ひとり暮らしに便利なwifiはどれ?ワイマックスを徹底解説

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ひとり暮らしに便利なwifiはどれ?ワイマックスを徹底解説

コンシェルジュバナー
WiMAXは一人暮らしで使うWiFiにおすすめ?ネット回線の選び方も解説
ひとり暮らしにワイマックスがおすすめ
「一人暮らしでネット回線を契約したいけど、WiMAXは本当に自分にもおすすめなの?」
「どうすればWiMAXをお得に契約できるの?」
このような疑問にお答えします。

一人暮らしにWiMAX(ワイマックス)がおすすめな人はネット回線の利用目的によって変わりますが、この記事を読めば自分の一人暮らし生活にWiMAXが最適かどうかがわかります

今回は、一人暮らしでの利用目的別に、WiMAXをおすすめできる人とそうでない人の違いメリット・デメリットをわかりやすくまとめました。

さらに、記事の後半では2021年8月現在、契約できるWiMAXプロバイダ主要19社を徹底比較してわかった、1番安いおすすめのプロバイダをご紹介します。

まずは、一人暮らしをするうえで固定回線とWiMAXにどんな違いがあるのかを見ていきましょう!

一人暮らしでは固定回線とモバイルWiFiどっちがおすすめ?

インターネット回線の契約は2年~3年が一般的で、満期が来る前に解約した場合、プロバイダによっては高額な解約金が発生することがあります。

そのため、一人暮らしでのインターネットの回線やプロバイダの契約は、各社の料金や速度、評判をしっかり比較して決めることが重要です。

さらに、光回線などの固定回線には、配線工事が必要になるため、計画的に申し込むことができないと引っ越し後すぐにインターネットを利用することができません

そこで、一人暮らしでは固定回線とモバイルWiFiが、それぞれどのような人に当てはまるのかを確認してみましょう!

固定回線がおすすめな人
  • 自宅でのネット利用量がとても多い
  • 屋外でネット回線は必要ない
  • 少々料金が高くても速度や通信容量を重視
  • APEXなどFPSなどのオンラインゲームをする
  • 特殊な株取引など、通信の遅延が大きな影響になることにも利用する

モバイルWiFiがおすすめな人
  • 自宅だけでなく屋外での利用も考えている
  • 回線工事ができない、したくない
  • ネット回線の価格を抑えたい
  • 利用目的はオンラインゲームや動画・SNS・Netflexなどで、FPSはしない。
  • 単身赴任での引っ越しや出張などが多い

このように、固定回線とモバイルWiFiは、一人暮らしをする上でも利用目的や環境によってどちらが適しているか決まります。

そして、あなたの一人暮らし生活にピッタリなインターネット回線を見つけるには、まずは住居タイプから確認しておく必要があります。

住居タイプはマンション?戸建て?

一人暮らしといっても、住居タイプはマンション、アパート、一軒家の間借りのようなケースもあるでしょう。まずは、自身が入居する(入居している)物件ではどのような回線が利用できるのか、大家さんに確認することから始めます。

また、一人暮らしをする物件によっては既に契約できる回線が決まっている場合や、家賃にインターネット回線費が含まれる場合もあります。

WiMAXなら工事不要なので、住居タイプは関係なく申し込みが可能です。

集合住宅(マンション・アパート)は使える回線が限られている

集合住宅の場合、光回線が2,000円代からと安い料金プランで利用できる場合があります。しかし、そういった安くておすすめの回線が自身の住んでいるマンションやアパートで契約できるとは限りません。

回線の提供エリア内であっても、その物件には対応していないというケースもあるのです。一人暮らしで固定回線の利用を検討する際は、自身の物件に対応している回線なのか事前に確認が必要になります。

また、物件の契約の際は不動産屋さんにどの回線が対応しているのかを先に聞いて置くことも重要です。

固定回線の場合、工事完了まではインターネットが使えない

固定回線の工事の日取りは、いつからインターネットを使いたいかを逆算し、早めに申し込みをして工事日の予約をしなければなりません。

一方、WiMAXは最短即日から利用可能で、工事期間も費用も必要無いので、引っ越し後すぐにインターネットを使いたい人にとっては非常に助かります。

マンションの場合は共有回線の混線に注意

マンションでの共有回線は、同一のネット環境が増えることで、速度低下が起こることがあります。

光回線の速度だけを見て、速度が速いと判断するのは時期尚早です。一方WiMAXは、周囲の急激な利用者増加の影響が受けにくいのでマンションでの利用は特におすすめになります。

