WiMAXレンタル

WiMAX2,レンタル,おすすめ,ポケットWiFi

WiMAX2+のレンタルなら!おすすめプランと注意点

「通信速度が速いWiMAX2+で動画をスイスイ観たい。」
「長く契約するつもりはないからレンタルでWiMAX2+を使いたい。」


通信速度が速く容量も無制限のWiMAX2+。通信環境を整えるなら非常に有用な手段です。

しかし、実はレンタルの場合、料金が安いからと3世代以上前のWiMAX2+をレンタルしてしまったり、1週間など短期間しかレンタルせず5GBくらいしか使わなかったりと、せっかくのWiMAX2+の長所が無駄になってしまうことも。

古い世代のWiMAX2+は通信速度が遅いことが多くて快適に動画を見られませんし、5GBしか使わないのであれば無制限の意味がなく、損をしたような気分になってしまいます。

レンタルのWiMAX2+は少し高めの料金設定であることが多いので、自分にあったポケットWiFiをレンタルしたほうがWiMAX2+をレンタルするよりもなんと1000円近くお得な場合が!

したがって、「快適な通信回線」というあなたの本当の目的を満たすためには、必ずしもWiMAX2+である必要は無いということも頭に入れてレンタルサービスを選ぶべきです。

そこで、こちらではWiMAX2のレンタルについて特徴やポケットWiFiとの違いを解説し、料金比較表からあなたにおすすめのWiFiレンタルをご紹介します。

利用シーンによってはWiMAX2+よりポケットWiFiのほうが最適なこともあります。本当に自分にあった通信レンタルサービスを選ぶために、一緒にWiMAX2+のレンタルについて要点を確認していきましょう!

違いは何?WiMAX2+とWiMAX

まずはWIMAX、WiMAX2+とはなにか、WiMAX2+の特徴などにもつながるので一緒に確認しておきましょう。

WiMAXはUQモバイルなどのCMでお馴染みの、UQコミュニケーションズが展開している通信サービス。あなたが普段使っているスマホの4GやLTEなどと同じ、通信規格の1つです。

日本では2009年にサービスが開始されましたが、当時はあまり影響力の大きいものではありませんでした。しかし、2015年に「UQ WiMAX」が新たな通信回線として「WiMAX2+」の提供を始め、一気に世間に普及していくこととなりました。

WiMAX2+はWiMAXに比べて、最高通信速度がおよそ33倍と大幅に向上しており、より進化した通信回線となっています。

つまり、WiMAXは旧通信回線で、それをアップデートした新しい回線がWiMAX2+ということです。企業によってWiMAXと呼ぶか、WiMAX2+と呼ぶかは異なりますが、基本的には同じものを指しています。

また、実は現在WiMAXでの端末に使われている回線は全てWiMAX2+であるので、あまり気にする必要はありません。ですが、WiMAX2+になったことで「高速通信が可能になった」ということは覚えておいて欲しいポイントです。

それでは、WiMAX2+とWiMAXとの違いを理解していただいたところで、次の項ではWIMAX2+とポケットWiFiとの違いをご説明します。

これは覚えておくべき!ポケットWiFiとの違いは?

まず、WIMAX2+とポケットWiFiを契約した場合の違いを比較表にまとめてご説明します。比較表は以下の通り。

WiMAX2+ ポケットWiFi(Docomo)
最大通信速度 708Mbps 612Mbps
通信エリア 全国 全国
通信容量 無制限(3日で10GB) 月7GBが主流

どちらも最新の機種で比較しています。最大通信速度はどちらも光回線に近いほどというかなりの通信速度を誇りますが、直線的な電波の性質上、WiMAX2+が現在でもリード。

エリアに関しては、基本的にWiMAX2+もポケットWiFiも全国的に使うことができます。ポケットWiFiは契約しているキャリアによりますが、WiMAX2+ではau 4G LTE回線も使えるので、auが対応しているエリアであれば問題なく高速通信を使うことができます。

