KDDIの光回線価格比較

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

光回線
auひかり
固定回線
全7社比較!auひかりプロバイダ料金比較ランキング最新情報
auひかりの完全ガイド2019年版

これだけ見ればわかる!
〜2019年最新auひかりの料金とお得な申し込み窓口〜


ここでは、auひかりの基本料金(月額料金、工事費などの初期費用)最安のプロバイダをご紹介します。

また、auひかりのプロバイダ全7社と人気代理店3社の料金を徹底比較し、最も料金が安いプロバイダをランキング形式で発表。

さらに、編集部が選ぶauひかりのおすすめ窓口(プロバイダ・代理店)も最後にご紹介していきます。 このページさえ見れば、2019年最新のauひかり料金とキャンペーン情報をキャッチできますので最後までお見逃しなく!

では早速、auひかりの基本料金と料金プランから確認していきましょう。

この記事を書いたのは…

運営者アラサーちゃん

アラサーちゃん

編集部で唯一の女性編集メンバー。分かりにくいインターネット回線の契約で失敗した実体験から、誰よりも役に立つコンテンツの発信に情熱を注ぐ。通信業界歴は短いものの、初心者の視点のわかりやすい記事が好評。



2019年最新!auひかりの料金一覧と内訳

まずは戸建てとマンション住居タイプ別に、基本料金プランを確認しましょう。

auひかりの基本料金〜プラン別月額料金・解約金〜

auひかりの戸建てプランには、契約期間の長さによってずっとギガ得割(3年)、ギガ得割(2年)、通常プラン(契約期間なし)の3種類があります。 この3種類のプランの料金を安い順に並べると、@ずっとギガ得割→Aギガ特割→B通常プランという順になります。

それぞれのプランの料金詳細は下記。
(※クリックすると開きます)

戸建てにお住まいの方

auひかり
戸建てプラン
月額料金 契約期間/解約料金
ずっとギガ得 1年目5,100円
2年目5,000円
3〜5年目4,900円
3年/15,000円
ギガ得 5,200円 2年/9,500円
通常 6,300円 自由/なし

マンションにお住まいの方

マンションプラン 解説 月額料金
タイプG
(16世帯以上契約)
速度664Mbps
/光ファイバーがあるマンション
/共同利用
3,800円
タイプG
(8世帯以上契約)
速度664Mbps
/光ファイバーがあるマンション
/共同利用
4,100円
タイプV
(16世帯以上契約)
速度100Mbps
/共同利用
3,800円
タイプV
(8世帯以上契約)
速度100Mbps
/共有でも混線しにくい
4,100円
都市機構デラックス 速度100Mbps
/URの賃貸マンション
/安定感はタイプVと変わらない
4,100円
タイプE
(16世帯以上契約)
速度100Mbps
/比較的導入物件は少ない
/タイプVに比べ安定している
3,400円
タイプE
(8世帯以上契約)
速度100Mbps
/タイプVに比べ安定している
3,700円
ギガ 速度1Gbps
/この設備が入っているのは稀
4,050円
ミニギガ 速度1Gbps
/3階建て以下/工事費用あり
5,000円
タイプF 速度100Mbps/導入物件は少ない
/速度の安定感は良い
3,900円

※契約前にご自身のお住まいのマンションが上記の4つの内どのタイプの物件なのか
auひかりの対応エリアなのかを確認する必要があります。
詳しくは下記「ご利用可能エリアを確認」からお調べいただけます。
https://www.au.kddi.com/internet/auhikari/service/net/mansion/


戸建てなら「ずっとギガ得」で決まり!

