2019年おすすめのポケットワイファイを徹底比較

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

ポケットWiFi
料金
WiMAX
ポケットWiFi比較!~料金・速度・制限から見るランキング~
ポケットWiFi料金比較!~ニーズ別に比較してみた

ポケットWiFi比較の全てをご紹介!
速度・料金など、基本情報を徹底解説します


「そもそもポケットWiFiって種類が多すぎて比較できない」
「持ち運びできるのは魅力だけど、速度や料金は実際どうなの?」

こんな悩みをあなたもお持ちではないでしょうか?確かに、近年人気のポケットWiFiは外出時にも利用できるというメリットがあるものの、非常に種類が多く複雑です。また、速度制限もあるので本当に選んでも良いのかわからなくなる方も多いでしょう。

そんなあなたに、こちらではポケットWiFiのおすすめ比較方法を詳細に解説します。結論から申し上げると、あなたがひと月に利用するデータ量に焦点を当てた比較は非常に重要。それは、これまで主流であった月間7GBプランに加え、実質無制限プランも出てきているなど、料金プランも豊富になっているからです。

また、そもそもポケットWiFiは何なのか、どんな種類があるのかという点にも焦点を当てて解説していきますので、ポケットWiFiのことを知らない方にも安心してご覧いただけます。それでは、早速ポケットWiFiの基本情報から確認していきましょう!



そもそもポケットWiFiとは?

ポケットWiFiの基本情報

ポケットWiFiを比較する前に確認したいのが、そもそもポケットWiFiとは何かということ。ポケットWiFiとは、簡単に言えば持ち運びできるWiFiルーターといったところです。スマホとは異なり、電波を受け取り他の端末に発信することしかできません。

しかし、ポケットWiFiには本来もっと狭い範囲のものを示す言葉でした。というのもポケットWiFiとは、厳密には「ソフトバンクの登録商標」、つまりソフトバンクが取り扱う商品のことを示しています。

ただ、ポケットWiFiが社会に非常に浸透したため、ポケットWiFi=モバイルでインターネットを利用できるルーター全般を指し示す言葉として広まりました。ちなみに、こういったモバイル回線全体は「モバイルWiFi」というのが正式な呼び方です。

少し難しいので身近な例で説明すると、ウォシュレットのことをシャワートイレと呼ばないのと同じようなものでしょう。TOTOの商標である「ウォシュレット」が一般名詞化した結果、シャワートイレとは呼ばないですよね。

ポケットWiFiも同じで、WiMAXや他のモバイルWiFiがあるにも関わらず、全て総称してポケットWiFiと呼ぶようになりました。よって、当ページでもポケットWiFiを全てのモバイルWiFiを示す言葉として使っていきます。

ポケットWiFiとは?

  • (一般的には)持ち運びできるWiFiルーター全般を示す
  • (厳密には)ソフトバンクの登録商標。つまりソフトバンク系列の会社から販売されたモバイルWiFiのみを示す

こちらでは、ポケットWiFiとは何なのか詳しく解説してきました。それでは、続きまして種類が豊富なポケットWiFiの速度を比較していきましょう。

エリアはあまり関係無い?速度の違いについて解説

速度の違いについて解説

こちらでは、ポケットWiFiを速度面から比較していきましょう。前述の通り、ポケットWiFiには様々な種類があり速度もそれぞれ異なります。よって、安定感のあるインターネット接続を求めるのであれば速度比較は必須でしょう。

ということで、早速ポケットWiFiの速度を各キャリア別に比較していきましょう!

ポケットWiFiの速度比較

回線キャリア 最高速度 速度制限について 制限時
速度
WiMAX 1237Mbps 3日間で利用量が10GBを超えた場合、その翌日の18時~翌2時まで制限 約1Mbps
ドコモ 1288Mbps スマホとシェア。スマホデータ容量を超えた場合当月ずっと制限 約128Kbps
ソフトバンク 972Mbps スマホとシェア。スマホデータ容量を超えた場合当月ずっと制限 約128Kbps
Ymobile 972Mbps 月間7GB 約128Kbps

