ネット回線とISPの契約方法について

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ネット回線とISPの契約方法について

コンシェルジュバナー
プロバイダの契約方法とは?
プロバイダの契約方法とは?

おすすめのプロバイダ契約をご紹介!
複雑なインターネット回線とプロバイダを徹底解説します


「そもそもプロバイダって何?フレッツ光やソフトバンク光とどう違うの?」
「プロバイダがたくさんありすぎてどこと契約すれば良いのかわからない…」

上記のようなお悩みをあなたもお持ちではないでしょうか?確かに、インターネット回線とプロバイダについて詳細に理解している方は非常に少ないです。しかし、インターネット契約には回線とプロバイダの2つの契約が必要。

2つも契約するのはめんどくさいし、複雑でわかりにくいですよね。ただ、近年ではそんな回線とプロバイダをまとめて契約するのが一般的になっており、比較的簡単に契約できるようになっています。

そこで今回は、「プロバイダとは一体どんな役割を担っているのか?」、また「インターネット回線とプロバイダの関係性」を明らかにした上で、あなたにおすすめの契約方法を見つけていきましょう。それでは、まずはプロバイダの基本情報から詳細に解説していきます。

そもそもプロバイダってなに?

まず、プロバイダ契約の前にそもそもプロバイダとは何かを知る必要があります。先ほどお伝えした通り、インターネットの利用には回線とプロバイダ2つの契約が必要です。

そもそも、光回線やADSLといったサービスは「線」を通してインターネット接続を可能にしています。そして回線とは、フレッツ光やNURO光、auひかりといったそれぞれのサービスが有している線のこと。つまり、線を利用する契約を結ぶのが回線契約と言えるわけです。

「それではプロバイダとは何なのか?」

回線を高速道路として考えるとわかりやすいのですが、プロバイダとは料金所のことです。回線は、非常に多くの人が利用しているので、そこには多数の車が走っていることになります。では、高速道路に車はどうやって入るかを考えると、料金所を通らないと利用できませんよね。

つまり、高速道路と同じでプロバイダを利用しなければ回線を利用することができないのです。だからこそ、回線とプロバイダの2つの契約が必要になります。

回線は各基地局から張り巡らされ、様々なインターネット回線があなたのお家の近くを通っていることでしょう。しかし、このプロバイダの契約が無ければそれらの回線とのアクセスポイントが無いので利用できないということです。

ちなみに、このプロバイダはインターネット速度の安定感にも影響を与えます。もう一度高速道路の例で考えてましょう。高速道路に車が増えると渋滞が発生しますよね。そこで、さらに料金所の数が少ないと仮定してください。

想像しただけでも嫌になりますが、大渋滞を引き起こすこと間違いなしです。逆に、料金所の数が多いとどうでしょうか?渋滞は確実に緩和されますよね。つまり、料金所であるプロバイダの能力(バックボーン規模)や利用者数によって大きく左右されるというわけです。(下図参照)

プロバイダの役割とは?

しかし、実際にはプロバイダのバックボーン規模は非常に不透明です。有名なプロバイダと契約するのが無難ですが、一概にどのプロバイダが良いと断言できないのが現状。よって、下記のような速度比較サイトを利用してみても良いでしょう。

(参考:https://netspeed.studio-radish.com/cgi-bin/netspeed/openresult/openresult.cgi)



こちらでは、プロバイダと回線との関係性、そしてプロバイダとはどんな役割を担っているのかを詳しくご紹介しました。しかし、冒頭でもお伝えした通りプロバイダと回線の一括契約が現在主流となっています。

この一括契約には、あなたが今現在契約しているインターネット回線も大きく関連してくるので、あなたの契約に応じたおすすめプロバイダの選び方を次項から紹介していきましょう。

契約するときに必要なもの

さっそく契約フローを紹介したいところですが、その前に契約時に必要なものを一度確認しましょう。契約直前に慌てて用意するなんてことにならないように事前に準備しておくと安心ですよね。

「プロバイダとの契約時に、なにを準備すればいいのかわからない。」
そういった心配をしている方もなかにはいらっしゃるのではないでしょうか?