戸建てにお住まいの方で、とにかく料金を安くしたいという方、もしくはどのプランにするか決めきれないという方は、「ずっとギガ得」プランがおすすめ

ずっとギガ得プランでは、3年間の契約期間満了以前に解約してしまうと、15,000円の違約金が発生してしまうリスクはあります。 しかし、ずっとギガ得プランは、月額料金が安い、高額なキャッシュバックキャンペーンに申し込みができる、といった違約金以上にメリットが多くあるのでおすすめ。

また、マンションにお住まいの方は、マンションタイプによって料金プランが大きく異なるので、まずはご自身のマンションタイプをご確認ください。

以上、auひかりの基本料金プランです。

初期費用はいくらかかる?〜工事料金と事務手数料〜

auひかりの工事料金は戸建てとマンションで金額が異なります。 支払い方法も一括で支払う場合と、分割した料金をauひかりの月額料金に上乗せして支払う場合の2パターン。

auひかりの場合、工事料金の分割月数は、戸建てなら60回、マンションなら24回と決まっているのが特徴的ですね。

住居タイプ 工事料金総額 分割払いの場合 事務手数料
戸建て 37,500円 625円×60ヶ月 3,000円
マンション 30,000円 1,250円×24ヶ月 3,000円


プロバイダはどこを選んでも一律料金?auひかりの料金内訳

auひかりの料金はプランが様々あって複雑に見えますが、実はシンプルです。 というのも、auひかりの基本料金には、光回線利用料金+プロバイダ料金+機器レンタル料金(モデムなど)が全て含まれているから。

例えば、auひかりと比較されることが多いフレッツ光ですと、どのプロバイダを選択するかによって料金が異なるため、料金が安い、かつ信頼できるプロバイダを見つけるのは大変。

ちなみに、auひかりとよく比較される「フレッツ光」の場合は、光回線利用料金とプロバイダ料金が別々のため、料金の比較が複雑でわかりにくいと言われています。 一方、auひかりの基本料金は、全7社どのプロバイダと契約しても同一料金のため比較が簡単

以上、ここではauひかりの料金の内訳をご紹介しました。次では、auひかりの3通りある契約方法をみていきましょう。

auひかりの契約方法は3通りある

auひかりの契約方法は大きく分けて以下の3通りがあります。

auひかりの契約方法

  • au(KDDI)公式サイトまたはauショップ
  • プロバイダ
  • 販売代理店

実際にはどのくらいお得になるのか、上記で紹介した3通りの契約方法を比較しながら検証してみましょう。

コラム〜店舗、セールでの契約にはご注意を!〜

余談ではありますが、auひかりはauショップや家電量販店でも申し込みが可能。 しかし、実店舗の場合は店舗の維持費用や人件費がかかってしまうため、インターネット経由での申し込みより料金が割台なことが多いです。

また、auひかりは自宅にかかってくるセールスの電話や訪問勧誘を通して加入することもできますが、あまりおすすめできません。 というのも、電話や訪問でauひかりを勧めてくるセールスは強引なことが多い上、他プロバイダや代理店と料金を比較しないまま契約すると損をしてしまう可能性があるから。

もちろん十分に比較検討した上で契約するには問題ないですが、即決しないようにご注意いただければと思います。

auひかりの料金比較〜公式 vs プロバイダ〜

ここまでauひかりの基本料金をご紹介してまいりました。 大事なことなので何度も言いますが、auひかりは、どこを窓口にして申し込むのかで実質料金総額が大きく変わります

例えば、So-netをプロバイダとして、auひかりを契約するケースでも、auひかりの公式、プロバイダ(So-net)、代理店のどこから申し込みをするかで料金は全く違うということ。

そこで!auひかり公式サイト、プロバイダ全7社、代理店3社の実質料金やキャンペーン・割引を比較しながら、お得な窓口を探しにいきましょう。

まずは、プロバイダ全7社の料金を比較し、まとめたランキングを表をご覧ください。

プロバイダ全7社の料金比較!〜最新の割引・キャンペーン情報〜

こちらでは、auひかりの公式料金とプロバイダ経由の料金を比較しながら、どの方法がもっともお得なのかを検証していきます。
※尚、比較表の料金は実質料金(キャンペーン特典や割引額を差し引いた料金)で比較しています。

