業界トップクラスのキャッシュバックのプロバイダ

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

業界トップクラスのキャッシュバックのプロバイダ

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
DTIWiMAXはおすすめではない!料金やキャンペーンを徹底解説!
DTIWiMAXtitle

おすすめではない!?
DTI WiMAXを徹底解説


WiMAXや光回線など、プロバイダ事業者の大手「DTI」。

当ページをご覧の方は、DTIが提供する「DTI WiMAX」がおすすめなのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、残念ながら他のWiMAXプロバイダと比較しておすすめとは言えません

それでは、なぜDTI WiMAXはおすすめできないのでしょうか。

このページでは、DTI WiMAXの料金やキャンペーンなどの基本情報から、なぜおすすめできないのかという理由まで詳しく解説します。

また、最後におすすめのWiMAXプロバイダを見つける方法もご紹介しているので是非ご覧ください!

それでは早速、確認していきましょう!

DTI WiMAXとは?基本情報からキャンペーンまで詳しく解説

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が提供している「DTI WiMAX」。

以前までは高額キャッシュバックキャンペーンがあり、大手WiMAXプロバイダと肩を並べる程の人気を誇っていました。

しかし、2020年7月現在、DTI WiMAXでは以前のような高額キャッシュバックは行われておりません

それでは、現在DTI WiMAXではどのような料金プラン・キャンペーンとなっているのでしょうか。

そんな料金プランやキャンペーンについて知るため、まずはDTI WiMAXの基本情報について解説していきます。早速、見ていきましょう!

DTI WiMAXの基本情報

現在、DTI WiMAXで契約できるプランは「ギガ放題プラン(無制限)」と「モバイルプラン(7GB)」の2つとなります。

それぞれの詳細は以下の通りです。

ギガ放題プラン モバイルプラン
月額
料金
1~2ヶ月目 0円 3,500円
3ヶ月目 2,590円
4ヶ月目~ 3,760円
キャンペーン 月額割引
契約事務
手数料
3,000円 5,500円
支払総額 137,304円 138,614円
通信量 無制限
(10GB/3日)
7GB
契約期間 3年 3年

上記が、DTI WiMAXの各料金プラン・キャンペーンの詳細です。

以前はキャッシュバックキャンペーンがあったDTI WiMAXですが、ご覧の通り現在は月額割引のみ。また、キャンペーン対象もギガ放題プランのみと限られています。

そして何よりも注目してほしいのが、その割引期間の短さ。割引期間は契約開始から3ヶ月間のみとなっており、4ヶ月目以降は通常料金の3,760円です。

そのため、かつての3万円を越えるキャッシュバックと比較すると、現在のDTI WiMAXのギガ放題はお得感に欠けてしまうプランと言えます。

一方のモバイルプラン(7GB)については、月額割引がない上に事務手数料は5,500円。基本的にどのプロバイダも事務手数料は3,000円となっているため、モバイルプランについてもお得とは言えません。

つまり、DTI WiMAXのギガ放題プラン・モバイルプランについては、どちらも残念ながらお得とは言えない料金となっています。

以上がDTI WiMAXの料金プランの解説でした。

次は、WiMAXを利用する上で料金と同じくらい重要と言える、契約できるモバイルルーターの機種について見ていきます。

DTI WiMAXで契約できる機種

WiMAXを利用する上で重要となるのが、ルーター端末です。

端末によって最大通信速度やバッテリーの持ちが異なるため、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

現在、DTI WiMAXで契約できる機種は以下の通りです。

モバイルルーター ホームルーター
WX06 W06 home 02 L02
最大通信
速度
440Mbps 1,237
Mbps
440Mbps 1,000
Mbps
最大同時
接続台数
16台 16台 22台 42台
連続通信時間 690分 540分
端末価格 無料
※クレードル付き
3,686円
無料 無料 無料
※クレードルとは、モバイルルーターを立てて充電できるスタンド。

DTI WiMAXで契約できるルーターの機種は、合計で4種類。 持ち運びできるモバイルルーターが「WX06」と「W06」、自宅でのみ利用できるホームルーターが「home 02」と「L02」となっています。

