【海外】おすすめレンタルWiFi徹底紹介~容量・料金・空港・サービス等基準別~
【国内】WiMAXのレンタルを徹底解説!あなたへのおすすめをズバリご紹介
【海外】レンタルWiFi徹底比較【5選】~価格・容量・国別~
【国内】レンタルWiFiのおすすめをズバリご紹介!

海外と国内のWiFiのレンタルを徹底解説!おすすめをご紹介!

「WiFiをレンタルしたいけど、種類が多くて選べない!」

と思っていませんか?調べれば調べるほど、もうどれにすればいいのかわからない!と適当に決めてしまう、なんてコトも多いのでは?

そんなあなたのために、当サイトではレンタルWiFiについての情報を完全網羅!あなたにぴったりのレンタルWiFiが必ず見つかる、そんなサイトになるよう、いろいろな角度から情報を解説しました。

それでは早速詳細を…と言いたいところですが、あなたは国内と海外、どちらでレンタルWiFiを使いますか?

実はレンタルWiFiには大きく分けて、国内向けと海外向けの2種類があり、選ぶポイントも大きく変わってくるんです。

そこで!このページでは、WiFiのレンタルなんてさっぱり。。という方でも最適なWiFiをレンタルできるようになっていただきたく、国内、海外それぞれのポイントをわかりやすく解説していきます!

それでは一緒に、あなたにぴったりのレンタルWiFiを探していきましょう!

国内と海外、それぞれのレンタルWiFiのポイントを細かく解説していく前に、そもそもどういった点が違うのでしょうか。それぞれの違いは、大きく下記の3つになります。

回線の違い
まず通っている回線が違います。国内のレンタルWiFiはドコモやauなどおなじみの回線が通っていますが、海外ではその国の回線を使うことになります。
WiFiルーターの機種の違い
回線が違うということは、使えるWiFiルーターも違ってきます。たとえばドコモ回線が使える国内のWiFiルーターは、海外では使用できないので、海外専用のWiFiルーターを使うことになります。
容量の違い
詳しくは後ほど解説しますが、国内では無制限に使うことができるWiFiルーターがあるのに対して、海外でのレンタルでは国内ほど使える容量が多くありません。

以上、ざっくりと大きな違いをご説明しました!国内と海外とでは、自分に合うWiFiルーター探しのアプローチは異なってきますので、どちらのWiFルーターをレンタルするか決まっている方にはより詳しく解説したページをご用意しましたのでご覧ください!

それではまずは国内のWiFiレンタルから、料金はどのくらいなのか、どのくらいの期間WiFiをレンタルできるのかなど、具体的にみていきたいと思います!

国内でWiFiをレンタルする際に抑えておくべき3つのポイント

まずは国内でWiFiをレンタルしたいへ。国内でレンタルしようとするとき、気になる点は大きく分けて下記の点ではないでしょうか。

  • WiFiルーターのスペック
  • WiFiルーターが使えるエリア
  • WiFiルーターのレンタル料金

それでは順番に詳しく見ていきましょう。

国内WiFiのレンタルで見るべきスペックのポイント

まずはスペックからみていきたいと思います。WiFiルーターのスペックは、前提としてあなたの使い方にあったものをレンタルすることが大事!

動画をみるなどネットをガンガン使いたいのか、それともメールチェックや地図の確認ができればいいのか。

使い方次第で、ベストなレンタルWiFiも変わってきます。ここでは、ネットをよく使う人と、軽くしか使わない人の2通りに分けて、WiFiルーターのスペック選びのポイントをご紹介していきたいと思います!

はじめにチェックして欲しいのが、WiFiルーターの容量について。WiFiルーターは国内・海外問わず、機種ごとに使える容量が決まっています。

これは、ネットワークを公平に利用できるようにするためのルールで、一部のユーザーだけが大量の通信で回線を独占してしまうのを防ぐ意味があります。

あらかじめ決められた容量を超えてしまうとネットの速度が制限されてしまい、動画はおろか、サイトの1ページを開くのにも時間がかかりすぎる、ということになってしまいます。

そのようなことにならないよう、あなたの使い方にあったレンタルWiFiの容量を選んでいくことがポイントになります。詳しく見ていきましょう!

メールチェックや調べ物のみの場合は、7GB/月のプランで充分!

具体的に制限されている容量については、1ヶ月に7GBという制限があることが多いです。しかしいきなり7GBと言われても、全然イメージつなかいですよね?

