ニューロ電気はお得?大手電力会社と電気代を比較

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ニューロ電気はお得?大手電力会社と電気代を比較

コンシェルジュバナー
NUROでんき VS 従来の電気サービス どっちが安い?徹底比較
NURO でんき 光回線とセット割

年間1,000円~7,000円安い!
電気もNUROにまとめてお得


「NURO光と電気、一緒に契約した方がいいの?」

NURO光(ニューロ光)を検討していると、「何やらNUROでんきという電気サービスも提供しているらしい、しかも割引特典もある」と気づくでしょう。

実は、NURO光も電力自由化に伴い電気サービスに参入した一社です。現在、NURO光では光回線と電気をまとめて契約することで毎月501円の割引が受けられるキャンペーンを実施していて、一見かなり安くなりそうですよね。

しかし、大手電力会社(関東なら東京電力)と比較して本当にお得か、乗り換えるメリットがあるのか、これだけでは分かりませんよね。

そこで、当サイトは大手電力会社とNURO光電気サービス(NUROでんき)を徹底比較!エリア別(関東・関西・東海・九州・北海道)に料金をシミュレーションしていますので、あなたが節約できる電気代が分かります!

NUROでんきに乗り換えると料金が安くなる人は?

【提供エリア】NUROでんきはエリア限定の電気サービス

NUROでんきは、NURO光(光回線)エリアの中でも、一部に限定された電気サービスです。対応エリアはこちら。

NUROでんき対応エリア
【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬

【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

【東海】愛知県、岐阜県、三重県、静岡県

【九州】福岡県、佐賀県

【北海道】北海道

そして、当サイトが調査した結果、NURO光(光回線)と電気をまとめるとお得になる方は、ずばりこんな方です!

\NUROでんきをおすすめする人/

✔ 東京電力・関西電力・中部電力・九州電力・北海道電力をお使いの方

なお、次の条件に当てはまる方は、NUROでんきにお申し込みいただくことができません。予めご了承ください。

NUROでんきをご利用いただけないケース

新築に住む予定の方
NUROでんきは、他の電力会社からの乗り換えのみ対応しています。

NURO光(光回線)は契約しないという方
NUROでんきは、NURO光(光回線)のオプションとしてお申し込みいただける電気サービスです。NUROでんき単体ではお申し込みいただけません。

オール電化をお使いのご家庭
エコキュートなどオール電化のご家庭では、NUROでんきをお使いいただくことができません。

上記の条件にはてはまらなければ、NUROでんきにお申し込み可能です!まずは、NURO光の電気サービスについて、基本情報をみていきましょう。

乗り換えは簡単!NUROでんきのメリットをチェック

「NUROでんき」とは、NURO光のプロバイダであるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(ソネット)が提供する電気サービスです。

「ソネットが電気を供給するの?」と思ってしまいますが、ソネットはあくまで電気サービスを販売しているだけ(代理販売業者の立ち位置です)。

実際に電気を供給するのは、ソネットと提携している各地の電力会社です(小売電気事業者と言います)。エリアごとの電気提供会社はこのようになっています。

電力会社
(小売電気事業者)
関東 シー・ディー・エナジーダイレクト*

中部電力と大阪ガスが出資して設立された新しい電気サービス会社です。 中部電力と大阪ガスの基盤を利用しているため、電気の品質はそのまま。

関西
東海
九州
北海道
大阪ガス

国内4大ガス事業者のひとつ。2016年の電力自由化に伴い、電気サービスの提供を開始しました。品質や信頼性(停電の可能性など)はこれまでの電気とまったく同じです。

(*)静岡県富士川以東のエリアでは、東京電力パワーグリッドが対応。

NUROに電気をまとめると、ずっと501円割引

NURO光(光回線)と電気をまとめる最大のメリットは、毎月501円の割引がずっと続くこと!NURO光(光回線)を契約している限り、永年割引されます。

また、NURO光の電気サービスは、申し込み時・解約時の手数料がかかりません。

・NUROでんき初期手数料無料
・NUROでんき解約料金無料
・他社電力会社から乗り換えることによる解約金は基本的になし

大手電力会社(東京電力・関西電力・中部電力・九州電力・北海道電力)をこれまで契約変更せず利用されている場合、原則違約金は発生しません。

※電力自由化に伴い、大手電力会社が開始した新料金プランの場合は、解約金が発生することもありますので事前にご確認ください。

NUROでんきへの乗り換えは、NUROに申し込むだけで完了

他社電力会社からの乗り換えにあたって、やるべきことはNURO光(光回線)のオプションとしてNUROでんきを申し込むだけ!(NURO光を既に利用されていればNUROでんきを申し込むだけです)

