月目:3,500円
25ヶ月目以降:4,100円
GMO
(キャッシュバック)
1~3ヶ月目:3,609円
4ヶ月目以降:4,263円
UQ 1~3ヶ月目:3,696円
4ヶ月目以降:4,380円
BroadWiMAX 1~3ヶ月目:2,726円
4~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円

まず、最初のおすすめ比較ポイントが月額料金。WiMAX業界で比較しても最安級の料金を誇っているJPWiMAX。上記は安いプロバイダを並べていますが、4,000円後半というプロバイダが多い中、月額2,800円~提供しています。

実際に支払う月額料金は安い方が嬉しいですよね。そんなあなたの期待に答えているおすすめWiMAXだと言えるでしょう。

オプション無しで利用できるから解約も要らない

キャッシュバックがあるWiMAXには、オプションに加入する必要があるサービスもあります。JPWiMAXは、そういったWiMAX以外の契約が無いので非常に安心でおすすめです。

初月にオプション解約できるサービスも多いのですが、解約すること自体を忘れる場合も非常に多いです。解約忘れをすると、ずるずると損していくだけなのでオプション無しで利用できるのは安心ですね。

Amazonギフト券キャンペーンは端末到着後すぐに申請可能!

最後のおすすめポイントが、Amazonギフト券キャンペーンです。公式でも10,000円のキャンペーンを行っていますが、何と当サイト経由であれば4,000円増額の14,000円キャンペーンを行っております。

こんなおすすめのキャッシュバックですが、どこと比較してもおすすめできるポイントが「受け取りやすさ」。前述の通り、契約して端末が届けばその日にキャンペーン受け取り申請が可能です。申請後、3営業日以内には必ずAmazonギフト券が送られてくるので受け取り損ないが無いおすすめキャンペーンとなっています。

おすすめのAmazonギフト券キャンペーンの申し込み方法

  • プロバイダ比較.net経由でJPWiMAXを限定ページより契約
  • 端末到着後、契約した際に届いたキャンペーン申し込みメールから申請ページに飛ぶ
  • ※メールは契約時にご記入いただいたメールアドレスにお送りします。(普段使っているメールアドレスを設定してください)

  • 申請ページにて簡単なアンケートに答えて申し込み
  • 申し込みから3営業日以内にAmazonギフト券コードをメールで送付(最短翌日)

※注意事項

    プロバイダ比較.net経由限定の公式申し込みページからWEB申し込みをした方限定の受け取りになります。また、キャンペーンは当サイトからのプレゼントですので、お問い合わせ先をお間違いないようお気を付けくださいませ。


    申込みは端末到着後すぐに可能です。ただし、Amazonギフト券の送付はご契約の確認が取れ次第、順次送付しております。(最長1週間ほどお申込みから送付までかかる場合がございます)


    お申し込みの際はCookieを有効にしてください。Cookieを有効にしていない場合、対象外となることがあります。(Cookieが有効か確認したい方はこちらへ!)


    お申し込みの際はシークレットモード(プライベートブラウジング)を解除してからお申し込みください。シークレットモードのままお申し込みを頂いた場合、対象外となることがあります。(シークレットモードについて)


このおすすめキャンペーンは上記の通り簡単申し込みできます。おすすめキャンペーンに興味のある方は、下記のリンクから早速限定ページをご確認ください。

WiMAXおすすめ比較ランキング
第1位JPWiMAX特設ページへ

以上、JPWiMAXのおすすめポイントについて解説してまいりました。ここまでWiMAXの詳細比較をご覧いただきありがとうございます。WiMAXの比較ポイントやおすすめ情報について詳しくご理解いただけましたでしょうか?最後に、そんな本ページでのWiMAX比較の要点をまとめておりますのでお話します。

WiMAX比較まとめ
  • WiMAXのプロバイダに速度差は無いので比較は要らない
  • 3日10GBの制限があるが、実質100GBは速度制限無く使える
  • 機種はW06がおすすめ
  • WiMAXの料金比較ではキャンペーンなどを踏まえた実質料金比較が大事
  • JPWiMAXが2019年のおすすめ!

これらが今回のWiMAX比較での重要ポイントとなります。これであなたも安心してお得にWiMAXを比較して契約できるはずです。

WiMAXの比較は複雑で難しそうですが、こういった点を意識しておすすめのWiMAXに出会っていただけることを祈っております。こちらでお話した比較情報が少しでもお役に立てば幸いです。

おすすめのJPWiMAX
キャンペーン特設ページへ