docomoのポケットワイファイの価格・機種・キャンペーンを解説

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

docomoのポケットワイファイの価格・機種・キャンペーンを解説

コンシェルジュバナー
ドコモのポケットWiFiはおすすめ?速度や料金を他社と比較
docomoのポケットワイファイを他社と比較

ドコモのポケットWiFiは、以下のように大きな2つのメリットがあります。
・最大速度が1,288Mbpsと光回線並み
・通信エリアも広範囲


一方で、他社のポケットWiFiよりも料金は高い点はデメリットの1つ。そして重要なのは、スマホがドコモだからといって、ポケットWiFiもドコモにすればお得になるとは限らないということ

そこで、今回はドコモのポケットWiFiの特徴から他社と比較した際の速度や料金まで徹底解説。メリット・デメリットそれぞれありますが、この記事を読めば、ドコモのポケットWiFiが自分に最適なのかどうかがわかります。

まずは、ドコモのポケットWiFiの料金プランから見ていきましょう!


ドコモのポケットWiFiの料金プランと基本情報

ドコモのポケットWiFiの料金プランはスマホと同じです。料金プランの「ギガホ プレミア」は2021年4月1日に新しく提供開始されました

「ギガホ プレミア」「ギガライト」の料金プラン詳細は以下の通りです。

ドコモのポケットWiFi料金プラン

ギガホ プレミア ギガライト
月額料金
(2年契約)
~3GB
5,368円
~1GB
3,278円
~2GB
4,378円
~60GB
7,018円
~3GB
5,478円
~4GB
6,578円
解約金
(2年契約)
1,100円
月額料金
(縛り無し)
~3GB
5,555円
~1GB
3,465円
~2GB
4,565円
~60GB
7,205円
~3GB
5,665円
~4GB
6,765円
制限速度
(限度容量)
1Mbps
(60GB)
128kbps
(7GB)

ドコモのポケットWiFiの料金プラン「ギガホ プレミア」「ギガライト」をそれぞれ説明していきます。

「ギガホ プレミア」と「ギガライト」は共に定期契約ありか無しかを選ぶことができ、定期契約ありの場合は、2年単位の自動更新になっており、2年間の定期契約満了月の当月・翌月・翌々月以外で解約する場合に1,100円の解約金が発生します。

多くのポケットWiFiは、定期契約ありの場合に解約金が高いと2万円ほどかかることも。ドコモのポケットWiFiは他と比較しても解約しやすいというメリットがあります。

ギガホ プレミア
こちらは60GBを使える大容量プラン。デザリングも60GBまで利用可能で、データ容量の60GBを超えた場合、速度制限は1Mbpsになります。ただし、1Mbpsという速度はYoutubeの標準画質が見れるくらいの速度です。全く何も出来なくなるわけではありません。

ギガライト
こちらは毎月1GB~7GBまで、使ったデータ容量分だけ支払えばいいので、1か月のデータ使用量が7GB未満の方にはおすすめです。データ容量の7GBを超えた場合、速度制限は128kbpsになります。

128kbpsという速度は、何をするにも遅いと感じるレベルで、メールやLINEのメッセージを送るくらいしかまともに使えません。7GBを超えるかどうかわからない方は、まず1GBがどれくらいの通信量なのか下記の青い帯を開き確認してみましょう。

※1GBってどれくらい?


動画視聴などが多い方は「ギガホ プレミア」、メールのやり取りがメインで容量があまり必要ない方は「ギガライト」がおすすめです。

「ギガライト」で無料で設定できるギガプラン上限設定オプション

料金プランが「ギガライト」の場合、申し込みが必要ですが、無料でデータ量を1GBまでに設定することができます。1GBを超えた場合、自動で速度制限がかかり、請求も1GB分の料金になります。

子供のデータ容量の使い過ぎ防止や、毎月の料金の節約に便利ですね。

以上、ドコモのポケットWiFiについて料金プランをご紹介しました。ここからは、そんなドコモのポケットWiFiに適用できる最新のキャンペーン情報を確認していきましょう!


最新キャンペーン情報!料金はどれくらいお得になる?

ドコモのポケットWiFiを契約する際に、2021年10月現在で適応されるキャンペーンは以下3つです。
※ギガホ割に関しては、2021年3月31日をもって新規受付を終了しています。

①みんなドコモ割
②ドコモ光セット割
③dカードお支払割


1つずつ見ていきましょう!