これまで利用していた電力会社への連絡は不要です。また、基本的に工事も必要ありません。

いつ電気の乗り換えが
完了する?

NUROでんきは、NURO光(光回線)の開通後、2~3週間後に利用開始!

なお、ご自宅の電力メーターがアナログ型の場合、スマートメーター(通信機能を有している電力メーターで、電気の自動検針が可能)を事前に設置します。設置費用はかかりません。

手続きの手間がなく、今までよりもお得に電気を使えるなら、NUROでんきに乗り換えたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?

では、電気をNURO光に乗り換えることで、どれだけお得になるのでしょうか?次章では、エリア別に「NUROでんき」「地方電力会社」の料金を比較していきましょう!

NUROでんきは評判通りお得?電気料金を徹底比較

「NURO光に電気をまとめると501円割引」となりますが、これは本当にお得なのでしょうか?今回は、エリアごとの電力会社と電気料金を比較して、どれだけお得になるのかを検証しました!

毎月私たちが支払っている電気料金は、細かく分けると「電気使用料金」と「電気基本料金」から成り立っています。

電気料金=
使用量料金基本料金


電力会社ごとに、「電気使用料金」と「電気基本料金」の料金が違いますので、これらを比較することで、NUROの電気サービスがお得かどうかが分かります。

本記事では、NUROでんきの提供エリアごとに、丁寧に解説していますので、お住まいのエリアの解説をぜひご覧ください。

エリアごとの電気料金比較へ

 関東エリア 関西エリア 
東海エリア 九州エリア 
北海道エリア

それでは、さっそく関東エリアから比較解説してきましょう!

【エリア別比較】電気料金シミュレーション

【東京電力と比較】電気料金シミュレーション

結論から申し上げると、関東エリアでは、東京電力よりNURO光の電気サービスの方がお得ということが分かりました。

「電気基本料金」と「電気使用料金」を比較した結果をご覧ください。

電気使用料金はNUROの電気が安い!

まずは「電気使用料金」から。NUROでんき・東京電力、それぞれの料金を比較していきましょう。

電気使用料金の比較

電気使用量 NURO
でんき
東京
電力
最初の120kWhまで 19.78円 19.88円
120kWhをこえ
400kWhまで
25.79円 26.48円
400kWhをこえる分 30.57円 30.57円

(例)NUROでんきを契約して1か月で150kWhの電気を使った場合、120kWhまでは「19.78円」で、残りの30kWhは「25.79円」で利用できます。

電気使用料金を比較した結果、NUROでんきの方がわずかに安いという結果に。では次に、電気基本料金を比較していきましょう。

電気基本料金もNUROの電気が安い!

基本料金は、使用しているアンペア数で決まっています(アンペア数はご自宅のブレーカーに記載されているものですね)。

ここでは、1人暮らしのマンションでよく利用される「30A」、戸建てでよく利用される「60A」で比較してみましょう。

電気基本料金の比較

電気
基本料金
NUROでんき 東京電力
30A 1,302.98円 858円
60A 2,105.96円 1,716円

電気基本料金を比較すると、NURO電気の方がかなり高い印象です。ただ、NUROでんきでは501円割引がつきますので、501円割引適用後の料金で改めて比較してみると・・・

電気基本料金(501円割引適用後)
の比較

電気
基本料金
NUROでんき
501円割引適用後
東京電力
30A 801.98円 858円
60A 1,604.96円 1,716円

NUROでんきの方が結果的には安くなりました!

