高速インターネットの速度低下を分析

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線の遅い通信速度の謎を徹底解剖

速度が売りの光回線
遅いと感じる原因と改善策を徹底解説します


「光回線を契約しているのに速度が遅い」
「遅い光回線を何とか快適に利用できるようにしたい」

上記のようなお悩みをお持ちの方は非常に多く、光回線を利用する上での大きな問題となっています。しかし、こういったお悩みに対して満足のいく情報はなかなかないですよね。

端的に言うと、遅いインターネット速度を簡単に改善できる方法もあります。しかし、そもそもご利用の光回線に問題があるケースも…

こちらでは、何を基準に、どのように遅い速度の原因を突き止めるのか、そして様々な改善策を提供していきます。こちらを読んで、インターネット速度の問題からおさらばしてしまいましょう。

それでは早速光回線の速度が遅いと感じる原因から確認していきましょう。どうぞご覧ください。



なぜ光回線が遅い?原因やパターンを分析

原因やパターンを分析

最速1Gbps(NURO光は2Gbps)という速度を売りにしている光回線。しかし、速度が遅い、安定しないなんてことをこれまでに経験しているのではないでしょうか?

せっかく遅いインターネット速度から開放されると思って契約したのに、結果的には変化が無ければ光回線を契約する意味がありません。こちらでは、なぜ光回線が遅いのか原因を解説させていただきます。

下記に考えうる原因をまとめておりますのでご確認ください。

光回線が遅い原因とは?

最高速度から比べて遅いと感じているのであれば、よりスペックの高い光回線を選択するしかありません。実測値の調査を見ていても、平均は最高速度の1割から2割くらい。

もちろん、調子が良ければ最高速度に近い数字も出ますが、最高速度は目安程度に考えましょう。速度が遅い具体的な原因は下記の3つです。

  • マンションでは接続方式が異なる
    マンションでは、光ケーブルではなく、電話線やLANケーブルなど異なる配線で各部屋に繋がれている場合が多いです。これはつまり、光回線の特徴を最大限活かしきれていないということ。

    光回線では、光ケーブルを利用することで1Gbpsという速度が実現されています。それが、遅いスピードにしか対応していないケーブルの利用が原因で、一気に速度が低下するのです。

  • 夜は速度が遅い
    光回線は、1世帯に1本割り当てられているわけではなく、いくつかの世帯で共有する仕組みです。よって、夜間や休日のように利用が集中する時間帯は遅いインターネット速度での利用を余儀なくされます。

  • プロバイダが原因の場合
    光回線自体が高速道路だとすれば、プロバイダは料金所のような役割です。プロバイダには、バックボーンと呼ばれる利用人数のキャパシティがあります。

    プロバイダそれぞれで異なりますが、これが言わば料金所の数です。つまり、高速道路上に車が多くなれば渋滞が起き、料金所の数が少なければこれもまた渋滞になるという状況が、光回線でも起きているということになります。

    遅い速度の原因が、こういったプロバイダのバックボーンや利用者数であることも多いです。

上記のような原因で速度が遅いという事態は起きます。ただ、光回線の速度が遅い原因とはこれらだけではありません。ここまで紹介した原因は、サービスを変えることでしか改善できないことでした。

しかし、光回線の速度が遅いという原因には、自ら解決できることもたくさんあります。続いては、そういった光回線以外の原因を確認していきましょう。

光回線以外で通信速度が遅い原因

  • 接続機器の問題
    近年は、WiFiの普及によってご自宅のWiFiルーターで接続している方も非常に多いのではないでしょうか?また、速度が気になる方はLANケーブルで有線接続をしているかもしれません。

    上記のような接続機器が原因の場合も多く、たいていは古い機器を使っていることが多いです。つまり、家までは速い通信速度を保っているのに、そこからPCやスマホに繋ぐ機器のせいで遅いということ。

    こういった場合は、機器を変えるだけで速度が改善される可能性が高いです。詳細は次項にてお話します。


以上、遅い通信速度になってしまう原因には様々なものがありました。続いては、そういった光回線の速度に関するお悩みをどのように改善するのか、改善策をお伝えします。どうぞご覧ください。

改善する方法を徹底解説

改善方法をご紹介

こちらでは、前項でご紹介した光回線の速度が遅いと感じる原因についての改善策をご紹介します。前項で解説した原因は以下の4つ。

  • マンションでは接続方式が異なる
  • 夜は速度が遅い
  • プロバイダが原因の場合
  • 接続機器の問題

上記に関して、それぞれ改善する方法を見ていきましょう。

マンションでは光回線を選ぶべし

マンションの接続方法はあらかじめ決められているものなので、改善するには光回線を変えるしかありません。特に、フレッツ回線(フレッツ光&光コラボ)は利用者数が多いため避けることをおすすめします。

それに対して、auひかりや地方電力系の回線は安定感が高いので、遅い通信速度を改善してくれる可能性が高いです。そして、関東・関西・東海エリアに在住の方におすすめなのがNURO光。

NURO光は、7階建ての物件までしか対応していませんが、独自の接続方式での導入しか行っていないのでマンションでも快適な速度で利用できます。また、最速2Gbpsは圧倒的なので評判も高いです。

夜間に遅いのもサービス変更を検討しよう

光回線が夜間に遅いというのもある程度は仕方ありません。前述の通り、光回線は利用が集中する時間に遅くなります。しかし、あまりにも遅い場合はプロバイダや回線が大きく関連しているので、光回線の乗り換えによる改善がおすすめです。

