au光の速度や料金、キャンペーンを徹底研究

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

au光の速度や料金、キャンペーンを徹底研究

コンシェルジュバナー
【auひかり徹底解説】エリア・料金・評判・キャンペーンまとめ
 auひかり徹底比較!-料金、キャンペーンまとめ-

auひかりは
キャンペーンで差が出る!
実質月額1,731円~!


桃太郎のCMでおなじみのauひかり。快適なインターネット通信をサポートするIPv6標準対応や、独自回線を利用した最大速度1~10Gbpsの高速通信が自慢の回線です。

「auひかりの速度や評判はどうなの?」
「どこで申し込むのがお得なの?」

と気になりますよね。たしかにauひかりは、住宅タイプ・エリア・料金プラン・プロバイダ・キャンペーンなど比較する対象が非常に多いため比較が大変です。

そんなauひかりは、どこから申し込むかが重要なポイントなんです。

そこで通信業界を5年以上、毎月1番お得な申し込み窓口を調査している当サイトが、2020年10月現在、1番お得な料金やキャンペーンをしている申込先をご紹介します。

それでは、auひかりの契約をご検討中の方は続きをご覧ください!

この記事を書いたのは…

運営者Kazushi Shinohara

Kazushi Shinohara

当サイトを運営して1年半になる担当者。固定回線~WiMAXの比較を来る日も来る日も続けた結果、今では街にある何もかもがインターネット回線に関連するものに見えてくるほどのめり込んでいる。料金比較、及び総合力を判断した上でのインターネット回線比較に定評あり。

auひかりの契約に重要な2つのポイント

前述の通り、auひかりの契約で大事なポイントはこの2点。

「スマートバリューを使う」
「どこから申し込むか」

auひかりを契約する際は、この2つのポイントを抑えることで月額料金をグッと抑えることができるんです。

スマートバリュー(スマホセット割り)

現在の光回線の契約では、スマホとのセット契約が必須事項。

auひかりとauのスマホをセット割「auスマートバリュー」を適応すると、スマホ料金が月額最大1,000円の割引に。

スマートバリューは、スマホプランによって割引額が異なりますので下記の表とあなたのスマホプランをご確認ください。

スマートバリュー割引料金 一覧
プラン 月額割引金額
新auピタットプラン
(1GB超~7GB)
500円割引
新auピタットプランN
(1GB超~7GB)
auデータMAXプラン
Pro/Netflixパック
1,000円割引
auデータMAXプラン
auフラットプラン
7プラスN
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン
20N/25N/20/25/30
2GBまで
500円割引
2GB超
1,000円
割引
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
データ定額
2(ケータイ)/3(ケータイ)
934円割引
データ定額5
(ケータイ)
2年間
1,410円
割引
3年目以降
934円割引
LTEフラット
for Tab / Tab(i) / Tab(L)

※割引は翌月から
引用:auひかり公式サイト
https://www.au.com/mobile/charge/charge-discount/smartvalue/)

スマートバリューの優れている点は、この割引がなんと「永年割引」であること。キャッシュバックは1度きりですが、この割引は契約期間中ずっと続くためむしろ入らないと損することに。


家族4人の場合、1人1,000円割引=毎月4,000円の節約
4,000円✖︎12ヶ月=48,000円/年


年間48,000円が、永年割引です。いかがでしょうか?加入必須ですよね。

スマートバリューは、同居している家族だけでなく、50歳以上のご家族や、同じ住所に住んでいればルームシェアや同棲カップルでも最大で10人まで登録することができます。

auスマートバリューは、auひかり電話(月額500円)への加入が条件です。

auひかりでは、スマートバリューへの加入を条件に、後述する工事費無料などのお得なキャンペーンが適用されます。500円でそれ以上の見返りがあると考えると固定電話サービスへの加入は必須であると言えますね!

