通信制限なしモバイルワイファイを徹底比較

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

通信制限なしモバイルワイファイを徹底比較

コンシェルジュバナー
無制限のポケットWiFiの料金・速度を比較!最安のおすすめも紹介
制限無しポケットワイファイ

通信容量が無制限のポケットWiFi(ワイファイ)を契約したくてこのページに訪れた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、2021年8月現在、残念ながら「完全無制限」のポケットWiFiは存在しません。ただし!月間100GB以上利用できる大容量のポケットWiFiや、実質無制限で快適にインターネットを利用できるポケットWiFiは存在します。

そこで、今回は7年以上もポケットWiFiの情報を毎月調査してきた当サイトが、実質無制限や大容量のポケットWiFiについて、それぞれ異なる速度や料金、通信容量などの特徴を比較し、おすすめのポケットWiFiをわかりやすく解説します!

まずは、そもそもなぜ無制限のポケットWiFiが存在しないのか、その理由から説明していきます。

なぜ完全無制限のポケットWiFiは無いのか?

ネットでもポケットWiFiと一緒に「無制限」という文字はよく見かける方もいらっしゃると思います。なのになぜ、「完全無制限」のポケットWiFiが存在しないのでしょうか?

その理由は、過去には実際に完全無制限のポケットWiFiは存在していましたが、2021年8月現在は無いからです。詳細を説明していきます。

完全無制限の原因は「通信障害」

2019年からdocomo、au、SoftBankの3大スマホキャリアそれぞれの回線が使える「クラウドSIM」という機能を搭載したポケットWiFiが、もともと実際に完全無制限のサービスを行っていました。

しかし、2020年の2月に、どんなときもWiFiというポケットWiFiで大規模な通信障害が発生し、さらに在庫切れなどのトラブルも重なり、完全無制限プランは終了してしまいました

他にもクラウドSIMの完全無制限ポケットWiFiは何社かありましたが、どんなときもWiFiのトラブルを筆頭に新規受付終了が相次ぎ、現在では完全無制限は存在しないという状況になっています

では、完全無制限が存在しない中でどのようにポケットWiFiを選べばいいのでしょうか?


目的別のおすすめ|実質無制限・大容量・固定回線

完全無制限のポケットWiFiを使うことが出来ない現在、「実質無制限(3日で10GBなどの制限あり)」と「大容量(月間○○GB)」のいずれかを選ぶことができます。

もし回線工事が可能であれば、固定回線は容量に制限も無く速度も安定しているため、完全無制限の1つの手段となります。

上記3つの手段について、一つずつ解説していきます。

実質無制限のポケットWiFi

実質無制限とは、月間のデータ利用量に制限は無いものの、3日で10GBまでなどの短期で容量の制限があるタイプで、WiMAX(ワイマックス)やY!mobile(ワイモバイル)などがこれにあたります。

実質無制限のポケットWiFi
サービス名 実質
月額
料金
容量 エリア 速度 端末
価格
WiMAX
ワイマックス
3,378円 月間100GB
(3日で10GB)

WiMAX2+
auLTE
1,237Mbps 無料
Ymobile
ワイモバイル
4,328円 月間100GB
(3日で10GB)

ソフトバンクのみ
838Mbps 11,800円
※実質月額料金とは、「(支払い総額ーキャンペーン)を契約期間で割ったもの」です。
実質無制限の
ポケットWiFi
サービス名 実 質
月 額
料 金
容量

速度 端末
価格
WiMAX
ワイマックス
3,378円 月間
100
GB
(3日で
10GB)

WiMAX2+
auLTE
1,237
Mbps
無料
Ymobile
ワイモバイル
4,328円 月間
100
GB
(3日で
10GB)

ソフト
バンク
のみ
838
Mbps
11,800円
※実質月額料金とは、「(支払い総額ーキャンペーン)を契約期間で割ったもの」です。

上記の表の通り、WiMAXは実質月額料金が3,000円台で、最大速度は1,237Mbpsと料金も安く速度が速いという特徴があります。

では、そもそも3日で10GBとはどれくらいのデータ通信量なのでしょうか?まず1GBがどれくらいの通信量なのか下記の青い帯を開き確認してみましょう。

※1GBってどれくらい?