そこで、7GBで使えるネットの目安をご用意しましたのでご覧ください。

7GBで利用出来るネットの使い方の目安

ネット使い方例 データ通信料の目安
Webサイトの閲覧(1ページあたり150KB) 約46,000ページ
メール送受信(1通あたり500KB添付ファイル含む) 約14,000通
動画の視聴(360p低画質) 約30時間
音楽のダウンロード(1曲4MB) 約1750曲
LINE電話 約280時間
グーグルマップの読み込み 約1890回

以上が7GBでできることですが、数値が大きすぎて正直よくわからないですよね。

ご安心ください。先ほど言ったように、7GBは1ヶ月の容量なので、これを1日あたりどれぐらい使えるのかまで分解した表もご用意しました!ぜひご覧ください!

7GBの容量制限があるWiFiで、1日あたりに利用出来るネットの目安

ネット使い方例 データ通信料の目安
Webサイトの閲覧(1ページあたり150KB) 約1,533ページ
メール送受信(1通あたり500KB添付ファイル含む) 約466通
動画の視聴(360p低画質) 約1時間
音楽のダウンロード(1曲4MB) 約58曲
LINE電話 約9時間
グーグルマップの読み込み 約63回

表を見ると分かる通り、サイトで調べ物をしたり、メールチェックをしたりというレベルであれば、容量オーバーの心配なく使うことができます。

動画を見たいという方も、1日数十分のYou Tube程度であれば、7GB/月のレンタルWiFiで問題ありません

ただし、高画質で映画をがっつり見たい方やスマホでゲームをひたすらやりたい!という方にとっては十分ではありませんよね。

では、ヘビーユーザーの方が制限をクリアするにはどうすればよいのでしょうか。 ご安心ください。実は容量無制限でレンタルできるWiFiルーターもあるんです!早速解説していきますね!

ヘビーユーザーの方は容量無制限かつ最速のWiFiルーターがおすすめ

結論から言うと、ヘビーユーザーの方には容量無制限のWiFiルーターをレンタルするのがおすすめです。

ただし容量無制限といっても、実際には制約があることがほとんど。月単位で無制限であっても、3日で3GBや10GBという短いスパンでの制限があります。

ですが、短期で使いすぎなければ、容量を気にせず使い続けられるというのはメリットが大きいです。特におすすめしたいのは長期のWiFiルーターのレンタルを予定されている方。短期で使う場合と異なり、長期の場合は一定期間安定して使い続けたいということが多いのではないでしょうか。

当サイトでは無制限の国内用レンタルWiFiについて詳しく解説した記事もご用意しましたので、下記のページからご覧ください!

容量の目安がわかったところで、続いて国内のWiFiルーターの速度をみていきましょう!せっかくレンタルしても、速度が遅いと思ったようにネットが使えず時間がもったいないですよね。

特に動画やゲームを思い切り楽しみたいヘビーユーザーの方は、さくさく動くことが最優先事項だと思います。 そこで次からは、国内WiFiルーターの速度に関してご説明していきます!

まず、WiFiルーターの速度はMbpsという単位で表されます。スムーズにネットを使える目安としてはおおよそ10〜20Mbps程度

一方で、WiFiの速度表記を見ると 「下り最大220Mbps!」 「業界最速の440Mbps!」などの表記が多いです。

これをみると、スムーズに使える目安よりもだいぶ速いですよね。しかし、実はここが多くの方が勘違いしてしまうポイントなんです。

これらの表記はいずれもWiFi理論上の最大値であり、実際レンタルして使用していくと様々な要因で速度が落ちてしまいます。

平均で10分の1、悪いときは100分の1以下まで落ちることもあります。 むしろ理論値に近い速度が出る方が珍しく、速度が落ちるということを前提として考えるようにした方がよいでしょう。

以上、国内のレンタルWiFiルーターのスペックに関して解説してきました。大きく容量と速度にポイントを絞って見ていくと選ぶのが楽になりますし、正直なところ、その他のスペックはどのWiFiルーターもあまり変わらないのが現状です。

大事なポイントは容量と速度と理解していただき、あなたのネットの使い方に合わせて検討して見ていただければ幸いです。

続いて見ていくのは、回線が繋がるエリアについてです。都心でメインに使うという方や、地方の山奥で使う予定の方、または地下などの屋内中心に使う方など、様々な場合がありますよね。

実は使用するエリアは、どのキャリアのWiFiルーターをレンタルするのかというところに関わってくる重要な部分。事項で詳しく見て行きましょう!