みんなドコモ割

みんなドコモ割は、家族でドコモのポケットWiFiやスマホを契約している人がいれば、ファミリー割引として特典が受けられるキャンペーンです。割引額は2回線で550円、3回線以上なら1,100円のキャンペーン額です。

家族にドコモユーザーが多いほどお得なキャンペーンになります。

ドコモ光セット割

こちらは、ご家庭で「ドコモ光」の光回線を契約している場合、ドコモのポケットWiFiの月額料金から永年毎月1,100円が割引されます(※ドコモ光ミニの場合は550円の割引)。

屋外ではドコモのポケットWiFi、自宅では固定回線を利用する方は、ドコモ光がおすすめです。

dカードお支払割

ドコモのポケットWiFiの毎月の支払方法をdカードに設定することによって、月額料金が187円割引されます。

割引額は小さいですが、dカードをお持ちの方は、ドコモのポケットWiFiを契約する際に設定すれば年間で2,000円以上安くなるので確実に設定しておきましょう!

こちらでは、ドコモのポケットWiFiに関する最新のキャンペーンについてご紹介しました。続いて、ポケットWiFiを利用する際に重要な、通信速度と速度制限に関して詳しく解説していきます。


データ無制限は無い?ドコモのポケットWiFiの通信速度

ここからは、ドコモのポケットWiFiの速度について解説していきます。ドコモのポケットWiFiは、最大速度がなんと1,288Mbps!

これは、キャリアアグリゲーションという複数のLTE搬送波を同時に用いて通信を行う技術を用いています。

ちなみに、ポケットWiFiの中でも人気のWiMAX(ワイマックス)もこの技術を利用することで最大1,237Mbpsという速度を実現しました。ポケットWiFiの速度に関しては、docomoとWiMAXが1つ抜けています。

しかし、ポケットWiFiについて知らなければならないのは速度だけではありません。それが、速度制限についてです。

スマホでは、よく月間のデータ容量以上利用すると翌月のデータ利用を制限されることがあるかと思います。これと同じように、ポケットWiFiは無制限に利用できるわけではないので注意しましょう。

ドコモだけでなく他のポケットWiFiも無制限ではないので、速度制限の詳細を他回線と比較しております。下記の比較表をご覧ください。

docomo vs 他回線 ポケットWiFi速度制限比較

回線
キャリア
制限
データ量
制限時速度 制限期間
docomo 月60GB 1Mbps データ制限量を超えたら、当月ずっと
ソフト
バンク
月50GB 128Kbps データ制限量を超えたら、当月ずっと
ワイ
モバイル
3日10GB 128Kbps 直近3日間で10GB以上
利用した日の翌日。
WiMAX 3日10GB 1Mbps 直近3日間で10GB以上
利用した日の翌日。
18時~翌2時までの間。
それ以外の時間は速度制限なし。

ドコモのポケットWiFiにおける速度制限は上記の通りです。基本的に月間で決められたデータ量以上は使えないのがポケットWiFiなので、ドコモもソフトバンクもデータ量を超えれば追加料金で制限を解除するしかありません。

現在ポケットWiFiでは、「完全無制限」で契約できるプランはありません。

「実質無制限」とは、月のデータ容量の制限は無制限ですが、3日で10GBのような短期間の制限があるプランです。また、WiMAXとドコモのポケットWiFiは制限中でも速度規制は緩く、充分快適なインターネットの利用が可能です。


WiMAXとYmobileだけは別で3日で10GB以上利用した翌日の夜間のみ速度制限がかかります。これにより月間100GB以上利用でき、実質無制限と言われています。

ドコモのポケットWiFiは、速度制限にかかると月末まで1MBの速度に低速化されることが1つのデメリットといえます。しかし、ポケットWiFi比較には、速度だけでなくルーターや料金など、総合的な比較が不可欠です。

そこで、続いてはドコモのポケットWiFiのルーターに関して確認していきます。モバイル通信にWiFiルーターは不可欠なので、一緒に見ていきましょう!


