国内レンタルWiFi

那覇空港,国内,WiFi,レンタル

那覇空港で受取・返却可能な国内レンタルWiFiおすすめ紹介!

一時帰国やその他諸事情で、降り立つ空港は那覇空港。

そんな状況のあなたに読んでもらいたいのが那覇空港での国内レンタルWiFiの利用方法についてご紹介している当ページです。那覇空港にも、ちゃんと国内レンタルWiFiを受け取り・返却することが可能なカウンターがありますのでご安心ください!

とはいえ、やはり本州から離れているだけあって色々と不便なことも…。でも、今回のこの那覇空港の国内レンタルWiFiについての記事をきちんと読んでおけば大丈夫!

レンタル料金、予約方法、追加料金は発生するのか等々、那覇空港で国内レンタルWiFiを利用するにあたって事前に知っておきべきことをあなたにしっかりお伝えしていきます。

那覇空港で国内レンタルWiFiを利用する際に知るべきことをきちんと今の段階で知っておき、早め早めの行動を心掛ければ問題ありません!

ということで早速、那覇空港でレンタル可能な国内レンタルWiFiについて順を追って見ていきましょう!

那覇空港でレンタル可能な国内WiFiは?

沖縄県に所在する那覇空港は、利用者数が日本全国で4位にランクインされています。那覇空港はアジア諸国に対しても便を持っていますから、韓国や台北、それに香港やシンガポールなどといった国々に渡航する時に利用すると便利ですよね。

LCCのピーチも、那覇空港で航行しているのですが、将来的にもさらに多くなっていくことが想定されています。

そして、那覇空港を中心とした沖縄観光は、国内外問わず好評なので、国内WiFiのレンタルがお得に利用できるようにされているのです。

観光はもちろんのこと、普通に旅行や里帰りなどで那覇空港に立ち寄った人でも、国内WiFiルーター1つさえあれば、どこにいてもウェブを楽しむことができますし、スマホにかかってくる通信量の節約にもなります。

また那覇空港以外でも自宅や宿泊先でも利用可能なことがWiFiレンタルの特徴で、日本中どこにいても宅配できます。

ここでは、那覇空港で受け取ることもできる多数の国内WiFiレンタルをご紹介していきます。

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむは、国内WiFiレンタルのなかでも特に価格面で健闘している業者です。また、国内だけでなく海外にも対応するなど、表示されているもの以外でのサービスでも強みがあります。オプションを重視したい場合でもとにかくおすすめできますね。

そして、WiFiレンタルどっとこむは4台まで手数料が同じ料金で利用できます。複数台のレンタルの際に非常にお得になるのでおすすめです。

また、WiFiレンタルどっとこむでは、那覇空港での受取と返却の両方がもちろん可能です。

WiFiレンタルどっとこむを利用して那覇空港でWiFiルーターを受け取る場合、国際線旅客ターミナルビルの1階到着ロビーにある総合案内カウンターにて、午前9時から午後9時まで対応しています。返却するときには、最終集荷時間に気をつける必要があります。

受け取りたい日の3日前の午後1時までに申込みを済ませておきましょう。

那覇空港を離れて人里離れた僻地での観光などする場合、電波状況が危ぶまれるわけですが、このときにはSoftBankの「601HW」が最新端末で対応エリアも広いのでおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむについては更に詳しく解説したページがあるので、気になった方はご確認ください!

e-ca

e-caでも国際線旅客ターミナルビルの総合案内カウンターで受取と返却が可能なのですが、返却BOXを使った場合、利用日の午前0時から午前8時59分の間だと延滞料金を取られることがありません。

那覇空港での受け取りや返却ももちろん可能ですが、ポストからの返却だと30円手数料を抑えることができます。ポストからの返却の場合には、最終利用日の翌日午前8時まで入れると延滞料金不要です。

宅配便と那覇空港のどちらを利用しても4台まで同じ料金で利用できます。

オプションサービスについても、モバイルバッテリーが無料であるほか、無線子機やカーチャージャーなど充実しています。

注意点は、クレジットカードのみで申込可能なこと。また、申し込みは受け取りたい日の2日前、午後1時30分までに申込みましょう。

88MOBILE

88MOBILEでは、那覇空港の簡易郵便局を利用して午前9時から午後5時までの間、受取と返却ができます。1階到着ロビーと3Fチェックインロビーとで、2カ所存在します。

