モバイルWiFiのゲーム利用はできるの?

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットWiFi
ゲーム
速度
ポケットWiFiはPS4でも使えるのか?
ポケットWiFiでPS4は利用できるのか?

PS4でポケットWiFiは利用可能なのか?
そんな疑問を解決いたします


オンラインゲームの普及によって、今ではゲームをインターネットにつないで楽しむことが当たり前の時代になりました。PS4もインターネットにつないで様々なコンテンツをダウンロードしたり、PS4のオンラインでプレイヤー同士が競い合ったりするゲームが急増しています。

しかし「ゲームを最大限に楽しむためにもPS4でネットを使いたい。」と考えていても、わざわざ光回線を契約するのは手続きが大変でポケットWiFiがちゃんと使えるのか、ポケットWiFiでオンラインゲームが利用可能なのか不安ですよね?

そこで、こちらではPS4でポケットWiFiを利用してPS4のオンライン接続を楽しめるのか詳しく解説していきます。ポケットWiFiを使ってPS4でネット接続をしてゲームを楽しみたいという方は、この記事では便利なポケットWiFiと光回線の特徴が見えてくるはずですので確認していきましょう。


どんな場合であればポケットWiFiでPS4を使えるのか?

それでは、ポケットWiFiでPS4の利用は可能なのか検証していきましょう。ポケットWiFiの可能性にポケットWiFiであってもPS4ストアでゲームをダウンロードしたり、PS4の追加コンテンツを遊んだりする程度なら問題ありません。

最新のポケットWiFiであれば通信速度も光通信と遜色ないので「ダウンロードが途中で止まってしまう」といった不具合も少ないようです。ただしPS4のゲームによっては10GB以上の容量をダウンロードしなければならないものが存在します。

WiMAXや、ワイモバイルのポケットWiFiのような通信容量制限が無い機種を選ばないとすぐに1ヶ月の容量の限度を超えてしまう恐れがあり、さらにそのような通信容量制限が無い機種であっても、通信速度制限の基準を軽く超えてしまうことも。

例えば、PS4の大人気ゲームであるモンスターハンターワールドはソフト容量が15GBもありますので、WiMAXの速度制限基準である「3日間で10GB以上の利用」に抵触してしまい、翌日から通信速度制限かかかってしまいます。

ポケットWiFiであってもPS4のゲームを楽しむことはもちろん可能ですが、容量による制限などには注意しなければならず、PS4は少し使い勝手が悪いかもしれません。その点を除けば、1人ゲーム用のPS4にポケットWiFiでネットに接続することに対する不満は少ないでしょう。

ただしこちらは1人用ゲームをダウンロードして遊ぶ場合の例なので、オンラインで接続して大人数で遊ぶようなゲームに関しては次項で説明します。

オンラインではラグが起こりがち?

1人で遊ぶためのゲームをPS4でダウンロードしたり、PS4でオンライン接続をしたりする場合はポケットWiFiでも問題はありません。しかし、ポケットWiFiではオンラインプレイなど複数人で遊ぶPS4のゲームはオンラインのラグによる動作遅延が原因で快適に遊ぶことが難しいです。

PS4のオンライン上の動作の遅延が、致命傷に繋がる格闘ゲームやFPSゲームといったジャンルのゲームを遊ぶ際はポケットWiFiを避けたほうがよいでしょう。「ポケットWiFiの通信速度は光回線と変わらないのに、なぜPS4はオンライン対戦には向いてないの?」と思われるかもしれません。

しかし実は、オンラインゲームを快適に遊ぶには通信速度のほかに『反応速度』を考えることが必要です。ポケットWiFiでも光通信でも反応速度を表す指標として『Ping値』というものがあり、Ping値が少なければ少ないほど快適にネット通信を行うことができます。

例えばオンラインゲームをプレイするにあたってはPing値が最低でも50以下でないと快適にプレイすることができないので、PS4の中でもFPSなどの反応速度がものをいうオンラインゲームであれば20以下が好ましい環境です。