以前は、WiMAX2+単体でのエリアが狭く大きなデメリットとなっていましたが、au回線によってポケットWiFiに引けを取らないようになりました。

最後に通信容量について。3日で10GBという条件は付いていますが、WiMAX2+は実質無制限。月7GBが主流のポケットWiFiに比べると大きなメリットとなりますね。

このようにWiMAX2+を契約すれば、高速通信と合わせて容量も気にせず快適に動画を観ることができるでしょう。しかし、レンタルの場合、これらのWiMAX2+の長所が活かせるとは限りません。

レンタルの場合

WiMAX2+をレンタルする場合、まず最初にあなたは利用シーンに応じてレンタルする期間を考えると思います。例えば、友人と週末旅行で2,3日レンタルだったり、夏休みに地方に1週間旅行に出る、新生活で通信環境を整えるまでのつなぎで2週間レンタルする…etc.

契約の場合は通信容量は1か月で考えていたでしょうが、例のような比較的短期の利用では、ポケットWiFiの7GBでも十分。WiMAX2+の無制限のありがたさを感じることはあまりありません。

もちろん通信速度はWiMAX2+のほうが速いのですが、WiMAX2+の料金は比較的高めに設定されており、1週間のレンタル料金では約2,000円ほども違いがあります。

短期間レンタルしてずっと使うわけではありませんし、ネットの閲覧や動画の視聴ぐらいならそこまで速度の違いも体感できないので、2000円高いWIMAX2+を選ぶ必要はあまりないでしょう。

このように短期間でのレンタルであれば、料金を抑えたい方はWiMAX2+よりもポケットWiFiをレンタルしたほうが良い場合もあります。しかし、1ヶ月以上の入院など、長期での利用シーンであれば、契約の場合と同じようにWiMAX2+の無制限と高速な通信速度が非常に有用であることは間違いありません!

今回の記事では、WiMAX2+のレンタルサービスをご紹介していきますが、同時にあなたの利用シーンを想定して最適なポケットWiFiもご紹介します。前述していますが、レンタルの場合はWiMAX2+が最適であるとは限らないので、これは忘れずに覚えておいていただきたいポイントです。

さて、WiMAX2+とポケットWiFiの違いを確認していただいたところで、次はUQ WiMAXが提供している無料のお試しレンタルサービス「UQ Try WiMAX」についてご説明します。

[UQ Try WiMAX」でのレンタルについて

「UQ Try WiMAX」ではWiMAX2+端末を15日間無料でレンタルすることができます。あなたがWiMAX2+をレンタルしようと考えた時、UQ Try WiMAXも候補に上がったのではないでしょうか?

確かに、WIMAX2+を無料で15日間使えるとなれば、契約するよりも気軽で有料のレンタルサービスを使う必要は無いように思えますね。さらに、機種もWiMAX2+の新しい端末「WX04」が使えて、15日間高速通信を使い放題!…というわけにはいかないのが現実です。

名前の通り、「お試し」のためのWiMAX2+レンタルなので、国内のWiFiレンタルサービスに比べると以下のようなデメリットがあります。

  • 新しい機種は在庫が少ない。
  • レンタル期間を間違えると高額の違約金がかかる。
  • 届いたときから速度制限にかかっている可能性がある。
新しい機種の在庫が少ないので古い機種しか使えないことが多く、実は15日も使えないレンタル期間を間違えると2万円もの高額な違約金が。最初から速度制限にかかっている可能性があるなど、WiMAX2+の高速通信を効果的に使うことができない場合が多いです。

このように、Try WiMAXでは短期間でWiMAX2+が無料だからといって便利に使えるわけではありません。そもそも、目的がWIMAX2+を試してもらって契約してもらうことで、基本的に一回しか使えず営業の電話などもかかってくるので、契約をしない方は利用しないほうが良いでしょう。

旅行や出張などに合わせてWiMAX2+を使いたいのであれば、素直に国内WiFiレンタルサービスを利用することをおすすめします。

それでは、WIMAX2+など国内WiFiレンタルの機種の選び方について、性能を比較していきながら一緒に確認していきましょう!

