ISPの変更時の手順

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ISPの変更時の手順

コンシェルジュバナー
プロバイダ乗り換えのおすすめ方法
プロバイダの変更方法について

意外と複雑なプロバイダの
乗り換え変更…
方法から手順までわかりやすく
解説します!


プロバイダの乗り換えは意外にシンプル。なぜなら、すでにお使いのプロバイダから他社へ変更するということは回線自体はそのままだからです。

しかし、
「乗り換え先はどこが一番良いの?」「乗り換え後の設定がよくわからない」といった声も多いのが事実。

こちらでは、どのプロバイダへの変更がおすすめで、乗り換えの手順はどうなるのか、各回線ごとご紹介していきます。

また、現在のネット回線のトレンドは光回線とプロバイダの一括契約。乗り換え変更を希望するなら、インターネット回線も変更して、シンプルな一括契約にするのがおすすめです。

この前提に基づいて、プロバイダの乗り換えの手順や乗り換え後の設定に加え、おすすめ契約業者やキャンペーン情報、メールアドレス継続利用に関してなど、プロバイダの変更に関する全ての疑問をこちらで解消します!

インターネット回線変更を検討中の方は
こちらから


キャンペーンでお得にプロバイダを乗り換えよう

プロバイダの乗り換えや設定変更の方法は各回線によって違うので、まずは回線ごとにどのプロバイダ業者に乗り換えれば良いのかを解説していきます 。こちらでは、フレッツ光(光コラボ)、auひかりに焦点を当てて解説していきます。

プロバイダ乗り換えの際に注目すべきは、「現在の契約内容」「キャンペーン」です。現在の契約内容とは、回線とプロバイダが一括契約かどうかが重要。

例えば、NURO光は、プロバイダ業者はSo-netに決まっていますし、auひかりはプロバイダ込みの契約プランです。

一方、フレッツ光では、プロバイダとは別途契約が必要。この違いがあることで、プロバイダの乗り換え変更に関してやキャンペーンに違いが生まれます。NURO光はプロバイダの選択肢がありませんので、こちらでは話しません。

NURO光の詳細は、下記ボタンから確認いただけます。

ニューロ光の詳細を確認する

それでは、auひかりとフレッツ光それぞれでプロバイダの乗り換え変更について詳しく見ていきましょう。まずは、支払契約がプロバイダと元々一括であるauひかりから。

auひかりをご利用中でプロバイダを乗り換えたい方

プロバイダの乗り換え変更のおすすめ方法

auひかりはプロバイダ込みの支払い契約ですので、乗り換え検討中の方はプロバイダの利用環境が不満という理由がほとんどでしょう。しかし、auひかりはプロバイダのみの変更はできず、再度新規契約の手続きをする必要があります。

auひかりはお得なキャンペーンが豊富なので、解約金がない場合はおすすめですが、ネット環境の考慮も重要です。

戸建てにお住まいの方は乗り換えと解約を同時に進められますが、マンションプランでは解約後に新規契約が進むので、解約から新規契約までの間で数週間ネットが使えない期間が生じることを覚えておきましょう。(※どちらにしてもキャンペーンは利用可能)

また、違約金があってもプロバイダを乗り換えたいという方は、キャッシュバックキャンペーンが充実した代理店がおすすめです。

auひかりキャンペーン詳細情報はこちら

フレッツ光回線なら光コラボがお得!?

プロバイダと光回線が別契約のフレッツ光をご利用中でプロバイダを乗り換えたいという方へ、おすすめのプロバイダ乗り換え方法を2つご紹介します。

フレッツ光(光コラボ)でのプロバイダ変更
  • プロバイダのみ乗り換える
  • プロバイダを変えてフレッツ光から光コラボに転用する
  • ※同一プロバイダで光コラボにした場合はプロバイダの乗り換えはないので割愛。
    ※いずれの場合も、光コラボをご契約中の場合一旦解約する必要があります。転用は、「フレッツ光→光コラボ」の場合のみ適用可能です。