プロバイダの変更には注意

プロバイダが原因の場合も上記と同じプロバイダの変更ですが…どのプロバイダが良いのか具体的に判断できるでしょうか?通信速度は、いわばブラックボックスのようで遅い原因を突き止めるのは非常に難しいです。

特に、フレッツ光の場合は、前述の通り利用者が多いので混み合って遅いということも考えられます。よって、プロバイダの改善が必要か、光回線自体の改善が必要なのか、どちらが適しているのか判断できません。

その場合は、光回線の変更が最もおすすめの改善方法です。それは、安定感の高い回線であればプロバイダの影響が少ないから。下記におすすめの光回線をいくつかご紹介しますので、興味のある方はご覧ください。


それでは、光回線以外の接続機器の問題で遅い場合はどういった改善ができるのでしょうか?早速確認していきましょう。

高速接続対応の機器を選ぼう

先ほどお伝えした通り、WiFiルーターやLANケーブルは光回線の遅い通信速度と密接に関連しています。よって、下記の対応機器を利用することで改善できる可能性が高いです。

遅い光回線速度を改善できる機器

  • LANケーブル(対応速度)
    CAT5e(1Gbps)、CAT6(1Gbps)、CAT6A(10Gbps)、CAT7(10Gbps)、CAT8(40Gbps)

  • WiFiルーター
    11n、11ac(該当機種においてもWiFiルーターによって通信速度が異なります。必ず各機種の速度をチェックしましょう)

上記の機器を利用することで遅い通信速度の改善ができます。光回線そのものが悪い場合もありますが、まずはこういった接続機器を改善することがおすすめです。光回線に遅い以外の不満が無い場合は、回線を変えることがもったいないので気をつけましょう。

以上、こちらでは遅い光回線の速度を改善する方法についてご紹介しました。ちなみに前述の通り、フレッツ光は混み合いやすく遅いです。そんなフレッツ光や光コラボに関しての情報を続いてはお伝えします。

ドコモ光やソフトバンク光は危険?

ドコモ光やソフトバンク光は遅くなりがち

先ほどからフレッツ光がそもそも遅いので危険であるという話をしております。また、フレッツ光と同じ光回線を利用している光コラボも同じように遅い可能性があるということをご存知でしたでしょうか?

ドコモ光やソフトバンク光は、スマホ割が使える光コラボとして非常に人気があります。しかし、フレッツ光回線を利用しており、利用者数が非常に多いのがネックなので通信速度が遅いという口コミも。特に、マンションでは大きく低下する恐れがあるので注意が必要です。

ただ、日常の利用(サイトの閲覧や動画利用)が困難になるほど光回線の速度が遅いことはなかなかありえません。異常な速度を記録する場合は、上記の接続機器の改善を行ってみてください。それでも直らない場合は安定感のある他の光回線をおすすめします。

戸建ての場合は、お住まいまで光ケーブルで接続していることがほとんどなので利用者が多いとは言え満足のいくスピードで利用できるでしょう。

正直、ドコモ光やソフトバンク光の速度はプロバイダの問題というより、フレッツ光回線の利用者数が多すぎてパンクしている可能性が高いので、同じ回線を利用して遅い通信速度を改善することは難しいです。よって、光回線自体変更することをおすすめします。

こちらでは、ドコモ光やソフトバンク光といった人気サービスが遅いという問題に関して確認してきました。最後に遅い速度を改善できるおすすめ光回線をご紹介します。どうぞご覧ください。

遅い光回線を選択しないためにも徹底比較を

遅い光回線を避けるために

遅い光回線を利用しないためにも事前に調べておくことが最も大切です。また、速度が高ければいいというものでもなく、料金もしっかり考慮することが大切。最後に、そういった速度、料金両面でおすすめの光回線をご紹介します。

遅い通信速度からおさらば!NURO光

NURO光は、今現状最も速度での安定感がある光回線なので遅い速度にお悩みであればおすすめです。最高速度は2Gbpsと圧倒的ですが、月額料金も全て込みで4,743円とお得。

また、今なら工事費無料キャンペーンやキャッシュバックを行っているので、よりお得に契約できます。2018年1月よりNURO光は、関東だけでなく関西・東海でもサービスを提供開始。今最もアツい光回線です。

超高速光回線の詳細情報

auひかり

auひかりも安定感があるので、光回線の遅い速度にお困りの方にはおすすめです。こちらはNURO光と異なり全国対応の光回線となっています。

安定感がある理由として、フレッツ光や光コラボの利用者よりユーザー数が少ないため、比較的混み合いにくく遅い速度になりにくいです。また、料金やキャンペーンも充実しており、代理店からの申し込みがとてもお得になっています。

安定感抜群のおすすめ光回線
以上、光回線が遅いというお悩みに対して様々なお話をさせていただきました。遅い原因を調査し、まずは光回線の速度を改善する方法を試してみましょう。その上で、サービスの変更をお考えになることをおすすめします。

光回線は、速度のみならず料金やキャンペーン、エリアなど様々な要素での比較が大切です。当サイトでは、そういった光回線の各要素に応じた総合比較を行っています。遅い速度のみならず料金なども気になる方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

今回ご紹介させていただいた内容が、あなたの光回線利用をより快適にすることを祈っております。

光回線のおすすめ詳細比較ページはこちらから