最新価格プラン比較!オススメ光インターネット情報

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

最新価格プラン比較!オススメ光インターネット情報

コンシェルジュバナー
光回線比較!おすすめ最新ランキング
光回線でおすすめのプロバイダを比較紹介

光回線徹底比較!
おすすめのプロバイダをご紹介


このページでは、光回線でおすすめのプロバイダを比較解説しております

今では、インターネット回線の種類が増え、プロバイダの種類も多くなっています。光回線だけでなく、WiMAXなどのモバイルwifiを含めると、100社以上のプロバイダが存在。現在、プロバイダの比較は、非常に困難になっているといえます。

そこで当ページでは、料金や速度、キャンペーンといったあらゆる角度から光回線を徹底比較し、あなたにおすすめのプロバイダをご紹介します。また、固定回線とモバイルwifiを比較し、どちらのインターネットがあなたにおすすめなのかもご紹介します。

それでは早速、確認していきましょう。

そもそも、プロバイダってなに?

インターネットをお探しの時に、よく耳にするのが「プロバイダ」という言葉。

そもそもプロバイダって何なのかよくわからない。と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思います。そこで、まずは、プロバイダとは何なのかを、図と一緒に解説していきます。下の図をご覧ください。

プロバイダとは

プロバイダとは、インターネットとご利用者(ユーザー)を繋ぐ役割を担っています。

フレッツ光のように、光回線(フレッツ光)だけしか提供していない場合は、光回線とインターネットを繋ぐためのプロバイダ契約が別途必要となります。つまり、「回線業者」と「プロバイダ」の両方との契約が必要です。

一方、モバイルwifiやauひかり、ドコモ光のように、光回線とプロバイダをセットで提供している場合は、別途プロバイダの契約は不要。auひかりやドコモ光など、最近の光回線サービスでは、プロバイダ一体型の契約となっているため、「回線業者」と「プロバイダ」が同時に契約できます。

以上、ここまでをまとめると、フレッツ光のようなプロバイダを別途契約する光回線とauひかりやドコモ光のようなプロバイダ一体型の光回線の2種類があるということです。

現在、プロバイダ一体型の光回線のほうが、光回線利用料金とプロバイダ料金がまとまって請求されるため、シンプルになっています。また、光回線とプロバイダを別々で契約するよりも、セット契約のほうが料金が安くなるためおすすめです。

続いて、光回線とモバイルwifiを比較し、あなたにあったインターネット回線はどちらなのか、確かめていきましょう!

速度で圧倒!光回線とモバイルwifi比較

光回線とモバイルWiFiの比較、といっても戸建てで使う場合とマンションで使う場合では、条件が異なります。こちらでは、「戸建ての光回線とモバイルWiFi」と「マンションの光回線とモバイルWiFi」の比較をそれぞれ分けて、確認していきましょう。

戸建て用光回線とモバイルWiFiを比較
料金 キャンペーン利用でサービスによっては
光回線もお得だが、
基本的にはモバイルWiFiのほうが
比較的安価
速度 戸建て用はプロバイダによる違いは
あるものの、
モバイルWiFiと
比較すると圧倒的な安定感
キャンペーン モバイルWiFiはWiMAXのみ充実。
光回線はあなたにあった
料金割引を比較して選べれば、
かなりお得なキャンペーンが多数
工事 光回線は工事が必須で、費用、
時間共にかかるので、
モバイルWiFiと比較すると
利便性は下がります
マンション用光回線とモバイルWiFiを比較
料金 モバイルWiFiと比べると、
通信量無制限にもかかわらず、
キャンペーン利用で光回線が圧倒的に
お得になることも。
速度 マンション用はエリアや物件によって、
共有回線を利用するため
混み合うことがある。
しかし、安定感は比較的高い。
キャンペーン モバイルWiFiはWiMAXのみ充実。
光回線はあなたにあった
料金割引を比較して選べれば
かなりお得なキャンペーンが多数
工事 マンションにはすでに共有部分まで
工事済で、
すぐに利用可能な物件も多数。
ただし、工事は必要なことも多く、
利便性を比較すると
モバイルWiFiに軍配。

