ワイマックス最新機種HOME02はアレクサ対応やワイファイエリア拡大!

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ワイマックス最新機種HOME02はアレクサ対応やワイファイエリア拡大!

コンシェルジュバナー
WiMAX(ワイマックス) HOME 02をL02などの他機種と比較!
WiMAX HOME 02

「HOME 02」と他機種の
違いがわかる!


NEC製のWiMAX(ワイマックス)ホームルーター「WiMAX HOME 02」。コンパクトになったり新機能が追加されたりしていますが、前機種「HOME 01」や「HOME L02」と比較してHOME 02はおすすめなのでしょうか。

そこで、7年以上前からWiMAXについて調査している当サイトが「HOME 02」について徹底調査しました。HOME 02のスペックをはじめ、前機種「HOME 01」や「HOME L02」と比較して何が違うのか、どんな機能が追加されたのかをわかりやすく解説します。

さらに、モバイルルーターWX06とも比較しているので、WiMAXの機種を総合的に比較して、自分に合うおすすめ機種はどれなのかがわかります。

それでは、「HOME 02」とその他のWiMAXホームルーターの比較表から一緒に確認していきましょう。

この記事を書いたのは…

運営者Kazushi Shinohara

Kazushi Shinohara

当サイトを運営して3年半になる担当者。固定回線~WiMAXの比較を来る日も来る日も続けた結果、今では街にある何もかもがインターネット回線に関連するものに見えてくるほどのめり込んでいる。料金比較、及び総合力を判断した上でのインターネット回線比較に定評あり。



HOME 02とWiMAX(ワイマックス)旧機種のスペック比較表

NECプラットフォームズ株式会社が販売している「WiMAX HOME 02」は、「WiMAX HOME 01」の後継機種です。

まずは、HOME 02のスペックを、HOME 01とHuawei製のHOME L01、HOME L02も参考にしながら見てみましょう。

商品名 HOME
02
HOME
L02
HOME
01
HOME
L01
端末画像 HOME02端末 HOME L02端末 ワイマックス HOME01端末 HOMEl01端末
発売日 2020年
1月30日
2019年
1月25日
2018年
12月7日
2017年
2月17日
サイズ
幅×奥行×高さ
50×100×118mm 93×93×178mm 70×100×155mm 93×93×180mm
重さ 218g 436g 338g 493g
最大速度
(下り)
440
Mbps
1,237
Mbps
440
Mbps
440
Mbps
最大速度
(上り)
75Mbps 75Mbps 75Mbps 75Mbps
同時接続
台数
20台 40台 20台 40台
メーカー NEC Huawei NEC Huawei

上記の比較表の通り、最大速度や同時接続台数などは変わっていませんでした。

そんな中、HOME 01やその他のWiMAXの機種に対しサイズの容量が大幅にダウンした他、多くの性能が追加されています。詳しく見ていきましょう。

サイズ容量が約40%ダウン

home02-コンパクト
HOME02は、HOME01と比較してサイズ容量が40%小さくなりました。また、色はインテリアにも馴染みやすいホワイトで、清潔感があります。

HOME02は、家に常設するタイプなのでコンパクトになるのは嬉しいですね。

WiFi通信エリアが25%拡大し通信が安定する

HOME02-アンテナ強化
HOME02は端末内部のアンテナ性能が強化され、前機種の「WiMAX HOME 01」よりも水平方向のWiFiエリアが最大約25%拡大しました。

さらに、WX06と同様に端末ごとに自動で最適な接続先を選択するバンドステアリング機能が搭載され、2.4GHzと5GHzのWiFi周波数を同時に利用し通信が安定しました。

家庭内すべての部屋にWiFiが届きやすくなったことは、ホームルーターとして大きな進歩だと言えます。

データ通信量や電波状態をアプリで確認

HOME02 アプリ
スマホアプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」で「WiMAX HOME 02」で使用したデータ通信量の確認ができます。さらに、データ通信量が設定値を超えるとポップアップで知らせてくれます。速度制限がかかる前に通知設定ができるは便利ですね。