では早速、auひかりの料金を戸建てとマンション別にみていきましょう。

auひかりプロバイダ料金比較

auひかり
窓口
月額料金 キャンペーン 3年実質
月額料金
auひかり公式(電話あり) 5,600円(1年目)
5,500円(2年目)
5,400円(3年目)
10,000円
キャッシュバック
初月無料
5,699円
auひかり公式(電話なし) 5,600円(1年目)
5,500円(2年目)
5,400円(3年目)
10,000円
なし
初月無料
6,467円
Asahinet
(電話あり)
4,850 円(1年目)
4,750年(2年目)
4,650〜5,150円(3年目)
1,250円割引×24ヶ月
初月無料
5,001円
Asahinet
(電話なし)
4,225円(1年目)
4,325年(2年目)
4,425円(3年目)
1,250円割引×24ヶ月
初月無料
4,940円
DTI
(電話あり)
5,600円(1年目)
5,500円(2年目)
5,400円(3年目)
38,000円
キャッシュバック
初月無料
4,791円
DTI
(電話なし)
5,600円(1年目)
5,500円(2年目)
5,400円(3年目)
38,000円
キャッシュバック
初月無料
4,789円
So-net 3,5000円(3年間) 月額割引
初月無料
3,930円
BOGLOBE 4,900円(1年目)
5,500円(2年目)
45,400円(3年目)
50,000円
キャッシュバック
初月無料
4,475円
nifty 3,470円(1〜2年目)
5,400円(3年目)
月額割引
初月無料
4,524円
T-COM 4,975円(1年目)
4,875円(2年目)
4,775円(3年目)
月額割引
初月無料
電話オプション無料
5,751円

auひかりプロバイダ料金比較

auひかり
窓口
月額料金 キャンペーン 2年実質
月額料金
auひかり公式(電話あり) 3,800円 10,000円
キャッシュバック
初月無料
3,402円
auひかり公式(電話なし) 43,000円 初月無料 5,800円
Asahinet
(電話あり)
3,800 円 初月400円 3,666円
Asahinet
(電話なし)
3,800円 初月400円 3,784円
DTI
(電話あり)
4,300円 38,000円
キャッシュバック
初月400円
2,626円
DTI
(電話なし)
3,800円 38,000円
キャッシュバック
初月400円
2,264円
So-net 2,400円 月額割引
初月400円
2,440円
BOGLOBE 3,800円 50,000円
キャッシュバック
初月400円
1,784円
nifty 2,790円 月額割引
初月400円
2,814円
T-COM 3,450円( 月額割引
初月無料
電話オプション無料
3,432円
※戸建ては3年契約(37ヶ月目に解約)、マンションは2年契約(25ヶ月目に解約)で計算

auひかりのプロバイダ前7社を比較してみたところ、どのプロバイダからauひかりを申し込むかによって料金が異なることをお分かりいただけたかと思います。

比較表だけを見てもわかりにくいので、次では、戸建て・マンション別にauひかりの最安プロバイダランキングTOP3を発表!

料金が安いプロバイダTOP3〜戸建て(ホーム)編〜

プロバイダ料金ランキングTOP3【戸建て編】

料金の安さ
ランキング
プロバイダ 実質料金
1位 So-net 3,930円
2位 BIGLOBE 4,475円
3位 nifty 4,524円

以上、auひかりをプロバイダ経由で申し込んだ場合の、最安料金ランキング【戸建て編】です。

1位の「So-net」の実質料金と「auひかり公式」の実質料金を比較すると、その料金差は月額2,037円。 戸建ての契約期間は37ヶ月ですので、auひかりをプロバイダ経由で申し込むだけで、3年間でなんと75,369円もお得になります。

