今すぐ無料相談へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAXの3日10GB制限について解説

WiMAXの3日10GB制限
どのくらい使えるのか詳しく解説します


「3日10GB」。WiMAXの契約をお考えであれば、必ず知っておかなければいけない単語です。これは、WiMAXが速度制限になるまでのデータ使用量を表しています。

「データ使用量と急に言われてもわからない」
「速度制限になったら使えなくなってしまうの?」

そういった疑問の声が聞こえてきそうですね。3日10GBと聞いてだいたいイメージはつくかもしれないですが、実際に詳細情報をご存知の方は少ないです。しかし、この言葉の意味を深く理解せずにWiMAXの契約をすると、思っていたものと違い、嘆くことになるかもしれません。

そこで、今回はWiMAXの3日10GB制限について詳しく解説。3日10GB制限の内容からどのくらい使えるのかなど、こちらを読めばWiMAXの3日10GB制限について必ずお分かりいただけます。

それでは、早速基本情報から確認していきましょう。



知らなかった!WiMAXの3日10GB制限基本情報

基本情報について

こちらでは、まずWiMAX3日10GB制限の基本情報から確認していきましょう。そもそも、この3日10GBという縛りはWiMAXサービスの提供当初からあったわけではありません。サービス開始当初は無制限でした。

しかし、様々な変遷をたどってWiMAXはこの3日10GBという制限になっています。ということで、その変遷を表にしたのでご覧ください。

WiMAX速度制限の変遷

時期 通信制限
2013年WiMAX2+提供開始 完全無制限
2015年5月29日 3日3GB(制限後速度→1Mbps)
2015年5月29日 3日3GB(制限後速度→6Mbps)
2017年2月2日 3日10GB(制限後速度→1Mbps)

上記のような変遷をたどって、WiMAXは3日10GBとなりました。しかし、このWiMAXの制限はなぜ設けられているのでしょうか?その答えは、全員が安定した速度でWiMAXを利用できるようにするためです。

どんな回線でも利用者が増え、データ使用量が増えると回線自体のスピードが重くなります。そんな中、際限なくユーザー全員が利用すれば、WiMAX回線はパンクし利用できなくなってしまうでしょう。

そういった最悪の状況を避けるために、この3日10GB制限が設けられているのです。それでは、次にその「3日10GB」がどんな制限なのか見ていきましょう。

3日10GB制限の内容

3日10GBと聞いて、ある程度は理解できるかもしれませんが、細かい制限内容についてはご存知じゃない方も多いでしょう。そこで、WiMAXの3日10GB制限について、詳細情報を表にまとめているので一緒に確認していきましょう。

WiMAX3日10GB制限について
制限がかかるデータ量 3日間で10GBを超えた場合
制限時速度 約1Mbps
制限期間 10GB以上利用した日の翌日。18時〜翌2時までの間。
それ以外の時間は速度制限なし。

上記のような内容となっています。つまり、直近3日間で10GB以上利用するとその翌日の夜間に速度制限がかかるということです。3日で10GBと言われてもどのくらいかピンと来ない方もいるでしょう。

ちなみに1GBあれば、Youtubeを標準画質で2時間分、LINEはテキストで約50万回、テレビ電話で約3時間利用できます。つまり、日常の利用であれば、WiMAXの3日10GBに引っかかることはなかなかありません

また、制限されるのは3日で10GB以上利用した翌日の夜間のみ。他の時間帯は、通常のスピードでWiMAXを利用できます。よって、使いすぎたと思っても翌々日にはすぐに解除されるということ。

このように短期的な制限だけなので、使いすぎて当月ずっと制限みたいなことは無いでしょう。最後に、3日10GB制限後のWiMAXの速度について。1Mbpsとは、だいたいYouTubeの標準画質レベルが視聴可能な程度と言われています。

私もWiMAXを利用しているので、速度制限後に使ってみたのですが、問題なく動画は視聴可能です。しかし、早送りをして飛ばしながら見るのは少し厳しいかもしれません。これは、理解しておいた方が良いでしょう。

WiMAXの3日で10GB制限は、上記のような内容になっています。それでは、他のインターネット回線と比較してこの制限はどうなのか?まずはポケットWiFiと比較していきましょう。

ポケットWiFiとの比較

ポケットWiFiと比較してみた

前項にて、WiMAXの3日10GB制限について詳しくご紹介しました。では、他の回線と比較して緩いのか厳しいのかは気になるところ。まずはポケットWiFiと比較していきます。

ポケットWiFiは、WiMAXと両極を成すモバイル回線の1種。WiMAXよりも聞き馴染みがある方も多いのではないでしょうか?そんなポケットWiFiとWiMAXの制限比較を早速見ていきましょう。

WiMAX(3日10GB) vs ポケットWiFi(ドコモ・au・ソフトバンク・Ymobile)制限比較

回線キャリア 平均
月額料金
制限がかかる
データ量
制限時
速度
制限期間
WiMAX 約3,500円 3日で10GBを超えた場合 約1Mbps 3日で10GB以上利用した日の翌日。
18時〜翌2時までの間。
それ以外の時間は速度制限なし。
ドコモ 約1,900円 スマホとシェア。スマホデータ容量を超えた場合 約128Kbps データ制限量を超えたら、当月ずっと
au
(WiMAX)
約4,400円 3日で10GBを超えた場合 約1Mbps 3日で10GB以上利用した日の翌日。
18時〜翌2時までの間。
それ以外の時間は速度制限なし。
ソフトバンク 約1,000円 スマホとシェア。スマホデータ容量を超えた場合 約128Kbps データ制限量を超えたら、当月ずっと
Ymobile 約3,700円 月間7GB 約128Kbps データ制限量を超えたら、当月ずっと

