【ニューロ光10Gサービスをレビュー】速度実測値の評判は?

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

【ニューロ光10Gサービスをレビュー】速度実測値の評判は?

コンシェルジュバナー
【NURO光10Gサービスをレビュー】速度実測値の評判は?
NURO光-10G-世界最速サービスまとめ-エリア-実測値-対応ルーター

実測値は1Gbps以上
2時間の映画ダウンロードも9秒で完了する速度です


高画質・大容量データのコンテンツがますます増えていく中で、

「少しでも速いインターネット回線を引いて、快適なインターネット環境を整えたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

インターネット速度が速いと評判のNURO光は、最大10Gbpsの回線を提供開始。5G(次世代通信規格)の時代に先駆けて、光回線の速度もさらに速いものになっているのです。

ただ、NURO光10Gプランを実際に契約したユーザーがどれくらいの速度でインターネットを使えているのかは、はやり気になりますよね。

そこで、当サイトはNURO光10Gプランの評判を調査しました。「回線速度の実測値はどの程度か」、「NURO光の標準プラン(2G)との違いを実感できるか」についてお伝えいたします。

料金・エリアについてもみていき、10Gプランがおすすめできるのかを解説していますので、ご検討中の方はぜひご覧ください。

NURO光10Gサービスとは?

NURO光(ニューロ光)とは、インターネットサービスプロバイダ大手のSo-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)が提供する光回線サービス。

NURO光は通常プランとして最大速度2Gbpsのサービスを提供していますが、2015年に国内で初めて、個人宅向けに最大速度10Gbpsのプランを提供し始めました。

さらに、2018年には最新通信規格を採用した2プラン「10Gs・6Gs」が追加され、現在NURO光で契約できる高速通信プランは2G・10G・10Gs・6Gsの4種類となっています。

まずは簡単に、NURO光各プランの最大通信速度を比較しましょう。

10G
プラン
10Gs
プラン
6Gs
プラン
2G
プラン
最大速度
(下り)
10G
bps
10G
bps
6G
bps
2G
bps
最大速度
(上り)
2.5G
bps
10G
bps
6G
bps
1G
bps
通信規格 XG-
PON
XGS-
PON
XGS-
PON
G-
PON

このように、各プランの通信速度が違うのは、単純に回線の通信規格が異なっているからです。

最もスペックが高い10Gsプランは、最新の通信規格「XGS-PON」を採用しており、ダウンロードもアップロードも最大10Gbpsで行うことができます。

では次に、提供エリアを確認していきましょう。実は同じNURO光でもプランによって提供エリアが違います。

10Gサービスの提供エリアは限定的

NURO光(通常プラン)自体、提供しているエリアは限られているのですが、10G/10Gs/6Gsのエリアはさらに限定的です。

まずはお住まいのエリアで10G/10Gs/6Gsを導入できるかを確認していきましょう。

NURO光の提供エリア
2G
北海道・・・札幌市、小樽市、石狩市、千歳市、恵庭市、江別市

関東・・・東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県

東海・・・愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

関西・・・大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良

九州・・・福岡県、佐賀県

10G
関東・・・東京、神奈川、静岡
関西・・・大阪、兵庫、奈良

10Gs/6Gs
北海道 関東・・・東京、神奈川、埼玉、千葉
東海・・・愛知、静岡
関西・・・大阪、兵庫、奈良
九州・・・福岡

※上記の都道府県内でも一部エリアでは対応していない場合があります

このように10G/10Gs/6Gsプランは、2Gプランからさらに限られた地域限定のサービスとなります。

さらにマンションについては、建物階数の制限があります。各プランの導入条件は以下の通り。

マンションの導入制限
2G
制限なし

10G/10Gs/6Gs
階数が6階以上のマンションでは導入できません
お住いのマンションがNURO光の各プランに対応しているかは、NURO光公式ホームページから確認できます。

