高速インターネットのイチオシをご提案

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線の速度を徹底比較!

光回線の速度比較の決定版!
快適に光回線を使うためのメソッドをご紹介します。


「以前使っていたインターネット回線が遅すぎた」
「仕事でも利用するので速度が出ている光回線を利用したい」

こういったお悩みは光回線の契約には必ずと言っていいほど付いて回ります。確かに最速○○Gbpsと標榜しているインターネット回線でも使ってみたら全く速度が出ていないということも…

では、そもそも速度を比較して選んでも意味ないのではないか?そんなことはありません。快適にインターネットを利用できる回線を選ぶには「実測値」で選ぶことが大切なのです。

そこで今回は、光回線の速度平均から速度で見たおすすめ光回線比較まで詳しくご紹介。あなたが間違いないインターネット回線比較、そして選択をできるように全力でサポートします。

こちらを読んで速度の心配なく光回線をお選びいただけると幸いです。それでは早速光回線の速度について基本情報から確認していきましょう!



平均はどのくらい?光回線の速度基本情報をチェック!

基本情報を確認

光回線を速度で選ぶと言っても基本情報を知らなければ元も子も無いですよね。そこで、まずは基本的な種類による速度の違いや目安となる平均速度について詳しく確認していきます。まずは下記の表をご覧ください。

光回線の種類

    表でも
  • フレッツ光回線(光コラボも含む)
    最高速度1Gbps

  • auひかり回線
    最高速度1Gbps

  • NURO光回線
    最高速度2Gbps

  • 地方電力系光回線
    最高速度1Gbps

上記のように4つの光回線しか存在しておらず、それぞれに回線速度が設定されています。基本的に1Gbpsという速度が平均ですが、NURO光のみ2倍の速度です。

しかし、この速度は他のインターネット回線と比較してどのくらい速いのか?WiMAXが758Mbps、ケーブルテレビが320Mbps、ADSLが50Mbpsという最高速度であると聞けばご理解いただけるのではないでしょうか?

そう、光回線は今現状最も速度が出るインターネット回線なのです。ただ、この最高速度が平均してでるのかというとそうではありません。飽くまでこれは理論上の数字。

実際にはどんなインターネット回線でも様々な干渉があり、最高速度が出ることはありえません。そこで重要になるのが平均の実測値です。



光回線の平均的な実測値は100〜300Mbpsとなっています。それに対して、WiMAXやケーブルテレビは10〜50Mbps程度。インターネット回線の安定度も光回線の方が良いといえるでしょう。

ちなみに用途別にどのくらいの平均速度があれば良いのかは下記の表を参考にしてみてください。

光回線の平均速度がどのくらいあればいいのか?

30Mbps以上 オンラインゲームや株取引など速度が必要な作業もサクサク
10〜30Mbps 動画やサイト閲覧は問題なく可能
1〜10Mbps サイトや動画によっては読み込みが遅いと感じることも
1Mbps以下 サイトの読み込みは時間がかかる、動画に至っては数秒おきに止まる

上記のようになっています。光回線であれば使い方や選ぶサービスを間違えなければ30Mbps以下に落ちることはめったにないでしょう。また、ゲームをよくされる方は通信速度が遅いことによるラグで負けたり、トレーダーの方は売買に時間がかかってしまったりということも起こりえます。とにかく平均して速いほうが良いという方には光回線がやはりおすすめでしょう。

以上、こちらでは光回線の速度について基本情報や平均速度を確認してきました。そんな速度が出る光回線にも遅いという評判があります。そこで続いては、光回線を平均してより快適に利用できるように解決策をいくつかご紹介します。

遅いと感じる要因はどこにあるのか徹底調査

なぜ遅いと感じるのか?

先ほど光回線の速度は速いとお伝えしました。しかし、速度が遅いじゃないかと怒っている方もたくさんいらっしゃいます。もしかすると、あなたもお困りかもしれません。

こちらでは、そういった光回線の速度に関するお悩みに対して解決策をご紹介します。まずは下記のよくある問題点をどうぞご覧ください。

光回線の速度が遅いと感じる要因

  • そもそも光回線の選び方をミスしているから遅い
  • 有線LANケーブルが原因で遅い
  • 無線LANルーターが古いので遅い
  • プロバイダの選び方が良くないので遅い

上記が速度が遅い場合に考えられる要因です。もし、お困りの方がいればこちらを参考にしていただきたいと思います。最初に光回線の選び方から確認しましょう。

光回線の選び方

どの光回線を選んでも安定して利用できるのか?そんなことはありません。やはり、光回線の選び方は速度の速い遅いに大きく関わります。マンションの方は、特に大きく快適な速度で利用できるかに関わってくるので気を付けましょう。

というのも、基本的に光回線の最高通信速度とは戸建てでの接続方式が基準となっているから。マンションでは、マンション内の設備によって光回線の接続方式が異なるため光回線の能力を存分に発揮できず遅い場合もあります。

マンションの対応設備にもよりますが、一般的に光回線を利用している場合でも最高速度100Mbpsとなることがほとんどです。しかし、安定感はモバイル回線よりも高いので光回線の方が安定した速度で利用できます。

