今すぐ無料相談へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年最も安いポケットWiFiを決定
あなたにおすすめの契約はこれだ!!


インターネットのモバイル化が進み、近年では持ち運びできるインターネット回線も一般的になりました。特に、1人暮らしであれば固定回線ではなく、ポケットWiFiで十分なことも多々あります。

しかし、ポケットWiFiも非常に種類が多く、正直最も値段の安いサービスを見つけるのが難しいとお思いではないでしょうか?実は、おすすめのポケットWiFiはポイントを把握していれば簡単に見つかります。

そこで、こちらでは安いポケットWiFiを見つけるためのポイントを紹介した上で、各携帯キャリア、無制限などジャンル別に安いポケットWiFiをご紹介。しっかり比較した上で、あなたの望む契約を手に入れられます。それでは、早速安いポケットWiFiの定義に関して確認して行きましょう。



値段が安いポケットWiFiの条件とは?〜月額?速度制限?キャンペーン?〜

さて、値段の安いポケットWiFiを契約したいとは言うものの、その条件は一体何なのでしょうか?月額なのか、速度制限の有無なのか、キャンペーンなのか、安いポケットWiFiの条件を決めなければ比較もできません。そこで、まずは安いポケットWiFiの定義からお伝えしていきます。

月額料金、速度制限、キャンペーンの3つの観点からお伝えしていきますので、一緒に確認していきましょう。

月額料金が安い

ポケットWiFiは、毎月の支払いが必須になるのでできるだけ月額料金は落としたいところですよね。1年しか使わないということであれば、大きなキャッシュバックを受け取ることで安い料金で利用できますが、基本的にポケットWiFiは2〜3年契約が一般的。

よって、目先の金額に左右されるのではなく、月額料金が安いポケットWiFiを選ぶことがおすすめです。契約を検討する際は初めに見ておきたい要素ですね。

速度制限に気をつけよう

こちらポケットWiFiで最も注意しなければいけないのが「速度制限」。というのも、ポケットWiFiには必ず通信量の制限があります。月間7GB、スマホとのデータシェアプランなど、決められたデータ量以上使うと通信制限が発生し速度を制限されることに…

よって、安いポケットWiFiを比較する際は、単純な値段だけではなくどのくらい利用できるのかも見た上で比較することが重要になります。

キャンペーンは毎月変わるので要チェック

安いポケットWiFi比較で、最後に重要な要素がキャンペーンです。キャンペーンが使えるか使えないかで料金に大きな差が出ることもあります。特に、厳密にはポケットWiFiではありませんが、UQコミュニケーションズが運営する「WiMAX」というサービスではキャンペーンが豊富です。

各WiMAXプロバイダが、毎月様々なキャンペーンを打ち出して、安いポケットWiFiであることをアピールしています。その内容によって、実質料金も大きく変わるので必ず比較することが大切です。

以上、ポケットWiFiを安い値段で使うために押さえておきたいポイントを3つご紹介しました。「そんなこと言われても自分では比較できないよ…」と感じている方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたのために、ここからは様々なジャンル別に安いポケットWiFiをお伝えします。

まずは、ドコモ・ソフトバンク・auといったスマホキャリア別のポケットWiFiについて。早速確認していきましょう。

【ドコモ・ソフトバンク・au】キャリア別料金比較

前項で安いポケットWiFi選びの鉄則を確認できたので、こちらからは具体的にどんなポケットWiFiが安いのか見ていきます。皆さんスマホをお持ちの方がほとんどかと思いますので、ドコモ・ソフトバンク・auなど、スマホキャリア別のお得なポケットWiFiがあれば嬉しいですよね。

そこで、下記の通り各キャリア別に安いポケットWiFi情報をまとめました。どうぞご覧ください。

ドコモのポケットWiFiが安いことはない!
その理由を徹底調査


ドコモユーザーの方には衝撃的なタイトルかもしれませんが、こちら詳しくご紹介していきましょう。まず、ドコモのポケットWiFiは非常に優秀で速度はポケットWiFi界最高のスピード(下り最大788Mbps)を誇っています。

では、なぜドコモのポケットWiFiは安いと言えないのでしょうか?その原因は、前述の月額料金と速度制限の関係にあります。というのも、下記の通りドコモのポケットWiFi料金プランはスマホとのデータパックをシェアするのが一般的です。

キャリア 月額の値段 ポケットWiFi
ルーター価格
初期費用
ドコモ 1,900円+データパック料金 有料 3,000円

ポケットWiFi
キャリア
制限データ量 制限時速度 制限期間
ドコモ スマホとシェア。
スマホデータ容量を
超えた場合
約128Kbps データ制限量を超えたら、当月ずっと

上記のようになると、例えば10GBのデータパックを契約している方はスマホとポケットWiFi合わせて10GBしか使えません。しかし、ポケットWiFiの契約をお考えのあなたは固定回線の代理として考えている方が多いはず。