アンペア数ごとの
比較はこちら


東京電力と比較した結果、NUROでんきは「電気使用料金・電気基本料金」ともにお得ということが分かりました。

ここまで、ざっと料金を比較してきてきましたが、実際「どれくらいお得に」なるのでしょうか?

一人暮らし・家族4人暮らしの電気使用シミュレーションで、1年間で節約できる電気料金をご覧いただきましょう。

NUROの電気の方が、1,000円~3,000円(年間)お得に!

一人暮らしの電気料金
シミュレーション

住んでいるマンションのアンペア数が「A30」、電気使用量は月間150kWhという、一般的な一人暮らしを想定し、シミュレーションをしてみました。

NUROでんき 東京電力
電気
使用料金
3,147円 3,180円
電気
基本料金
801.98円 858円
料金合計 3,949円 4,038円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきの方が少しだけ安いという結果になりました。あまりインパクトはありませんが、NUROでんき乗り換えで年間1,000円ほどお得にはなるでしょう。


家族4人暮らしの
電気料金シミュレーション

お住まいの建物のアンペア数が「60A」、電気使用量は月間370kWhというご家庭を想定し、シミュレーションをした結果がこちら。

NUROでんき 東京電力
電気
使用料金
8,821.1円 9,005.6円
電気
基本料金
1,604.96円 1,716円
料金合計 10,426円 10,721円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきが300円弱も安いことが分かりました。年間で3,500円もお得になるので、NUROの電気サービスへの乗り換えをおすすめします!


NUROでんきと東京電力を比較すると、NUROでんきの方が安く、年間では1,000円~3,000円ほどお得。着実に節約したい人におすすめの電気サービスです!

さらに、NURO光では現在、新規契約で45,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中!料金・速度の評判をぜひチェックしてみてくださいね!
NURO光の詳細を見る

【関西電力と比較】電気料金シミュレーション

関西電力よりNUROでんきの方がお得!

結論から申し上げると、関西エリアでは、関西電力よりNURO光の電気サービスの方がお得ということが分かりました。

「電気基本料金」と「電気使用料金」を比較した結果をご覧ください。

電気使用料金はNUROの電気が安い!

まずは「電気使用料金」から。NUROでんき・関西電力、それぞれの料金を比較していきましょう。

電気使用料金の比較

電気使用量 NURO
でんき
関西
電力
15kWhをこえ
120Whまで
20.31円 20.31円
120kWhをこえ
300kWhまで
24.75円 25.71円
300kWhをこえ
360kWhまで
24.75円 28.70円
360kWhをこえる分 28.70円 28.70円

(例)NUROでんきを契約して1か月で150kWhの電気を使った場合、120kWhまでは「20.31円」で、残りの30kWhは「24.75円」で利用できます。

電気使用料金を比較した結果、NUROでんきの方がわずかに安いという結果に。では次に、電気基本料金を比較していきましょう。

電気基本料金もNUROの電気が安い!

関西電力・NUROでんき(関西エリア)の場合、電気基本料金は「最低利用料金」という名目で徴収されています。

電気基本料金の比較

NUROでんき 関西電力
最低利用料金 785円 341.01円

電気基本料金を比較すると、NURO電気の方がかなり高い印象です。ただ、NUROでんきでは501円割引がつきますので、501円割引適用後の料金で改めて比較してみましょう。

電気基本料金(501円割引適用後)
の比較

NUROでんき 関西電力
最低利用料金 374円 341.01円

比較した結果、NUROでんきの501円割引を考慮しても、関西電力の方が変わらず安いということに。

では結論どっちがお得かというと、「電気を156kWh以上使われる方は、NUROでんきの方がお得」です(計算は煩雑なので割愛します!)。

検針票で、ご自身の電気使用量を見てみてください。お一人暮らしなら正直NUROでんきでも、関西電力でも料金は変わらないでしょう。

一方、2人以上でお住まいならNUROでんきの方がお得。では、実際どれくらいお得になるのでしょうか?

今回は家族4人暮らしの電気使用シミュレーションで、1年間で節約できる電気料金をご覧いただきましょう。

複数人でお住まいなら、NUROでんきがお得!

