今年おすすめの高速光回線を徹底比較

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

光回線
インターネット回線
固定回線
【光回線比較2019年最新版】今年のおすすめはこれだ!
2018年光回線徹底比較!

分かりにくい光回線の比較…
マンガと6問診断で簡単におすすめが分かります


「とにかく種類が多すぎてどれを選んだら良いか分からない」
「スマホ割を使いたいけどどのサービスなら適用できるのか分からない」

こんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?確かに2019年現在、サービスが増えすぎたことで光回線の比較がしづらくなっているのが現状です。

しかし、あなたのニーズに合わせた比較をしなければ、料金や通信速度といった光回線の最も重要な要素で納得いかない結果になることも…

今回はそもそも光回線があなたに合っているのか、またジャンル別の光回線比較など、網羅的にご紹介いたします。また、文章だけではなかなか伝わりづらい光回線比較なので、より簡単に比較できるよう、「マンガ解説」と「6問診断」をご用意しました。ぜひご活用ください。

こちらを読めば、あなたにどんな光回線がマッチするのか必ずお分かりいただけます。それでは早速光回線とポケットWiFIを比較していきましょう。


この記事を書いたのは…

運営者しのP

しのP

当サイトを運営して1年半になる担当者。固定回線~WiMAXの比較を来る日も来る日も続けた結果、今では街にある何もかもがインターネット回線に関連するものに見えてくるほどのめり込んでいる。料金比較、及び総合力を判断した上でのインターネット回線比較に定評あり。



マンガと6問診断でおすすめがすぐに分かる光回線比較!

実質料金が大切な理由②
実質料金が大切な理由①

最初にお話した通り、光回線は非常に比較が難しいです。その原因となっているのが、マンガにある光回線の種類の多さ、多数の検討ポイントが存在すること。エリア、速度、料金、家のタイプなどなど、結果的に光回線の比較は複雑で難解です。

簡単に「料金」、「速度」といった単一の軸で比較できれば良いのですが、エリアや住居タイプによって契約できる光回線が異なります。また、料金もスマホのキャリアや住居タイプによって大きく違うので、複数の要素を同時に比較しないと最もあなたにおすすめの回線は見つかりません。

また、光回線ではなく他のインターネットサービスの方が最も合っている場合もあります。そこで、あなたに1番おすすめのサービスを簡単にご理解いただくために、6問で分かる診断コンテンツを作成しました。詳細は次項より確認していきましょう。

6問で分かる!インターネット回線診断

光回線の比較ポイント

  • エリア
  • 住居タイプ
  • 利用人数
  • 利用用途
  • 利用時間
  • スマホのキャリア

前述の通り、あなたの利用環境に合わせて上記の要素をしっかり比較した上で判断しなければ、おすすめの光回線は見つかりません。ただ、これらを全てひとつひとつ自分で比較するのは骨が折れる作業ですよね。そこで、ご用意したのが「インターネット回線6問診断」。

こちらを見れば、今あなたにどんな契約がおすすめなのかすぐに分かります。また、人によっては光回線ではなくモバイル回線の方がおすすめの方もいるので、そういった方にはおすすめのモバイル回線もご紹介。

光回線の比較はこのページを全て読んでいただければ必ず分かるはずですが、少し試してみたい方や自分で比較するのは難しそうだとお思いの方は、ぜひご利用いただけると幸いです。