どのキャリアか迷ったら使うエリアを確認しよう!

使う予定のエリアをしっかり確認しておくことは非常に大切で、なぜなら各キャリアの回線によって繋がりやすい場所、繋がりにくい場所があるからです。

とはいえ、都心や県庁所在地などある程度人がいるエリアであれば、どのキャリアでも問題なく繋がりますので心配は不要です。

問題は、まだ回線が行き届いていない可能性のある地方、そして、コンクリートで覆われた屋内や地下という限定されてエリアで使う場合です。 早速、順番に解説してきますね!

地方で使う場合は対応エリアが広いドコモ・auがおすすめ!

ドコモ・auは人工カバー率99%を実現しており、日本国内はどこでも繋がりやすくなっています。地方を飛び回る方、山奥で繋がるか不安な方は、ドコモ、auの回線が使えるWiFiルーターを選ぶと良いでしょう。

ちなみにWiMAXのルーターでもauの4GLTE回線を使うことができます。WiMAXをレンタルしたいけど地方で繋がるか不安という方もご安心ください!

地下やコンクリート壁などの屋内をメインに使うならLTEがおすすめ!

WiFiの回線には、WiMAXとLTEという2種類の通信方法があります。もしあなたが地下などのコンクリートに囲まれた屋内で使うことがおおくなるのであれば、おすすめの通信方法はLTEになります。

どういうことかというと、LTEの電波の特徴として、周波数が高く障害物を回り込みやすいという特徴があるのです。逆にWiMAXは高速通信が可能である反面、障害物に妨害されやすいというデメリットが。

したがって地下ではLTEの回線を使うのがおすすめということになります!では肝心のLTE回線を提供しているキャリアはというと、現状では全てのキャリアでLTEの回線が利用可能です!

ひとつ注意点としては、WiMAXは通常WiMAX2+と言う回線を使うため、LTE回線を使いたいときはauのLTE回線に切り替えて使う必要があります。

以上が、エリアに応じたキャリア選びのポイントでした。それでは国内のレンタルWiFiで見るべき最後のポイントとして、レンタル期間と料金の関係を見て行きたいと思います!

あなたのレンタル期間はどれくらい?レンタルWiFiの料金目安

まずは国内のレンタルWiFiの相場をお伝えしましょう。料金はレンタル期間に応じて変わりますが、1日あたり300円〜700円でレンタルが可能です。

ただしこれは短期の場合の料金で、1ヶ月や半年などというようにレンタル期間を延ばすほど、1日あたりの料金が下がるしくみです。長期の場合は、1日あたり100円前後でレンタルできるケースも珍しくありません。

また、料金が変わる要因はレンタル期間だけではなく、どのレンタルサービスからレンタルするかでも変わってきます。

国内のWiFiレンタルサービスは10社以上が競い合っているので、短期長期それぞれで最も安く提供しているところからレンタルしましょう。

以上、ここまで、国内でWiFiをレンタルするにあたり重要なポイントを解説してきました。下記にまとめます。

まとめ

  • スペックでは特に容量と速度に注目すること
  • 利用する予定のエリアと対応しているキャリアを事前に確認する
  • レンタル期間とレンタルサービスによって料金が変わるので、各比較をすることが大事

上記のポイントを押さえ、あなたが納得した国内のWiFiをレンタルしていただければ嬉しいです!

それでは続いて、海外WiFiをレンタルする場合の要点をみていきたいと思います。海外WiFiをレンタルする場合は国内の場合と異なり、容量や速度の選択肢が少なく選びやすいです。

一方で、エリアをチェックするのは非常に重要。渡航先の国で利用可能かどうかという部分は必ずチェックしておく必要があります。詳しく解説していきますね!

レンタルWiFiを海外で使いたい時にチェックしたい要点まとめ

国内WiFiのレンタルの場合は、容量と速度のスペック面を最初に解説しましたが、海外WiFiはそもそも容量や速度のパターンが少ないため選びやすいのが特徴です。

具体的には、容量は3種類、速度は2種類からしか選ぶことができません。詳しくみていきましょう!

海外WiFiの容量と速度を徹底解説!