3台以上を申し込むと送料が2,000円オーバーになってしまうという弱みが。

また、那覇空港までの郵便局留めだと、送料と手数料とで合わせて1,620円となっています。しかし、宅配便を利用すると1,080円で利用できるので、88MOBILEを利用するなら宅配便を使いましょう。

ポストで返却する場合には、当日の消印にならなければ、その日のうちに返却したとみなされません。 88MOBILE では、那覇空港を始めとする沖縄県での利用の場合、安定性やつながりやすさを求めるならauおすすめています。ただ、沖縄県に限っていえば、auも健闘してはいるものの、ソフトバンクのほうがエリアが広いです。 88MOBILEでも、必ずクレジットカードで申し込む必要があることに注意が必要です。また、申し込みは2日前の午後4時(土曜日や祝日だと午後2時か午後3時)までに申し込めばオッケーです。

WIFI RENTAL JAPAN

WIFI RENTAL JAPANは、何はさておき、安価にレンタルできることが特徴のWiFiレンタル業者です。ここでしか取り扱っていないルーターもありますよ。WIFI RENTAL JAPANを利用する場合は、受取りたい日の2日前の午後4時までに申込みをしましょう。

回線速度を重視するなら、WIFI RENTAL JAPAN でSoftBank 601HWをレンタルすることがおすすめです。下りだと最高通信速度は612Mbps!価格は1ヶ月で6,760円となっています。

那覇空港での受取をすると1620円必要になってきますが宅配便であれば、1,080円で済みます。

安価に1ヶ月近くレンタルするなら、SoftBank GL06Pがいいでしょうね。ただ、価格が価格だけに下りが調子がよくても3Mbps、上りなら1Mbpsにしかなりません。

WIFI RENTAL JAPANの場合、返却するまでが利用日数として数えられることに注意が必要ですが、ポストでの返却の場合、当日消印が有効です。

WiFiレンタルサービス

WiFiレンタルサービスは、とにかく往復送料が安いことが特徴です。なので、とにかく短期で利用する那覇空港を介さずに返却や受取をするときには、ここを選ぶと良いでしょう。

また、WiFiレンタルサービスでは月額で取られる費用がない分、月末などでも特に懸念することなく柔軟にレンタルできますし、土曜日や日曜日それに祝日でも関係なく利用できることも強みですよね。

那覇空港で受け取るためには2日前の午後4時までに申込みを済ませておきましょう。土日祝日でも大丈夫です。

WiFiレンタルサービスでは、UQ WiMAXのHWD15をプッシュしています。この機種は、WiMAX2+、WiMAX、それにau4GLTEを選択できる強みがあります。

WiFiレンタル本舗

1日しか利用しない場合だと、わずか430円でレンタルできるWiFiレンタル本舗がおすすめできます。

ポストで返却することもできますから、那覇空港にいる滞在時間内ギリギリまでインターネットを楽しめます。しかも、利用最終日の次の日の午前10時までにポストへ入れることで延滞料金を取られることもありません。

海外旅行から帰国した際に、海外のスマホなどを利用していることもあるかと思います。そんなときでもWiFiレンタル本舗なら、煩わしい設定をする必要もないので、とても利便性に優れた国内WiFiレンタルです。

したがって、那覇空港を海外旅行に行く目的で経由している場合は、WiFiレンタル本舗の利用がおすすめできます。ここでも、午後4時までに申し込むことでその日のうちに発送してくれます。

WIFI-HIRE.COM

WIFI-HIRE.COMでは、何と通信費用が必要ないのです。表示価格はそれなりに高めなのですが、最初に支払う料金と那覇空港で受取や返却する際の手数料以外に別途費用が必要ありません。

もし延長する場合は会員登録した上で申し込んでおくとお得に利用可能。

受取や返却は、那覇空港以外でも、台湾や香港でも可能なことが特徴です。ただし、受取と返却が違う国だと利用出来ないことや受取や返却に必ず手数料が必要となることに注意が必要です。