ところがポケットWiFiのPing値は都心部であっても30くらいが最高で、ポケットWiFiの通信状況によっては200近くまで数値があがることがあり安定せず、ポケットWiFiを使ったPS4のオンラインゲームのプレイ中に突然ラグが起きてしまうといった状況は十分に考えられますので、ポケットWiFiの利用はオンライン系のゲームには向いていません。

PS4のオンラインプレイ中にラグが起きてしまうと、他のプレイヤーにも影響しますのでポケットWiFiではなくPing値が安定している光回線を用意したほうがよいでしょう。 光回線であればPing値が20〜50くらいと安定しているため、快適にオンラインゲームがプレイ可能ですので「ストレスなく楽しくPS4でオンラインゲームがしたい」、「FPSや格ゲーなど、専門性の高いゲームを極めたい」という場合は光回線の導入を検討してみてください。

PS4で快適にオンラインゲームを楽しむには光回線が良いと思われますが、「光回線の導入はハードルが高い」と感じている方のために、次項ではPS4のオンラインゲームに適しているポケットWiFiについても説明します。

PS4でポケットWiFiを利用する際のおすすめはこちら!

PS4でポケットWiFiを利用してゲームがしたいのであれば、WiMAXのポケットWiFiの利用がおすすめです。WiMAXのポケットWiFiをおすすめする理由はWiMAXのポケットWiFiは山間部などでなければほぼ対応しており、下り最大速度が758Mbpsという機種も登場しているためPS4で遊ぶ際の通信速度も非常に安定しているから。

光回線の下り最大速度は1Gbpsで、758Mbpsの速度があると15GBのPS4のゲームであっても約20秒でダウンロードできるので非常に快適に利用できます。料金も月額3,000円ほどで外出時もWiFi通信にも対応しているため、外出先でノートパソコンを利用したりスマートフォンで動画を視聴したりする際にも通信制限を気にすることなくインターネットを楽しむことが可能です。

また、WiMAXのポケットWiFiは月間の容量制限が無く、PS4で使っていてもポケットWiFiの通信速度制限も「3日で10GB以上の利用」でしかかからないので、ほとんどポケットWiFiの通信制限を気にすることがないので安心できます。

ここまで条件がそろっているポケットWiFiはWiMAXのみで、日常的に利用する分にはまったく問題無いです。そのWiMAXのポケットWiFiであってもPS4の通信速度と関係なくPS4のラグによる動作不良で不満がでる可能性があるためポケットWiFiだけでずっとプレイし続けることはおすすめできません。

やはりPS4をサクサク快適にプレイしたいのであれば、光回線による安定した通信環境を整えてPS4でのプレイが無難でしょう。

まとめ

この記事では1人でPS4をプレイする場合や、PS4プレイステーションストアはポケットWiFiでも使えることや、ポケットWiFiではオンラインゲームでは難しいということを解説してきました。

ゲームや追加コンテンツをダウンロードするだけであれば、WiMAXなどの最新のポケットWiFiであれば問題なくダウンロードできますし、通信制限にさえ気を付ければ「ダウンロードが遅い」などと不快に思うこともないでしょう。

ただしPS4でオンラインゲームを楽しみたいのであれば光回線の導入がないと厳しいため、1人プレイではなく色々な方とゲームをして交流したいと考えている方は光回線を検討してみてください。

光回線であればPS4の反応速度(Ping値)も安定した数字が出ますし、ラグによって楽しくPS4でゲームがプレイできないといった不満点も出にくく快適です。

しかし、光回線でなければ絶対にPS4でオンラインゲームができないというわけではないので、もしポケットWiFiでPS4を遊びたい方は次の記事を参考に、自分に合いそうなポケットWiFiを選んでみてください。

本ページがあなたのインターネット回線選びの一助となることを祈っております。

ポケットWiFi比較情報はこちら 光回線の比較情報はこちら