どのルーターも比較的新しい端末となっており、DTI WiMAXで機種選びに困ることはないでしょう。

ただし、今回ご紹介した4機種は、DTI WiMAXだけでなく他のプロバイダでも契約可能。また、端末料金が無料というのも、他のWiMAXプロバイダと共通しているため、大きなメリットとは言えません。

つまり、契約できるルーターという面で見ても、DTI WiMAXはおすすめとは言えないプロバイダとなっています。

以上が、DTI WiMAXで契約できるルーター端末についての解説でした。

これまで、大きなメリットと言えるものが見つからなかったDTI WiMAXですが、実はメリットとして独自の特典「DTI Club Off」というサービスがあります。

次は、そんなDTI WiMAX独自の特典である「DTI Club Off」について見ていきます。

DTI Club Offとは

DTI Club Offとは、宿泊施設や遊園地、レストランなどで使えるクーポンが発行できるDTI会員限定特典です。

具体的には、ホテルの宿泊費が最大90%オフになったり、遊園地などのレジャー施設で使えるクーポンが発行できたりと、普段の生活で使えるお得なサービスとなっています。

DTI Club Offについては、他のWiMAXプロバイダにはないDTI WiMAX独自の特典です。そのため、子供のいるご家庭やクーポンを使って節約したい方には、DTI WiMAXはおすすめと言えます。

気になる口コミ・評判について確認

ここまでDTI WiMAXの基本情報について確認してきました。

とはいえ、おすすめかどうか判断するには、まだ情報が足りないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでここからは、DTI WiMAXを実際に契約したユーザーの口コミ・評判を確認していきましょう!

サポート体制についての口コミ

DTI WiMAXの口コミを調査していたところ、料金や速度などに言及している評判は、ほとんど見かけませんでした

しかし、そんな中で気になった口コミが、以下のサポート体制についての内容です。



上記の通り、DTI WiMAXについては、解約する際に電話が繋がりにくいというサポート体制に関する口コミがありました。

WiMAXに限らず、ポケットWiFiや光回線など、インターネットを契約する際には料金やキャンペーンも大切ですが、解約手続きやサポートなども重要。解約したいタイミングで解約できなかった場合、違約金が発生してしまうこともあるのです!

そのため、契約前にはプロバイダのサポート体制についても確認しておくようにしましょう。

解約方法と注意点について

DTI WiMAXのサポート体制でもお伝えした通り、DTI WiMAXでは解約するタイミングによって違約金が発生してしまいます。

契約後に「解約違約金がかかるなんて知らなかった…」ということがないよう、解約の方法・注意点についても見ていきましょう!

DTI WiMAXの解約する際の方法と注意点は以下の通りです。

解約方法と注意点
【解約方法】
  • カスタマーサービスで解約(電話)
  • 0570-00-4740 (平日:10:00-17:00)

【注意点】
  • 更新月以外での解約は違約金が発生する。
  • 前月26日から当月25日までの解約申し出が当月の解約になる。
  • 当月26日以降の解約申し出は翌月解約になる。

このように、DTI WiMAXは電話でのみ解約が可能になっています。

ただし、受付時間は平日の10時から17時までとなっているため注意が必要。普段お仕事をしている方などは、お昼休憩などを使って解約の電話をすることとなってしまいます。

また、基本情報でも紹介した通り、DTI WiMAXは3年契約(自動更新)です。

そのため、更新月以外でのタイミングで解約を申し出た場合、解約違約金が発生するので注意しましょう。

解約時期による違約金については、下記の通りです。

dti解約について

上記の通り、1~12ヶ月目までの解約は19,000円、13~24ヶ月目は14,000円、25~36ヶ月目は9,500円の違約金がかかってしまいます。

そのため、解約をする際は、契約からどれほどの期間が経過しているのかを確認するようにしましょう。

そして、もう1つ注意してほしいのが、解約を申し出る日付です。当月で解約を適用させるためには、25日までに解約の申し出をする必要があります。26日以降に解約を申し出た場合、翌月扱いとなってしまう点についてもしっかりと押さえておきましょう!