それでは早速容量からみていきたいと思います。海外WiFiの容量は下記の3種類から選んでレンタルします。

  • 1GB
  • 500MB
  • 250MB

全て1日あたりに使える容量です。容量が大きくなると、それに伴って料金も上がる仕組みなので1GBが一番高額ですが、実際は数百円単位でしか変わらないので、特に短期の旅行などの場合は1GBの容量をレンタルすることをおすすめします。

それでは速度に関してはどうでしょうか。速度の選択肢はさらに少なく、4Gと3Gの2種類のみ。3Gだと、国内でWiFiやスマホを使いなれている方にとっては遅く感じてしまう可能性大!

せっかくレンタルするなら快適に使いたいですよね。4Gの方が料金は高くなりますが、僅差なのでレンタルする際は4Gが断然おすすめです!

速度・容量いずれも選択肢が少ないので、決めやすいですね!

POINT

容量は1GB、速度は4Gがおすすめ!

容量と速度のおすすめがわかったところで、続いてエリアに関してみていきたいと思います。

海外WiFiは、国内WiFiのようにキャリアの回線を使うのではなく、基本的に渡航先の国の回線を使って接続するので、渡航先の国で利用できるかどうかを確認するのが非常に重要!早速みていきましょう!

渡航先の国で使えるのか?海外WiFiのエリア確認方法

渡航先で使えるかどうかを調べるのが重要とはいえ、海外WiFiのレンタルサービスは20社以上あるので、ひとつひとつ調べていくのは非常に大変!

そこで本サイトでは、最大で200以上の国で利用できるレンタルサービスを厳選しました!

実は海外WiFiのレンタルサービスは大きく2つに分けることができます。ひとつが、多くの国でWiFiをつかうことができる大手の海外WiFiレンタルサービス。

そしてもう一つは、ハワイやインドなど、特定の国限定でしか使えないサービスです。

多くの国で利用可能な大手のWiFiレンタルサービスからWiFiをレンタルすることで、渡航先に応じて利用可能かどうかを調べる必要がなくなります。 以下の表でそのサービスをご紹介します。

主要な海外WiFiのレンタルサービスと取り扱い国数

レンタルサービス 取り扱い国数
グローバルWiFi 200以上
イモトのWiFi 200以上
Wi-Ho! 90以上
JAL ABC 177以上

以上が取り扱い国数200以上の大手レンタルサービスです。一度ひとつのレンタルサービスで海外WiFiのレンタルに慣れてしまえば、どこの国でも使えるので2回目以降のレンタルWiFiの利用が楽!

さらに大手ならではの強みとして、受取・返却の際に柔軟に対応してくれたり、キャンペーンの開催頻度も多かったりするので、上記サービスの海外WiFiを利用することはメリット大です!

以上、ここまで国内・海外それぞれで、レンタルWiFIのポイントを解説してきました。

国内と海外では比較、意識する点が違ってくるのがおわかりいただけたでしょうか。

ポイントを抑えることができれば選ぶことは難しくないと思うので、自分のネットの使い方を振り返りながら、最適なWiFiを見つけていただければ嬉しいです。

海外WiFiのおすすめ記事

  1. 韓国,WIiFi,レンタル,おすすめ
  2. シムカードとモバイルバッテリー、お得なのはどっち?
  3. 1ギガバイト、無制限のモバイルルーターのおすすめをご紹介
  4. 現金で払える、カード以外もOKな外国用モバイルルーター
  5. おすすめの外国用モバイルルーターを徹底的に紹介!!
  6. 海外レンタルWiFiの値段のあれこれを解説
  7. わいほーの料金・容量・速度などの特徴
  8. 成田空港のカウンターの場所案内
  9. ジェットファイを解説!

国内WiFiのおすすめ記事

  1. wifi,レンタル,国内,おすすめ,比較,解説
  2. WiMAX2,レンタル,おすすめ,ポケットWiFi
  3. WiFi,レンタル,どっとこむ,料金,機種
  4. 現金払い,国内,Wifi,レンタル
  5. 格安,Wifi,レンタル,国内
  6. 国内,Wifi,レンタル,空港
  7. 国内,Wifi,レンタル,1週間,おすすめ
  8. 次の日には届くモバイルルーター
  9. 長いあいだモバイルルーターを借りたい場合は?
  10. ワンピースのワイファイピース

最近の記事

  1. 海外,wifi,繋がらない
  2. wifi,レンタル,国内,空港
  3. 国内,WiFi,レンタル,長期,比較
PAGE TOP