固定とモバイルのネット回線を網羅的に解説

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

固定とモバイルのネット回線を網羅的に解説

コンシェルジュバナー
インターネット回線の種類を洗いざらいご紹介!
インターネット回線の種類について解説

「インターネット回線は種類が多く、違いが分からない」
「正直、比較が大変でおすすめが分からない」

そんな方へ向けて、この記事ではインターネット回線の基礎や種類について分かりやすくお伝えします。実はしっかりと整理できると、ご自身に合ったインターネット回線は簡単に見つかるのです!

インターネット回線の種類を知らずに選んでしまい、「速度が遅い」「料金が高い」といった後悔をされないよう、当サイトがサポートいたします。

それでは早速、インターネット回線の種類を解説していきます!

この記事を書いたのは…

運営者Kazushi Shinohara

Kazushi Shinohara

当サイトを運営して3年半になる担当者。固定回線~WiMAXの比較を来る日も来る日も続けた結果、今では街にある何もかもがインターネット回線に関連するものに見えてくるほどのめり込んでいる。あらゆるインターネット種類の料金比較、及び総合力を判断した上でのインターネット回線比較に定評あり。

インターネット回線2種類を比較!

インターネット回線は、大きく分けて有線接続(固定回線)と無線接続(モバイルWiFi)の2種類があります。それぞれこんな方におすすめのインターネット回線です。

インターネット回線種類
  • 固定回線
  • ご自宅でインターネットを使われる方や、インターネットの通信速度にこだわる人向けのインターネット回線


  • モバイルWiFi
  • 外出先でもインターネットを沢山使いたい人向けのインターネット回線


それではまず、固定回線の種類を詳しく見ていきましょう!

固定回線は「光回線」が主流!

固定回線と一口に言っても、「光回線」だけでなく「ケーブルテレビ回線」や「ADSL(電話線)」といった種類があります。

ただ、2021年現在、最も主流な固定回線は「光回線」。その理由は通信速度の違いにあります。

各インターネット回線の最大速度は、下記表の通り。

インターネット回線種類と速度比較
光回線 最大1~2Gbps(=1,000~2,000Mbps)
5Gbpsや10Gbpsのサービスも開始。
ケーブルテレビ回線 約300Mbps
ADSL(電話線) 下り(ダウンロード)50Mbps /
上り(アップロード)5Mbps

光回線の通信速度は、ケーブルテレビの3倍、ADSLの20倍以上となっており、速度には雲泥の差があることが分かるでしょう。

インターネットの固定回線3種類の中なら、速度が速い光回線がおすすめです。次に、そんな光回線のメリット・デメリットをまとめてご紹介します。

光回線のメリット① インターネットの回線速度が速い

光回線は、光ファイバーケーブルという回線を電柱からご自宅まで引いて、有線でインターネットを使えるようにしているサービス。

データ(電気信号)電気信号が光信号に変わって、光ファイバー回線内を移動することで、インターネットが使えるという仕組みです。

光回線の最大のメリットは、インターネットの回線速度が速く安定しているということ。上記でご紹介の通り、一般的な光回線は最大1Gbpsでインターネットを使うことができ、NURO光については最新の通信方式を採用しているため最大2Gbpsで通信できます。

なお、NURO光やauひかりなど、一部光回線では、5Gbpsや10Gbpsといった超高速インターネットサービスも始まっており、技術的に言って光回線が最も速いインターネット回線といえます。

光回線のメリット② インターネット回線以外の生活インフラも提供

光ファイバーケーブルは、インターネット回線だけでなく、電話線やアンテナテレビの代替も可能。そのため、光回線業者は、インターネット回線の他に、光電話・光テレビといった種類のサービスを提供しています。

特に、光電話は従来の電話線よりも月額料金が安く、インターネット回線を光回線にしたタイミングで、電話線から光電話に切り替える方も多いのです。

さらに、地方電力会社が提供している光回線サービスでは、一緒に電気・ガスもまとめて契約でき、月額料金が安くなるキャンペーンを実施ていたりもします。

このように、光回線は様々な種類の生活インフラを提供する、便利なサービスなのです!

光回線のデメリット① 工事が必要で利用までに時間がかかる

一方で、光回線のデメリットは、工事が必要ということ。光インターネット回線を電柱から宅内に引く作業がどうしても必要になり、開通できるまで約1カ月以上待つ場合がほとんど。

一方モバイルWiFiは工事不要ですぐに使い始められます。工事については光回線のデメリットと言えるでしょう。

光回線のデメリット② WiFiを使うのに無線ルーターが必要

光インターネット回線を引き込む工事が完了した段階では、インターネットを使う土台は整いますが、インターネットを使える状態ではありません。

有線接続でインターネットを使う場合は、LANケーブルを用意し、直接パソコンとモデム(ホームゲートウェイやONUとも呼ばれる機器)を接続します。

無線接続(WiFi)でインターネットを使う場合は、無線ルーターを用意します。無線ルーターは光回線業者でレンタルしたり、市販のルーターを購入しましょう。

なお、光回線によっては、貸出機器(ホームゲートウェイなど)に既に無線機能が付与されていることもあり、その場合は無線ルーターを用意する必要はありません。

コラム:ADSL、ケーブルテレビ回線ってどんなインターネット回線?