以上のようになります。持ち運びをメインに使う方はモバイルWiFiがおすすめ。しかし、少しでも光回線を検討している方には、モバイルWiFiに不安があるかと思います。

特にYoutubeなどの動画が止まったり、オンラインゲームが途切れたり、速度の安定感に対して不安がある方、かつ一人暮らしではない方は、光回線の中であなたに合ったものを選ぶのがおすすめです。

ここからは、数多くある光回線をどのように選べばいいのか、比較の際に重要な2つのポイントを確認していきましょう。モバイルWiFiが気になった方は、下のボタンからおすすめのモバイルwifi比較ページをご確認ください。

モバイルWiFiの代表格WiMAX
全プロバイダを徹底比較

ここからは、光回線をご希望の方向けのコンテンツとなります。

おすすめプロバイダを見つけるための重要なこと

この章では、数多くある光回線を比較する際に、重要なポイントを解説していきます。重要な切り分けポイントは、以下の2つとなります。

切り分けポイント
  • 大手プロバイダ
  • キャンペーン内容
以上になります。それでは、それぞれ詳しく確認していきましょう。

プロバイダ選びが通信速度に関係する?!

まず光回線のプロバイダで重要な点は、通信速度です

最近では、プロバイダ一体型の光回線が主流となっていますが、中にはプロバイダが選べる光回線も存在します。

光回線とプロバイダが既に決まっているインターネットサービスであれば、プロバイダの比較は不要ですが、プロバイダが自由に選べる光回線ではプロバイダの比較が重要になります。

まずは、プロバイダが一体型の光回線と自由に選べる光回線をご紹介します。下の表をご確認ください。

光回線サービス プロバイダ 地域
フレッツ光 自由 全国
ドコモ光 自由 全国
auひかり 自由 全国
ソフトバンク光 yahoo BB 全国
nuro光 So-net 北海道・関東・
東海
関西・
九州
So-net光
プラス
So-net 全国
BIGLOBE光 BIGLOBE 全国
ぷらら光 ぷらら 全国
nifty光 @nifty 全国
OCN光 OCN 全国
コミュファ光 自由 東海
eo光 eo光 関西
メガエッグ メガエッグ 中国
ピカラ光 ピカラ光 四国
BBIQ BBIQ 九州

上記のように、プロバイダが自由に選べる光回線とプロバイダが決まっている光回線があります。ここで注意していただきたいのが、「フレッツ光・ドコモ光・auひかり・コミュファ光」のプロバイダが自由に選べる光回線です

光回線は、選ぶプロバイダによって料金と通信道度が異なります。

では、どのようにプロバイダを選べばいいのか。当サイトでは、大手プロバイダをおすすめしております。理由は大きく2つあります。

1つ目は、キャンペーンやサービスが充実していること。大手プロバイダであれば、高額キャッシュバックや無料wifiレンタルなど、キャンペーンやサービスが充実していることが多くなっています。

2つ目は、通信速度が安定しやすいこと。光回線の通信速度は、プロバイダのキャパシティに関係しております。プロバイダのキャパシティは公開されているわけではないので判断し難い部分もありますが、大手プロバイダであれば、設備投資がしっかり行われているため、マイナーなプロバイダに比べ速度が安定しやすいと言えます。

ここまでをまとめると、プロバイダが自由に選べる光回線の場合、キャンペーンが充実しており速度も安定している大手プロバイダがおすすめということです。

割引やキャッシュバック

次に重要なのが、キャッシュバックや月額割引キャンペーンです。同じ光回線でもプロバイダによって、キャッシュバック金額や割引金額が異なります。下の例で、確認してみましょう。

光回線:auひかり 
月々5,600円
プロバイダ:GMOとくとくBB 
61,000円キャッシュバック

5,600円×36ヶ月ー61,000円
=140,600円

光回線:auひかり 
月々5,600円
プロバイダ:au one net 
10,000円キャッシュバック

5,600円×36ヶ月ー10,000円
=191,600円

上記のように、同じ光回線でも、選ぶプロバイダによりキャンペーンが異なるため、支払い総額も変わります。

このように、プロバイダごとのキャンペーン内容を比較することが重要だと言えます。

以上が、おすすめのプロバイダを見つけるために重要な点のご紹介でした。次の章では、上記でご紹介した点を踏まえ、光回線別にプロバイダを比較してご紹介していきます。

光回線別|プロバイダ比較一覧を確認

ここからは、光回線別にプロバイダの比較解説です。この章では、プロバイダが自由に選べる光回線に絞って比較していきます。手っ取り早く、おすすめの光回線を知りたいという方は、下のボタンからおすすめ光回線の見つけ方までスキップいただけます。