上記がポケットWiFiとの比較結果です。速度制限の面では、3日10GB制限のWiMAXの方が圧倒的にお得ですね。料金面では、ドコモやソフトバンクがお得に見えますが、こちらはスマホのデータ利用とセットになっています。

よって、スマホの契約を10GBにしている場合、スマホとWiFiで10GBを折半するということです。これでは、確実に速度制限になるでしょう。仮に、スマホのデータ容量を上げると考えても、料金が大きく変わりますし、WiMAXの制限量に追いつくことはありません。

つまり、料金的にも、速度制限の観点でも3日10GBのWiMAXがお得だと言えます。WiMAXやポケットWiFiを固定回線の代わりに利用しようと考えているのであれば、ポケットWiFiでは全く足りないでしょう。

また、速度制限後にポケットWiFiは128Kbpsに制限されるのに対し、WiMAXは1Mbpsと明らかに違います。月間で容量が決められているポケットWiFiは、制限がかかると追加料金を支払って解除するしかないですが、WiMAXの3日10GB制限はすぐに解除されるのでその差は明らかです。

こちらでは、WiMAXとポケットWiFiを比較してきましたが、固定回線代わりにWiMAXを利用する方にとっては、そちらとの比較も重要でしょう。そこで、続いては固定回線のトレンドである光回線とWiMAXの3日10GB制限について比較します。

光回線とも比べてみよう!

光回線とも比較

1人暮らしの方であれば、WiMAXを固定回線の代わりとして利用したい方もいるでしょう。そこで、続いては光回線とWiMAXの3日10GB制限を比較していきます。ちなみに、光回線には3日10GBなどの速度制限がありません。

厳密に言えば、データ送信に関しては、1日30GB以上行うと制限をかけられる可能性がありますが、ダウンロードに関しては一切無いです。そんな光回線と比較して、3日10GBのWiMAXは快適に利用できるのか確認していきましょう。

WiMAX(3日10GB) vs 光回線(無制限)制限比較

WiMAX 光回線
平均月額料金 約3,500円 約5,000円(戸建て)
約4,000円(マンション)
最高速度 708Mbps 1Gbps〜2Gbps
(マンションでは100Mbpsの場合も)
速度制限 3日10GB 無制限
開通までに
要する期間
約3日(最短当日受け取り可) 約1ヶ月(工事完了まで)

上記のような比較結果となっています。やはり、速度面ではWiMAXより光回線の方が有利です。ただ、1人暮らしでWiMAXを利用する場合、基本的にマンションが多いかと思います。その場合、光回線では100Mbpsに制限されることも多く、3日10GB制限はあるものの、WiMAXの方が快適に利用できることも。

料金も、1人で光回線を契約するのであれば、割引が少なく3日10GB制限のWiMAXがお得です。ただ、唯一の懸念点は3日10GB制限での利用量。1日に3GB以上使うことが多い方、休日に動画やオンラインゲームなどをたくさん利用する方にはおすすめできません。

目安として、下記に表を作成しましたのでこちらを参考にしてみてください。

データ利用量目安表

利用用途 1GBでできること
Webサイト閲覧 約6000ページ
LINE トーク:約50万回
無料通話:約55時間
YouTube動画 約4〜5時間
ゲームアプリ 約100〜1000時間(種類によって幅が大きい)

こちらが、1GBで利用できる目安です。やはり、動画はデータ量を大きく消費しますが、LINEやWebページ閲覧など、一般的な用途であまり消費しません。よって、そんなに動画を見ない方や、オンラインゲーム(PC)などを利用しない方には、3日10GB制限があるWiMAXがおすすめです。

以上、WiMAXの3日10GB制限と光回線を比較してきました。最後に、WiMAXの3日10GBという制限が今後どのように推移していくのか当サイトで予想しております。本ページのまとめと併せてご覧ください。

WiMAX3日10GB制限の今後

WiMAXの3日10GB制限はどうなるのか?

WiMAXの3日10GBという制限は、前述の通り昨年の2月に施行されました。様々な変遷をたどり、この3日10GBに落ち着いていますが、今後この制限はどのように推移するのでしょうか?

WiMAXは比較的新しいモバイル回線で、今も成長を続けています。最高速度の観点では、2009年下り最大40Mbpsでスタートし、2015年にWiMAX2+へと進化し下り最大220Mbpsに。そこから3年間で、下り最大708Mbpsまで速度は伸びてきました。

こういった背景から、3日10GBの制限が緩くなることはあっても厳しくなることは無いでしょう。基地局も増やしていますし、今後は3日10GBからより緩和される方向に向かっていくのではないかと考えられます。今後のWiMAXの動向から目が離せませんね。

以上、こちらではWiMAXの3日10GB制限について詳しくご説明しました。最後にこちらの内容のまとめておりますので、ぜひご確認ください。

  • WiMAXの3日10GB制限は、実質無制限(月100GB利用可能)
  • ポケットWiFiと比較して速度面、料金面ともにお得
  • 光回線と比較しても遜色ないが、利用量が多い方はWiMAXをおすすめできない
  • 今後、3日10GB制限はより緩和されていくだろう


こちらが本ページのまとめとなっています。3日10GBという比較的緩い速度制限があるWiMAX。その詳細情報に関しても当サイトで詳しくご紹介しています。特に、WiMAXはプロバイダによって料金が大きく異なるので比較が必須です。

光回線についても詳細比較ページを用意しておりますので、WiMAX、光回線、それぞれ気になるページをご覧いただけると幸いです。本ページでご紹介した内容が、あなたのインターネット回線選びの一助となることを祈っております。