以上、一人暮らしでのインターネット回線の選び方をご紹介しました。

WiMAXでは特殊な株取引や、一瞬のラグが影響してしまうようなFPSのオンラインゲームなどでは、満足な速度は出ません。これはWiMAXの1つのデメリットと言えます。

そのような速度環境が必要で回線工事が可能な方は、光回線を検討するのがおすすめです。ご自身に合った固定回線が1分でわかる6問診断があるので、是非ご活用下さい。

次項では、一人暮らしにWiMAXがおすすめな5つの理由を詳しくご紹介していきます。


大学生や社会人にも!ネット回線でWiMAXがおすすめの5つの理由

一人暮らしにWiMAXがおすすめな理由は以下5点です。

おすすめポイント
  • 月額料金が毎月3,000円台と安い
  • 自宅でも外出先でもインターネットが使える
  • スマホ(携帯電話)のパケット代の節約になる
  • 回線工事が不要
  • 通信速度が最大1,237Mbpsと光回線並み

おすすめの理由の詳細を順番にみていきましょう。

固定回線よりも料金が安い?フレッツ光 vs BroadWiMAX

国内の固定回線シェアナンバーワンのフレッツ光とWiMAXの人気プロバイダBroadWiMAX(ブロードワイマックス)の料金を比較してみましょう。

回線名/住居タイプ 料金プラン 月額料金
フレッツ光
戸建て
ギガファミリー 6,270円
フレッツ光
マンション
ギガマンション 3,685円~4,785円
BroadWiMAX ギガ放題プラン 3,753円

上記は一例ではありますが、一般的に光回線などの固定回線の戸建てプランは、WiMAXより料金が高いです。マンションプランの場合は、マンション内の契約数や接続方式によって料金が変わるので、WiMAXより料金が高いこともあれば安いこともあります。

住居タイプによって料金が変わらないこと、どの住居タイプでも利用可能なことがWiMAXにおけるメリットの1つと言えるでしょう。

自宅でも外出先でもインターネットが使える!

一人暮らしでWiMAXを使う最大の利点は、持ち運びができることです。特に、社会人の方や大学生の方は、寝るためだけに帰宅するという方もいるでしょう。

このように、家にいる時間が短い人や出張が多い人、カフェなどで仕事をする人の一人暮らしにとっては、固定回線よりもWiMAXがおすすめです。

スマホ(携帯電話)のパケット代やテザリング代の節約にも

WiMAXを持ち運べば、スマホや携帯電話のパケット代(通信費)の節約ができることもあります。

データ容量が大きいプランを契約している人は、容量の小さいプラン×WiMAXで通信料を下げつつ、実質無制限の通信が可能に。WiMAXなら固定回線の代わりとして自宅でのインターネットも兼ねることができるので、一人暮らしで固定費を節約したい方にもおすすめです。

開通工事・撤去工事が不要で、引っ越しの時も楽

前述の通り、WiMAXが固定回線と大きく違う点は、回線工事が不要という点です。

固定回線の開通工事は予約がなかなか取れなかったり、工事の立ち合いで休日が取られたりと面倒です。特に、一人暮らしの場合は工事の立ち合いを同居人にお願いすることもできないので、スケジュール調整も大変になります。

さらに、固定回線の開通工事や撤去工事には、契約しているプロバイダによっては数万円の費用がかかることも。

その点、WiMAXは開通工事不要で、工事費用ももちろんかからず、申し込みから最短即日に使い始めることができます。また、急な転勤や引っ越しの時も解約する必要がないので、解約金や撤去工事費用の心配も不要です。

WiMAXの通信速度は1Gbps超え!光回線との大きな違いは?