上記の通り、ドコモとWiMAXが通信速度では速いという結果が出ました。上記は飽くまで最高速度なのでこの数字が現実に出ることはありません。

しかし、普段サイトを見たり、動画を見たりする分には申し分無いスピードを誇っているのでご安心ください。ただ、光回線のように高速通信でオンラインゲームをするというような使い方には向いていないのでお気をつけください。

ちなみに、エリアが速度に与える影響ですが山間部や基地局から遠い一部の地域では大きく関係しますが、基本的にどこの地域でも問題無く使えます。よって、エリアのことはあまり気にする必要は無いでしょう。

また、ポケットWiFiの速度という観点ではデータ量に応じた速度制限が発生するのが特徴。こちらは、スマホと同じような「月間◯GB」というデータ使用量制限が一般的です。ただ、上記の表で比較している通りWiMAXは月間制限ではなく、「3日10GB」という制限になっています。

少し複雑に感じますが、端的に言うと月間100GB程度利用できるということです。WiMAXなら固定回線の代わりとして利用できる可能性も高く、非常に安心できるのではないでしょうか?詳細は料金比較でもご紹介しますのでご確認ください。

以上、こちらではポケットWiFiの速度に関してご紹介してきました。ここまででポケットWiFiの謎が結構明らかになってきましたね。ということで、本題のおすすめのポケットWiFiはどれなのか料金で比較していきましょう!

料金比較の大前提~ポケットWiFi以外のネット利用

ポケットWiFi料金比較のポイントと前提

それでは、早速ポケットWiFiの料金比較をあなたのご利用環境別に見ていきたいのですが、最初に最もおすすめのポケットWiFiにたどり着くために、非常に重要な質問があります。

それは、「そもそもあなた自身のご利用環境、料金契約、整理できているのか?」ということ。

現代において、スマホ、タブレット、ノートパソコン、デスクトップPCなど、ポケットWiFiだけでなく、固定回線も含めてネット回線に接続するデバイスが非常に多様化しました。

スマホもいうならば、持ち運び可能なモバイル用回線をキャッチするデバイスという点では、ポケットWiFiと同じような役割をしています。また、公共で利用できる料金要らず、あるいは定額料金のWiFi環境がたくさんあり、ポケットWiFiに加えて外での利用も多様化。

どんな契約でネット回線を使っているのか、どのくらいの容量インターネットを利用しているのか比較することもポイントになりました。加えて、ポケットWiFiでもありますが、スマホ契約とセット割を中心とした、ネット回線との総合的な料金比較というのが求められるようになっています。

そこで、当ページではポケットWiFiの料金比較のみに絞ってみていきますので、あなたのご利用環境を下記のように整理して、どの容量のポケットWiFiサービスがあなたに適しているか見ていきましょう。

その上で、「3GBまでの低容量、7GB制限以内、無制限」の3つのポケットWiFi利用に絞って料金比較とおすすめをお届けいたします。それでは、ご自身のネット回線利用と料金について下記4つの項目に注目して整理していきましょう。

  • ご家庭での利用時に求める速度と同時利用人数
  • 外でのネット回線利用とご家庭内でのネット回線利用の容量
  • 外での利用時に無料、あるいはその他公共のWiFi環境を使えるか
  • 携帯キャリアとセットの料金があるかどうか

以上がポケットWiFi比較のポイントです。こちらを元に、あなたのインターネット利用、及びポケットWiFi料金比較を進めていきます。

光回線との料金比較が必要かどうか

ご家族で利用している場合、オフィスでインターネットを繋ぐ場合など、3人以上での利用が見込まれる場合ポケットWiFiと比較するまでもありません。というのも、「容量が無制限ではないこと」、「速度が落ちやすいこと」が理由に挙げられるから。

人数が多いので制限があっては心もとないですし、複数台デバイスを使うとポケットWiFiの速度は低下しやすくなります。上記に当てはまる方は、固定回線の利用がおすすめです。

光回線契約をしているが、外出先でもポケットWiFiを使いたい

光回線の契約はしているものの、外でもインターネット利用が多い方はポケットWiFiがおすすめかもしれません。次項から紹介するポケットWiFiの容量別比較を必ずご覧ください。