ADSL、ケーブルテレビ回線についても簡単に触れておきましょう。

・ADSL(電話線)
ADSLとは既存の電話線を使ってインターネットに接続する方法。一昔前まで家庭用のインターネット回線によく使われていました。

現在は、速度が速い光回線が台頭してきたこともあり、新規契約打ち切りのインターネットサービスです。

・ケーブルテレビ回線
実は固定回線の3種類の中では、ケーブルテレビ回線が最も古く、1996年10月から開始されました。現在ケーブルテレビ回線を使ってインターネットを提供している大手企業はJCOMです。

JCOMのインターネット回線速度は320Mbps程で光回線には及びません。一方、テレビサービスは充実しており、地デジ・BS/CSに加え99チャンネルが楽しめるパックがあります。


ここまで、固定回線の種類を解説し、光回線がおすすめとお伝えしてきました。さらに具体的に光回線の種類を知りたいという方は、続けてご覧ください!

光回線の種類と特徴比較

国内で有名かつ利用者が多い光回線と言えば、フレッツ光ですよね。その他、国内には20種類以上も光回線が存在しますが、それぞれが独立しているわけではありません。

フレッツ光と同じ光ファイバーケーブルを使って光回線を提供している(=フレッツ光とコラボしている)業者も沢山あり、そのサービス形態は「光コラボ」と呼ばれています。

フレッツ光プロバイダの料金比較結果についてコメント

フレッツ光は、国内各地に光回線を普及させインターネット利用環境を整えるために、2015年からNTT回線を貸し出しているんだ。


光回線(インターネット回線)の種類を図解

速度が速いインターネット回線の種類は?

光回線の種類の中でもauひかり・NURO光・地方光回線は、独自回線で光インターネットを提供しています。

独自回線は、フレッツ光系(光コラボ)と違い、その光回線を契約したユーザーだけが利用するので、インターネット回線は混雑しにくい状況。つまり、独自回線はインターネットの回線速度が速く安定しやすい傾向があります。

料金が安いインターネット回線の種類は?

誰にとっても安い光回線の種類はなく、一概にこの種類の光回線が安い!とは言えません。

なぜなら、光回線の種類ごとに実施しているキャンペーン・適用条件が違うから。例えば、スマホがドコモであれば、ドコモ光をセットで契約すると毎月最大1,100円割引されるというキャンペーンがあります。

以下に、主要インターネット回線の特徴をまとめましたので、気になるものをチェックしてみてくださいね!

主要な光回線の種類

サービス名をクリックすると詳細ページに移動します

大分類 光回線の種類 特徴 エリア
フレッツ光系
(NTT回線)
フレッツ光

・国内で最もメジャーな光回線。

全国
ドコモ光

ドコモのスマホとセット契約すると、スマホ代が毎月割引。

ソフトバンク光

ソフトバンク・Y!mobileのスマホとセット契約すると、スマホ代が毎月割引。
・マンションで光回線を検討している方にも安くておすすめの光回線。

ソネット光プラス

auスマホとのセット契約で毎月のスマホ代が割引される光コラボサービス。

OCN光

・国内最大手プロバイダOCNが提供している光コラボサービスのため安心感あり。

ビッグローブ光

auスマホとのセット契約で毎月のスマホ代が割引される光コラボサービス。

独自回線 auひかり

auスマホとのセット割引あり。
マンションで光回線を検討している方にとっては最安の光回線。
・インターネット実測速度が速いと評判。

北海道、
東北、
関東、
信越、
中部、
北陸、
中国、
四国、
九州の一部エリア
NURO光

ソフトバンク・Y!mobileスマホとのセット割引あり。
・戸建てで光回線を検討している方にも安くておすすめの光回線。
・インターネット回線の速度最大2Gbps、実測速度も最速と評判。

北海道、
関東、
関西、
東海、
九州の一部エリア
地方電力会社運営 eo光

auスマホとのセット割引あり。
・インターネット実測速度が速いと評判。

関西
コミュファ光

auスマホとのセット割引あり。
・インターネット実測速度が速いと評判。

東海
メガ・エッグ光

auスマホとのセット割引あり。
・インターネット実測速度が速いと評判。

中国
ピカラ光

auスマホとのセット割引あり。
戸建てで光回線を検討している方にとって最安の光回線。
・インターネット実測速度が速いと評判。

四国
BBIQ光

auスマホとのセット割引あり。
・インターネット実測速度が速いと評判。

九州


料金・速度から一番おすすめのインターネット回線の種類を知りたいあなたへ!当サイトでは1分で簡単におすすめインターネット回線が分かる診断もご用意していますので、こちらからチェックしてみてくださいね!
おすすめインターネット回線が分かる
「1分診断」へ!

