docomoが提供する光コラボのスピードを分析

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

docomoが提供する光コラボのスピードを分析

コンシェルジュバナー
ドコモ光の速度は遅い?原因と対策を解説します。
ドコモ光の通信速度を解説

ドコモ光は、NTTの光回線を利用した光コラボレーションであるため、その他の光コラボサービスと速度は原則同じです。

速度に満足いかない場合、接続機器やプロバイダなどが原因かもしれません。

当ページでは、ドコモ光の通信速度に関して網羅的に解説しています。

最後には速度の観点から、おすすめのプロバイダもご紹介します。

ドコモ光の回線速度とは

ドコモ光の回線速度について


ドコモ光は、光コラボレーションのひとつです。

速度は、上り下りともに最高1Gbps。実際は、100~350Mbpsほどが出ます。

光コラボとは、フレッツ光回線を光コラボ事業者が借りうけ、インターネット回線をお客様に提供するサービスのこと。

フレッツ光もドコモ光も使っている回線は全く同じなのです。

そのため、速度は理論的には全て同じになるはず。

しかし、実際の回線速度はサービスによって大きく異なります。

接続機器の違いやプロバイダの違いが「回線の安定性」に影響しているからです。

ドコモ光の通信速度は遅い?その原因と解決策

ドコモ光の通信速度は遅い?原因と解決策


通信速度が遅いと感じる場合、下記3点が原因であることがほとんどです。

ドコモ光の通信速度が遅い要因
  • ドコモ光の速度は、接続機器で変わる
  • ドコモ光は、プロバイダの問題で遅い
  • 接続方式によって、ドコモ光の速度は左右される

ドコモ光の速度は、接続機器で変わる

LANケーブルとWiFiルーターが、ドコモ光の通信速度を遅いと感じる要因です。

LANケーブル

LANケーブルとは、有線にてPCとインターネットをつなぐ際に使う線のことを示します。

様々な規格のケーブルがありますが、古い規格のケーブルを使っているために、遅いと感じるケースです。

解決策は、新しい規格のLANケーブルに変更すること。

ドコモ光の通信速度に対応しているのは、カテゴリー「5e」、「6」、「7」の3種類です。

WiFiルーター

WiFiルーターの性能が低く、通信速度が遅いというケースです。

無料でもらったルーターや、借りているルーターを使っている方によくあります。

解決策は、新しいWiFiルーターに変更すること。

ドコモ光の通信速度に対応しているのは、「11n」、「11ac」という規格のWiFiルーターです。

ドコモ光は、プロバイダの問題で遅い

プロバイダにはバックボーンというものがあります。

利用者の収容能力のことを意味しており、大きければ大きいほど、安定した通信速度を保てます。

接続方式によって、ドコモ光の速度は左右される

インターネットに接続されたコンピュータ同士が、データをやりとりするための通信規約のことをインターネットプロトコル(IP)といいます。

IPには種類がありますが、従来から主に「IPv4」という方法が使われてきました。

しかし、IPv4ではキャパシティに制限があるため、利用が集中する時間帯には速度が遅いと感じてしまいます。

「IPv6」というIPv4の上位版があり、通信速度が安定しやすいものもあります。

しかし、IPv6は、IPv4対応のサイトやサービスに接続できないという難点があります。

そこで登場したのが「v6プラス」という接続方式。

高速通信を維持しながら、IPv6はもちろん、IPv4対応のサイトやサービスが利用できます。

ドコモ光では「GMOとくとくBB」、「BIGLOBE」、「nifty」で利用可能です。

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

ドコモ光の通信速度から見るおすすめプロバイダ


v6プラス接続ができる3つのドコモ光プロバイダをお伝えしました。

当ページでは、GMOとくとくBBをおすすめします。

ドコモ光でGMOとくとくBBをおすすめする理由
  • v6プラスができ、安定した通信速度を期待できる
  • v6プラス接続対応の最新WiFiルーターを無料でレンタルできる(11acに対応)
GMOとくとくBBは、速度に加えてキャッシュバックキャンペーンなども魅力的です。

【まとめ】ドコモ光の速度の特徴

最後に、今回お話した内容のポイントをまとめます。

ドコモ光の速度について
  • 光コラボの回線速度は、全て同じ。ドコモ光の速度に影響しているのは、プロバイダや接続機器などの場合が多い。

  • 有線接続の場合はカテゴリー「5e」、「6」、「7」のLANケーブル、無線接続の場合は規格が「11n」、「11ac」のWiFiルーターを選ぶ。

  • プロバイダによって利用者の収容能力が異なるため、プロバイダ選びによって速度差が出る。

  • ドコモ光では、最新のv6プラス接続に対応しているプロバイダから選ぶのがおすすめ。中でも、GMOとくとくBBがよい。
今回ご紹介したドコモ光について、下記のボタンより詳しい情報を見ていただけます。

料金情報やキャンペーン情報をまとめています。

よろしければ、ぜひご覧ください。 ドコモ光の詳細はこちら