WiMAXは、直近3日間の合計が10GBを超えたり、ハイスピードプラスエリアモードを月間7GB以上使うと速度制限がかかります。

その制限は下記の表の通り。

ハイスピード
エリア
ハイスピード
プラスエリア
電波 WiMAX2+ au LTE
速度制限 3日10GB 月間7GB
制限後
速度
1Mbps 128Kbps
制限期間 18時-26時まで 月末まで

3日で10GB制限は、時間限定かつ、制限後も1Mbps程度の速度がでます。1MbpsというとYouTubeの標準画質くらいなら見れるので安心ですね。

昼間は通常通りの速度がでますので休みの日の昼間に使えないということはありません。

一方、4G LTEを利用したハイスピードプラスエリアモードでは、月間7GBを超えると128Kbps制限が月末までかかります。128Kbpsというと、メールやLINE、文字ベースの記事が見れるくらいの速度まで低下してしまいます。

また、最適な置き場所を探すための電波レベルの確認も可能です。WiMAXの電波は障害に弱い特性があります。ですので、電波レベルのよい場所を確認して設置できるのは、快適な通信環境を構築する上で、非常に便利な機能になります。

接続機器をひと目で確認「見えて安心ネット」

HOME02 見えて安心ネット
家庭内のWiFiを見える化するサービス「見えて安心ネット」は、接続された端末の情報を表示したり、不審な接続をブロックします。

昨今、隣の家の人のWiFiを勝手に利用するというトラブルが多々起きています。「見えて安心ネット」を利用し、不審な接続があればその端末をブロックできるので、他人に不正利用されて速度制限される心配が減ります。

また、お子様の使い過ぎを防止できる「こども安心ネットタイマー」機能も搭載。

スマホゲームのしすぎで夜ふかししたり、勉強の妨げになるのを防ぎます。「○時~○時まで接続禁止」というように、接続時間制限の設定も可能です。

スマートスピーカー(Alexa対応)と連携

Alexa対応
Alexa対応のスマートスピーカーに話しかけることで、設定情報や状態を確認できます。また、データ通信量を確認したり、モード切替などの設定変更も可能です。

「アレクサ、データ通信量確認して」と、スマホアプリを開かなくてもデータ容量の確認ができてしまいます。近未来的な使い方ができておもしろいですね。

以上、HOME02の進化ポイントを確認してきました。

続いては、HOME 02は他の製品と比較して優れているのか確認していきましょう。


他機種と比較。あなたにおすすめの端末(ルーター)は?

HOME 02は既存の製品と比べて、おすすめなのか気になりますよね。今回は、ライバル機種HUAWEI製「HOME L02」や、同時発売のモバイルルーター「WX06」と比較していきましょう。

商品名 HOME 02 HOME L02 WX06
端末画像 ワイマックス HOME02端末 ワイマックス HOME L02端末 ワイマックス WX06端末画像
発売日 2020年1月30日 2019年1月25日 2020年1月30日
サイズ
幅×奥行×高さ
50×100×118mm 93×93×178mm 111×62×13.3mm
重さ 218g 436g 128g
最大通信速度
(下り)
440Mbps 1,237Mbps 440Mbps
最大通信速度
(上り)
75Mbps 75Mbps 75Mbps
同時接続台数 WiFi:20台
LAN:1台
WiFi:40台
LAN:2台
16台

上記のルーター3台をそれぞれ比較していきましょう。

「HOME 02」VS「HOME L02」

まずはホームルーター同士、HOME 02とHOME L02を比較していきましょう。

商品名 HOME 02 HOME L02
発売日 2020年1月30日 2019年1月25日
サイズ
幅×奥行×高さ
50×100×118mm 93×93×178mm
重さ 218g 436g
最大通信速度
(下り)
440Mbps 1,237Mbps
最大通信速度
(上り)
75Mbps 75Mbps
同時接続台数 WiFi:20台
LAN:1台
WiFi:40台
LAN:2台

それぞれ特徴をまとめると、以下のようになります。

HOME 02・・・コンパクト
HOME L02・・・最大速度、同時接続数

ここで、一つ注意点があります。それは、1,237Mbpsというのはあくまで最大速度であること。この数値はハイスピードプラスエリアモードを利用した場合の数値になります。