契約時に用意していただくものは、契約後の支払い方法によって違います。

  • クレジット決済の場合
  • 署名用の印鑑のみを準備しておけばオッケー。

  • 口座振込の場合
  • 普通の印鑑に加えて、銀行に登録してある銀行印を準備しておけば問題ありません。

    住民票などを用意する必要はありませんので、ご安心ください。

    また、この際にはプロバイダのHPを訪れて注意事項などがあれば必ず目を通すようにしましょう

    後から「そんなの聞いてないよ!」といったトラブルになる可能性があるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

    口座振込みには銀行印が必要

    プロバイダ契約フローを確認しましょう

    実際の契約ではどのように物事を進めていけばいいのか不安な方もおられるでしょう。

    プロバイダの契約はスーパーでのお買い物のように何度も経験するものではありませんから。

    でも実際は同じくらい簡単な作業。なにも心配せず、この記事のフローにしたがって進めていけば問題ないので安心してくださいね。

    それでは、どの回線を契約するのか決定していると仮定して、まずは大まかなプロバイダの契約方法を見ていきましょう。インターネットが開通すればゴールです。(どの回線にするのか決まっていない方はこちらのページが参考になります。)

    開通までに必要な作業は大きく以下の3つ。

    必要な手順
    • 契約するプロバイダを決める
    • 実際に申し込む
    • 回線工事・インターネット開通!

    それでは、各作業をステップごとにおっていきましょう。

    ステップ1 契約するプロバイダを決まる

    まずはプロバイダの決め方について見ていきましょう。

    どのプロバイダと契約すれば1番最適なのか考える際には、

    プロバイダを決める際に、、、
    • どういった点を重視しているか
    • どこで情報を集めるか

    以上の2点を明確にしなければなりません。

    どうやって決める?

    みなさんにとってお得なプロバイダは、利用する予定の回線に依存してきます。フレッツ光やWiMAXなど様々な回線がありますが、その回線によってプランは盛りだくさん。
    本当にご自身にあったプロバイダかどうかを見抜くポイントはたったの4つ

    プロバイダの比較ポイント
    • 安さ
    • 安定性
    • 人気
    • キャンペーン

    詳しくは後述しますが、この4つを考慮しておけば間違いありません

    どこで情報を集める?

    プロバイダに関する情報収集の方法は「ネット・家電量販店での聞きこみ・資料請求」この3つでしょう。

    私のおすすめは、やはりネット上の信頼のおけるページで情報を集める方法です。私自身日頃直接お店に出向く時間はないですし、資料請求だと時間がかかってしまいます。それぞれぞれの会社から送られてくるので、比較が難しいですしね。

    その点ネットであれば、短時間で一気に情報を集められますし、最も効率的だと思います。

    ステップ2 実際に申し込む

    どこの業者で契約するのか。基本的には以下の3つのパターンになります。

    どこの業者で申し込みするか
    • プロバイダに直接申し込む
    • 回線業者に申し込み、そこでプロバイダを決定する
    • 家電量販店等の店頭でプロバイダ、回線の両方を決める

    先ほども紹介しましたが、この3つが主な方法。PCの購入に合わせて家電量販店で契約するのがおすすめです。しかし、ネットからでも高額なキャッシュバックを受け取ることができますので、PC購入の必要がない方はネットを介してプロバイダ・回線業者から契約しても損はしないでしょう。

    どんな方法で申し込む?

    申し込み方法は、大きく以下の3つ。

    申し込み方法
    • インターネットで申し込みフォームを出して契約する
    • インターネット/電話で契約する
    • 店頭で契約する

    店頭での契約の場合、販売員と直接話しながら契約を行うことができますが、回線・プロバイダが自由に選択できないというデメリットがあります。

    インターネットで契約する場合、不明な点があればHP上に記載されている電話番号から相談することができます。

    ステップ3 回線工事とインターネット開通

    ※このステップは工事の必要性がある方を対象としています。

    回線工事が必要な方は、まず工事の予約を行います。予約から工事までは、時期によりますが1週間前後かかります。また、キャンペーンの有無などによって料金が発生しないこともあります。