となれば、大容量のデータパックが必要になります。しかし、30GBのデータパックで8,000円するので、単純に分割すると月額4,000円となり、後述しますが月額3,500円以下で100GB利用できるWiMAXの方が明らかに安いです。

だからこそ、ドコモのポケットWiFiが安いとは言えず、使えるとは言い難いサービスだと断言できます。

料金もデータ量も微妙?
ソフトバンクのポケットWiFi


ソフトバンクのポケットWiFiは、決して安いとは言えないサービスです。ドコモと同じくスマホのデータパックと分け合うことができますが、50GB使えるウルトラギガモンスターを利用しても月額3,500円はかかります。

また、データパック以外にもWiFiルータの使用料が入るために約2,000円追加で支払いが必要です。データ利用量も後述する月額3,500円以下で100GB利用できるWiMAXには敵いません。料金、及びデータ量の内訳は下記の通りとなります。

キャリア 月額の値段 ポケットWiFi
ルーター価格
初期費用
ソフトバンク 1,900円+データパック料金 有料 3,000円

ポケットWiFi
キャリア
制限データ量 制限時速度 制限期間
ソフトバンク スマホとシェア。
スマホデータ容量を
超えた場合
約128Kbps データ制限量を超えたら、当月ずっと

上記の通り、データ量も少なく料金も高いので、ソフトバンクのポケットWiFiも安いとは言えないという結果になりました。

ポケットWiFiならauのWiMAXがおすすめ!
2018年最も安いモバイル回線です


携帯キャリア別に見たときに安いポケットWiFiは確実にWiMAXです。WiMAXは、auの関連会社であるUQコミュニケーションズが運営しており、auスマホユーザー向けの料金割引も行っています。そして、何よりも実質月額が安い。これに尽きます。下記の表をご覧ください。

キャリア 月額の値段 ポケットWiFi
ルーター価格
初期費用
WiMAX
(BroadWiMAX)
3,411円 無料 3,000円

ポケットWiFi
キャリア
制限データ量 制限時速度 制限期間
WiMAX 3日10GB 約1Mbps
(1000Kbps)
直近3日間で10GB以上
利用した日の翌日。
18時〜翌2時までの間。
それ以外の時間は速度制限なし。

上記の通り、月々3,500円以下で100GB使える安いポケットWiFiがWiMAXです。後ほど他のポケットWiFiとの比較表もご紹介しますが、圧倒的なコストパフォーマンスを誇っています。月間でのデータ量に縛りが無いので、実質無制限で利用可能です。


ドコモ、ソフトバンク、そしてau、それぞれのポケットWiFiが安いかどうかお分かりいただけたでしょうか?全てに共通してお伝えしていたのがWiMAXが安いということ。しかし、WiMAXという名前は聞いたことあってもあまりよく知らない方がほとんでしょう。

そこで、続いて実質無制限で使える安いWiMAXについて解説していきます。どうぞご覧ください。

無制限プランならWiMAXでの契約がおすすめ

先ほどWiMAXが最も安いおすすめポケットWiFiだとお伝えしました。そこで、こちらではそんなWiMAXの詳細情報を解説させていただきます。WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供するモバイル回線です。

ポケットWiFiは、代理店にあまり開放されていない印象ですがWiMAXはどんどん安い販売代理店を増やしています。そういった販売代理店をWiMAXではプロバイダと定義していますが、固定回線のプロバイダとは違い速度に影響を与えることはありません。

30社以上プロバイダがあるので、価格競争が熾烈で非常に安い値段で提供されているという背景があります。そんな注目のポケットWiFiがどのくらい安いのか下記の表を確認していきましょう。

WiMAXが1番安い?ポケットWiFi料金比較表

ポケットWiFi
キャリア
月額料金 ルーター価格 初期費用 速度制限まで
docomo 1,900円
+
データパック料金
有料 3,000円 スマホとシェア。
超えた場合は低速化
(128Kbps)
ソフトバンク 1,900円
+
データパック料金
有料 3,000円 スマホとシェア。
超えた場合は低速化
(128Kbps)
ワイモバイル 4,729円 実質無料 3,000円 3日10GB
(128Kbps)
WiMAX 3,411円 無料 3,000円 3日10GB
(1Mbps)

上記のような結果となりました。ドコモ、ソフトバンクのポケットWiFiはスマホとのシェアプランで十分な容量使えない可能性があり、料金もWiMAXより安いとは言えせん。また、ワイモバイルのポケットWiFiは実質無制限で提供していますが、料金が高く万が一速度制限された際に128Kbps(1000Mbps=1Kbps)まで低速化します。

そんなポケットWiFiに対して、WiMAXは月額3,411円という安い料金、かつ通信できるデータ量も非常に大きいです。また、基地局を増やしてエリア対応も良くなり、ドコモの788Mbpsに次ぐ758Mbpsという最高速度を実現。