ちなみに、固定電話を申し込みしたら電話番号が割り当てられますが、実際にその電話番号を使用したり、電話機を用意したりする必要はありませんのでご安心を。

どこで申し込むのがおすすめなの?

auひかりの申し込み窓口は「プロバイダ経由」か、「代理店経由」のうち最も条件が良いところを選びましょう。

auひかりのあらゆる申込先を徹底調査した結果、現在もっともお得な申込先はプロバイダ「GMOとくとくBB」です。

とにかくGMOとくとくBBがおすすめな理由をすぐに知りたい方はこちらのボタンをご利用ください!

GMOとくとくBB
おすすめポイントへ

ちなみに、auひかりの公式サイトやauショップでの申し込みはおすすめできません。

理由は単純で、auひかり本体では割引やキャンペーンをあまり行っていないため、プロバイダや代理店経由での申し込みと比較すると料金が割高だから。

続いては、auひかりの特徴を確認していきましょう。

サービス提供エリア

auひかりは、auの親会社KDDIが提供する光回線で、ほぼ全国エリア対応したインターネットサービスです。一部利用対象外エリアもありますが、戸建て、マンション関係なく利用できます。

ではそのエリアを確認していきましょう。

エリアを確認

auひかりホームプランは、関西、東海、沖縄の下記都道府県に該当するエリアにお住まいの方は、ご利用できません。
「ホームプラン」が利用できないエリア
  • 関西:滋賀県、 京都府、 大阪府、 兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県
  • 東海:岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県
  • 沖縄県
上記で挙げたエリアではauひかりの系列auひかり系列のeo光(関西エリア)コミュファ光(東海エリア)auひかりちゅら(沖縄)があるため、競合を避けてauひかり本体は参入していないという事情があります。

あなたのエリアの対応状況はいかがでしょうか?

あなたがauユーザーであっても、auひかりのサービスエリア外だった場合、スマートバリューを適用できる下記のサービスがおすすめです。

  • 東海地方の方→コミュファ光
  • 関西地方の方 →eo光
  • 沖縄の方 →auひかりちゅら
  • それ以外の地域の方は?→ So-net光プラス


  • マンションにお住まいでフレッツ光系列の光回線しか利用できない場合、so-net光プラスがおすすめです。

    こちらも、スマートバリューに対応し速度も安定しているからです。

    続いては、auひかりの速度について確認していきましょう。

    独自回線で速度が安定している

    auひかりは、携帯キャリア大手のKDDIが提供する独自の光回線です。

    ここまで速度の評判がいい背景には、auひかりが独自回線だということ以外に『IPv6が標準搭載』されているからということがあります。

    IPv6とは、めちゃくちゃ簡単に言うと、今までよりも速い接続方式のことで、今はどの光回線もIPv6サービスが主流になってきています。

    auひかりの場合は『月額利用料無料・申込みなし』で特別な設定をすることなく、対応するルーターを使えば自動的にIPv6サービスが使えるようになります。

    それでは早速、auひかりの速度について確認していきましょう。

    戸建てとマンションタイプで速度に違いがありますので確認していきます。

    戸建て(ホームプラン)

    現在auひかりホームプランでは、最大速度1Gbpsの一般的なサービスとも提供しています。

    光回線 下り
    最高速度
    上り
    最高速度
    auひかり 1Gbps 1Gbps
    ドコモ光 1Gbps 1Gbps
    ソフトバンク光 1Gbps 1Gbps
    NURO光 2Gbps 1Gbps

    最大速度ではNURO光以外、特に変わりはありません。

    しかし、ドコモ光やソフトバンク光はNTTが持つフレッツ光回線を利用した光コラボサービスのため、速度が落ちやすいという状況もあり、速度の実測値という意味ではauひかりに軍配があがります。