外でも使うけど、ポケットWiFiで家用も外用も使いたい

1人暮らしの方、2人でお住まいの方であればこういった利用法も可能です。ただ、ポケットWiFiの容量が少ないとまともにインターネットができず、速度制限が来ることになるかもしれません。よって、できるだけ無制限に近いポケットWiFiを比較していきましょう。

au携帯との料金セットでポケットWiFiを使いたい方

実は、ドコモやソフトバンクからもポケットWiFiは出ておりますが、総じて料金が高いです。よって、スマホとセットのデータシェア料金プランもありますが、あまりおすすめできないのが現状。

上記と比較して、auスマートバリューmineというauユーザー向けの料金割が利用可能なポケットWiFiサービスであるWiMAXがあります。よって、auユーザーの方は無制限プランの料金比較で紹介しているWiMAXを要チェックです。

以上がポケットWiFi料金比較をする前に必須の契約の整理になります。上記の区分分けの通り、あなたの利用容量に応じてインターネット回線を比較することが大切。こちらを確認して、あなたの比較基準が見つかったのではないでしょうか?

特に、ポケットWiFi料金比較では、各おすすめに注目するのはもちろんですが、あなたの利用容量が3つに分けたどちらに入るかわからないということもあるでしょう。先に申し上げておくと、3GB以上利用する予定があるなら確実に無制限のポケットWiFiがお得です。

その理由を次項から確認していきます。まずは、3GB(低容量)のポケットWiFiに関して。ぜひご覧ください。


3GB以内の低容量でおすすめのポケットWiFi

ポケットWiFi料金比較~低容量3GB

それでは、こちらでは3GB以内の低容量にてポケットWiFiを利用したいという方へ料金比較をしてまいります。これまでのポケットWiFiサービスでは7GB制限、もしくは月間無制限の比較でよかったのですが、格安SIMの登場によってより料金的にお得に低容量の利用が可能になりました。

しかし、最初にお伝えしたいのがポケットWiFiの購入費用が必要ということ、そしてテザリングを使った方が明らかに楽であるということです。ポケットWiFiの契約では基本的に機種代金は発生しませんが、格安SIMのみの契約となるのでポケットWiFi自体は自分で用意する必要があります。

よって、格安SIMをわざわざ契約するよりもテザリングを使ったほうが安いです。3GB以上利用するつもりの無い方は、テザリングを利用することをおすすめします。上記を踏まえた上で格安SIMを利用したポケットWiFiの比較していきましょう。

月間3GB利用ポケットWiFiの料金10社比較!
格安SIMでおすすめは?

料金比較サービス 月額料金 実測値の評判
UQmobile 980円
Nifmo 900円
Mineo 900円
エキサイトモバイル 880円
楽天モバイル 900円 ×
DMMモバイル 850円
LINEモバイル 1,110円
IIJmio 900円
OCNモバイルONE 1,100円
DTI SIM 840円

上記が格安SIMを利用してポケットWiFiを使う際の料金比較となります。しかし、先ほども申し上げた通り格安SIMで利用するポケットWiFiがおすすめだとは言えません。その詳細を下記で解説しておりますのでご覧ください。

格安SIMが格安料金でなくなる?
ポケットWiFi利用の真実

こちらのページのテーマは、ポケットWiFiの料金比較。ポケットWiFiなのでモバイル回線を利用するSIM契約だけでなく、それを実際に挿して利用するためのルーターが必要です。

それでは、格安SIMを使って3GBまでのポケットWiFi利用する上記の契約を見ていきましょう。ルーターデバイスですが、基本的に購入可能です。

しかし、問題点はこの格安SIM契約にはありません。問題は、他のポケットWiFiサービスが非常にお得で、キャンペーン利用などによってルーターが無料でついてくることがほとんどということ。

これによって、実際に支払う料金は7GB制限があるポケットWiFiを利用するケースと変わらず、折角ポケットWiFiを使っているのにもったいないですね。

また、問題はポケットWiFiのルーター料金だけでなく、「3GB」という容量にも問題が…

SNSや動画サービスが発達してきて、消費するデータ量も多くなってきています。大半の方が5GB以上のスマホプランを利用している状況ですが、速度制限に困っている方も多いでしょう。その中で、3GBという制限は少なすぎます。