診断スタート

プロバイダ比較診断コンテンツ
    問1. お住まいのエリアはどちらですか?
    診断コンテンツ1問目
    スクロール
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸・甲信越
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
    問2. インターネット回線を利用されるのは1人ですか?複数人ですか?
    診断コンテンツ2問目
  • 1人
  • 複数人
    問3. 1日にインターネットをどのくらい利用されますか?
    診断コンテンツ3問目
  • 1日2~3時間までの動画利用やサイト閲覧、アプリの利用
  • 1日2~3時間以上の上記利用やオンラインゲームの利用
    問4. あなたのインターネット利用目的をお教えください
    診断コンテンツ4問目
  • サイト閲覧や動画利用など一般的な利用がメイン
  • TV・PCゲームや株取引など特殊な利用がある場合
    問5. お使いのスマホキャリアはどちらですか?
    診断コンテンツ5問目
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • その他
    問6. お住いは戸建(3階建て以下の集合住宅も含む)ですか?マンションですか?
    診断コンテンツ6問目
  • 戸建
  • マンション
  • 8階建て以上の物件
:一つ戻る :最初から
※上記ボタンでのみ戻れます
診断コンテンツ使っておすすめの光回線が分かった方にも、利用しなかった方にも役立つ光回線の最新情報をここからは解説していきます。まずは、そもそも光回線とモバイル回線のどちらがおすすめなのかからお伝えしましょう。

光回線についての比較情報を確認したい方は、飛ばしていただいて大丈夫です。ただ、モバイル回線の方が安く利用できるケースも多いので、気になる方はどうぞご覧ください。

固定回線とポケットWiFi(WiMAX)おすすめはどっち?

そもそも光回線とは?
前項では、光回線の比較基準やその複雑さを確認してきました。光回線には速度も安定しており、料金も安いという特徴があります。しかし、人によってはモバイルWiFiの方がおすすめの場合も。

そこで、本項では光回線とモバイルWiFiの特徴とどんな人におすすめなのかを確認していきましょう。

【2019年最新】光回線とポケットWiFi(WiMAX)を比較!(特徴編)

光回線の特徴

  • 通信速度はポケットWiFi(WiMAX)と比較して光回線の方が安定している(戸建て>マンション)
  • 光回線の通信量は無制限
  • 料金を比較すると戸建プランがマンションプランより高い
  • 基本的に光回線の利用には工事が必須。利用開始までに約2週間~1ヶ月半ほどかかる

ポケットWiFi(WiMAX)の特徴

  • 持ち運びができるので、場所を問わず使える
  • 速度の安定性は光回線に劣る
  • 料金を比較するとポケットWiFi(WiMAX)の方が安くなるが、割引額によって光回線の方が安くなる場合もある。
  • サービスによって限度は異なるが通信量に応じて通信制限がかかる
  • 端末が届けばすぐに利用可能

光回線とモバイルWiFiの違い
以上、光回線とポケットWiFi(WiMAX)の特徴を比較しました。ちなみに通信速度に関しては、ポケットWiFiでもサイトの閲覧や動画視聴で困ることは全く無いので、そちらの心配はご無用です。

それでは上記の内容を踏まえて、2019年はどんな方に光回線、ポケットWiFi(WiMAX)がそれぞれおすすめなのか見ていきましょう。

【2019年最新】光回線とポケットWiFiを比較!(おすすめ編)

光回線がおすすめの方

  • 基本的にインターネットの利用は家がメインの方
  • ご家族でお住まいの方(通信量が多くなりがちのため)
  • パソコンでのオンラインゲームや動画をよく利用する方
  • 速度の安定性に不安を抱えている方
  • 山間部にお住まいの方

ポケットWiFi(WiMAX)がおすすめの方

  • 1人暮らしで主なネットの利用は比較的に休日が多いという方
  • ネットの利用は動画視聴やサイトの閲覧、スマホゲームが多いという方
  • 出先や通勤中などにパソコンを使いたいという方
  • 通信速度は動画を不自由なく観られるくらいで良いという方
  • 平野部にお住まいの方

上記が光回線、ポケットWiFi(WiMAX)それぞれの比較となります。山間部にお住まいの方は、2019年現在ではポケットWiFi(WiMAX)の電波が届かない可能性があるので注意しましょう。

ちなみに、ポケットWiFiやWiMAXといったモバイル回線を比較したおすすめは2019年もWiMAXです。というのも、通信速度やキャンペーンが充実しており、ポケットWiFiよりも圧倒的にお得だから。WiMAXを提供している20社以上の比較は下記ボタンからご確認いただけるので、興味をお持ちの方はどうぞ。

2019年もやります!WiMAX20社以上比較!
以上、本項では光回線とポケットWiFiの比較をしてきました。2019年現在、あなたにおすすめのサービスはどちらかご理解いただけたのではないでしょうか?それでは、続いて2019年の光回線を速度別に比較していきますので、一緒にチェックしていきましょう!

