インターネットの法人契約と個人契約

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

インターネットの法人契約と個人契約

コンシェルジュバナー
プロバイダの法人契約と個人契約の違い
法人向けプロバイダとは?

新しい事務所や店舗に法人用ネット回線を引きたい!
法人用ネット回線プロバイダでお得に使えるのはないの?


どのオフィスや店舗にも不可欠になったネット回線やプロバイダ契約。

法人契約って個人と違いがあるのかといったお悩みやそもそも設立が初めての代表の方でお困りの方もいるでしょう。実は個人契約で良い場合もあります。

この記事では、法人向けネット回線やプロバイダにお悩みの代表者様やご担当者様へ、個人用ネット回線やプロバイダ契約との違いをご紹介。

あなたの法人による事業活動のネット回線、プロバイダ環境の整備を手助けできたら幸いです。

ネット回線やプロバイダの法人契約について

法人契約と個人契約について


まず、法人向けのサービスは充実していますが、法人のネット回線、プロバイダ契約も代表者名で個人契約し、領収書のみ法人で作成していただくことが可能なので、ネット回線という視点についてはあまり変わりません。

法人向けネット回線やプロバイダサービスを利用するのもよいですが、中小企業向けのオフィスや大企業でも、事業所くらいでは個人契約でも十分対応可能です。

しかし、営利目的のサイトを運営する場合、法人契約意外は認めてもらえないプロバイダもあるため、注意が必要です。

ご自身が法人向けか個人向けかどちらで契約した方が良いかがわかるように、次からは法人と個人でのネット回線、プロバイダサービスの違いをご紹介します。

法人契約と個人契約との違い

法人契約と個人契約との違いは通信制限固定IPアドレスの2つです。

それぞれ詳しく説明していきます。

通信制限

個人向けネット回線の場合、契約しているプロバイダによっては、1ヶ月あたりの通信データ量が一定量を超えると通信速度が制限されてしまうプランが多くあります。

理由としては、個人向けサービスは、大幅に通信量の多いユーザーの利用を制限して、なるべく契約者が平等に通信できるようにするためです。

大きい企業ほど、管理するデータや毎日の通信量は膨大です。プロバイダには通信データ量に制限があるため、データ量を超えると通信速度が下がり仕事になりません。

そのため、法人向けの契約の場合、通信制限が無いプランが多い分料金は個人向けよりも比較的高いのが一般的です。

次に、法人では意外と重要になる固定IPアドレスについてを見ていきましょう。

固定IPアドレス

IPアドレスというのは、IPアドレスというのはネット上の住所のようなものだと思えばよいでしょう。

個人の場合のIPアドレスは、接続されるたびに変化します。固定IPアドレスというのは、何回接続し直しても一つの同じIPアドレスで固定するものです。

個人契約でも、auひかりは固定IPなのでおすすめです。プロバイダも込みの一括契約になりますし、費用もフレッツ光より安くお得。ただ、固定IPが複数必要な場合のプロバイダはSo-netで、フレッツ光対応ならSo-net光コラボがおすすめです。

法人サービスの付帯プランで大きなメリットとしてあげられるのが固定IPアドレスの付与です。

法人の場合、固定IPアドレスが必要な場面が業務によって生じる場合があります。 例えば、外部から社内のサーバーにアクセスする際などです。社内サーバーがネット接続のたびにIPアドレスが変わっては、外部からどのIPアドレスにアクセスすればいいのかわかりません。

また、こうすることでセキュリティも向上し安全な運営ができます。

ネット回線とプロバイダはまず対応エリアから確認

ここまでインターネット回線、プロバイダの個人と法人の違いについてみてきました。

ネット回線やプロバイダを選ぶ際に、まずはあなたのオフィスのエリアがどの回線に対応しているかを調べる必要があります。そこで、光回線おすすめランキング特設ページを用意しました。

また、法人でポケットWiFiをご契約を検討中の方もいらっしゃるでしょう。そんな方にはポケットWiFiで最もおすすめなWiMAXの最安プロバイダ比較の詳細ページをご用意いたしましたので、必要に合わせてご覧くださいませ。