YouTubeを1時間視聴すると大体400MB消費するので、3GB制限には7時間半で達する計算です。よって、そもそもルーターが無いという方や3GBでは物足りないと考えている方は、下記から7GB、実質無制限のポケットWiFi比較をご覧いただければと思います。


7GB制限ならLTE?最安値キャンペーン

ポケットWiFi料金比較~7GB制限ならLTE

それでは、次に7GB制限以内でポケットWiFiを利用したいというあなたに、7GB制限の安い料金で利用できるポケットWiFiをご紹介します。7GB制限のあるポケットWiFiは、ドコモ、ソフトバンクなどのキャリア系、Ymobile、WiMAXといった独自のタイプという2種類が主流です。

それらの7GB制限ポケットWiFiを徹底比較していきますが、ここでもお伝えしたいことが1つ。それは実質無制限のポケットWiFiの方が安いということ。こちらでは、7GB制限のポケットWiFiに焦点を当てますが、ほんの数百円の月額料金差で実質無制限利用が可能です。

これを踏まえた上で、7GB制限のポケットWiFi料金について比較していきましょう。

7GB制限のポケットWiFi料金比較

回線名 月額料金 ルーター価格 初期費用
docomo 1,900円
+
データパック料金
実質無料 3,000円
ソフトバンク 1,900円
+
データパック料金
有料 3,000円
ワイモバイル 3,991円 実質無料 3,000円
WiMAX 2,726円 無料 3,000円

上記が7GB制限のあるポケットWiFiの料金比較となります。ドコモ、ソフトバンクに関してはスマホのデータプランをポケットWiFiと分け合うシステムです。よって、厳密には7GB制限ではありませんが、制限があることには変わりありません。

ソフトバンクでは、7GBのプランもありますが、高いので(月額4,000円以上)おすすめできないのが現状です。それを元に比較すると、おすすめはワイモバイルとWiMAXの2つに絞られますが、上記の通りWiMAXが料金比較に勝利します。

つまり、7GB制限内ではWiMAXの右に出るものはありません。ここで思い出したいのが実質無制限のポケットWiFiがお得だということ。WiMAXは実質100GB使えますが、料金を比較すると差はそんなに無い。それであれば、実質無制限のポケットWiFiを選ぶ方が明らかにおすすめですよね。

そんな実質無制限のポケットWiFiを比較した中でもWiMAXが最も安いです。しかし、WiMAXと言っても多種多様なプロバイダが存在します。よって、続いてはポケットWiFi界の王者であるWiMAXを徹底比較しますので、一緒に確認していきましょう!

ポケットWiFi比較!無制限はWiMAXで決まり

ポケットWiFi料金比較~無制限ならWiMAX

それでは、最後にポケットWiFi料金比較の最終章。月間無制限利用のポケットWiFi料金比較についてご紹介致します。その前に、見出しにもございますようにポケットWiFiを本当に無制限に近い形で使いたいのであればWiMAXしかありません。

なぜなら、実質無制限利用できるポケットWiFiを比較して最も制限が緩いのがWiMAXだから。WiMAXは3日で10GB以上利用した場合のみ、その翌日に速度が制限される仕組みです。他のポケットWiFiと比較すると圧倒的にお得に利用できます。

LTE回線を利用したポケットWiFiでは3日3GB制限が多く、月間で実質30GBしか利用できません。また、近年ではWiMAXと同じく3日10GB制限で提供している会社もありますが、速度制限後の速度がWiMAXの約10分の1で万が一の場合に頼りないことも。

一方で、WiMAXは3日10GB制限のため実質100GB。この容量をすべて使いきるほど利用する方はなかなかいないので唯一実質無制限と言っていいでしょう。また、もし速度が制限されてもYouTubeの標準画質を問題なく見れる速度なのもありがたいです。

無制限のポケットWiFiを比較してみるとWiMAXがお得であるとわかりました。というわけで、当ページのポイントであるポケットWiFiの料金比較ですが、WiMAXを利用したポケットWiFiの利用料金をみていきましょう。

最安値料金プロバイダランキング

ポケットWiFiの最安値プロバイダはこちら

それでは、最もおすすめのポケットWiFi、WiMAXの最安値プロバイダを比較していきましょう。まず前提として、WiMAXはLTEと違いどのプロバイダの料金プランを使っても速度の違いは全くありません。プロバイダの料金比較のみが重要になります。