    WIMAXなどのモバイル回線や、回線の変更がない方は工事の必要性がありません。

    以上!この手順でついにネットが使えるようになります。


    どうでしたか?このような流れで契約を行うことになります。STEPにしてたったの3つ。
    この流れに沿って契約を行えば、スムーズに回線開通まで進めることができます。

    新規?乗り換え?現在の契約から確認

    今現在、既に何かインターネット回線を契約しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?その中で、「プロバイダのみ変更するのか?」、「回線ごと乗り換えるのか?」といった選び方に気をつける必要があります。

    しかし、正直にあなたにあった選び方がどれなのか判断するのは非常に難しいです。そこで、こちらではあなたの状況に応じて以下の3つの方法をご提案。

    契約パターン別
    • 現在インターネット契約をしていない
    • プロバイダのみ乗り換える
    • 回線のみ契約しており、プロバイダ契約が必要
    プロバイダ契約で迷っている方にも必ずご理解いただけるはずです。どうぞご覧ください。

    パターン①現在インターネット契約をしていない 

    現在、インターネット契約をしていない場合、インターネット回線とプロバイダ両方契約が必要。

    もしくはWiMAXなどのモバイルWiFiを繋がなければなりません。あなたがインターネット契約に何を求めるのか確認しましょう。

    もし、速度重視で安定した固定回線を契約したいならば、プロバイダ契約と回線契約が一括になったサービスがベストです。

    パターン②プロバイダのみ乗り換える

    プロバイダの乗り換えは現在繋いでいるインターネット回線によって変わります。

    フレッツ光(光コラボも)ならば乗り換え可能ですが、auひかりではプロバイダのみの乗り換えはできませんので注意しましょう。

    パターン③回線のみ契約しており、プロバイダ契約が必要

    現在、インターネット回線のみ契約しており、プロバイダの契約をしていない場合になります。

    このケースは、フレッツ光をご契約中の方に多いでしょう。しかし、フレッツ光でプロバイダ契約を別に結ぶよりも、回線とプロバイダの一括契約の方が確実にお得でおすすめ。

    ただ、おすすめのプロバイダも下記でご紹介するので興味のある方はご覧ください。

    さて、上記の通り3つの場合分けのもとインターネットの契約を大別しました。それぞれあなたの状況によって異なる契約ですが、その詳細を下記から確認していきましょう。

    プロバイダ(インターネット回線)おすすめ契約方法~あなたに合わせて~

    現在の契約内容と今後の利用環境の確認が必要

    前項では、あなたの状況に応じたインターネット回線、及びプロバイダの契約方法を確認しました。続いては、先ほど確認したそれぞれの契約についておすすめの契約をご紹介します。
    おすすめのプロバイダ契約について

    上記の順に確認していきますので、早速確認していきましょう。

    新規ならインターネット回線とセットで!

    新規ならばプロバイダと一括になったサービス契約がおすすめ。NURO光、auひかりなどのインターネット回線は元々料金にプロバイダ料も込みでしたので、トレンドの契約方法です。しかし、最大手のフレッツ光は別途プロバイダの支払いが必要でした。

    しかし、NTTが独占していたフレッツ光回線を貸し出したことで、ドコモやソフトバンクを始めとした非常に多くの業者が光回線サービスを提供できるようになりました。こうして生まれたドコモ光やソフトバンク光、So-net光コラボなどを「光コラボ」といいます。

    光コラボは、「回線+プロバイダ」の一括契約が一般的なので非常にわかりやすくフレッツ光よりも安い料金で提供中です。利用する回線は同じなので、フレッツ光を契約をお考えなら間違いなく光コラボでプロバイダも込みで契約するのがおすすめです。

    よって、プロバイダとの一括契約ができるauひかりやNURO光、そして光コラボが最もお得に契約できると言えます。そんなおすすめ光回線の詳細比較はこちらからどうぞ!

    あなたにおすすめの
    光回線を探す


    乗り換えの場合は注意が必要!