WIFI-HIRE.COMの特徴は、英語や中国語など日本語以外の言語でもサポートを受けられることです。なので、外国人旅行客で那覇空港を利用する人にも、とてもおすすめできる業者といえるわけです。

ただ、那覇空港で利用できるとはいっても、ほかの業者とは違い、簡易郵便局ではなく、隣接するヤマト運輸の「パーツセンター」でしか返却できないようです。

WiFiレンタル屋さん

累計で40万件ほどの利用実績を誇っているWiFiレンタル屋さんはシンプルに徹しているので、3タイプのなかからルーターを選ぶことになります。3タイプだとあまり迷いませんよね。au KDDI HWD11を含めれば4タイプなのですが、初心者であれば、先の3タイプで十分でしょう。

WiFiレンタル屋さんは、とにかく親切丁寧な説明が好評なので初めて国内WiFiをレンタルする人に向いています。

WiFiレンタル屋さんの場合には、レンタル最終日の次の日の午前8時までにポストへ入れるだけで、到着するまでもなく返却されたとみなされます。

送料や予約日時等、沖縄限定の特徴はある?

沖縄県では、南側に所在している都市部、具体的にいえば那覇空港のある那覇市や沖縄市及びその周りの地域では、どこのキャリアであろうとWiFiを使っていく上での問題はありません。

ただ、郊外のうち北部や名護市、それに離島での使用であればSoftbankがカバーエリアの観点から最も使いやすいです。次いでWiMAX、Y!mobileの順番となっています。

ただ、北部へ赴かないのであれば、Y!mobileでも十分でしょう。Y!mobileが対応している地域は、沖縄本島南部の那覇市、沖縄市を中心とするエリア、それに名護市でも利用できます。

本島南部では4Gにまで対応しているのですが、北部などに行くに連れて3Gまでにしか対応していない傾向にあり、同じ北部でも山深い地域だと圏外となり使えません。

もしWiFiの利用が本島南部だけにとどまらない場合ならば、Softbankがおすすめのキャリアです。

那覇空港では、2階の到着ロビーを中心に無料WiFiを利用できます。それ以外の場所にはないので、外出する予定があれば、国内WiFiレンタルを利用したほうがいいでしょう。

観光地でもあることから、那覇空港を出ても、フリーWiFiスポットが他県と比べて多めな沖縄県ですが、それでも沖縄全土に設置されているわけではないです。

那覇空港で受け取る方法

いずれのWiFiレンタルも即日出荷に対応しています。しかし、那覇空港を含む沖縄県の場合、最短で到着まで2日かかってきますから、余裕をもって遅くても2日以上前までには申し込むようにしましょう。

那覇空港で受け取るためには、局留めにして申込みましょう。その際に宛名などは、

「〒901-0142 沖縄県那覇市 鏡水150 那覇空港内簡易郵便局 局留め」

としておきましょう。

どこで受け取るか

簡易郵便局が那覇空港の1階到着ロビーに所在していますから、その場でWiFi端末を受け取り、返却ができます。

ただ、午前9時から午後5時までしかやっておらず、年末年始も営業していないことから、もし郵便局がやっている間にたどり着けないことがあらかじめ分かっているならば、滞在先のホテルなどにしておくと安心ですよ。

那覇空港で受け取るときには、簡易郵便局が営業していないことには使えませんから、もし営業時間外に訪れることが明らかなときには宿泊施設や実家などの滞在先まで郵送してもらうようにしましょう。

沖縄の宿泊施設は、それなりに充実しているとはいえるものの、インターネットが不備なところもありますし、有線LANしか設けられていない宿泊施設もあるわけです。

また、実家などに帰省するときにもインターネット環境に不備があることもありますよね。このような場合に備えて、不自由なくWiFiを利用したい場合は是非ともポケットWiFiをレンタルしましょう。