WiMAXやポケットWiFiといったモバイル回線は、光回線より速度が遅いというのは過去の常識です。

WiMAXの機種『W06』や置き型タイプのホームルーター『HOME L02』の最大速度は1Gbps以上です。ただし、

WiMAXは固定回線よりも回線が不安定になりやすいという特徴もあるため、FPSのオンラインゲームなどコンマ1秒の速さにこだわる人は向いていません。FPSが快適にできるかできないかはWiMAXと固定回線の大きな違いになります。

一方で、RPGやブラウザのオンラインゲーム、YoutubeやNetflixを見る、SNSやネットサーフィンをするくらいの利用ならWiMAXで十分楽しめます。なぜなら、一人暮らしの方が家で使う分には十分な20Mbps前後の速度は安定的に出るためです。

ここで、「通信速度が20Mbpsって速いの?遅いの?」と疑問に思う方へ、インターネットのサービスを利用するのに必要な通信速度の目安を以下にまとめました。

WiMAXの目安速度

サービス 速度
メール・SNS 1Mbps
ビデオ通話 3Mbps
Youtube(HD画質) 5Mbps
YouTube(4K画質) 20Mbps

上記のように、YouTubeのHD画質でも平均5Mbpsの通信速度があれば快適に閲覧できます

例えば、スマホを使ってYoutubeをHD画質で見る際に必要な速度が5Mbps前後なので、WiMAXでなんら問題ないことがお分かりいただけると思います。

また、WiMAXはau 4GLTEが兼用可能。現在モバイル回線の主流はWiMAXかLTE(携帯電話と一緒の回線)ですから、両方の回線が利用できる点もWiMAXのメリットです。

以上、一人暮らしにWiMAXがおすすめの5つの理由をご紹介しました。

ここまで読んでいただいて、WiMAXは一人暮らしにおすすめのインターネット回線ということがお分かりいただけたかと思います。

そんなWiMAXですが、実はWiMAXを申し込みできるプロバイダは20社以上あり、どこで契約するかによって契約期間で支払う料金に大きな差が生まれます。


WiMAXプロバイダの選び方|重要なのは料金とキャンペーン

最後に、一人暮らしにおすすめのWiMAXを実際に契約したいという方へ、お得なWiMAXプロバイダの選び方をご紹介します。

WiMAXはUQコミュニケーションズが管理するモバイル回線なので、どこのプロバイダで契約してもエリアや速度に違いはありません

回線が一緒となると、大事なのは料金プランやキャンペーンのみ。また、WiMAXは店頭よりもインターネット経由での契約が最もお得になります。理由は、インターネット契約の場合、人件費や店舗費用がかからない分、ユーザーにお得なキャンペーンが提供できるからです。

しかし、各プロバイダのキャンペーン内容は月によって変わるうえに、20社以上あるプロバイダのキャンペーンや料金プランを比較して、自分にピッタリなプロバイダを見つけ出すのは非常に困難です。

そこで、7年以上WiMAXの月額料金やキャンペーンを毎月調査している当サイトが、現在契約できるWiMAXプロバイダ主要19社を徹底比較してわかった、1番安いおすすめのプロバイダをご紹介します!

WiMAXを最安で契約する方法

ブロードワイマックスのキャッシュバック

引用元:Broad WiMAX公式サイト


2021年8月現在、最も契約期間内で支払う総額が安くおすすめのWiMAXプロバイダはBroadWiMAX(ブロードワイマックス)です。

当サイト限定Amazonギフト券5,000円分のキャッシュバックキャンペーンは、すぐに・必ず受け取ることができます

また、他社からの乗り換え時の違約金の負担もしており、WiMAX端末代金も無料です!

「乗り換えたいけど、今解約すると違約金が発生してしまう」という方も、BroadWiMAXが負担してくれるので安心ですね!

一人暮らしにおすすめのWiMAXプロバイダはBroadWiMAXということがわかりました。最後に、実際に利用するおすすめの端末(ルーター)をご紹介します。


一人暮らしにおすすめのWiMAX端末(ルーター)

ブロードワイマックスで選ぶべき端末をご紹介します!