10Gプランの提供エリアを検索する
https://nuro.jp/hikari/service/10g/new/#area

10GS/6Gプランの提供エリアを検索する
https://nuro.jp/hikari/service/10g/new/?service_class=10gs#area

2Gプランの提供エリアを検索する
https://nuro.jp/hikari/service/new/#area

今後、10G/10Gs/6Gsプランの提供エリアが広がる可能性はありますが、現時点で提供していない地域にお住いであれば、NURO光通常プラン(2G)のご検討をおすすめします。

ここまで、10G/10Gs/6Gsプランの基本情報を比較しながらみてきました。理論値では従来よりもかなり速い速度でインターネットが使えるプランとなっていますが、実際どれくらいのスピードが出るのかが、一番気になるところではないでしょうか。

そこで、次に10Gサービスの速度実測値をユーザーの評判もふまえて解説しましょう。

速度の評判は?10Gサービスの実力に迫る

NURO光の通常プランと比較し、5倍もの速度が実現するという10Gサービス。「実測の速度も5倍ほど速くなるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。

そこでまず、実際にNURO光10Gサービスを利用しているユーザーの評判をお伝えします。

契約ユーザーの評判をチェック

TwitterでNURO光10Gプランの評判を確認すると、1Gbpsを超えてインターネットを使えているとの口コミが複数見られました。

中にはなんと6Gbps(6,000Mbps)もの速度が出ているとの口コミも。



一方で、700~900Mbpsほどの速度に留まっているという口コミもあります。一般的には十分に速い速度ですが、NURO光の通常プランとあまり変わらない速度。10Gbpsには程遠いですよね。



同じ10Gプランなのに、なぜここまで速度の差が出るのでしょうか?実は、10Gの回線を活かすには、周辺機器のスペックも重要なのです。

10Gの光回線を最大限活用するには?

前提として、NURO光の最大速度というのは、光ファイバーケーブルからご自宅のONU(ルーターのようなもの)までの速度を指します。

つまり、NURO光の10G回線を導入しただけで10Gbpsが実現するわけではなく、その先の機器(無線ルーター等)がどれくらいの速度に対応しているかで速度が決まってくるのです

NURO光公式サイトでも、回線速度について下記のような注意書きをしています。

(NURO光公式サイトから引用)

※「10Gbps」という通信速度は、ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度です。る

※端末機器1台における技術規格上利用可能な下りの最大通信速度は、有線接続(10GBASE-T利用)時で概ね10Gbps、無線接続時で概ね1.3Gbpsです。

※速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により、低下する場合があります。


では具体的に、NURO光10Gの性能を発揮するために必要な周辺機器のスペックはどんなものなのでしょうか?まずは簡単にまとめたこちらをご覧ください。

10G回線を最大限活用するための周辺機器スペック

無線ルーター(無線接続)
通信規格「IEEE 802.11a」対応の無線ルーターなら、1Gbps超の速度で通信可能


LANケーブル(有線接続)
ケーブルが「CATA/CAT6e」以上のスペックであれば、10Gbpsに近い速度で通信可能


デバイス(PC/スマホ)
PCやスマホも10G対応している必要がある


では詳しく見ていきましょう。

無線ルーターのスペック

WiFiを飛ばしてインターネットを使おうとお考えであれば、無線ルーターを用意する必要があります。

無線ルーターは通信規格によって、対応できる最大速度が決まっており、具体的には下記の表をご覧ください。

WiFiルーターの通信規格と速度の関係図

NURO光の10Gbpsプランを活かすなら、通信規格「IEEE 802.11ac/ax」に対応した無線ルーターをご用意いただくことをおすすめします。

なお、NURO光ではどのプランでも無線ルーターを無料で貸し出しており、「IEEE 802.11ac/ax」に対応した最新機種もあります。ただ無線ルーターの種類は選べず、旧型のルーターが届く場合もありますのでご了承ください。