基本的には光コラボへの転用がおすすめ。回線はフレッツ光回線を継続して利用するので、回線の解約金も無く乗り換えられ、契約もシンプルになります。(乗り換え時に現在利用中のプロバイダが解約金が必要な場合あり)

もちろんプロバイダのみ乗り換えても良いのですが、結局乗り換え先のプロバイダが光コラボ事業者であることがほとんどで、ともに利用環境は結局同じになるのです。

回線はフレッツ光、プロバイダは乗り換え先になるので、折角ならキャンペーンとプランが充実した光コラボにしたほうがお得になります。

また、このケースでは光コラボの契約は新規契約とは少し違い、フレッツ光からの「転用」という位置づけ。

完全な新規契約と比較するとキャンペーン内容は減りますが、そもそもフレッツ光回線を工事費用なく継続利用でき、料金も安くなるのでいずれにしてもおすすめです。

それでは、プロバイダ乗り換えの際に選ぶと良い光コラボ業者をキャンペーン情報とともに2つのグループにご紹介します。

プロバイダの乗り換え変更のおすすめ方法

携帯とのセット割があるに光コラボ

ドコモ光

プロバイダ乗り換えでドコモスマホを利用中の方はドコモ光一択でしょう。提携プロバイダが20社ほどあるので変更したいプロバイダを選べるでしょう。

ソフトバンク光

プロバイダはYahoo!BBのみなので、すでに使っている方は、プロバイダの乗り換えはありません。

他のプロバイダを利用中でしたら、フレッツ光回線の中でもYahoo!BBは評判のプロバイダですので、ソフトバンクユーザーの方はおすすめです。

So-net光

こちらはプロバイダ業者による光コラボに入るのですが、auスマホとのセット割があるのです。auユーザーはauひかりがお得ですが、フレッツ光のみ対応のエリアの方でauユーザーでしたら非常におすすめ。

プロバイダ業者による光コラボ

プロバイダSo-netは顧客満足度がトップクラスで料金的にもお得です。さらに2015年SPEED AWARD光コラボ部門で最優秀賞受賞し、速度はお墨付きなので携帯割がないならSo-net非常におすすめ。

大手携帯キャリアをご利用中の方はキャリア割のある光コラボがお得ですが、速度が気になる場合は乗り換える前に注意が必要です。光コラボの詳細比較情報はこちらからご覧ください。

光コラボ総合詳細へ

フレッツ光から光コラボに転用するのではなく、回線自体を変更した方がより快適に、よりお得に利用できる場合もあります。

例えば、NURO光は2Gbpsという圧倒的な最高速度を誇り、料金もお得なインターネット回線。このように、ご自分に合ったサービスを知りたい方向けに、光回線の徹底比較も行っておりますので、気になる方はこちらもからどうぞ。

おすすめ光回線比較情報

続いては、フレッツ光から光コラボに乗り換えの際、プロバイダをどのように変更するのか詳しく解説します。

実はシンプル!?プロバイダの乗り換え変更方法

ここからは、プロバイダ乗り換えの手順をご紹介します。auひかりは新規契約が必要なので、こちらではフレッツ光から光コラボに乗り換える際の変更方法を解説していきます。

回線はそのまま使いますので、変更工事などは一切必要ありません。こちらが乗り換え方法の手順の一覧です。

乗り換え方法手順
  • フレッツ光から転用承認番号を受け取る
  • プロバイダ乗り換え変更申し込み(光コラボ転用申し込み)
  • 新しいプロバイダから接続に必要な情報を受け取る
  • 旧プロバイダを解約する
  • プロバイダ変更設定

まず、NTTフレッツ光に問い合わせて光コラボに転用する旨を伝えると、転用承認番号が付与されます。これが、光コラボに乗り換え時に必要になるのでこれををもとに乗り換え変更先の光コラボと契約します。

契約が完了したら、乗り換え変更先のプロバイダから接続に必要な契約書や接続に必要なIDとパスワードが約一週間ほどで送られてきます

それを元にパソコンで乗り換え後のプロバイダへ変更設定をおこないます。 変更設定の方法は次項で説明します。

新しいプロバイダの設定を終えたら、古いプロバイダの解約作業を行います。 解約方法はプロバイダで多少異なりなりますので、各プロバイダごとに解約方法をご確認ください。