よって、マンションで利用する場合は光回線の速度に限りがあることを留意していただく他ありません。ただ、それ以外の環境を整えることで安定した光回線の速度を追求できますので、遅い場合はこれから紹介する3つの解決策を参考にしてみてください。

例外で、NURO光は全て最高速度2Gbps対応なので速度が遅いという方にはおすすめです。(関東・関西・東海限定)

有線LANケーブルの違い

近年WiFiルーターの普及により有線LANが家庭内で使われることも少なくなったのではないでしょうか?しかし、それが通信速度が遅いと感じる要因の1つとなっている場合もあります。

なぜなら有線で繋ぐより無線で繋ぐ方が圧倒的に光回線の速度を損なうことなく利用できるから。そして、有線LANケーブルの種類によっても光回線の速度は異なります。

結論から申し上げると、「CAT7」というカテゴリーの有線LANが最もおすすめです。こちらは最高速度10Gbpsまでの通信に対応しているので有線LANが原因で遅いということはなくなります。

あなたがお持ちの有線LANケーブルを確認して該当していない場合は変更してみると良いでしょう。

無線LAN(WiFi)ルーターの違い

上記で有線の方がお伝えしましたが、複数台繋げたい、コンセントから遠いなどの理由でWiFiの方が良いという方もいるでしょう。そこで無線LANで遅いと感じることなく最大限速度を高めて利用する方法をお伝えします。

それが「11ac」というカテゴリーのWiFiルーターを使用すること。ルーターによって差異はあるものの、最高速度800Mbps〜という高速での光回線利用を実現してくれます。

これを利用すれば、無線LANが原因で速度が遅いということもなくなるでしょう。しかし、有線LANや無線LANの違いは、そもそもデバイス(PCやスマホ)がその通信に対応していないければ遅いままので悪しからず。

プロバイダが遅い?

有線・無線の話は機器が高速接続に対応していないので遅いという問題でしたが、こちらはプロバイダというサービス上の問題です。見出しには、プロバイダが遅いと書かせていただきましたが…

実は、プロバイダに速いや遅いだけでなく速度という概念がありません。というよりもユーザーの受け入れ容量が速度に関係するのです。

そもそもインターネット回線には回線速度が決まっています。そして、理論上の最高速度があるが、その速度が出ることは無いともお伝えしました。

速度の干渉となる要素の1つがプロバイダです。プロバイダは、言わば高速道路の料金所のようなもの、光回線は道路だと表現できます。道路は1人のものではなく、多くのユーザーで光回線を分け合っています。

つまり、たくさんの人が利用し光回線の中を通るデータが増えれば増えるほど道路は混雑します。そんな中、料金所が1つしかなければどんどん渋滞が大きくなり遅い通信速度に…

それに対して、料金所が5つあればいかがでしょうか?渋滞は緩和され、遅いということは無くなるでしょう。

上記のようにプロバイダにはバックボーンと呼ばれるキャパシティーが存在します。バックボーンの大きいプロバイダを選べば光回線の速度が遅いという状況は避けられますが、現状では下記の理由からそれを正確に把握するのは難しいです。

  • 正確にどこのプロバイダのバックボーンが大きいと公表されていない
  • 地域差が大きすぎる

上記のような理由で把握するのが難しい状況です。よって、今回おすすめさせていただくプロバイダの選び方はこちら。

プロバイダで遅いと感じないために…

  • できるだけ大手のプロバイダを選ぶ
  • 口コミや評判を細かく確認する(地域要素も加味して)

上記がベストな選び方でしょう。以上、本項では光回線の速度が遅いと感じる要因について詳しく見てきました。光回線の速度について非常に理解が深まってきたのではないでしょうか?続いては光回線の速度制限について解説します。

ちなみにモバイルWiFi(WiMAXやポケットWiFi)にはデータ量で速度制限がありますが、光回線には存在しません。ただ例外もあるので次項で詳しく確認していきましょう。

意外と知らない?光回線のスピード制限とは?

速度制限に関して

スマホやモバイルWiFiなどでは速度制限が気になって存分に使えないなんてことが多々あります。あまりインターネットを利用しない方であれば十分すぎる量かもしれませんが、家族でPCやスマホといったデバイスを利用される場合には超過してしまうでしょう。

しかし、ご安心ください。光回線に速度制限はありません。よって、どれだけインターネットを使っても速度が制限されたり、追加料金がかかったりすることはないでしょう。しかし、たった1つだけ例外があります。

それがアップロードについて。基本的に動画やサイトの閲覧はファイルを読み込む(ダウンロード)ことで利用可能です。しかし、画像や動画、テキストファイル、メールなどを送信するときはファイルをアップロードすることが必要になります。

一般的にどの光回線もアップロード制限容量が30GBとなっており、1日にそれを超える量のアップロードが行われると速度が制限される恐れがあります。

しかし、通常のご家庭で光回線をご利用になる際にその速度制限がかかることはほぼ無いでしょう。よって、光回線では速度制限について気にする必要はありません。データ通信量が多い方は、光回線にしてインターネットを利用することをおすすめします!