LANケーブルのスペック

LANケーブルには、CATという名のカテゴリがあり、CATごとに最大通信速度が決まっています。10Gbpsに対応しているケーブルは「CAT6A/CAT6e」以上となります。LANケーブル自体は1,000円程で購入可能です。

LANケーブルカテゴリ 最大通信速度
CAT8 40Gbps
CAT7
CAT7A
10Gbps
CAT6A
CAT6e
10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

なお、「CAT6」と「CAT6A・6e」は似ていますが、「CAT6」は10Gbpsに対応していませんので間違えないようご注意ください。

デバイス(PC・スマホ)のスペック

光回線の10Gbpsサービスは比較的最近始まったばかりで、ほとんどのPC・スマホは10Gbpsに対応していません。

PCの通信速度は「LANカード」と呼ばれるものの規格によって決まりますが、一般的なPCのLANカード(1000base-T)は最大1Gbpsまでの対応となっています。

そのままではNURO光10Gサービスの速度を体感できませんね。


ご使用のPCを10G対応にするには、10Gbpsに対応したLANカード(およそ1~4万円)を購入し、取り付ける必要があります。

このように改造したPCを、10Gbps対応のLANケーブルで接続すると、10Gbpsに近い速度でインターネットを使えるようになります。

なお、スマホの場合は10Gbpsもの速度での通信を想定していません。iPhone11でもWiFiの最大受信速度は1.2Gbpsとされていますので、NURO光10Gサービスはオーバースペックとなってしまいます。


このように、無線ルーターやこれを受信するデバイスのスペック以上には、通信速度をあげることができません。10Gbps対応の周辺機器を揃えれば通信速度をあげることができますが、費用対効果の面であまりおすすめとはいえないでしょう。

実際にNURO光10Gプランを検討していたけれど、費用の面から考え直し、2Gプランを契約したという方もいらっしゃいます。

NURO光10Gサービスの回線速度を活かすには、接続機器(無線ルーター・LANケーブル・デバイス)のスペックを上げる必要があり、最低1万円以上の費用がかかる。


2ギガプランでも十分な速度が出る

動画やオンラインゲームなど、日常的なインターネットの使い方であれば、NURO光の通常プラン(2Gbps)で全く問題ありません。

こちらはNURO光の通常プラン(2Gbps)を契約した方のツイート。


また、ユーザーが速度レポートを投稿するサイト「みんなのネット回線速度」を参照すると、NURO光通常プランの平均実測値は460Mbps以上(2021年2月現在)。

口コミを確認すると、遅くとも100Mbpsほどの速度が出ているようです。

参考「みんなのネット回線速度」
https://minsoku.net/speeds/optical/rankings

そもそも日常で必要な通信速度については、例えば動画視聴であれば15~100Mbpsで問題なく楽しむことができます。下記表は、動画配信サービスで推奨されている通信速度です。

サービス 画質 推奨速度
Youtube 4K 25-40Mbps
8K 80-100Mbps
Amazonプライムビデオ UHD
(超高画質)
15Mbps
Netflix UHD
(4K画質)
25Mbps

動画サービスをストリーミングする際、高画質8Kのコンテンツでも100Mbps程あれば十分でしょう。

将来的に5G向けのリッチコンテンツが増えれば、10Gプランがおすすめできるようになる可能性はありますが、現在NURO光を契約するなら、費用対効果の良い2Gプランがおすすめです。

続いては、料金面を確認していきましょう。

NURO光の高速プランを料金で比較

高速プランの月額料金・工事費は高い傾向

NURO光が提供している各プランは、それぞれ料金に違いがあります。まずは、初期費用と月額料金を比較してみていきましょう。

初期費用と月額料金の比較

10G
プラン
10Gs
プラン
6Gs
プラン
2G
プラン
工事費 44,000円 66,000円 66,000円 44,000円
月額
料金
7,128円 6,317円 5,767円 5,217円