上記の1GBで利用する容量を参考に、もし3日で10GBを超えた場合は以下の図のように速度制限にかかります。

ワイマックス10GB速度制限利用イメージ
3日間の合計が10GBを超えた場合、翌日18時-26時までの速度が最大1Mbpsまで制限されます。

ただ、この1Mbpsという速度の目安としては、LINEやWEB閲覧は問題なくできますし、Youtubeも低画質であれば見れる程度なので安心です。そしてこれが、実質無制限と言われる理由となっているのです。

完全無制限が無い中で、1番おすすめのポケットWiFiはWiMAXです。理由は上記の表の通り、最大速度が1,237Mbpsと他のポケットWiFiと比較しても圧倒的に速く、さらに実質月額料金は業界最安です。

次項から実質無制限以外のポケットWiFiもご紹介しますが、総合的に見てもWiMAXは圧倒的な速度と安い料金に加え、制限にかかっても最大1Mbpsの速度が出るのは非常におすすめです。

次は、大容量のポケットWiFiについて見ていきましょう!

大容量のポケットWiFi

大容量のポケットWiFiとは、月間のデータ利用量が制限がおよそ50GB~100GB以上の、短期ではなく月間の容量の制限があるタイプで、ドコモやソフトバンクをはじめ、ZEUS WiFiやMUGEN WiFiのクラウドSIM系など多くのポケットWiFiがこれにあたります。

大容量のポケットWiFi
サービス名 実質
月額
料金
容量 エリア 速度 端末
価格
ZEUS WiFi 3,828円 月間100GB
3大キャリア
150Mbps 無料
MUGEN WiFi 3,438円 月間100GB
3大キャリア
150Mbps 無料
docomo
ドコモ
0円 月間60GB 1,288Mbps 23,760円
Softbank
ソフトバンク
0円 月間50GB 988Mbps 27,000円
大容量の
ポケットWiFi
サービス名 実 質
月 額
料 金
容量

速度 端末
価格
ZEUS
WiFi
3,828円 月間
100
GB

3大キャリア
150
Mbps
無料
MUGEN
WiFi
3,438円 月間
100
GB

3大キャリア
150
Mbps
無料
docomo
ドコモ
0円 月間
60GB
1,288
Mbps
23,760円
Softbank
ソフト
バンク
0円 月間
50GB
988
Mbps
27,000円
実質月額料金とは、「支払い総額を契約期間で割ったもの」です。

表の通り、ZEUS WiFi、MUGEN WiFiは料金は3,000円台で安いものの、最大速度は150Mbpsと、ドコモやWiMAXの1,200Mbps以上と比較すると大きく劣っています。

また、データ容量を超えた場合、ドコモ以外の3社は速度制限は128kbpsになります。128kbpsという速度は、何をするにも遅いと感じるレベルで、メールやLINEのメッセージを送るくらいしかまともに使えません。さらに、1度速度制限にかかると月末まで戻りません

ドコモやWiMAXは速度制限にかかっても制限速度は1MBなので、通常画質のYoutubeやLINEのやり取りなどはできる程度なので安心です。

実質無制限と、大容量のポケットWiFiを一緒に比較してみましょう。

実質無制限と大容量のポケットWiFi
サービス名 実質
月額
料金
容量 エリア 速度 端末
価格
WiMAX
ワイマックス
3,378円 月間100GB
(3日で10GB)

WiMAX2+
auLTE
1,237Mbps 無料
Ymobile
ワイモバイル
4,328円 月間100GB
(3日で10GB)

ソフトバンクのみ
838Mbps 11,800円
ZEUS WiFi 3,828円 月間100GB
3大キャリア
150Mbps 無料
MUGEN WiFi 3,438円 月間100GB
3大キャリア
150Mbps 無料
docomo
ドコモ
0円 月間60GB 1,288Mbps 23,760円
Softbank
ソフトバンク
0円 月間50GB 988Mbps 27,000円
実質無制限と大容量の
ポケットWiFi
サービス名 実 質
月 額
料 金
容量

速度 端末
価格
WiMAX
ワイマックス
3,378円 月間
100
GB
(3日で
10GB)

WiMAX2+
auLTE
1,237
Mbps
無料
Ymobile
ワイモバイル
4,328円 月間
100
GB
(3日で
10GB)

ソフト
バンク
のみ
838
Mbps
11,800円
ZEUS
WiFi
3,828円 月間
100
GB

3大キャリア
150
Mbps
無料
MUGEN
WiFi
3,438円 月間
100
GB

3大キャリア
150
Mbps
無料
docomo
ドコモ
0円 月間
60GB
1,288
Mbps
23,760円
Softbank
ソフト
バンク
0円 月間
50GB
988
Mbps
27,000円

上記のポケットWiFiの比較表をまとめると以下のようになります。

・ドコモのポケットWiFiは、最大通信速度は速いが料金は高め
・クラウドSIM系ポケットWiFiは、端末代金は安いものの、最大通信速度は遅く、速度制限にかかると月末まで128kbps
WiMAXは通信速度が速く、料金も安いためおすすめ!