以上、こちらでは光回線の速度制限について確認してきました。最後に速度で比較する光回線について見ていきます。非常におすすめの光回線ですのでどうぞご確認ください。

速度で見るおすすめ比較!

おすすめを徹底比較

こちらでは、速度で比較する光回線のおすすめをご紹介していきます。近年、非常に多くの光回線が出てきていますが、最初に確認した通り回線自体は4つしかありません。この4回線のうち、速度でどの光回線の速度が安定していておすすめか紹介します。

速度で見るおすすめは、NURO、地方電力系回線、auひかり、フレッツ光(光コラボ)という順番になりました。NURO光は、最高速度2Gbpsを誇る光回線なので当然おすすめ1位になるのはご理解いただけるかと思います。しかし、他の光回線は全て同じ最高速度1Gbps。なぜ、順番が異なるのでしょうか?

その要因は、ズバリ光回線の安定感にあります。これは、どんな時間帯でも安定した速度を出せるかということ。その安定感は実測値ベースで測るしかありませんが、実測値が速い光回線を年間表彰する「RBB Speed Award」があります。そこで、NURO光が関東地区で2年連続速度No.1を取っており、その他の地域では地方電力系回線が軒並み最優秀賞を獲得。

こういった実際の速度を比較して、上記の速度で見るおすすめ順が決定しております。これら4つの光回線について詳しく解説しておりますのでご覧ください。

超高速!NURO光

最高速度2Gbpsを誇るNURO光は関東・関西・東海エリア限定の光回線です。該当エリアで速度が気になる方には真っ先に検討することをおすすめします。速度も然ることながら料金も非常にお得。

月額料金は4,743円(プロバイダ・セキュリティ・WiFiルーター全て込み)で、今なら工事費無料キャンペーンを行っています。更に当サイト経由限定のキャッシュバックもやっているので、速度もサービスも今非常におすすめ光回線です。

また、ソフトバンクユーザー向けにスマホとのセット割を提供しているので、ソフトバンクユーザーであればよりお得に利用できるおすすめの光回線となっています。

NURO光詳細

抜群のサポート!地方電力系光回線

地方電力系光回線には、eo光(関西)、コミュファ光(東海)、メガ・エッグ(中国)などがあります。もしかしたら、あまり耳慣れないので速度は大丈夫か不安な方もいるでしょう。

しかし、実力は本物なので侮るなかれ。速度の実測値は上でご紹介した通り最優秀賞を獲得しているおすすめ光回線です。また、料金も割引が非常に大きく、電力割など電力会社ならではのサービスがあります。

上記を実現できるのは、エリア限定回線ということで力を重点的にかけることができるから。速度でも、料金でも盤石の体制を敷いている光回線なのでおすすめです。

コミュファ光(東海) メガ・エッグ(中国)

速度の安定感ならauひかり

auひかりは、上記の回線とは違い全国に展開している光回線です。全国的に速度の安定感に対する評判が高いのですが、その理由は回線の混み具合にあります。

フレッツ光回線は現在最もユーザー数が多く混みやすい回線であるのに対し、auひかりは、フレッツ光ほどユーザーを抱えていないので安定した速度で利用できるおすすめ光回線と言えるのです。

auひかりは、その名の通りauスマホとのスマホ割が適用できます。家族10人分まで(1人スマホ1個で計算)適用可能なので、ご家族で利用する予定の方には非常におすすめの光回線です。

おすすめの理由は速度や割引だけではなく、キャッシュバックや工事費無料などのキャンペーンにもあります。お得に快適に利用できるおすすめの光回線ですので、ぜひ詳細を確認してみてください!

auひかり詳細

最大手のフレッツ光

最後に最大手のフレッツ光。正直フレッツ光は速度以外のサービス面でもおすすめではありません。しかし、フレッツ光の回線を利用している光コラボは別。光コラボとは、フレッツ光回線を借りて様々な会社が提供する独自の光回線サービスのことです。

光コラボの特徴として、サービスを提供している会社が幅広いので料金プランや各種オプションも多岐に渡ります。速度では、確かに上記3回線に劣りますが、ドコモ光やソフトバンク光といった各キャリアのスマホ割が利用できるサービスはおすすめです。

また、速度も上記3つの光回線に劣るだけで他のケーブルテレビやADSLに比べると安定しています。よって、速度よりも料金を取りたいという方にはおすすめの光回線と言えるでしょう。

光コラボ比較詳細
以上、こちらでは光回線の速度について詳細情報を確認してまいりました。あなたに最もおすすめの光回線は見つかりましたでしょうか?

「速度だけでなく、詳しく比較していきたい」
「複雑でわからなかったので、もっと簡単に光回線のおすすめを知りたい」

そんなあなたのために、当サイトでは光回線を徹底比較したページを用意しております。上記のようなお悩みをお持ちの方はおすすめですので、どうぞご覧ください。本コンテンツが、あなたのインターネット回線比較の一助となれば幸いです。

インターネット回線プロバイダ比較の
詳細情報はこちら