BroadWiMAXが一人暮らしをする大学生や社会人の方に1番おすすめなWiMAXプロバイダだとご紹介しました。WiMAXプロバイダ選びの次に重要なのは端末(ルーター)選びです。

WiMAXの端末(ルーター)においては、最新機種が最もおすすめです。

WiMAXの最新機種には持ち運び可能なモバイルルーターと、家でのみ利用できるホームルーターの2種類があります。モバイルルーターとホームルーターは何が違うのかそれぞれ比較していきましょう。

WiMAXおすすめ機種「W06」・「WX06」・「HOME 02」比較表

タイプ モバイルルーター ホーム
ルーター
機種 W06 WX06 HOME
02
外観 _w06 wx06 HOME02端末
速度
下り
1,237Mbps
(867Mbps)
440Mbps 440Mbps
速度
上り
75Mbps 75Mbps 75Mbps
連続通信
時間
9時間 11.5時間 なし
同時接続
台数
16台 16台 WiFi:
20台
LAN:
1台


WiMAXルーター比較!選び方のポイント

WiMAXルーターについて、3つのポイントに絞って紹介します。

モバイルルーターかホームルーターの比較

WiMAXは外でも利用できる持ち運び可能なインターネット回線で人気です。ですので、どうしても同時接続数が多いほうがいい!という方以外はモバイルルーターがおすすめになります。

モバイルルーターのWX06はクレードルと呼ばれるアンテナ内蔵の台を別途購入すれば、ご自宅で利用する際の送受信感度が最大60%も高くなり安定した通信が可能な端末です。

速度の比較

WiMAXルーターの最大速度を比較すると、W06が最速の機種です。1,237MbpsはハイスピードプラスエリアモードかつUSBケーブル接続した場合。基本的にスマホやパソコンにはWiFiを使うのが主流のため、最大867Mbpsと考えてよいでしょう。

また、前述の通り基本的にWiMAXはハイスピードモードで利用しますが、その場合でもW06は558Mbps、WX06は440Mbpsの速度が出ます。

しかし、これはあくまでも「理論値」なのです。

WiMAXを始めとするほとんどの個人向けインターネット通信サービスは、ベストエフォート型サービスです。これは、「理想的な環境であれば、理論上このスピードがでる」という意味であり、この速度が出ると保証してくれるものではありません。

つまり、通信エリアや電波状況などに応じて、実際の速度は最大通信速度より遅くなります

また、W06とWX06の実際に使ったときに出る速度はほぼ同じです。

繋がりやすいのはWX06

速度を比較すると最大速度1.2Gbpsの「W06」に対して劣るものの、繋がりやすさではWX06が圧倒的に優れていると言えます。

WiMAXの機種「WX06」が繋がりやすくおすすめな理由は、WX05との比較でも紹介した、WiMAXのモバイルWiFiルーターとして初めて2.4GHzと5GHzのWiFi同時通信というバンドステアリング機能。

Wi-Fi2.4Ghz/5Ghz同時利用の説明
これにより、周囲の電波環境を判断して端末ごとに自動で最適な接続先を選択されることで繋がりやすくなったのです。

連続利用時間は最新機種WX06のほうが長い

WiMAXルーターを外出先で利用する場合、バッテリーの持ちが気になる方もいらっしゃいます。

機種 WX06 W06
通信時間 11時間半 7時間

W06とWX06を通常時で比較した場合、W06よりもWX06のほうが約4時間30分長く使えます。

WiMAXを外で利用することが多い場合は、バッテリーの連続通信時間も重要かと思いますが、W06でも7時間使えます

実際の速度が同じくらいなら、バッテリーの持ちも繋がりやすさも優れたWX06の方がやはりおすすめです。

おすすめのルーターまとめ
  • 端末代は基本的に無料なので最新機種がおすすめ
  • 屋外でもWiMAXを使うならモバイルルーターがおすすめ
  • 実際に出る速度はW06とWX06はほぼ同じ
  • おすすめ機種は、繋がりやすいWX06


以上、WiMAX対応ルーターを比較してきました。BroadWiMAXなら、最新機種WX06も機種代が無料で、現在契約中のインターネットからの乗り換え時の解約料を負担してくれます!

また、2021年8月現在、当サイト限定で行っている、必ず受け取れるAmazonギフト券5,000円分のキャッシュバックキャンペーンにより、どのWiMAXプロバイダよりも安く契約できます!

もし、これからの一人暮らしにBroadWiMAXを検討していただけましたら、下記のボタンから詳細ページをご覧ください。

お得なキャンペーン中!
BroadWiMAXの詳細はこちら