このように、ポケットWiFiの中でも、実質無制限であるWiMAXが速度も料金もお得で、万が一速度制限にかかってしまっても1Mbpsと制限が緩くおすすめだとわかりました。

次は、そんなおすすめのポケットWiFi、WiMAXの中でも料金が最安のプロバイダをご紹介します!


実質無制限のポケットWiFiならBroadWiMAXがおすすめ!

実質無制限でおすすめのポケットWiFiがWiMAXだということを前項でご紹介しました。ここからは、現在契約できるWiMAXプロバイダ主要19社の料金やキャンペーンを徹底比較してわかった、1番安いプロバイダであるBroadWiMAXを徹底解説していきます。

WiMAXは、キャッシュバックや月額割り引きなど、各プロバイダによってキャンペーンの金額や内容が違います。それらもすべて含めた結果をランキング形式でまとめましたので、早速見ていきましょう!

【2021年8月最新】
WiMAXプロバイダ料金比較
※ロゴをクリックで詳細ページへ

おすすめWiMAXプロバイダTOP3
WiMAX
プロバイダ
実質月額料金比較
(契約更新までの総額)
キャンペーン内容
(申し込み時期)
キャンペーンを
受け取れた場合
キャンペーンを
受け取れない場合
ブロードワイマックス
3,378円
(128,363円)
Amazonギフト券
5,000円分
(契約後すぐ)
カシモワイマックス
3,716円
(141,203円)
月額料金割引
毎月1,069円割引
GMOとくとくBB
3,447円
(130,982円)
4,290円
(163,032円)
32,050円
キャッシュバック
(11ヶ月後)
※ロゴをクリックすると、詳細ページをご確認いただけます。

▼その他プロバイダを確認▼


最もお得なWiMAXプロバイダTOP3
WiMAX
プロバイダ
実質月額料金比較
(契約更新までの総額)
キャンペーン
内容
(申し込み時期)
キャンペーンを
受け取れる
場合
受け取れない
場合
ブロードワイマックス

3,378円
(128,363円)
Amazon
ギフト券
5,000円分
(契約後すぐ)
カシモWiMAX
3,716円
(141,203円)
月額料金割引
毎月1,069円割引
GMOとくとくBB
3,447円
(130,982円)
4,290円
(163,032円)
現金32,050円分
キャッシュ
バック
(11ヶ月後)
※ロゴとクリックすると、詳細ページをご確認いただけます。

▼その他プロバイダを確認▼

比較表の通り、最安値で利用できるおすすめのWiMAXプロバイダはBroadWiMAX(ブロードワイマックス)!そして、高額キャッシュバックで有名なGMO WiMAXが実質料金では2位です。

GMO WiMAXは比較表では上から3番目の位置あり、実質月額料金はキャンペーンを「受け取れた場合」「受け取らない場合」に分けています。これらには重要な意味があるので、わかりやすく説明していきます。

結論からお伝えすると、
・BroadWiMAXは、最安で必ずキャッシュバックキャンペーンが受け取れて安心
・カシモWiMAXは、キャンペーンが月額割引なので、キャッシュバックの手続きの手間が無くシンプル
・GMO WiMAXは、キャッシュバックを受け取れないリスクがある

BroadWiMAXとカシモWiMAXは、実質月額料金に変動はありませんが、GMO WiMAXはキャッシュバックが受け取れないリスクがあり、その場合は32,050円分も損してしまうことになるのです。

キャッシュバックを受け取れなかった場合も考慮し、WiMAXプロバイダ比較表の位置は3番目となっています。

さらに、BroadWiMAXなら、現在他のインターネットを契約している場合は契約更新月でないと解約金が発生しますが、BroadWiMAXなら乗り換え時の解約違約金を負担してくれるキャンペーンも行っています

BroadWiMAXの乗り換えキャンペーン

ブロードワイマックス乗り換え特典

引用元:Broad WiMAX公式サイト


途中解約でも、BroadWiMAXに乗り換えれば解約金を負担してくれて、さらにWiMAXを安く利用できます。

他社のインターネット回線の解約金最大19,000円分負担キャンペーン

光回線やポケットWiFiなど種類に限らず他社インターネットからの乗り換えならBroadWiMAXがおすすめ。違約金を最大19,000円分も負担してくれるキャンペーンを行っています。

また、他社からの乗り換えキャンペーンに加え、Broad WiMAXを解約して他社回線へ乗り換える場合にも、違約金負担サービスがあります!