料金が安いプロバイダTOP3〜マンション編〜

プロバイダ料金ランキングTOP3【マンション編】

料金の安さ プロバイダ 実質料金
1位 BIGLOBE 1,784円
2位 DTI 2,264円
3位 So-net 2,440円

以上、auひかりをプロバイダ経由で申し込んだ場合の最安料金ランキング【マンション編】です。

1位の「BIGLOBE」の実質料金と「auひかり公式」の実質料金を比較すると、その料金差は月額1,618円。 マンションの契約期間は25ヶ月ですので、auひかりをプロバイダ経由で申し込むだけで、2年間でなんと40,450円も料金がお得になります。

auひかりの公式サイトと比較すると、プロバイダ経由でも十分料金が安いと感じますが、プロバイダではなく代理店 から申し込む方がお得な場合もあります。

代理店が本当にお得なのか検証するために、上記の安い料金ランキング1位のSo-net光(戸建てプラン)、BIGLOBE(マンションプラン)と、auひかりの人気代理店3社を比較していきましょう。

auひかりの料金比較〜プロバイダ vs 代理店〜

auひかりの料金が最も安いプロバイダと、人気代理店の3社を比較していきます。

安さに定評のある人気代理店3社

  • フルコミット
  • NNコミュニケーションズ
  • アシタクリエイト

プロバイダ vs 代理店〜戸建て(ホーム)編〜

プロバイダVS代理店

auひかり
プロバイダ
代理店
月額料金 キャッシュバック 実質月額料金
So-net
(割引)
3,500円 月額割引
初月無料
3,930円
フルコミット 6,290円(1年目)
6,190年(2年目)
6,090円(3年目)
45,000円
キャッシュバック
4,599円
NNコミュニケーションズ 5,100円(1年目)
5,000年(2年目)
4,900円(3年目)
43,000円
キャッシュバック
4,805円
アシタクリエイト 5,100円(1年目)
5,000年(2年目)
4,900円(3年目)
40,000円
キャッシュバック
4,886円


プロバイダ vs 代理店 〜マンション編〜

プロバイダVS代理店

auひかり
プロバイダ
代理店
月額料金 キャッシュバック 実質月額料金
BIGLOBE 3,800円 50,000円
キャッシュバック
1,784円
フルコミット 3,800円 45,000円
キャッシュバック
1,968円
NNコミュニケーションズ 4,700円 43,000円
キャッシュバック
3,259円
アシタクリエイト 4,300円( 40,000円
キャッシュバック
4,574円

auひかりをプロバイダ経由で申し込んだ場合と、代理店経由で申し込んだ場合の料金比較をした結果が以下。
料金最安の窓口
  • 戸建て:So-net光(プロバイダ)
  • マンション:BIGLOBE(プロバイダ)

高額キャッシュバックがある窓口
  • 戸建て:フルコミット(代理店)
  • マンション:BIGLOBE(プロバイダ)

以上、ここではauひかりのプロバイダと代理店の料金を徹底的に比較し、2019年最新のおすすめの窓口をご紹介いたしました。

ここから先は、auひかりの実質月額料金の安さやキャッシュバック金額の高さだけでなく、キャンペーンの条件を加味して、当編集部のおすすめ窓口を1社ご紹介します。

編集部が選ぶ!2019年最もおすすめの窓口はこちら

「月額料金は安い方がいいけど、キャッシュバックも捨てがたい・・・」
「キャッシュバックを受け取る時に面倒な手続きは避けたい」
「できるだけ早くキャッシュバックを受け取りたい」


上記のようなお悩みをお持ちの方におすすめしたいのが、フルコミットという代理店。

auひかりのプロバイダや代理店の中には、高額なキャッシュバックを謳っていても、申し込み条件が厳しすぎて全額受け取れないといったキャンペーンを行っている業者もあります。

また、キャッシュバックの申請時期がauひかりの開通から1年後と、まるで申請し忘れを狙っているかのようなキャンペーンも。

しかし!フルコミットは、月額料金が安い方がいい人にも、高額キャッシュバックが欲しい人にも、自信を持っておすすめできます! 編集部がフルコミットをおすすめする理由は以下。 

  • 月額料金最安クラス+キャッシュバックのダブルでお得
  • 指定プロバイダが業界最大手で安心(So-netとBIGLOBE)
※指定プロバイダとは、その代理店経由で契約する最に選択できるプロバイダのこと。
公式サイトでは7社からプロバイダを選択できるが、代理店によっては選べるプロバイダが限られている、または決められていることもある。