    先ほど乗り換えの際に回線ごとの注意をお話しましたが、フレッツ光や光コラボではプロバイダの変更が可能です。しかし、契約変更事務手数料を取られる場合も多いので注意しましょう。また、auひかりではプロバイダの変更は不可能です。

    その場合は新規で契約し直す必要があるので、契約期間終了後に乗り換えることをおすすめします。そんなプロバイダの乗り換えに関して気になる方は下記のページから詳細比較をしておりますので、どうぞご覧ください。

    プロバイダ乗り換え詳細ページへ

    即日で契約できる?

    こちらは、プロバイダのみの契約が必要なケースです。最近はインターネット無料の賃貸などもありますが、マンションなどではプロバイダのみ契約が必要な場合があります。そんな時はもうそこまでインターネット回線が来ているのですぐに使いたい思いますよね。

    こういった時におすすめなのが即日契約可能なプロバイダ。インターネットをすぐにでも繋ぎたい場合は、即日契約できるプロバイダを選ぶのが良いでしょう。クレジットカードをお持ちであれば、即日契約、そして利用可能なプロバイダはいくつかあります。

    WEB上で申し込みが完結できるので、申し込み完了後にプロバイダがIDとパスワードを即日で発行。すぐにインターネットを利用開始できます。

    即日乗り換え可能なプロバイダ詳細へ

    プロバイダ契約をしないでインターネットを行う

    通常インターネットの利用には、回線とプロバイダの2社の契約が必要です。 どちらか一つが欠けてもインターネットはできません。

    ただ、状況によって転勤などの引っ越しが多い方は、引っ越しの度に使用期間が短くとも回線とプロバイダの変更を迫られるため、非常にわずらわしくなります。 プロバイダをキャンペーンで加入して契約期間の縛りがあった場合などは、ひとたまりもありません。

    そういった方向けの最適なやり方として、回線とプロバイダの契約をしないで、インターネットを使うというものがあげられます。

    それが、WiMAXやモバイルLTEの『ポケットWifi』の利用です。

    これらのポケットWiFiは販売している通信会社との契約になり、そこがプロバイダの役割もしますので通信費以外に費用が発生しないのが最大のメリットです。

    端末の持ち歩きでどこでもインターネットができますので、移動の多いビジネスマンは最適です。契約の手続きもスムーズで時間がかからず、ネットの申し込みで数日内には端末が届きますので、時間的にも通常の回線契約より段違いに早いです。

    ただし、種類によっては、通信量によって通信規制がかかるものもありますので、ヘビーユーザーはどの端末を選ぶか慎重になる必要があります。

    WiMAXは唯一ポケットWifiの中でもインターネット通信量が実質無制限です。特に非常にお得ですので1度検討してみましょう。

    おすすめのポケットWiFi
    WiMAXの詳細を確認する


    営業電話や訪問営業はダメ?おすすめは絶対にWEB!

    プロバイダやインターネット回線の契約を電話で済ませたという方の話をご存知でしょうか?俗にいう電話営業で勧誘されてそのまま流されてプロバイダ契約してしまったというケースです。

    今入っているプロバイダと比較してもインターネット料金が安くなるとのことで、『安くなるのに変えないんてなぜですか?』と強引に営業され、とりあえず資料だけでも、ということで、住所・電話番号などを教えたら、後に契約書が送られてきて電話のあった日がプロバイダ契約日になっていたとのこと。

    しかも契約書の内容には、頼んでもいない『有料サポート』までついていて、現状のプロバイダ料金よりも明らかに高くなってしまっていたというおまけつきです。

    こうした雑な対応に加え、そもそも人員をかけているのでインターネットで契約したほうがお得に還元しやすいのです。そのため、サポートもしっかりしていて安全に契約できるインターネットで契約するのをおすすめします。

    ここまでプロバイダの契約に関してあなたのご利用状況、今後の要望に分けてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。安心して、もれなくお得にプロバイダをご契約するのにお役立ちできれば幸いです。

    これ以外にもプロバイダやインターネットの契約には総合的な比較が必要。それぞれご契約希望別に詳細ページをご覧ください。