しかし、1つ注意しなければいけない点があります。それは、実質無制限ではあるものの「3日10GB」という短期制限があること。具体的には直近3日間で10GB以上使うと、その翌日の夜間のみ速度が制限されます。

YouTubeを視聴できる1Mbpsなので利用はできますが頭に入れておきましょう。(3日10GBについて詳しくは→)

本稿でご紹介した通り、ポケットWiFi界では実質無制限に使えるWiMAXが圧倒的に安いです。最後に、安いポケットWiFiのランキングおすすめ3選をご紹介しますが、WiMAXに絞ってお伝えします。

安いポケットWiFiの総合ランキング

ここまで安いポケットWiFiについて条件から具体的なサービスまで詳しくご紹介してきました。その中で、WiMAXの優位性はご理解いただけたかと思いますので、こちらでは安いWiMAXプロバイダランキング3選をお伝えします。

ずばり安いWiMAXプロバイダは、「BroadWiMAX」、「JPWiMAX」、「GMO」の3つです。それでは、早速それぞれのサービスについて確認していきましょう。

実質月額料金最安!BroadWiMAX

月額料金(2年) 契約月(日割り)・1〜2ヶ月目:2,726円
3〜24ヶ月目:3,411円
それ以降:4,011円
実質月額料金(3年) 3,343円
3年総額 120,341円
キャンペーン Amazonギフト券1万円分 (すぐに受け取れる)

今現在最も安いポケットWiFiの1つであるBroadWiMAX。なんと言っても安価な料金設定が魅力で月額3,411円で2年間利用可能です。また、こちらは当サイト限定のAmazonギフト券キャンペーンも行っているので更に安価に。

詳細情報は下記ページからご覧いただけます。安いポケットWiFi比較では最もおすすめのサービスです。

詳細情報

オプションの解約忘れが怖い方にはJPWiMAX

月額料金(2年) 契約月(日割り)・1〜2ヶ月目:2,800円
3〜24ヶ月目:3,500円
それ以降:4,100円
実質月額料金(3年) 3,447円
3年総額 124,100円
キャンペーン Amazonギフト券1万円分
(すぐに受け取れる)

続いてご紹介するのがJPWiMAX。あまり聞いたことがないサービスだとお思いの方もいるでしょう。それもそのはず。このポケットWiFiは、2018年4月に誕生したばかりでまだ新しいプロバイダです。しかし、数あるポケットWiFiの中でも安いと断言できます。

月額はBroad WiMAXとほとんど変わらない最安級。また、こちらもAmazonギフト券キャンペーンがついています。そして、Broad WiMAXではキャンペーン適用条件としてオプションの契約があるのですが、JPWiMAXではそういった縛りは一切ありません。

確かに実質料金ではBroad WiMAXの方が安いですが、オプションの解約忘れが気になる方は、JPWiMAXの方が安いし安心できるポケットWiFiと言えるでしょう。詳細は下記からどうぞ。

詳細情報

キャッシュバック最大!GMOWiMAX

月額料金(2年) 契約月(日割り)・1〜2ヶ月目:3,609円
それ以降:4,263円
実質月額料金(3年) 3,216円
3年総額 115,769円
キャンペーン 40,500円キャッシュバック
(申し込みが12ヶ月後)

GMOは、上記2つのポケットWiFiとは異なり、キャッシュバックのおかげで実質金額が安いポケットWiFiサービスです。月額料金は、4,263円と安いわけではありませんが、40,500円の大型キャッシュバックが人気を呼んでいます。

しかし、注意しなければならない点が1つ。それは、キャッシュバックの受け取り難易度が非常に高いことです。まず、キャンペーンの申し込みが契約から約1年後ということで忘れる方が多数いらっしゃいます。

また、普段使わないであろうプロバイダのメールアドレス宛に申し込みメールが到着。迷惑メールの中に紛れているので見逃してしまう方も非常に多く、メール受け取りから1ヶ月以内という期限で申し込めず嘆く方が多いです。

前述の2つの回線は、あなたが指定したアドレスに申し込みメールが届きますし、申し込みと同時にメールが送られてきます。特に、期限はないので余裕を持ってキャンペーンを受け取り可能です。

GMOを安い実質料金で利用するためにはキャッシュバックが必要なので、キャッシュバックが無ければ安いポケットWiFiプロバイダとは言えません。また、受け取りできてもその料金差は微々たるものなのでリスクを犯すことはおすすめしません。

詳細情報
以上、安いポケットWiFiプロバイダ3選をご紹介しました。ポケットWiFiの中でもWiMAXがお得で、その比較は非常に細かいことがおわかりいただけたのではないでしょうか?本当に安いポケットWiFi(WiMAX)を見つけるために詳細な比較もしたいという方は下記から最新情報もご覧いただけます。

この安いポケットWiFi比較のページがあなたのポケットWiFi選びの参考になれば幸いです。

25社以上の最新情報はこちら