この「Broad WiMAXいつでも解約サポート」という解約サポートサービスは以下のような場合に最適です。

・使い方が変わって、通信量が増えたから固定回線に変えたい
・引っ越し先が思ったより速度がでないからWiMAXを解約したい

このような場合でも、乗り換えサポートがあるので安心です。

さらに、当サイト限定Amazonギフト券5,000円分のキャッシュバックキャンペーンは、契約後最短翌日に必ず受け取ることができます

これらのキャンペーンで最安でBroadWiMAX乗り換え、すぐに・確実にキャッシュバックを受け取りたい方は、是非下記ボタンからご覧ください!

お得なBroadWiMAX
のキャンペーン詳細はこちら

ここまでは、完全無制限のポケットWiFiは存在しない中、実質無制限や大容量のポケットWiFiでどちらがおすすめなのかを比較してきました。

次は、3日で10GBなどの短期の通信制限や、大容量でも速度が遅いなど、どうしてもここまで紹介してきたものが当てはまらない方へ、無制限でインターネットを利用するその他の手段をご紹介します。


ポケットWiFi以外で完全無制限は固定回線かSoftBnak Air

最大限無制限に近いポケットWiFiについてここまで解説してきましたが、残念ながら完全無制限のポケットWiFiは現在存在しません。

そこで、最後にポケットWiFi以外で無制限にインターネットを利用できる方法を2つご紹介します。

固定回線を契約する

まず大前提で、固定回線を契約するには回線工事が必要になります。そもそも工事不要だからポケットWiFiを契約しようと考えていた方も多くいらっしゃるかもしれませんが、NURO光やフレッツ光などの固定回線は、完全無制限でインターネットを利用できます。

一般的に光回線の工事は早くて2週間、長いと2か月以上かかることもあるので、契約する際はしっかりと計画を立てて早めに申し込みをすることが大切です。

当サイトでは、快適な高速インターネット通信ができる固定回線を徹底比較し、速度以外にもエリアや料金など利用目的にあった固定回線を紹介しています

自分に合った光回線が1分でわかる6問診断も用意してますので、固定回線を契約しようと考えている方はぜひ下記をご覧ください!

高速通信ができる
おすすめの光回線を紹介!


もし工事もできず、すぐにWiFiを利用したい場合はSoftBank Air(ソフトバンクエアー)も手段の1つです。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)を契約する

SoftBank Airとは、工事不要でコンセントに挿すだけで使えるホームルーター(家庭用WiFi機器)です。屋内だけで使えるポケットWiFiのような物と考えていただくと分かりやすいかと思います。

注意が必要なのは、SoftBank Airはベストエフォート形式といって、通信環境により実際の通信速度が変化します。利用者が混雑する夜間などの時間帯は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下することがあります

実際の通信容量は無制限ですが、速度が制限されることがあるのはあらかじめ理解しておく必要があります。SoftBank Airの詳細記事は下記のボタンから確認できます。

工事不要で即日開通可能な
SoftBank Airの詳細はこちら



まとめ

以上、無制限のポケットWiFiについて紹介してきました。

残念ながら現在は完全無制限のポケットWiFiはありませんが、その他の手段は理解できたでしょうか。最後に紹介してきたポケットWiFiについてのまとめをご覧ください。

無制限のポケットWiFiまとめ
  • 完全無制限のポケットWiFiは現在存在しない
  • ドコモのポケットWiFiは、最大通信速度は速いが料金は高め
  • クラウドSIM系ポケットWiFiは、端末代金は安いものの、最大通信速度は遅く、速度制限にかかると月末まで128kbps
  • WiMAXは通信速度が速く、料金も安いためおすすめ!
  • WiMAXでおすすめのプロバイダはBroadWiMAX
  • ポケットWiFi以外で完全無制限は固定回線かSoftBank Air


最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらでご紹介させていただいた内容があなたのインターネット利用をより快適にできることを願っております。