なんと言っても、フルコミットの最大の魅力は、ユーザー想いの高額キャッシュバック。 受け取り条件を知れば、あなたもフルコミットのファンになってしまうでしょう。

フルコミットのキャッシュバックはここがすごい

  • 最大52,000円の高額キャッシュバック
  • 手続き不要(申し込み時に口座番号を伝えるだけ)
  • 受け取り時期が翌月

フルコミットはぶauひかりの回線契約と電話契約のセットで、52,000円のキャッシュバックがあります。 インターネットの契約だけだと45,000円ですが、他社と比較しても十分高額なキャッシュバック。

以上、ここでは編集部一押しのauひかりの窓口「フルコミット」の魅力をお伝えしました。

フルコミットの詳細をご覧になりたい方は、公式ページもぜひチェックしてみてください。

フルコミットの公式サイトはこちら

総評

今回はauひかりの料金を、公式、プロバイダ、代理店で比較して、どこで契約するのが最もお得なのかを調査しました。 その結果、auひかりの公式(サイトやauショップ)で契約するよりも、プロバイダや代理店経由で申し込みをする方がお得ということを、お分かりいただけたかと思います。

また、auひかりのプロバイダや代理店の中でも、編集部の一押しは月額料金最安クラス×高額キャッシュバックの「フルコミット」という代理店。

今回の記事で、auひかりの料金をお調べのあなたのお役に立てていれば幸いです。

番外編〜プロバイダ・代理店の料金が安いカラクリ〜

キャンペーンの割引やキャッシュバック金額を加味すれば実質料金は変わってきますが、auひかりの基本料金自体はどこで申し込んでも変わりません。
ではどうして、代理店で申し込む実質料金が安いのでしょうか?

auひかりの料金は少し複雑なので、簡単に図にしてみました。

KDDI→プロバイダのケース

auひかりプロバイダと料金キャンペーンの仕組み@

プロバイダは、インターネットへの接続を助ける仲介業者のようなもので基本的にインターネット回線の販売は行いません。しかし、auひかりではプロバイダが代理店のような存在でもあり、回線の契約先としても存在しています。

以上のように、KDDIに直接申し込む場合プロバイダは、プロバイダ利用料金のみ獲得できます。一方、各プロバイダから申し込む場合、ユーザーが月々支払う料金は同じですが、auひかり取次による各プロバイダの報酬と、プロバイダ利用料金をダブルで得られるということ。

上記のような仕組みがあるからこそ、売上の一部をキャンペーンという形でユーザーに還元できているのです。 auひかりをプロバイダ経由で契約してもらえるよう、各社で競い合っているということですね。

では、代理店はどうなのか?続いて、プロバイダ利用料金、およびauひかり獲得報酬をもらっている各プロバイダ注目の代理店契約の仕組みを見ていきましょう!

KDDI/プロバイダ→代理店のケース

auひかりプロバイダと料金キャンペーンの仕組みA

こちらは 、auひかりの代理店としてKDDIから獲得報酬を得ます。加えて、プロバイダを指定し、特定のプロバイダに顧客を提供することで、KDDIからプロバイダに払われるプロバイダ利用料金の一部も代理店が獲得します。

これによって、プロバイダもコストを抑え顧客提供をしてもらえるというわけです。 上記の通り両面からの報酬に加えて、代理店はWEBに特化することでコストを削減し、公式やプロバイダよりも充実した料金キャンペーンを行うことでユーザーに還元しています。

加えて、auひかりの代理店のキャンペーンでは単純な料金プランだけでなく、オプション加入や一部のユーザーの受け取れていない余剰分を試算しています。 よって、auひかりの代理店では高額キャッシュバックが可能になっているのです。

しかし、auひかりの代理店のキャッシュバックは、オプション加入が条件になっている、指定プロバイダが決まっている、手続き上のリスクがあるなど、何かしら注意点がある場合が多いのでご注意を。

以上、auひかりのキャンペーンの裏側についてご紹介しました。