光回線を速度で比較したらNURO光がベスト!

速度の安定感は圧倒的
2019年も光回線で重要視される要素の1つが通信速度。速度が遅いとオンラインゲームや動画の視聴が滞ったり、お仕事にも影響が出たりと、ネットが普及しているこの2019年にそんな状況は避けたいですよね。

そこで、こちらでは光回線を通信速度のみに絞って比較していきます。まずは、光回線の速度はどのようなシステムで変動するのかから確認しましょう。

速度を決めるのは回線・プロバイダ・利用環境(ルーターなど)の3要素

そもそも光回線の速度とは、どのように決まるのでしょうか?それは、上記の通り「回線・プロバイダ・利用環境」の3要素だと言えます。まずは、回線について。

光回線は、大きく分けてフレッツ系、auひかり、NURO光、地方系の回線という4種類があります。それぞれ最高速度、利用者の数が異なっており、速度の安定感にも違いが存在。それらをグラフにすると下記のようになります。

光回線の速度と利用者分布

上記の通り、NURO光や地方系の光回線の方が速くなります。NURO光は最高速度が2Gbpsと他の回線の2倍、また地方系の回線は利用者少ないので混み合うことが少ないのが要因です。

続いて、プロバイダの影響をご紹介します。そもそもプロバイダは、光回線を各家庭に行き渡らせる前の料金所のようなものです。そして、プロバイダによってこの料金所の数が異なります。

プロバイダの役割

上記画像のように、料金所の数が少ないと混雑して速度は遅くなりますし、逆に多いと混み合うことが少なくなるというわけです。この料金所の数のことをプロバイダのキャパシティと呼びます。

このキャパシティが分かればいいのですが、端的に言うとユーザー側からはわからないのが現状です。しかし、基本的に大手のプロバイダがキャパシティも大きく、おすすめできるプロバイダになります。

よって、当サイトでは大手のプロバイダを利用した光回線のみご紹介中です。それでは、最後に利用環境の影響を見ていきましょう。こちらは大きく分けて、各家庭への引き込み回線の種類とルーターの2種類があります。

各家庭への引き込み回線は、戸建てとマンションで大きく異なる可能性が大きいです。戸建ての場合、光回線網からそのまま光ファイバーケーブルを各家庭に引き込むだけで済みます。

しかし、マンションの場合昔の配線が張り巡らされていることが多く、それらは基本的に電話線です。電話線は、光ファイバーと比べて伝達効率が悪いので、その分速度の安定感も悪くなります。また、マンションの住民が皆で回線を分け合うので更に速度は低下。

よくマンションでのインターネット接続が遅いという意見を見かけますが、上記2点に起因することが多いです。ルーターについては当たり前かもしれませんが、そもそもの性能が悪ければ速度も落ちることに。

また、ルーターも利用人数が多いと、速度が落ちる可能性が高いです。ルーターを選ぶ際は必ずスペックをよく確認しましょう。本項で光回線の速度の構造に関しては、ある程度お分かりいただけたかと思うので、早速2019年最新の光回線速度ランキングを見ていきましょう!

auひかり?NURO光?速い光回線はどこ?

2019年最新比較!光回線速度ランキング

1位 NURO光
2位 auひかり・地方回線系(eo光、コミュファ光など)
3位 その他光コラボ系

上記のような結果となりました。続けて詳細な比較を下記にご説明していきます。

NURO光は関東・関西・東海限定だが最速!