そんなWiMAXを25社以上料金比較した結果、キャンペーンが実際の利用料金に最も重要ということがわかりました。しかし、このキャンペーン、全ての方にお得な料金プランのように見えて、実は思っていたより支払料金が高いことも。

その理由が、キャンペーン受け取りができなかった場合、月額料金が安いタイプのWiMAXプロバイダと比較して料金が高いから。この要素を頭に入れた上でおすすめのWiMAXプロバイダ3選をご紹介します。

ポケットWiFi最強!WiMAX料金比較

プロバイダ 実質月額料金
(3年総額)
キャッシュバック
申し込み時期
(金額)
キャンペーン
受け取り○
キャンペーン
受け取り×
GMOとくとくBBロゴ
3,446円
(130,932円)
4,290円
(163,032円)
11ヶ月後
(32,100円)
BroadWiMAXロゴ
3,392円
(128,913円)
契約後すぐ
(10,000円)
JPWiMAXロゴ
3,357円
(124,200円)
契約後すぐ
(14,000円)

今回は当サイト厳選のポケットWiFiプロバイダを比較します。詳細な料金比較はサイト下部からご覧ください。

GMO WiMAX

GMOは、キャッシュバック型のWiMAXプロバイダです。ポケットWiFi業界最高額のキャッシュバックを誇っており、最新機種で32,100円のキャッシュバックを受け取れます。しかし、前述の通り受け取れない場合の落とし穴が…

キャンペーン申し込みまで1年間待たなければならず、その申し込みメールが普段使わないプロバイダのメールアドレスに来るため見逃してしまうのです。メール受け取り後1ヶ月以内に申し込みしなければ、もうキャッシュバックは受け取れないので損してしまいます。

ただ、キャンペーンを受け取れれば、月額100円ほど2位のBroad WiMAXと比較して料金が安いです。しかし、受け取れなければ一気に料金が高いプロバイダとなってしまうのであまりおすすめはできません。

Broad WiMAX

Broad WiMAXは、どんどん勢力を広げているポケットWiFiで月額料金が安いプロバイダです。最初の3ヶ月は2,726円、それ以降2年間3,411円で利用できます。上記GMOがキャッシュバック型であるのに対し、Broad WiMAXは月額料金が安いので必ずお得に利用できます。

更に今なら当サイト限定Amazonギフト券キャンペーンを実施中。その結果、ポケットWiFi業界でも最安級のプロバイダとして君臨しています。このキャンペーンは、GMOと比較して端末受け取り後すぐに申し込みできるのがメリット。

よって、他のポケットWiFiプロバイダと比較して受け取り忘れの心配が無い非常にお得なキャンペーンです。興味のある方はぜひ詳細ページをご覧ください。

JPWiMAX

JPWiMAXは、2018年に生まれたばかりの最新ポケットWiFiプロバイダです。できたばかりのプロバイダだから不安という方もいらっしゃるでしょう。しかし、こちらが最もおすすめで業界最安級の月額料金でお得に利用できます。

こちらも当サイト限定のキャンペーンを実施中でキャッシュバックは14,000円。今ならBroad WiMAXよりもお得!!3年間の実質月額料金を比較すると、3,357円で先に紹介したBroad WiMAXより安い料金で利用可能です。

さらに、オプションの契約が必要ありません。Broad WiMAXではオプションが必須なので、解約を忘れると大きく損してしまいます。(Broad WiMAXでも解約はすぐに可能です)

よって、とにかく安心してお得に利用したい方におすすめできるポケットWiFiがこのJPWiMAXです。

以上、ポケットWiFiのおすすめプロバイダを網羅的に比較してまいりました。あなたにおすすめのポケットWiFiが見つかったのではないでしょうか。もっと徹底比較したいという方には、最新比較を更新しているページもありますのでそちらをご確認ください。

今回ご紹介したポケットWiFi3選詳細も下記のボタンからご覧いただけます。こちらでご紹介したポケットWiFi比較が、あなたのインターネット利用をより豊かにできれば幸いです。