NURO光通常プラン(2G)と比較すると、10Gプランは月額1,911円、10Gsプランは月額1,100円もの差があります。

さらに、前述のように高額な接続機器を揃えない限り10Gという速度を最大限活用することができません。体感できる速度がほとんど変わらないとすれば、この料金の差は大きいのではないでしょうか。

ただ、これだけでは料金の全体像が分からないので、続いてNURO光各プランの割引などもみていきます。

工事費実質無料も、期間に注意

現在NURO光は、どのプランでも工事費無料キャンペーンを実施しています。

通常、工事費は数年にわたって分割して支払う(NURO光の分割期間による)ようになっておりますが、このキャンペーン適用により毎月の支払いが無料になるという内容です。

本来かかる工事費について

2G/10G 10Gs/6Gs
工事費 44,000円 66,000円
工事費
分割期間
30ヶ月 60ヶ月
プラン
契約期間
24ヶ月 36ヶ月

ここで、一点ご注意いただきたいことがあります。それは、上記表の「プラン契約期間」満了時点で解約した場合は、工事費は完全無料にはならないということ。

例えば、10Gsプランの契約期間36か月、工事費分割は60か月となっており、プラン満了時にはまだ工事費が24か月分残ってしまっている状態。

この時点で解約するなら工事費残額は支払わなければなりません。

例:10Gsプランを36ヶ月で解約した場合
24ヶ月分の残債35,208円(1,334円×24ヶ月)をお支払い

長期間NURO光を契約する予定であれば問題ありませんが、特にマンションにお住いであればどれくらいそのマンションに住む予定なのかも含め、改めてご検討いただければと思います。

割引・キャッシュバックは通常プラン(2G)が一番高額

NURO光では、工事費無料のほかにも、各プランでは割引・キャッシュバックキャンペーンを実施しています。こちらも簡単に比較していきましょう。

同時に、キャンペーンを考慮した実質料金も記載しています。こちらをご覧いただくと結果的に負担する料金が分かります。

インターネット実質料金の計算式

実質料金 ={( 月額料金 × 契約期間 )+ 初期手数料 + 工事費 – キャッシュバック } ÷ 契約月数

割引/キャッシュバックの比較

プラン キャンペーン内容 実質月額
料金
10G ・初月無料
・11か月間、月額料金2,750円割引
6,051円
10Gs ・初期手数料無料
・初月無料
・2か月間、月額料金500円(ワンコイン)
6,051円
6Gs ・初期手数料無料
・初月無料
・2か月間、月額料金500円(ワンコイン)
6,051円
2G ・4.5万円キャッシュバック 3,846円

いかがでしょうか?10G/10Gs/6Gsといった高速プランは、通常プラン(2G)と比較し、毎月実質2,000円超の負担になってしまうということがお分かりいただけると思います。

以上より、以上より、料金面で最もお得なのはやはり通常プラン(2G)。一般的なインターネットの使い方をする方には、料金が安く最大2Gbpsの速度が出るNURO光通常プランが、最もコストパフォーマンスが高くおすすめです。

NURO光2Gプランがおすすめ

ここまで、NURO光の高速プラン(10G/10Gs/6Gs)と通常プラン(2G)を比較して解説してきました。

高速プランは、接続機器(無線ルーターやPCなど)を全て10Gbps対応機器に揃えれば、非常に快適にインターネットが使える素晴らしいプランです。

高速プラン対応エリアにお住いの方には、魅力的に見えるでしょう。

しかし10G対応機器は揃えるのに費用がかかること、対応エリアが少ないこと、そして10Gbpsを活用できる機会がそこまで多くないことから、2021年4月現在は10Gサービスをおすすめしておりません

5Gの時代が来て、高画質動画などデータ容量が大きなコンテンツが増えるまでは、NURO光2Gプランをおすすめでしょう。

NURO光2Gプランは、安い月額料金・高額なキャッシュバックキャンペーンが魅力のプラン。最大2Gbpsの高速インターネットで、十分快適なインターネット環境が実現します