家族4人暮らしの電気料金
シミュレーション

お住まいの建物のアンペア数が「60A」、電気使用量は月間370kWhというご家庭を想定し、シミュレーションをした結果がこちら。

NUROでんき 関西電力
電気
使用料金
8,359.55円 9,005.6円
電気
基本料金
374円 341.01円
料金合計 8,733円 9,110円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきが377円も安いことが分かりました。年間で4,500円もお得になるので、NUROの電気サービスへの乗り換えをおすすめします!


NUROでんきと関西電力を比較すると、お2人以上の人数でお住まいであればNUROでんきの方が安く、4人家族では年間4,500円ほどお得。着実に節約したい人におすすめの電気サービスです。

さらに、NURO光では現在、新規契約で45,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中!料金・速度の評判をぜひチェックしてみてくださいね!
NURO光の詳細を見る

【中部電力と比較】電気料金シミュレーション

中部電力よりNUROでんきの方がお得!

結論から申し上げると、東海エリアでは、中部電力よりNURO光の電気サービスの方がお得ということが分かりました。

「電気基本料金」と「電気使用料金」を比較した結果をご覧ください。

電気使用料金はNUROの電気が安い!

まずは「電気使用料金」から。NUROでんき・中部電力、それぞれの料金を比較していきましょう。

電気使用料金の比較

電気使用量 NURO
でんき
中部
電力
最初の120kWhまで 20.78円 21.04円
120kWhをこえ
370kWhまで
24.51円 28.46円
370kWhをこえる分 28.46円 28.46円

(例)NUROでんきを契約して1か月で150kWhの電気を使った場合、120kWhまでは「20.78円」で、残りの30kWhは「24.51円」で利用できます。

電気使用料金を比較した結果、NUROでんきの方がわずかに安いという結果に。では次に、電気基本料金を比較していきましょう。

電気基本料金もNUROの電気が安い!

基本料金は、使用しているアンペア数で決まっています(アンペア数はご自宅のブレーカーに記載されているものですね)。

ここでは、1人暮らしのマンションでよく利用される「30A」、戸建てでよく利用される「60A」で比較してみましょう。

電気基本料金の比較

電気
基本料金
NUROでんき 中部電力
30A 1,342.72円 858円
60A 2,185.44円 1,716円

電気基本料金を比較すると、NURO電気の方がかなり高い印象です。ただ、NUROでんきでは501円割引がつきますので、501円割引適用後の料金で改めて比較してみると・・・

電気基本料金(501円割引適用後)
の比較

電気
基本料金
NUROでんき
501円割引適用後
中部電力
30A 841.72円 858円
60A 1,684.44円 1,716円

NUROでんきの方が結果的には安くなりました!

アンペア数ごとの
比較はこちら


中部電力と比較した結果、NUROでんきは「電気使用料金・電気基本料金」ともにお得ということが分かりました。

ここまで、ざっと料金を比較してきてきましたが、実際「どれくらいお得に」なるのでしょうか?

一人暮らし・家族4人暮らしの電気使用シミュレーションで、1年間で節約できる電気料金をご覧いただきましょう。

NUROの電気の方が、1,000円~6,000円(年間)お得に!

一人暮らしの電気料金
シミュレーション

住んでいるマンションのアンペア数が「A30」、電気使用量は月間150kWhという、一般的な一人暮らしを想定し、シミュレーションをしてみました。

NUROでんき 東京電力
電気
使用料金
3,228円 3,290円
電気
基本料金
841.72円 858円
料金合計 4,070円 4,148円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきの方が少しだけ安いという結果になりました。あまりインパクトはありませんが、NUROでんき乗り換えで年間1,000円弱お得にはなるでしょう。


家族4人暮らしの
電気料金シミュレーション

お住まいの建物のアンペア数が「60A」、電気使用量は月間370kWhというご家庭を想定し、シミュレーションをした結果がこちら。

NUROでんき 中部電力
電気
使用料金
8,621.1円 9,108.8円
電気
基本料金
1,684.44円 1,716円
料金合計 10,305円 10,824円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきが500円以上も安いことが分かりました。年間で6,200円もお得になるので、NUROの電気サービスへの乗り換えをおすすめします!