また最大速度に関しては、スマホやPCとの接続方式でも変わります。

  • 1,237MbpsでるのはLAN接続した場合のみ
  • WiFi接続時は下り最大867Mbps

  • ここで一度ハイスピードプラスエリアモードの注意点について確認していきましょう。

    7G以上使うと制限がかかる

    ハイスピードプラスエリアモードはau LTE回線を使い、安定した通信や広いエリアが特徴です。

    しかし、前述の通り注意したいのが7G制限。WiMAXの実質無制限というのはあくまでハイスピードモードの場合のみ。ハイスピードプラスエリアモードで7G以上利用すると、月末まで128Kbpsという厳しい速度制限がかかってしまいます。

    また、気をつけたいのが追加料金を払っても制限解除できないこと。

    7G以上使う場合は、ハイスピードモードでの速度で比較しましょう。日常的に動画サービスを使っていると、7Gはすぐ使い切ってしまいます。

    以上、エリアや利用方法によりますが、上記の制限を考えると日常的に使えるハイスピードモードでの速度を比較するのが1番大事になります。

    では、実際にハイスピードモードでHOME02とHOME L02を比較してみましょう。

    商品名 HOME 02 HOME L02
    最大通信速度
    (下り)
    440Mbps 558Mbps
    最大通信速度
    (上り)
    30Mbps 30Mbps

    ハイスピードモードでは、上り速度は変わらず、下り最大速度が118Mbpsの差だけとなりました。

    あなたにとって何が優先なのかによって、おすすめは変わります。

    コンパクトに置くなら「HOME 02」

    サイズに関しては、HOME 02が小さく、約30%コンパクトです。また長方形型になっているので、省スペースで置くことができます。

    インテリアにこだわるよという方は、HOME 02がおすすめ。

    速度で見るなら「HOME L02」

    最大速度にこだわるならHOME L02がおすすめ。HOME 02の倍以上速いスピードがでることがわかります。

    ここまで、ホームルーターに関して比較してきました。続いては、同時発売のモバイルルーターWX06と比較していきましょう。

    なぜここでWX06と比較するのか?それは、最大速度が同じで、小型かつ持ち運びできるからです。

    「HOME 02」VS「WX06」

    同時発売のWX06を比較してみましょう。

    商品名 HOME 02 WX06
    サイズ
    幅×奥行×高さ
    50×100×118mm 111×62×13.3mm
    重さ 218g 128g
    最大通信速度
    (下り)
    440Mbps 440Mbps
    最大通信速度
    (上り)
    75Mbps 75Mbps
    連続通信時間
    ハイ
    パフォーマンス
    モード
    690分
    同時接続台数 WiFi:20台
    LAN:1台
    WiFi:16台
    クレードル利用
    LAN:1台

    上記の表のように、最大速度も変わらず、WiFi同時接続台数も大きく変わらないことがわかりました。

    WiFi同時接続台数に関しては、「現在は家族一人あたりが使うWiFi機器が増えたんだから多いほうが良い」とのように紹介するサイトもあります。しかし、そんなに大量に使えばまず制限にかかりますし、速度に不満がでると思いますので光回線をおすすめします。

    話を戻すと、比較するべきは繋がりやすさ、サイズ、見た目、持ち運びできるか、機能などがあります。

    繋がりやすさは、HOME 02、WX06両機種ともに大きな差はありません。サイズ、持ち運びに関しては、WX06が有利。

    Alexaや子供安心タイマーが必要な方は、HOME 02がおすすめ!

    上記が必要無い方は、持ち運びもできるWX06がおすすめ。

    「WX06」についてもっと詳しく知りたい方は、WX06とW06の比較記事をご覧ください。

    以上、HOME 02に関してWiMAXの旧機種と徹底比較してきました。最後に、これまでご紹介してきたHOME 02に関する情報のまとめをご紹介します。


    まとめ|最新機種「HOME 02」がおすすめの人は?

    HOME 02についての比較はいかがだったでしょうか?