機種の選び方は?必要な性能を比較!

基本的に新しい機種を選べばよいのですが、本当にそれで良いのか、確認するためにもまずはWiMAX2+の端末を比較してみましょう。WiMAX2+の端末の性能は以下の通り。

WX02 W03 WX03 W04
最大速度 220Mbps 370Mbps 440Mbps 440Mbps
バッテリー 7時間 6時間 7時間 4.5時間
ハイスピード
プラスエリアモード

どれも手のひらサイズで重さは110gほど。コンパクトなのでカバンの中にスルッと入って持ち運びは非常に便利です。

最大通信速度を比較すると、WiMAX2+の中で古めのWX02とレンタルの中では最新のW04とでは2倍もの差が。常に最大の通信速度が出るわけではありませんが、WiMAX2+の平均通信速度で比較しても同様の結果になるでしょう。

バッテリー時間は最新型のW04が一番短いという意外な結果ですが、これはハイスピードプラスエリアモードを使って更にハイパフォーマンスモードを使った場合のバッテリー時間。常に通信を続けているわけではないので、実際は7時間ぐらいと長持ちします。

最後に、WiMAX2+のハイスピードプラスエリアモードについて。これは、WiMAX2+の回線だけでは対応エリアは狭いのですが、このモードに入れることによってau 4G LTE回線を利用することができます。

対応エリアは広いほうが良いので、WiMAX2+をレンタルするのであればハイスピードプラスエリアモードができるWiMAX2+端末を選ぶと良いでしょう。

おすすめのWiMA2+の順番はW04、W03、WX03、WX02の順。WIMAX2+の端末を比較してみて、通信速度などの観点からW03以下のWiMAX2+はポケットWiFiに劣ることもあるので、WIMAX2+を利用するならW04以上を使うべきです。

しかし、ここで確認していただきたいことが1つ。

「あなたの利用シーンに最適なWiFiレンタルは本当にWiMAX2+なのか?」

始めにWiMAX2+とポケットWiFiとの違いをご説明した際に、覚えておいてほしい事があると言ったと思います。それは、レンタルの場合、WiMAX2+の通信速度と無制限の通信容量という強みを生かせない場合があるということ。

あなたの利用シーンによっては、WiMAX2+が最適なWiFiレンタルであるとは限りません。そこで、次の項ではWiMAX2+とポケットWiFiの両方で、利用期間に合わせて最適なWiFiレンタルをご紹介します。

一番鍵となるレンタル料金について、比較しながら一緒に見ていきましょう!

利用期間別、WiMAX2+・ポケットWiFiレンタルのおすすめ紹介!

それでは、利用期間別におすすめの国内WiFiレンタルサービスについて料金を比較していきましょう。比較対象には「WiMAX2+ W04」で最安なプランとポケットWiFiのプランを選びました。

また、利用期間はWiMAX2+が有用であるかどうかの分かれ目である2週間を基準に期間を分けています。

短期間(2週間以内)

サービス名 機種 容量 2日 3日 4日 5日 6日 1週間 2週間
Wifi Peace Softbank 601HW 7GB 1,000円 1,500円 2,000円 2,500円 3,000円 2,975円 3,990円
WiFiレンタルどっとこむ Docomo E5383 無制限 1,780円 2,130円 2,480円 2,830円 3,180円 3,530円 5,980円
WiFiレンタルサービス WiMAX2+ W04 無制限 1,850円 2,340円 2,830円 2,830円 3,222円 3,614円 6,632円

比較表は手数料込みの料金になります。WiMAX2+を含む短期の国内WiFiレンタルでのおすすめはWifi Peaceの「Softbank 601HW 7GB」。手数料込みの料金で最安の国内WiFiレンタル会社です。