おすすめ光回線の見つけ方
それでは、下記の光回線プロバイダを比較してご紹介していきます。

  • フレッツ光
  • ドコモ光
  • auひかり
  • コミュファ光

フレッツ光は、300社以上のプロバイダが存在?

2020年12月現在、フレッツ光では300社以上のプロバイダの中から、好きなプロバイダを選べます。

しかし、前述でお伝えした大手プロバイダに絞って比較することで、簡単におすすめのプロバイダを見つけることができます。下の表をご確認ください。

フレッツ光 プロバイダ比較
プロバイダ 戸建て マンション
So-net 5,600円 3,850円
nifty 5,800円 4,350円
ASAHIネット 5,280円 3,550円
BIGLOBE 5,800円 4,700円
DTI 5,951円 4,330円
OCN 6,100円 4,550円
ぷらら 6,270円 4,675円
フレッツ光 プロバイダ比較
プロバイダ 戸建て マンション
So-net 5,300円 3,750円
nifty 5,400円 4,500円
ASAHIネット 5,080円 3,550円
BIGLOBE 5,400円 4,600円
DTI 5,251円 3,730円
OCN 5,400円 4,060円
ぷらら 5,830円 4,455円

フレッツ光のプロバイダは、「So-net」「ASAHIネット」「DTI」がお得だとわかりました。

そして、当サイトおすすめのプロバイダは「So-net」となります。So-netは高速光回線nuro光を提供していることもあり、速度の安定性において頭一つ抜けているといっても過言ではありません。

速度の安定性を重視する場合は「So-net」、料金を安く抑えたい方は「ASAHIネット」がおすすめです。

続いて、ドコモ光のプロバイダを比較していきましょう。

ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

現在、ドコモ光では24種類のプロバイダがあります。大きく「タイプA」と「タイプB」に分けることができます。

タイプA タイプB
月額料金 戸建て5,200円
/マンション4,000円
戸建て5,400円
/マンション4,200円
プロ
バイダ
ドコモネット・ぷらら
GMOとくとくBB・
@nifty
DTI・アンドライン・
ビッグローブ
SIS・hiho・IC-net
タイガースネット
エディオンネット
シナプス・
BBエキサイト
楽天・TikiTiki・
ネクス
光コアラ
OCN・@Tcom・TNC
ちゃんぷるネット・
ASAHIネット
WAKWAK

タイプAのプロバイダであれば、月々200円ほど安くご利用可能です。料金を少しでも安くご利用をお考えの場合、タイプAをおすすめします。

ここからは、「タイプAかつ大手プロバイダ」に絞って比較していきます。下の表をご確認ください。

プロ
バイダ
wifi
レンタル
wifiルーターの性能
ドコモ
ネット
×
GMO
とくとく
BB
NEC 最大1,733Mbps
BUFFALO 最大1,733Mbps
ELECOM 最大1,733Mbps
ぷらら NEC 最大867Mbps
@nifty ELECOM 最大867Mbps
DTI ELECOM 最大867Mbps
BIGLOBE NEC 最大867Mbps

大手プロバイダの中では「GMOとくとくBB」がおすすめとなります。GMOとくとくBBは顧客満足度が96.8%という点と、無料レンタルwifiルーターの性能が他のプロバイダに比べていい点があげられます。

続いて、auひかりのプロバイダを比較していきましょう。

auひかりはプロバイダにより特典が異なる?

