「持ち運べるWi-Fi」の機種選びで重要なポイント

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

「持ち運べるWi-Fi」の機種選びで重要なポイント

コンシェルジュバナー
ポケットWi-Fiルーター最新5種を徹底比較!
ポケットWiFiのルーター最新5種を比較

ポケットwifiって、面倒な回線工事もなく、ルーターの電源を入れるだけで届いたその日から使えて便利ですよね。新生活を始める上でも、引越し後にすぐに自宅にインターネット環境を整える事ができちゃいます。

最近では、キャリアのデータプランを安いものにして、インターネット通信専用に別でポケットwifiを契約される方が増えています。

そんな「ポケットwifi」ですが、最近、以下のような質問をよく受けるようになりました。

ポケットwifiルーターとモバイルルーターって何が違うの?」
ポケットwifiのルーターはどれがおすすめ?


あなたも上記のような疑問をお持ちではないでしょうか?ポケットwifiやWiMAXなど、似たようなものが多くてわかりにくいですよね。

しかし、ご安心下さい。これらの疑問やお悩みについて、ポケットwifルーターやWiMAX回線などの分野を初心者の方にもわかりやすくご紹介している当サイトが、あなたにぴったりのルーターをお届け!

この記事を読むだけで、ポケットwifiルーター選びには何を基準に比較して検討すれば良いのかがまる分かりです!

それでは、1つずつ順を追って見ていきましょう。

まずはポケットwifiルーターについて知ろう

基本情報について

「ポケットwifi」の定義


おすすめのポケットwifルーターをご紹介する前に、あなたは「ポケットwifi」という言葉の定義をご存知でしょうか?

実は、よく「モバイルルーター」や「無線LAN」などと混同されがちなのですが、「ポケットwifi」という言葉はYahooが展開するY!mobile(ワイモバイル)の商標登録(商品名)なんです!

本来、「LTE回線やWiMAX回線を用いた持ち運びができるルーター」を指す言葉としては、「モバイルルーター」や「モバイルwifiルーター」等が妥当。

しかし、ポケットwifiという商品名が世間的に馴染みやすく浸透しており、大多数の方が「小型の持ち運べるルーター」という意味で使用しているんですね。

あなたもこの曖昧な定義のおかげで色々と混乱されたのではないでしょうか。

それでは、前置きはこれぐらいにして、この後は本題のおすすめポケットwifiルーターをご紹介致します。

ポケットwifiルーターでおすすめはこれだ!

おすすめはこちら

各社の最新機種一覧

ポケットwifiのルーターは、どこの会社から申し込むかによって、使えるルーターが変わってきます。

そこで今回は、au・docomo・ソフトバンクの大手3キャリアと、「ポケットwifi」の生みの親ワイモバイル、当サイト一推しのBroad WiMAXの計5社に絞ってポケットwifiのルーターをご紹介します!

結論を先に言ってしまうと、ポケットwifiルーターの機種のおすすめは「W05」です。

au
W05
ドコモ
HW-01H
ソフト
バンク
601HW
ワイ
モバイル
603HW
Broad
WiMAX
W05


2018年
1月19日
2017年
3月17日
2017年
3月17日
2016年
2月16日
2018年
1月19日
通信
規格
WiMAX2+ LTE LTE LTE WiMAX2+
特徴 高速通信 どこでも
繋がる
どこでも
繋がる
どこでも
繋がる
高速通信
下り
最大
通信
速度
558
Mbps
LTE
利用時:
758
Mbps
682
Mbps
612
Mbps
612
Mbps
558
Mbps
LTE
利用時:
758
Mbps
データ
容量
7GB
/無制限
5GB
/20GB
7GB 7GB
/無制限
7GB
/無制限
通信
時間
約10.5
時間
約11
時間
約8.5
時間
約8.5
時間
約9
時間
サイズ H130
×W55
×D12.6
H62
×W98
×D13.6
H65.1
×W109.9
×D15.5
H65.1
×W109.9
×D15.5
H130
×W55
×D12.6
重量 131g 110g 135g 135g 131g
※各社、2020年10月時点での最新機種のみで比較しています