2週間以内のレンタルで重要なのは必要な通信容量と料金のバランス。通信量の目安ですが、動画を30時間ほど見ると7GB消費すると言われています。

2週間の利用であることを考えると、一日あたり2時間ほど動画を視聴することができる計算。はっきり言って十分な通信量です。

WiFiレンタルサービスの「WiMAX2+ W04」もWiMAX2+レンタルの中では最安料金。しかし、比較するとWifi Peaceの601HWが最高通信速度612MbpsとWiMAX2+ W04よりも速く、料金も安いという結果に。また、同じ無制限で比較するとWiFiレンタルどっとこむのE5383のほうが料金が安いです。

以上から、2週間以内の短期国内WiFiレンタルではWifi Peaceの「Softbank 601HW 7GB」がおすすめです。また、無制限のWiMAX2+にこだわりたい方はWiFiレンタルどっとこむの「Docomo E5383」がおすすめです。

長期間(2週間以上)

サービス名 機種 容量 2週間 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
WiFiレンタルどっとこむ Docomo E5383 12GB 4,750円 4,750円 11,712円 22,332円
WiFiレンタルどっとこむ Docomo E5383 無制限 5,980円 6,560円 16,944円 32,784円
WiFiレンタルサービス WiMAX2+ W04 無制限 6,632円 7,733円 18,770円 33,370円

こちらも手数料込みの料金比較です。同じ無制限ポケットWiFiの中で最安料金のWiFiレンタルどっとこむと比較してみました。料金を見ると、WiMAX2+のほうが1000~2000円ほど高いという結果に

機種で比較すると、「Docomo E5383」の通信速度は300Mbps、「WiMAX2+ W04」は440MbpsとWiMAX2+のほうが速いです。

注意していただきたいのが通信容量の無制限について。WiFiレンタルどっとこむの「Docomo E5383」は完全に無制限ですが、WiMAX2+ W04は3日で10GBまでという条件が付いています。

つまり、完全に無制限であるのはWiFiレンタルどっとこむのみ。また、WiMAX2+の最高通信速度は魅力的ですが、平均通信速度ではあまり差は出ません。

以上から、2週間以上の国内WiFiレンタルなら、少しでもお得なWiFiレンタルどっとこむの「Docomo E5383」をおすすめします

また、無制限にこだわらなくても大丈夫というあなたには、WiFiレンタルどっとこむで同じ機種で12GBのプランがあります。12GBでできることは月々53時間の動画視聴。1日1.5時間も動画を見ることができる計算です。

こちらを選べば6ヶ月料金で1万円以上も安く使えるので、通信量を節約した分美味しいものを食べたりできますね。12GBあれば十分だという方はWiFiレンタルどっとこむの「Docomo E5383 12GB」をおすすめします。

関連記事

  1. 短期レンタル可能なWiMAXのご紹介

    WiMAXのレンタルを徹底解説!あなたへのおすすめをズバリご紹介

海外WiFiのおすすめ記事

  1. 韓国,WIiFi,レンタル,おすすめ
  2. シムカードとモバイルバッテリー、お得なのはどっち?
  3. 1ギガバイト、無制限のモバイルルーターのおすすめをご紹介
  4. 現金で払える、カード以外もOKな外国用モバイルルーター
  5. おすすめの外国用モバイルルーターを徹底的に紹介!!
  6. 海外レンタルWiFiの値段のあれこれを解説
  7. わいほーの料金・容量・速度などの特徴
  8. 成田空港のカウンターの場所案内
  9. ジェットファイを解説!

国内WiFiのおすすめ記事

  1. wifi,レンタル,国内,おすすめ,比較,解説
  2. WiMAX2,レンタル,おすすめ,ポケットWiFi
  3. WiFi,レンタル,どっとこむ,料金,機種
  4. 現金払い,国内,Wifi,レンタル
  5. 格安,Wifi,レンタル,国内
  6. 国内,Wifi,レンタル,空港
  7. 国内,Wifi,レンタル,1週間,おすすめ
  8. 次の日には届くモバイルルーター
  9. 長いあいだモバイルルーターを借りたい場合は?
  10. ワンピースのワイファイピース

最近の記事

  1. 海外,wifi,繋がらない
  2. wifi,レンタル,国内,空港
  3. 国内,WiFi,レンタル,長期,比較
PAGE TOP