NUROでんきと中部電力を比較すると、NUROでんきの方が安く、年間では1,000円~6,000円ほどお得。着実に節約したい人におすすめの電気サービスです。

さらに、NURO光では現在、新規契約で45,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中!料金・速度の評判をぜひチェックしてみてくださいね!
NURO光の詳細を見る

【九州電力と比較】電気料金シミュレーション

九州電力よりNUROでんきの方がお得!

結論から申し上げると、九州エリアでは、九州電力よりNURO光の電気サービスの方がお得ということが分かりました。

「電気基本料金」と「電気使用料金」を比較した結果をご覧ください。

電気使用料金はNUROの電気が安い!

まずは「電気使用料金」から。NUROでんき・九州電力、それぞれの料金を比較していきましょう。

電気使用料金の比較

電気使用量 NURO
でんき
九州
電力
最初の120kWhまで 17.39円 17.46円
120kWhをこえ
300kWhまで
22.24円 23.06円
300kWhをこえ
370kWhまで
22.24円 26.06円
370kWhをこえる分 26.06円 26.06円

(例)NUROでんきを契約して1か月で150kWhの電気を使った場合、120kWhまでは「17.39円」で、残りの30kWhは「22.24円」で利用できます。

電気使用料金を比較した結果、NUROでんきの方がわずかに安いという結果に。では次に、電気基本料金を比較していきましょう。

電気基本料金もNUROの電気が安い!

基本料金は、使用しているアンペア数で決まっています(アンペア数はご自宅のブレーカーに記載されているものですね)。

ここでは、1人暮らしのマンションでよく利用される「30A」、戸建てでよく利用される「60A」で比較してみましょう。

電気基本料金の比較

電気
基本料金
NUROでんき 九州電力
30A 1,320.11円 891円
60A 2,140.22円 1,782円

電気基本料金を比較すると、NURO電気の方がかなり高い印象です。ただ、NUROでんきでは501円割引がつきますので、501円割引適用後の料金で改めて比較してみると・・・

電気基本料金(501円割引適用後)
の比較

電気
基本料金
NUROでんき
501円割引適用後
九州電力
30A 819.11円 891円
60A 1,639.22円 1,782円

NUROでんきの方が結果的には安くなりました!

アンペア数ごとの
比較はこちら


九州電力と比較した結果、NUROでんきは「電気使用料金・電気基本料金」ともにお得ということが分かりました。

ここまで、ざっと料金を比較してきてきましたが、実際「どれくらいお得に」なるのでしょうか?

一人暮らし・家族4人暮らしの電気使用シミュレーションで、1年間で節約できる電気料金をご覧いただきましょう。

NUROの電気の方が、1,000円~7,000円(年間)お得に!

一人暮らしの電気料金
シミュレーション

住んでいるマンションのアンペア数が「A30」、電気使用量は月間150kWhという、一般的な一人暮らしを想定し、シミュレーションをしてみました。

NUROでんき 東京電力
電気
使用料金
2,754円 2,787円
電気
基本料金
819.11円 891円
料金合計 3,573円 3,678円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきの方が少しだけ安いという結果になりました。あまりインパクトはありませんが、NUROでんき乗り換えで年間1,200円以上お得にはなるでしょう。


家族4人暮らしの
電気料金シミュレーション

お住まいの建物のアンペア数が「60A」、電気使用量は月間370kWhというご家庭を想定し、シミュレーションをした結果がこちら。

NUROでんき 九州電力
電気
使用料金
7,646.8円 8,070.2円
電気
基本料金
1,639.22円 1,782円
料金合計 9,286円 9,852円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

NUROでんきと九州電力を比較すると、NUROでんきの方が安く、年間では約1,000円~7,000円お得。着実に節約したい人におすすめの電気サービスです!