2つのモバイルWiFiを徹底比較

モバイルWiFiのサービスについて

固定インターネット回線と比較すると、料金が安く、工事も不要なモバイルWiFi。まず最初に、モバイルWiFiの種類を見ていきましょう!

実はモバイルWiFiは、ポケットWiFiとWiMAXの2種類しかありません。

ポケットWiFiとは、LTEと呼ばれる電波を使って接続しているインターネット回線。スマホと同じ仕組みを使っている種類のインターネット回線です。

WiMAXとは、LTEとは違う独自の電波を使用しているインターネット回線の種類です。

両者を下記表で比較してみましょう。

モバイルインターネット回線の種類

サービス ポケットWiFi(LTE) WiMAX
エリア 全国 全国
最高速度 1,288Mbps 1,237Mbps
速度制限の
種類
月間使用量制限
(主要なポケットWiFiでは月間30~100GB)
実質無制限
(3日10GB)
実質月額料金 4,400円~8,100円程 3,500円程

ポケットWiFiの通信速度はキャリアの種類によって異なりますが、最高通信速度はドコモWiFiの1,288Mbps。WiMAX最高通信速度は1,237Mbpsです。このように最大通信速度については、ポケットWiFi・WiMAXに大きな違いはありません。

大きな差が出るのが実質月額料金。WiMAXでは3,500円程で利用できるのに対し、ポケットWiFiは月額8,100円程の料金負担になるものも。

ポケットWiFiの中にも比較的安い機種もあるのですが、月間使用量が30GBに制限されていたり、通信速度150Mbpsが上限であったりと、速度面で劣っている場合がほとんど。

先ほどご紹介したドコモWiFiについては速度は速いものの、実質月額料金は7,800円程とかなり、料金面であまりおすすめできません。

その点、WiMAXは料金が安く、速度もポケットWiFiに劣らず速いので、どちらも妥協したくない方におすすめのポケットWiFiです!

WiMAXの速度制限「3日で10GB」についてはもう少し説明させていただきます。WiMAXは3日間で10GB以上使うと、通信制限がかかります。しかし、制限時間は夜間8時間(18時-翌早朝2時)のみ。

その上、通信制限中も通信速度1Mbpsでインターネットを使うことが可能。1Mbpsあればネット検索やSNSを快適に行うことができます。このように、WiMAXの速度制限は緩く、実質無制限でインターネットを利用できると言えるでしょう。

では、モバイルWiFiではWiMAXがおすすめの理由を、改めて確認しましょう。

モバイルWiFi種類比較:WiMAXがおすすめの理由

  • 料金と速度の総合バランスがよい
    WiMAXの実質月額料金は3,500円程。そして、最大速度1,237Mbpのインターネット回線を実質無制限で利用できます。

    一方ポケットWiFiには様々な種類がありますが、料金が安いポケットWiFiはインターネット回線速度が遅い、月間容量に制限があるといった場合がほとんど。

    逆に速度が速いポケットWiFiは、料金が高く設定されています。

    そのため、料金も速度も妥協したくない方には、総合バランスのよいWiMAXが一番おすすめです!

なお、モバイルインターネット回線は、光回線と比べると速度安定感が劣るものの、日常的に使う際に支障は全くありません。

インターネット回線おすすめはどっち??

おすすめのネット回線を紹介

ここまでインターネット回線の種類について網羅的にご紹介してきました。最後に、光回線とWiMAXでは、どちらがおすすめなのか改めて確認しましょう!

光インターネット回線がおすすめの方

  • 複数人での利用をお考えの方(家族など)
  • インターネット回線の利用量が多い方
    具体的には動画を1日2~3時間以上見たり、オンラインゲームをしたりする人
  • 安定かつ速い速度を求める方
    具体的にはオンラインゲームや株取引などの種類で利用される場合

WiMAXがおすすめの方

  • 1人暮らしの方
  • インターネット回線の利用が少ない方
    具体的には1日2~3時間以内の動画閲覧やサイト閲覧をする人
  • ある程度速度が保証されていればいいという方
    具体的には動画やアプリの利用、サイトの閲覧がメインの場合
  • 外出先での利用が多い方

以上、インターネット回線の種類について詳しくご紹介させていただきました。

それぞれの回線でおすすめのサービスを知りたい方は、下記ページへ!当サイトによる徹底調査の結果、おすすめできる回線・プロバイダをご紹介しています。ご興味がありましたらぜひご覧ください。