まずはランキング1位となったNURO光。その要因は何と言っても最高速度2Gbps(ダウンロード時)の他と比較して2倍の圧倒的な速度。他の光回線が最高1Gbpsの中、NURO光のみがこの速度を実現しているのです。

それは他の光回線と使っている回線が異なること、そして異なる接続方式を使っていることが要因なのですが、少し複雑なので省略させていただきます。また、最高速度だけでなく実測値を比較してもとても速いです。

毎年実測値を比較して表彰する「RBB Speed Award」という賞があるのですが、2019年4月に最優秀賞を獲っています。それに加えて、他エリアの最優秀賞に2倍の速度差をつけているというのは驚き!

これまでNURO光は関東のみで提供されていたのですが、2018年1月下旬より関西・東海エリアでの提供が開始しました。2019年も光回線の速度に革命を起こしていくことでしょう。NURO光の詳細については下記からどうぞ。


auユーザーはauひかりに乗り換えもあり!

続いて、光回線速度比較で2位にランクインするのがauひかり系。auひかり系の回線は速度の安定感に定評があり、実測値で着実に結果を残しています。先ほどご紹介した表彰でも関東以外の地区で軒並み最優秀賞を獲得。2019年注目の光回線の1つです。

また、auひかりは各地方の電力会社と連携してサービスを提供しているのが特徴。関西地方のeo光、東海地方のコミュファ光、中国地方のメガ・エッグ、四国地方のピカラ光、九州のBBIQは全てauスマホとのセット割を適用可能です。

フレッツ光や光コラボは利用プロバイダも考えよう

最後に光回線速度比較3位が光コラボを始めとしたフレッツ系回線です。ドコモ光やソフトバンク光などは同じ回線を利用しています。利用者が多いために先ほど紹介した2つの回線と比較して速度の安定感に欠けます。

しかし、それを差し引いたとしても快適な速度で利用できるのが光回線の強みです。今回のランキングでは下位に沈みましたが、光回線自体が通信速度の安定しているサービスです。今、光回線以外を利用している方からすれば、比較しようがない速さでネットを利用できるでしょう。

ただ、おすすめとしてはプロバイダの選び方を考えること。ドコモ光などその他サービスでは、プロバイダを指定できます。この時できるだけ大手のプロバイダを選ぶ方が賢明です。詳細は各回線のページでも紹介しております。


以上、こちらでは速度に絞って光回線を比較してきました。続いては、気になる料金別に光回線を比較していきます。

料金が安いのはスマホ割~ドコモ・ソフトバンク・au~

光回線をスマホ割で比べる
こちらでは、料金別に光回線を比較していきます。料金と言ってもあなたの利用環境や適用可能な割引によって大きく異なるのが光回線の難しさ。

例えば、電力会社や携帯キャリアとの提携による料金割引があったり、動画配信サービスなどと連携したサービスがあったりと、近年光回線のサービスの幅が広がった影響で複雑化しています。

その中でも、スマホ割が利用できる光回線が最もお得です。今回は、利用者の多いスマホとセットでの料金割引に絞って光回線の比較をご紹介します。それでは早速下記の表をご覧ください。

スマホ(携帯)とセットで料金割引がある光回線比較

ドコモ ドコモ光
ソフトバンク ソフトバンク光
NURO光
au auひかり
So-net光プラス
その他電力会社系光回線
(コミュファ光、eo光など)

以上のような結果となりました。スマホとのセット割を利用することで3,000円以上料金割引が適用できることも。特に家族でスマホを利用されている方は料金割引額が大きくなっていくのでおすすめです。

こちらではスマホとのセットで料金割引が適用できる光回線を比較してまいりました。料金を最重要視される方にはスマホ割は非常におすすめです。ただ、一人暮らしの方はスマホ割で500円程度の割引に留まる可能性が高いので、モバイルWiFiの方が安く利用できます。それでは続いて戸建て・マンション、それぞれの場合のおすすめ光回線を比較していきましょう。