通信に必要なルーター(端末)の最新情報

基本的に、モバイルでのインターネット接続にはルーター(端末)が不可欠です。こちらでは、ドコモのポケットWiFiルーターに関して見ていきます。

下記に、ドコモのルーターに関する詳細情報を載せておりますのでご確認ください。

ドコモのポケットWiFiルーター

HW-01L SH-05L
最大速度
(下り)
1,288Mbps 988Mbps
最大速度
(上り)
131.3Mbps 75Mbps
質量 約150g 約150g
機種代金 23,760円 27,220円

ドコモのポケットWiFiルーターの情報は上記の通りです。おすすめはHW-01Lですが、その理由は下記の通り2つあります。

光回線並みの下り最大速度1,288Mbps!

ドコモのポケットWiFiのルーターであるHW-01Lは、1,288Mbpsの高速通信に対応しています。

HW-01Lの下り最大1,288Mbpsという速度は、光回線でも下り最大1GBが一般的なので、あくまでも理論値ですが速度は光回線並みです。

クレードルでさらに電波を繋がりやすく!

HW-01Lでクレードルを利用すれば広い家でもインターネットに繋がります。クレードルとは、言わばWiFiの電波を受信させやすくする装置のようなもので、WiMAXでもWX06で利用できます。(本体とは別)

他にも、IoTと連携したサービスを提供しており、最先端のポケットWiFi端末と言えるでしょう。このように、ドコモのポケットWiFiルーターは非常に優秀な機能を揃えています。ここまで速度、ルーターとドコモのポケットWiFiの基本情報を見てきました。

ドコモのポケットWiFiはここまで紹介してきた通り、速度やルーターに関しては非常に優れています。ここで、ドコモのポケットWiFiと他社を料金で比較してみましょう!


おすすめはどれ?他のポケットWiFiやWiMAXを比較!

こちらではドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルといったポケットWiFi勢とWiMAXの4社の料金と通信容量を比較していきます。早速下記の比較表をご覧ください。

docomo vs 他回線 ポケットWiFi値段比較表

キャリア 月額の値段 月間通信量
docomo 7,018円 60GB
5,368円 7GB
ソフトバンク 8,228円 50GB
ワイモバイル 5,242円 無制限
4,489円 7GB
WiMAX
(BroadWiMAX)
3,753円 実質無制限
(3日10GB)

上記がドコモのポケットWiFi値段比較結果となります。

価格を比較してみると、ドコモのポケットWiFiはWiMAXの料金より毎月3,000円以上高くなります。更に、月間のデータ容量も100GB使えるWiMAXには劣ります。

ポケットWiFiはたとえドコモユーザーの方でもWiMAXの方がおすすめです。

そんなにデータ量が要らないという方でも、ドコモのポケットWiFiを使うよりデータパックを大きくしてテザリングオプションを付ける方が明らかにお得です。

では、ドコモのポケットWiFiを利用している実際のユーザーの声はどのようなものがあるでしょうか?口コミ・評判を見てみましょう!


ドコモのポケットWiFiに関する口コミ・評判

早速、ドコモのポケットWiFiに関する口コミ・評判を確認していきましょう。下記の通り、あまり良い評判は聞かれませんでした。



やはり、ドコモのポケットWiFiは料金が高いという評判が多かったです。速度がほぼ同じなら、料金が毎月3,000円以上安いWiMAXを契約する方がお得ですね。

今回は、ドコモのポケットWiFiに関して詳細に解説してきました。最後に、本ページのまとめをご覧ください。


まとめ

ここまで、ドコモのポケットWiFiについての速度、料金、ルーター(端末)、キャンペーンを他社のモバイルWiFiと比較して紹介してきました。

以下のまとめで振り返りましょう。

ドコモのポケットWiFiまとめ
  • 下り最大速度は光回線並み
  • ドコモのポケットWiFiは無制限ではない
  • おすすめ機種はHW-01L
  • 料金が月約7,000円と高額
  • おすすめは料金が毎月3,000円台のWiMAX!


このように、ドコモのポケットWiFiよりも、現在モバイル回線でおすすめはWiMAXです。

WiMAXについて興味がある方は、7年以上WiMAXの月額料金やキャンペーンを毎月調査している当サイトが、現在契約できるWiMAXプロバイダ主要19社の料金やキャンペーンを徹底比較し、1番安いプロバイダや、おすすめのプロバイダを紹介しています。

自分に合ったおすすめの
WiMAXが知りたい方はこちら