    これまでのHOME 02について、まとめると以下の通りです。
    HOME 02まとめ
    • サイズ容量が40%小さくコンパクトに
    • WiFi接続エリアが25%拡大
    • 見えて安心ネット対応で、不審な接続があればその端末をブロックできる
    • アプリで通信量・電波を確認できて速度制限を防止できる
    • WiFiが2.4Ghz/5Ghz同時接続可能で繋がりやすく
    • スマートスピーカーAlexa対応で手を使わず設定変更可能

    このようになりました。この3機種を比較した結果、それぞれの機種におすすめなのはどんな人かを下記の表でご紹介します。

    機種 ポイント
    HOME 02 Alexaや、見えて安心ネットが重要
    持ち運ぶ必要が無い
    HOME L02 最大速度が重要
    同時接続台数が重要
    WX06 2.4Ghz/5Ghz同時接続で安定した通信
    クレードルで電波の安定性を重視

    以上のようになります。ここまで、HOME 02を含めたWiMAX最新機種を紹介してきました。

    もしWiMAXの契約をお考えなら、端末に加えてプロバイダ選びが重要です。

    WiMAXを契約する場合、どこから申し込んでも、どのプロバイダを使っても回線はUQの回線を使いますので対応エリアや速度は変わりません。つまり端末の性能次第で決まります。

    WiMAXプロバイダを選ぶうえで最も重要なのは、料金が安いかどうかです。

    当サイトは、7年以上も前から毎月徹底的に20社以上のWiMAXのプロバイダを価格調査をしています。比較した結果、2021年9月現在1番おすすめのプロバイダはBroad WiMAX(ブロードワイマックス)です!

    魅力的なキャンペーンが豊富で、月額料金も最安値。最新機種「HOME 02」も「WX06」もなんと機種代金無料になります。Broad WiMAXの詳細情報や、他社と比較して本当にお得なのか知りたい方は、下記のページをぜひチェックしてみてくださいね!

    おすすめのWiMAXプロバイダ
    の比較ページはこちら

    そのままBroad WiMAXのお得な情報を知りたい方は、続きをご覧ください!


    WiMAXを契約するなら、最安のBroad WiMAXがおすすめ!

    現在1番おすすめなのがBroad WiMAX(ブロードワイマックス)です!

    おすすめの理由は、下記のとおり実質的な支払い額の安さにあります。

    Broad WiMAX 料金プラン(ギガ放題)

    前述の通り、WiMAXで現在90%以上の方が申込みに選ぶのが、「ギガ放題プラン」です。

    プロ
    バイダ
    月額料金 キャンペーン
    Broad
    WiMAX
    1~2ヶ月目
    :2,999円
    3~24ヶ月目
    :3,753円
    25ヶ月目以降
    :4,413円
    当サイトより
    Amazonギフト券
    5,000円分

    初期費用・端末料金無料

    上記の表の通り、当サイト限定Amazonギフト券5,000円分のキャッシュバックが必ずもらえます。

    契約期間3年間の実質月額は、3,378円!これは業界最安値です。さらに、BroadWiMAXはお得なキャンペーンも打ち出しています。

    初期費用0円のWEB割キャンペーン

    下記の条件を満たせば、初期費用20,743円が割引になります。
    条件
    • Webフォームからお申込み
    • 月額最安プラン選択
    • クレジットカード払い
    • 安心サポートプラス
      MyBroadサポート加入

    上記のサポートオプションは、商品到着後に無料で解約可能です。必要なければ到着と同時に解約しましょう。

    全端末無料キャンペーン

    WX06を含む全端末代金が無料になります。

    最新機種も無料なのが嬉しいですね。プロバイダ契約も、工事も不要ですぐ使えます。

    契約解除料負担のお乗換えキャンペーン

    インターネットをご利用中の方なら「初期費用0円」「契約解除料負担」でBroad WiMAXにお乗換えできます。

    今契約しているWiMAXの契約解除料が高くて困っている方、月額料金を少しでも安くしたい方は、お得に乗換えるチャンスです!また、このキャンペーンは「GMOとくとくBB」や「BIGLOBE WiMAX」のような他のWiMAXプロバイダを利用している場合でも利用可能です。

    以上、ここまでご覧頂きありがとうございました。 HOME02やWX06など最新機種も、端末代無料なBroad WiMAX。

    Broad WiMAXのお得な当サイト限定キャッシュバックキャンペーンは下記より確認できます!

    Broad WiMAXの
    キャンペーン詳細はこちら