    またauひかりは2018年3月1日から最大速度5ギガ、10ギガの超高速プランを戸建てホームプラン向けに提供開始しています。

    5ギガ・10ギガ高速通信プラン

    エリア限定になりますが最大速度5ギガ、10ギガの高速通信サービスを提供中。

    5ギガ、10ギガプランを申込むためには下記の条件を満たす必要があります。

    • 提供エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアに在住の方
    • 提供可能プロバイダ: GMOとくとくBB・au one net・@nifty・BIGLOBE・so-net
    • ずっとギガ得プラン(3年契約)を契約
    • auひかりホームタイプを契約
    • auひかり電話を契約


    こちらも後述するキャンペーンを利用してお得に契約することができます。

    続いては、マンションタイプを確認していきましょう。

    マンションタイプ

    戸建ては1Gbpsや、5G、10ギガタイプを選べますが、マンションは導入済みの設備によって契約できるプランが決まっています。

    マンションプラン 速度 概要
    タイプG
    (16世帯以上契約)
    664Mbps 光ファイバーがあるマンション
    共同利用
    タイプG
    (8世帯以上契約)
    664Mbps 光ファイバーがあるマンション
    共同利用
    タイプV
    (16世帯以上契約)
    100Mbps 共同利用
    タイプV
    (8世帯以上契約)
    100Mbps 共有でも混線しにくい
    都市機構デラックス 100Mbps URの賃貸マンション
    安定感はタイプVと変わらない
    タイプE
    (16世帯以上契約)
    100Mbps タイプVに比べ安定している
    タイプE
    (8世帯以上契約)
    100Mbps タイプVに比べ安定している
    ギガ 1Gbps この設備が入っているのは稀
    ミニギガ 1Gbps 3階建て以下
    工事費用あり
    タイプF 100Mbps 速度の安定感は良い


    また、マンションによってはauひかりの導入ができない場合も。お住まいのマンションがauひかり設備未導入の場合契約できません。

    もし3階以下のマンションにお住まいの場合は、auひかりホームプラン(ミニギガ)の申し込みが可能です。

    料金はホームプランと同じくらいになりますが、速度は通常のマンションプランより安定する傾向にあります。

    以上、auひかりのエリアや速度について確認してきました。続いては、初期費用や、工事費について確認していきましょう。

    auひかりの初期費用はいくら?工事費は分割支払いで実質無料!

    auひかりに限らず、光回線開通には登録料金や初期工事費がかかります。 その工事費の内訳を確認しましょう。

    工事費 月額料金×期間
    戸建て 37,500円 625円×60ヶ月
    マンション 30,000円 1,250円×24ヶ月


    ちなみにauひかりの工事費は、一括もしくは分割で支払いが可能。工事費を分割支払いする場合は、戸建ては60ヶ月、マンションは24ヶ月で分割した金額を月額料金に上乗せして支払います。

    たしかにauひかりの工事費は3~4万円と高額ですが、後述する「工事費無料キャンペーン」を利用すれば、なんと工事費が実質無料になりますのでご安心ください! 

    戸建てプランは工事費60分割(5年)ですが、契約は3年更新。つまり3年の満期でauひかりを解約した場合、工事費の残債(14,375円)は解約時に一括払いが必要となることには注意しましょう。

    「工事費無料キャンペーン」を利用すれば、なんと工事費が実質無料に!


    auひかりは解約時の違約金・撤去工事費用について

    auひかりの違約金と撤去工事費用は、他社と比較しても高額。

    しかし、光回線は頻繁に乗り換えるわけではありませんし、auひかりのサービス自体は非常に使い勝手のよいサービスだと言えますので参考程度に確認していきましょう。

    回線業者 違約金 撤去工事費用
    auひかり 9,500円~15,000円
    ※プランによる
    28,800円
    ドコモ光 8,000円~13,000円 無料
    ソフトバンク光 9,500円~15,000円
    ※プランによる
    無料
    フレッツ光 9,500円+プロバイダの違約金 無料
    NURO光 9,500円 10,000円