NUROでんきと九州電力を比較すると、NUROでんきの方が安く、年間では1,000円~6,000円ほどお得。着実に節約したい人におすすめの電気サービスです。

さらに、NURO光では現在、新規契約で45,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中!料金・速度の評判をぜひチェックしてみてくださいね!
NURO光の詳細を見る

【北海道電力と比較】電気料金シミュレーション

北海道電力よりNUROでんきの方がお得!

結論から申し上げると、北海道エリアでは、北海道電力よりNURO光の電気サービスの方がお得ということが分かりました。

「電気基本料金」と「電気使用料金」を比較した結果をご覧ください。

電気使用料金はNUROの電気が安い!

まずは「電気使用料金」から。NUROでんき・北海道電力、それぞれの料金を比較していきましょう。

電気使用料金の比較

電気使用量 NURO
でんき
北海道
電力
最初の120kWhまで 23.25円 23.97円
120kWhをこえ
280kWhまで
29.89円 30.26円
280kWhをこえ
370kWhまで
29.89円 33.98円
370kWhをこえる分 33.98円 33.98円

(例)NUROでんきを契約して1か月で150kWhの電気を使った場合、120kWhまでは23.25円」で、残りの30kWhは「29.89円」で利用できます。

電気使用料金を比較した結果、NUROでんきの方がわずかに安いという結果に。では次に、電気基本料金を比較していきましょう。

電気基本料金はNUROでんきも北海道電力も同じ

基本料金は、使用しているアンペア数で決まっています(アンペア数はご自宅のブレーカーに記載されているものですね)。

ここでは、1人暮らしのマンションでよく利用される「30A」、戸建てでよく利用される「60A」で比較してみましょう。

電気基本料金の比較

電気
基本料金
NUROでんき 北海道電力
30A 1,523円 1,023円
60A 2,546円 2,046円

電気基本料金を比較すると、NURO電気の方がかなり高い印象です。ただ、NUROでんきでは501円割引がつきますので、501円割引適用後の料金で改めて比較してみると・・・

電気基本料金(501円割引適用後)
の比較

電気
基本料金
NUROでんき
501円割引適用後
北海道電力
30A 1,022円 1,023円
60A 2,045円 2,046円

NUROでんき・北海道電力の料金は同額という結果に!

アンペア数ごとの
比較はこちら


北海道電力と比較した結果、NUROでんきは「電気使用料金・電気基本料金」ともにお得ということが分かりました。

ここまで、ざっと料金を比較してきてきましたが、実際「どれくらいお得に」なるのでしょうか?

一人暮らし・家族4人暮らしの電気使用シミュレーションで、1年間で節約できる電気料金をご覧いただきましょう。

NUROの電気の方が、1,000円~6,000円(年間)お得に!

一人暮らしの電気料金
シミュレーション

住んでいるマンションのアンペア数が「A30」、電気使用量は月間150kWhという、一般的な一人暮らしを想定し、シミュレーションをしてみました。

NUROでんき 東京電力
電気
使用料金
3,686.7円 3,784円
電気
基本料金
1,022円 1,023円
料金合計 4,708円 4,807円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきの方が少しだけ安いという結果になりました。あまりインパクトはありませんが、NUROでんき乗り換えで年間1,000円以上お得にはなるでしょう。


家族4人暮らしの
電気料金シミュレーション

お住まいの建物のアンペア数が「60A」、電気使用量は月間370kWhというご家庭を想定し、シミュレーションをした結果がこちら。

NUROでんき 北海道電力
電気
使用料金
10,262.5円 10,776円
電気
基本料金
2,045円 2,046円
料金合計 12,307円 12,822円

ニューロ光の電気サービスの料金についてコメント

電気料金のシミュレーションをした結果、NUROでんきが500円以上も安いことが分かりました。年間で6,000円もお得になるので、NUROの電気サービスへの乗り換えをおすすめします!


NUROでんきと北海道電力を比較すると、NUROでんきの方が安く、年間では約1,000円~6,000円お得。着実に節約したい人におすすめの電気サービスです。

さらに、NURO光では現在、新規契約で45,000円キャッシュバックキャンペーンを実施中!料金・速度の評判をぜひチェックしてみてくださいね!
NURO光の詳細を見る