以上が、DTI WiMAXの解約方法と注意点についての解説でした。

思わぬ所で費用がかかってしまうことを避けるためにも、解約方法と解約のタイミングについては、しっかりと確認しておきましょう。

それでは、最後に他のWiMAXプロバイダと比較しながら、DTI WiMAXがおすすめできない理由についてもう少し具体的に見ていきます。

DTI WiMAXはなぜおすすめできない?他プロバイダと比較!

ここまで、DTI WiMAXの基本情報やキャンペーン内容、口コミ、解約時の注意点について解説しました。

ここからは、DTI WiMAXをおすすめしない理由について、DTI WiMAXと他のWiMAXプロバイダを比較ながら解説していきます。

DTI WiMAXをおすすめしない理由は、以下の2つです。

おすすめしない理由
  • au スマートバリューmineが適用できない
  • 他のプロバイダの方が料金がお得

まずは、au スマートバリューmineについて確認していきましょう。

DTI WiMAXはau スマートバリューmineが適用できない

DTI WiMAXをおすすめしない理由の1つ目は、多くのWiMAXプロバイダで利用できる「auスマートバリューmine」が利用できないためです。

WiMAX回線は、KDDIグループであるUQコミュニケーションズが提供しています。そのため、多くのWiMAXプロバイダではauスマホ料金が割引される、auスマートバリューmineの利用が可能です。

しかし、DTI WiMAXでは、そのau スマートバリューmineは対象外。auのスマホを利用している方は、DTI WiMAXではお得な割引を受けることができないので注意しましょう。

auスマートバリューmineの割引内容は?
auスマートバリューmineを利用すると、毎月最大1,000円、年間で12,000円のauスマホ料金を抑えることが可能です。

そのため、適用対象外であるDTI WiMAXを契約した場合、auスマホを利用している方は年間で12,000円も損をしてしまうことになるので注意が必要です。

そのため、auスマホを利用している方は、auスマートバリューmineが適用できる他のプロバイダでの契約がおすすめです。

※auスマホをご利用の方は、下記ボタンから割引金額をご確認ください。

auスマートバリューmine
割引料金一覧を確認

プラン名 割引
料金
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで※ 500円/月
2GB超~20GBまで 1,000円/月
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円/月
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5cp
U18データ定額20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
934円/月
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォン
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
カケホ(3Gケータイ・データ付き)
743円/月
データ定額5/8/10/13(ケータイ) 934円/月
データ定額2/3(ケータイ) 743円/月
データ定額1(ケータイ) 500円/月
カケホ(3Gケータイ・データ付き) 743円/月
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります。

auスマートバリューmine
割引料金一覧を確認

プラン名 割引
料金
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで※ 500円
割引
2GB超~20GBまで 1,000円
割引
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円
割引
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5cp
U18データ定額20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
934円
割引
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォン
シニアプラン
LTEフラットcp(1GB)
カケホ(3Gケータイ・データ付き)
743円
割引
データ定額5/8/10/13(ケータイ) 934円
割引
データ定額2/3(ケータイ) 743円
割引
データ定額1(ケータイ) 500円
割引
カケホ(3Gケータイ・データ付き) 743円
割引
※auピタットプラン(シンプル)の場合、1GBまで割引対象外となります。

他のプロバイダの方が料金が安い

DTI WiMAXをおすすめしない2つ目の理由は、他のプロバイダと比較して料金が高いためです。

実際に、他のプロバイダでどれほど料金に違いがあるのかを確かめるため、最安WiMAXプロバイダである「BroadWiMAX」、「GMOとくとくBB」とDTI WiMAXを比較していきましょう。

ギガ放題プラン 3社比較
DTI
WiMAX
GMO Broad
WiMAX
実質
月額料金
3,613円 3,570円 3,378円
支払総額 137,304円 135,646円 128,363円
キャン
ペーン
月額割引
のみ
キャッシュ
バック
月額割引
キャッシュ
バック
月額割引
※実質月額料金={初期費用(事務手数料+端末価格)+(月額料金×契約期間)-キャッシュバック}÷契約期間