住居別!戸建て・アパート・マンションでおすすめのサービス

戸建てとマンションでおすすめのインターネット
こちらでは、住居別の光回線を比較していきます。住んでいる家によっておすすめの光回線も変わるので、戸建てやマンションといった利用環境は重要な比較要素です。

今回は料金・速度などを踏まえ、総合的に比較していきます。それでは早速戸建て・マンションの比較を見ていきましょう。

2019年戸建て・マンション光回線比較ランキング

戸建て マンション
1位 NURO光→関東・関西・東海
ピカラ光→四国
メガ・エッグ→中国
BBIQ→九州
auひかり→全国
NURO光(7階まで)→関東・関西・東海
ピカラ光→四国
メガ・エッグ→中国
BBIQ→九州
auひかり→全国
2位 auひかり→関東・関西・東海・四国・中国・九州
So-net光プラス or スマホ割使える光コラボ
→その他エリア
3位 So-net光プラス→関東・関西・東海・四国・中国・九州

以上のような比較結果となりました。戸建て・マンションともに2019年現在のおすすめランキングは大差ないという結果になりましたが、エリアやマンションによっては使えないサービスもあるので気をつけましょう!

1位のNURO光は8階建て以上のマンションでは利用できません。(厳密にはマンションプランもありますが、導入条件が厳しい)しかし、7階建て以下であればNURO光は他の光回線と違い、マンションでも混み合うことが無いため、速度の安定感は抜群です。

また、料金も月額4,743円で工事費無料と非常にリーズナブルです。auひかりもセット割やキャンペーンを行っておりおすすめの光回線となっています。

3位のSo-net光は初めて出てきましたが、プロバイダ大手のSo-netが提供している光コラボサービスで速度の安定感が強みです。また、キャンペーンも行っており2019年も全国的におすすめの回線となっています。

以上、戸建て・マンション別に光回線を比較しました。最後に2019年総合的に見たおすすめの光回線をエリア別に比較します。

2019年光回線比較!総合的にみたランキングをご紹介

総合ランキング
それでは最後に総合的に見たおすすめ光回線をご紹介します。エリア別に比較しておりますのであなたのエリアの2019年No.1をチェックしましょう!


2019年光回線総合比較ランキング

1位 auひかり 詳細情報へ
2位 So-net光 詳細情報へ
3位 携帯割引の光コラボ 詳細情報へ
1位 NURO光 詳細情報へ
2位 auひかり 詳細情報へ
3位 携帯割引の光コラボ 詳細情報へ
1位 NURO光 詳細情報へ
2位 auひかり 詳細情報へ
3位 携帯割引の光コラボ 詳細情報へ
1位 NURO光 詳細情報へ
2位 コミュファ光 詳細情報へ
3位 携帯割引の光コラボ 詳細情報へ
1位 メガ・エッグ 詳細情報へ
2位 auひかり 詳細情報へ
3位 携帯割引の光コラボ 詳細情報へ
1位 ピカラ光 詳細情報へ
2位 auひかり 詳細情報へ
3位 携帯割引の光コラボ 詳細情報へ
1位 BBIQ 詳細情報へ
2位 auひかり 詳細情報へ
3位 携帯割引の光コラボ 詳細情報へ

上記のように各エリアの光回線比較を行いました。エリアによっておすすめの光回線大きく変わります。上記のおすすめは最初にご紹介した全ての要素を比較検討した結果出た2019年の最新光回線情報です。

ここまで様々な側面から光回線を比較してきましたが、あなたに2019年ぴったりの回線は見つかりましたでしょうか?最後に光回線比較のコツをまとめておりますのでご覧ください。

2019年光回線比較のコツ
  • エリア
  • 住居タイプ
  • 利用人数
  • 利用用途
  • 利用時間
  • スマホのキャリア
上記の6点を総合的に比較して光回線を選択すれば必ずぴったりの回線をお選びいただけるでしょう。

本ページでご紹介した光回線は下記のリンクからもご覧いただけます。是非チェックしていただけると幸いです。今回のお話があなたの2019年光回線比較の一助となれば幸いです。