NURO光の導入をお考えの方は、ぜひ2Gプランをチェックしてみてくださいね。
NURO光2G
の詳細はこちら


【番外編】2020年登場の20Gsのサービスとは

世界最速といわれるNURO光は、2020年5月、さらに速い「20Gsプラン」をサービスとして開始しました。

さっそくNURO光20Gsプランがどんなサービスなのか確認していきましょう。

10Gsよりも速い!20Gsのサービス内容

はじめに、現在NURO光が提供している主要プランと2020年に開始された20Gsを比較していきます。

サービス 最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
20Gs 20Gbps 20Gbps
10Gs 10Gbps 10Gbps
2Gs 2Gbps 1Gbps

下記は、NURO光公式サイトのサービス紹介図です。

nuro光詳細

このように、NURO光通信局からご自宅の通信機器(ONU)間の通信速度が、10Gsの2倍のも速さでご利用可能になります。

こちらの速度は、インターネットを有線接続した時のものになりますが、無線LANでの接続でも概ね4.8Gbpsの速度で通信が可能とのこと。無線での通信でも、10Gプランの通信速度と比較し約5倍速くなります。

しかし、現在の家庭用PCやスマホには、残念ながら最大速度20Gbpsの通信速度を活かせる性能がありません。

そのため、現状で20Gsプランを契約する必要性はあまりないでしょう。

次に20Gsプランのサービス提供エリアを紹介します。

提供エリアは限定的

2021年4月現在、20Gsプランの提供エリアは以下の通りです。

20Gs 提供エリア
    東京都豊島区、港区
    (一部地域を除く)

    ※マンションは5階建てまでの建物が対象

このように、20Gsプランはまだまだ限られた一部のエリアしか提供開始されないようです。 基本的には、提供エリアが広いNURO光通常プラン(2G)や、高速プラン(10G/10Gs/6Gs)を検討するのが現実的でしょう。

最後に、気になる料金面(月額料金・工事費用)を確認していきましょう。

月額料金と初期費用

NURO光20Gsの月額料金・工事費などを、NURO光の主要プランと比較したのがこちら。

20Gs 10Gs 2G
月額料金 8,517円 6,317円 5,217円
事務
手数料
3,300円
工事費用 66,000円
分割
1,100円×60ヶ月
44,000円
分割
1,466円
×30ヶ月
工事費
相当割引
1,100円
×60ヶ月
1,466円
×30ヶ月
契約期間 なし 3年 2年

このように比較すると、NURO光の主流である2Gプランと比べ、20Gsプランは毎月3,000円も高くなり、年間では約40,000円も高額に。

また、分割で支払う工事費は、無料キャンペーンによって月々の支払いから差し引かれますが、5年以内に解約すると、工事費残額が請求されるので注意が必要です。

他のプランと比較し、契約期間の縛りがない(解約金が発生しない)点はメリットですが、上記工事費のように実際は制約がありますので、安易な気持ちで導入するのはおすすめ出来ません。

以上のように、現状では、20Gsプランをおすすめできるポイントが少ないため、こちらのプランを導入するメリットは多くないでしょう

もし今すぐ高速インターネットが必要な方は、十分な速度が出ると評判で、お得なキャンペーンがあるNURO光2Gプランをおすすめします。

NURO光2Gプランであれば、以下の幅広いエリアでご利用可能になります。

NURO光通常プラン(2G) 提供エリア
  • 北海道エリア
  • 札幌市、千歳市、小樽市、石狩市、
    江別市、恵庭市

  • 関東エリア
  • 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、
    茨城県、栃木県、群馬県

  • 関西エリア
  • 大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、
    滋賀県

  • 東海エリア
  • 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

  • 九州エリア
  • 福岡県、佐賀県

    ※一部エリアを除く

NURO光2Gプランは、対応エリアが広いだけでなく、高額キャッシュバックキャンペーンや、高速通信でも評判のプラン。ご興味がある方はぜひこちらからチェックしてみてくださいね。

NURO光2G
の詳細はこちら