国内WiFiのおすすめ

どの国内WiFiレンタル業者も、それぞれでメリットがあるわけですが、それでも迷うことも。

迷った場合、那覇空港で国内WiFiルーターをレンタルするならば、WiFiレンタル屋さんをおすすめします。

なぜなら、SoftbankのWiFiルーターのレンタルを取り扱っており、価格も安価なばかりか返却に関しても単に備え付けのレターパックに封入の上でポストに入れるのみで済みますから、初めてでも利用しやすいわけです。 那覇空港を含む沖縄では、ウェブサイトで注文してから、2日後の午前中には到着しますから、とてもスピーディーですね。那覇空港での受け取りにかかる手数料についても、わずか540円で済みます。

WiFiレンタル屋さんでは前日配送も可能です。もし前日配送を希望するならば、3日前の午後5時までに申し込みを済ませておきましょう。

WiFiレンタル屋さんで最も好評を得ているのがSoftBank 601HWとなっています。この機種の特徴は、下りが最高潮のときには612Mbps、月あたり20GBまでを使うことができるばかりか、最安料金なことが目玉ですね。

日中に使いたい人には、WiMAX WX03が適していますよ。その上でさらに安定さを望むなら、SoftBank 303ZTがいいでしょう。

大容量の通信をするような人でも1カ月あたり100GB保証されているau KDDI HWD11が9,750円で用意されているため、満足するのは初心者だけではありません。

那覇空港までの往復送料が1,080円と安いことが特徴です。浮いたお金で補償サービスに入っておいてもいいでしょう。

なので、あらかじめ3日前までに那覇空港に行くことが決まっていて、那覇空港でWiFiルーターを受け取ることを希望しているならば、WiFiレンタル屋さんがおすすめできますね。

レンタルする際のまとめ~那覇空港編~

いかがでしたか。那覇空港で受け取ることができる国内WiFiレンタルについて見てきましたが、それぞれの業者でメリットデメリットに差異がありますよね。

WiFiレンタルの利用期間によっても選ぶべき業者は違ってきますし、ヘビーに使うかそうでないかによってもそうです。あるいは何台同時レンタルするかによっても変わってきます。

もしそのような用途が分からないということであれば、初心者に適したWiFiレンタル屋さんがおすすめです。

関連記事

  1. 無制限で国内WiFiをレンタルしたい方へ総合解説!

  2. 国内,WiFi,レンタル,長期,比較

    国内WiFiレンタルの長期利用なら!料金比較で最安を選ぼう

  3. 急な予定でも安心!当日レンタル可能なワイファイ

    当日に国内でWiFiをレンタルするならここ!お急ぎの方必見!

  4. 羽田空港,国内,WiFi,レンタル

    羽田空港で受け取れる国内WiFiレンタルの期間別おすすめ紹介!

  5. 次の日には届くモバイルルーター

    国内レンタルWiFiで即日受取するなら?おすすめもご紹介

  6. WiFi,レンタル,どっとこむ,料金,機種

    WiFiレンタルどっとこむを徹底解説!口コミや評判、おすすめの料金プラ…

海外WiFiのおすすめ記事

  1. 韓国,WIiFi,レンタル,おすすめ
  2. シムカードとモバイルバッテリー、お得なのはどっち?
  3. 1ギガバイト、無制限のモバイルルーターのおすすめをご紹介
  4. 現金で払える、カード以外もOKな外国用モバイルルーター
  5. おすすめの外国用モバイルルーターを徹底的に紹介!!
  6. 海外レンタルWiFiの値段のあれこれを解説
  7. わいほーの料金・容量・速度などの特徴
  8. 成田空港のカウンターの場所案内
  9. ジェットファイを解説!

国内WiFiのおすすめ記事

  1. wifi,レンタル,国内,おすすめ,比較,解説
  2. WiMAX2,レンタル,おすすめ,ポケットWiFi
  3. WiFi,レンタル,どっとこむ,料金,機種
  4. 現金払い,国内,Wifi,レンタル
  5. 格安,Wifi,レンタル,国内
  6. 国内,Wifi,レンタル,空港
  7. 国内,Wifi,レンタル,1週間,おすすめ
  8. 次の日には届くモバイルルーター
  9. 長いあいだモバイルルーターを借りたい場合は?
  10. ワンピースのワイファイピース

最近の記事

  1. 海外,wifi,繋がらない
  2. wifi,レンタル,国内,空港
  3. 国内,WiFi,レンタル,長期,比較
PAGE TOP