このように比較してみると、DTI WiMAXがおすすめできない理由に納得していただけるのではないでしょうか。

DTI WiMAXの料金は、他のプロバイダと比較すると総額で1万円ほど高くなってしまいます。

以前は、DTI WiMAXもキャッシュバックキャンペーンをしており、お得なプロバイダの1つでした。しかし、2020年7月現在では、月額割引のみとなり、決してお得なプロバイダとは言えなくなりました。

もちろん、料金が安いからといってサービスが悪くなるという心配は不要。

WiMAXプロバイダは全て同じWiMAX回線を使っているため、安いプロバイダだからと言って、ご利用可能エリアや通信速度が変わることはありません

そのため、少しでも安くお得にWiMAXを利用したいとお考えの方には、DTI WiMAXはおすすめではないといえます。

それでは最後に、お得にWiMAXを契約するためのポイントをもう少し詳しくご紹介します!

まとめ|おすすめのプロバイダを見つけるために必要なこと

ここまで、DTI WiMAXの基本情報や口コミ・評判について解説してきました。

結論、以下の2つの理由からDTI WiMAXはおすすめできません。

  • DTI WiMAXはauスマートバリューmineが適用できない
  • 他のWiMAXプロバイダの方がお得

上記を踏まえた上で、おすすめのWiMAXプロバイダはどこなのか、どのようにWiMAXを比較すれば失敗しないのかを解説していきます。

WiMAXプロバイダを比較するポイント

WiMAXプロバイダを比較する上で、重要なポイントは以下の2つ。

おすすめWiMAXプロバイダを
見つけるポイント
  • 実質月額料金が安いかどうか
  • キャッシュバックは受け取りやすいかどうか

この2点がなぜ重要なのか、詳しく解説していきます。

実質月額料金が安いかどうか

WiMAXプロバイダの公式サイトは全部で約20社あり、プロバイダごとにキャッシュバックや月額割引などのキャンペーンは異なります。

では、どう比較すればいいのか。お得なプロバイダを確実に見つけるためには「実質月額料金」で比較することが重要です。

実質月額料金
{初期費用(事務手数料+端末価格)+(月額料金×契約期間)-キャッシュバック}÷契約期間

実質月額料金とは、契約期間にかかる「全ての費用」から「割引額・キャッシュバック金額」を差し引いた金額を、月額に直したもの。

つまり、各プロバイダの実質月額料金を比較することで、高額キャッシュバックやWiMAX業界最安値というセールスコピーに惑わされずに、本当にお得なWiMAXを見つけることができます!

キャッシュバックが受け取りやすいかどうか

先程の実質月額料金にも関係してくるのですが、キャッシュバックが受け取りやすいかどうかも、とても重要なポイントになります。

というのも、プロバイダによっては2~3万円ほどの高額キャッシュバックを行っており、金額だけを見ると非常に魅力的に見える場合があります。

しかし、高額キャッシュバックの中には、WiMAXを申し込みした半数以上の人が受け取れていない場合もあるので注意が必要です。

WiMAXの高額キャッシュバックが受け取れないと言われる主な理由は、以下の3つです。

  • キャッシュバックの申請は約1年後
  • 申請期間が1ヶ月と限られている
  • キャンペーンの申請メールが普段使わないプロバイダ用のアドレスに届く

万が一、キャッシュバックを受け取れなかった場合、「キャッシュバック金額=損する金額」となってしまいます。

ですので、キャッシュバックの受け取り期間や受け取り方法についても、契約前に確認しておきたい重要なポイントといえます。

以上、2点がWiMAXプロバイダを比較する上で、重要なポイントとなります。

実質月額料金とキャッシュバックの受け取りやすさを押さえておけば、WiMAXの契約で失敗することはありません。

当サイトには、2020年7月現在でWiMAXを提供している全プロバイダを徹底比較したページもご用意しております

WiMAXをもっと比較して、お得なプロバイダを見付けたい方は下記のページをご覧ください。

詳しく比較したい方は
WiMAX比較ページへ