最後に、お使いのパソコンでの設定変更をお忘れなく。契約完了だけではまだお使いにはなれません。下記を参考に、契約後の設定変更をしましょう。

乗り換え後の設定変更をお忘れなく

それでは、乗り換え後の新しいプロバイダの設定変更についてご紹介いたします。こちらが、完了しないと契約はできていてもご利用になれないので必ずお忘れなく。

設定変更の際に、乗り換え先の新規プロバイダでの契約書類に示されているIDとPASSが必要ですのでご準備下さい。ここでは2パターンの設定変更方法をご紹介致します。

ブラウザ

まずは、プロバイダ乗り換え後の設定変更をブラウザから行うものです。今回は、1番利用者の多いInternet Explorerを例に順を追って説明します。

手順1

まず、ブラウザを開きますと画面の上部にファイル、編集、表示、お気に入り、ツール、ヘルプなどの項目があります。このうちツールの項目をクリックし、『インターネットオプション』を開いてください。

手順2

インターネットオプションが開きますと、『接続』『セットアップ』と選択してください。 WindowsXPの場合は、この時点で接続ウィザードが現れます。

手順3

そこからは画面の指示通りに進めていくだけで、設定が簡単に完了いたします。インターネットアカウント情報の場面は、プロバイダから渡されたIDを入力していきます。

Windows7の場合はセットアップをクリックした時点で、IDは自動で設定されているはずです。その後のインターネットアカウント情報ではプロバイダIDを入力します。これで、乗り換えによるパソコン上の設定変更は終了です。

コントロールパネル

次にコントロールパネルから設定変更を行う場合です。

手順1

スタートメニューからコントロールパネルを開き、「ネットワークとインターネット」の中の「ネットワークの状態とタスクの表示」を選ぶ

手順2

ネットワークの設定変更が表示されますので、「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選ぶ

手順3

セットアップ画面が表示されましたら、「インターネットに接続します」を選択し、「次へ」進む

手順4

新しいタスクが表示されたら、「新しい接続をセットアップ」を選ぶ

手順5

ユーザー名とパスワードが必要なDSLまたはケーブルを使って接続

手順6

「インターネットへの接続」の画面が表示されますので、はじめに準備している契約書類に記載されているIDとPASSを「ユーザー名」「パスワード」の欄にそれぞれ入力して、「接続」を選択したら設定完了です。

いかがでしたでしょうか。契約したとしても、この設定変更がされないと折角乗り換えの契約をしてもご利用になれませんのでお忘れなく。

どうなる?変更後のメールアドレス

最後に新しく契約した後のメールアドレスに関してお話していこうと思います。

以前まで使用していたプロバイダから乗り換えると、当然それまで使っていたメールアドレスは使えなくなりますが、メールアドレスを残すために、「メール機能のみの契約」があります。

当然、解約しないことになるので、毎月の料金は発生し続けますが、メールのみのサービスですと月額200円~400円程度ですので、余計な手間を考えるとお得です。

プロバイダ変更方法 まとめ

ここまで、プロバイダ変更に関するまとめ情報をご紹介してきましたが、お役に立てましたでしょうか。

プロバイダを乗り換える際には、現在の契約としっかりと比較してお得に変更して快適なネット環境を整備できるといいですね。

auひかりは新規契約が必要ですが、フレッツ光から乗り換える方は光コラボに転用がおすすめ。しかし、たくさんある光コラボ業者なのでまだまだ選ぶのにお悩みの方もいるでしょう。

そんな方や他にも乗り換え変更に関してまだ疑問がある方のために、当サイトでは「6問で分かる診断コンテンツ」や「ジャンル別比較ページ」をご用意しております。

プロバイダ選びに不安がある方、もっと詳細に比較したい方はぜひご利用ください。

より詳細に比較したい方はこちらから