現在auひかりでは、8種類のプロバイダから選べます。auひかりはプロバイダごとに特典が異なるため、注意が必要です。まずは、下の表をご確認ください。

プロバイダ キャンペーン
内容
支払い総額
au one net 10,000円CB 211,511円
GMO
とくとくBB
61,000円CB 136,911円
@nifty 30,000円CB 185,800円
@Tcom 月額割引 211,025円
ASAHIネット 月額割引 178,861円
BIGLOBE 月額割引 194,400円
DTI 38,000円CB 200,411円
So-net 月額割引 143,280円

以上のような結果となりました。

au one netとGMOとくとくBBの支払い総額を比べると、GMOのほうが約8万円も安くなることが分かります。同じ光回線を契約するのであれば、少しでも安いプロバイダのほうが嬉しいですよね。

auひかりでおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」になります。

続いて、コミュファ光のプロバイダを比較していきましょう。

コミュファ光はSo-netがおすすめ

東海エリア限定の光回線「コミュファ光」。現在、コミュファ光では、10種類のプロバイダから選べるようになっています。各プロバイダの料金と特典は、以下の通りになります。

コミュファ光 プロバイダ料金 一覧
プロバイダ 戸建て マン
ション
特典
公式 1,200円 1,200円 ×
au one net 1,700円 1,200円 ×
So-net 1,300円 1,200円 最大35,000円CB
エディオン
ネット
1,300円 1,200円 ×
@nifty 1,560円 1,560円 ×
BIGLOBE 1,600円 1,200円 最大25,000円CB
TNC 1,360円 1,020円 ×
hiho 1,600円 1,600円 ×
IIJ 2,000円 2,000円 ×
MediaCat 2,000円 2,000円 ×

コミュファ光でおすすめのプロバイダは「So-net」になります。So-netであれば、最大35,000円のキャッシュバックが受け取れます。また、プロバイダ料金も最安級なためおすすめです。

以上、ここまでがプロバイダを自由に選択できる光回線のプロバイダ比較でした。

ここまで、各光回線のプロバイダついて詳しく解説してきました。しかし、中には「そもそもどの光回線を選べばいいかわからない」という方もいらっしゃるかと思います。次の章では、あなたにあったおすすめ光回線の見つけ方をご紹介します。

おすすめ光回線の見つけ方

この章では、おすすめ光回線の見つけ方をご紹介します。

おすすめの光回線といっても、現在ご利用中のスマホキャリアや住んでいる住居タイプ、ご利用目的などによって、おすすめの回線は変わってしまいます

そこで、おすすめの光回線を探す前に、確認しておきたい3つのポイントをご紹介します。

確認しておきたい
3つのポイント
  • スマホのキャリア(スマホ割)
  • 住んでいるエリア
  • 住居タイプ

上記の中で最も重要なのは、スマホのキャリア(スマホ割)です

なぜ重要なのかというと、現在ご利用中のスマホキャリアにより、適用される割引サービス(スマホ割)が異なるからです。

スマホ割とは、インターネットとスマホ(携帯電話)をセット契約することで提供される割引サービスのこと。スマホ割は、毎月のスマホ料金から最大1,000円の割り引きとなります。つまり、スマホ割が適用されるか否かで毎月1,000円も料金が変わってしまうのです。

さらに、スマホ割は、キャッシュバックや月額割引キャンペーンと違い、インターネットとセット契約をしている間はずっと割引が適用。キャッシュバックや月額割引以上に、お得な割引だといえます。

次に重要なのが、住んでいるエリアです

光回線は住んでいるエリアにより、契約可能な光回線が異なります。仮に速度の速い光回線を見つけたとしても、住んでいる地域が提供エリア外なんて場合もあります。そのため、ご自身の住んでいる地域で契約できる光回線に絞る必要があるといえます。

最後に重要なのが、住居タイプとなります。

住んているご自宅がマンションの場合、光回線の提供エリア内であっても、ご利用になれない場合があります。マンションは、既存設備により契約できる光回線が異なるため、おすすめの光回線を探す前に、対応している光回線に絞る必要があります

以上3点が、おすすめの光回線を見つけるために重要なポイントとなります。

当サイトでは、光回線を「料金」「速度」「住居タイプ」の3つに分けて網羅的に比較したページをご用意しております。おすすめの光回線をお探しの方は、是非一読していただければ幸いです。光回線の総合比較ページは下記のボタンからご確認いただけます。

総合比較ページ
おすすめの光回線を探す