ご覧頂けるとわかるように、auとBroad WiMAX、ソフトバンクとワイモバイルは同じ機種のポケットwifiルーターを取り扱っています。

ポケットwifiルーター選びで注目すべき重要なポイントは以下の3つ。

  • 通信規格
  • 特徴
  • データ容量

それでは、なぜ上記のポイントがポケットwifiルーター選びに重要なのかを見ていきましょう。

通信規格と特徴

ポケットwifiルーターには、上記にあるようにLTEとWiMAX2+の2つの回線があります。LTEはあなたが普段使用されているスマホと同じ回線なので、全国ほとんどのエリアで繋がり、屋内や地下にも強いという特徴があります。

それに対して、WiMAX2+は比較的最近登場した通信規格です。

LTEと比べると、サービスエリアがせまく、屋内や地下などの遮蔽物がある場所では繋がりにくい場合もあるようです。

しかし、UQ WiMAXであればポケットwifiルーターの契約前にお試し利用ができる「Try WiMAX」というサービスもありますので、最大限までリスクを減らすことが可能。

データ容量

こちらもポケットwifiルーターを導入するなら、重要視するポイント。

まず、docomoポケットwifiルーターの容量は5GBと5社の中で最もデータ容量が少なく、上位の20GBプランになると、高額になるというデメリットがあります。

続いて、ソフトバンクのポケットwifiルーターはdocomoの5GBよりは多い7GBではありますが、月々のデータ容量や速度制限を気にしないためにポケットwifiルーターを導入するのであれば最適とは言えないでしょう。

そうなると、残り3社に絞られます。後ほど、理由は詳しくご説明致しますが、3社を比較した際に違いあるのはポケットwifiルーターを導入した場合の月々の料金。この料金が一番安いのが、ずばりBroad WiMAXです!

それでは、ポケットwifiルーターの月々の料金で比較した場合に、どれくらいの差が出るのかを見ていきましょう。

月々いくらかかる?

月々どのくらいかかるのか?

月額料金で比較

ここまでで、各社の特徴やポケットwifiルーターを選ぶ際のポイントについては、お分かり頂けたかと思います。続いては、気になる月額料金。Broad WiMAXが他社のポケットwifiルーターと比較してどれだけ安いのか、一目瞭然です。

au ドコモ ソフトバンク ワイモバイル Broad
WiMAX
月額
料金
データ
容量
4,380円
無制限
9,500円
30GB
3,696円
7GB
4,380円
無制限
3,392円
無制限
通信
規格
WiMAX2+ LTE LTE LTE WiMAX2+
特徴 高速
通信
どこでも
繋がる
どこでも
繋がる
どこでも
繋がる
高速
通信
※各社の最大容量プランでの比較
※データ容量「無制限」には各社ごとに速度制限となる条件あり

表を見ると、docomoのみポケットwifiルーターの料金では高額になっています。その他、4社に関しては1,000円以内の差。

auやソフトバンクは、ポケットwifiルーターを利用する同キャリアユーザーに向けての割引はあるものの、それを含めてもBroad WiMAXが最安!

やはりポケットwifiルーターの月額料金はチリツモになるので、当サイトでは少しでも安いBroad WiMAXをおすすめします!

こういうご紹介をしていると、「ポケットwifiルーターはBroad WiMAXゴリ押しかよ!」思われる方もいらっしゃるはず。

そんな方には、下記のページで大手キャリアを含めたポケットwifiルーターが契約できる全プロバイダを比較しているので、あわせてご覧ください。

→WiMAXで実際に支払う価格を全プロバイダで徹底比較

最終的な結論としては、当サイトからのお申し込み限定でポケットwifiルーターをご契約頂いた場合のみ、Amazonギフト券10,000円分を進呈しているのBroad WiMAXが最安となります。

その他プロバイダにも、キャッシュバックやキャンペーンでお安くなる仕組みはあるのですが、この受け取りのハードルが非常に高いのが難点。

やはり、総合的に判断をすると、ポケットwifiルーターにはBroad WiMAXという結論に至るのです。

まとめ

ポケットWiFiのルーターについてまとめ

いかかでしたでしょうか?

今回のポケットwifiルーター選びのポイントをまとめると、以下のようになります。

ポケットwifiルーター機種 W05
通信規格 WiMAX2+
プロバイダ Broad WiMAX

Broad WiMAX以外のプロバイダも検討したい!という方は、「通信規格」「特徴」「データ容量」の3点に着目して検討してみましょう。ポケットwifiルーターはBroad WiMAXに決めた!という方は下記からお申し込み頂けます。

このページがあなたのポケットwifiルーター選びの参考になりましたら幸いです。

あなたにおすすめの
BroadWiMAXはこちら