    違約金は契約更新期間での解約では発生しませんが、撤去工事費用はいつ解約しても必ずかかる費用です。

    少し高いですが、後述するキャッシュバックがそれを補って余りあるくらいお得ですし、頻繁に乗り換えるわけでもないため、総合的に考えると他の光回線と比較しても安い料金で利用できます。

    続いては、肝心の料金について解説します。

    住居タイプ別料金プラン

    こちらではauひかりの基本プランについてご紹介します。

    auひかりの月額料金は、プロバイダ料金込み。契約もひとまとめにできて、追加料金が発生しないのは助かりますね。

    戸建てかマンションかでプランも変わりますので、確認していきましょう。

    ホームタイプは「ずっとギガ得がおすすめ!」

    まずは、戸建てプランの料金からみていきましょう。

    プラン 月額料金 解約金
    ずっとギガ得 1年目5,100円
    2年目5,000円
    3年目4,900円
    3年/15,000円
    ギガ得 5,200円 2年/9,500円
    通常 6,300円 自由/なし
    ※プロバイダ込みの料金

    以上、auひかりのホームタイプの料金プランです。

    基本的には、月額料金が一番安くなる「ずっとギガ得プラン」がおすすめ。固定回線であれば3年以上契約する方が多いため、料金の一番安いギガ得プランがお得です。

    またauひかりの料金は、他の光回線と比較して安いのでしょうか?

    以下、auひかりのホームタイプ料金と人気の光回線の料金を比較した表をご覧ください。

    auひかりと人気光回線の比較表

    回線名 月額料金(基本料金)
    auひかり 4,900円~5,200円
    ドコモ光 5,200円
    ソフトバンク光 5,200円
    フレッツ光(東日本) 5,700円
    NURO光 4,743円
    ※料金は割引適用前の料金です

    このようにauひかりは、NURO光の次に安い料金設定になっています。

    ただし前述のように月額料金が安い=支払いが安いではなく、スマホキャリアとセット割ができるということが料金を安くする上でのポイントです。

    この額からスマートバリューの割引が入れば、スマホ1台でも1,000円、2台なら2,000円分安くなるので、auをご利用であればauひかりがおすすめです。

    続いては、マンションタイプの料金確認していきましょう。

    マンションタイプは導入済み設備によって料金が違う!

    auひかりマンションの場合、マンションの設備によって料金や接続方式が異なります。

    マンションタイプのプランは2つ。基本的には無料サポートがついた「得プランA」がおすすめです!

    プラン 契約期間 違約金 安心サポート
    得プランA 2年契約期間 7,000円 あり
    標準プラン なし 0円 なし
    ※プロバイダ込みの料金

    auひかりの月額料金は下記の通りです。

    ※月額料金は、マンションににどのタイプの設備が導入されているかによって月額料金の差が2,000円ほど出るので、ご自身のマンションはどのタイプなのか調べた上で、料金表をチェックすることをおすすめします。

    マンションプラン 月額料金
    タイプG
    (16世帯以上契約)
    3,800円
    タイプG
    (8世帯以上契約)
    4,100円
    タイプV
    (16世帯以上契約)
    3,800円
    タイプV
    (8世帯以上契約)
    4,100円
    都市機構デラックス 4,100円
    タイプE
    (16世帯以上契約)
    3,400円
    タイプE
    (8世帯以上契約)
    3,700円
    ギガ 4,050円
    ミニギガ 5,000円
    タイプF 3,900円
    *基本料金同じで、契約期間、違約金もない標準プランというものもあるのですが、無料のサポートがついていないため、ほとんどの方は得プランAにしています。

    以上、料金プランについて紹介しました。

    ホームタイプは3年契約の「ずっとギガ得」、マンションタイプは2年契約の「得プランA」がおすすめ。


    続いては、auひかりで利用できるプロバイダについて紹介します。

    auひかりで利用できるプロバイダ

    現在、auひかりで申込可能なプロバイダは、下記の8つです。

  • So-net
  • BIGLOBE
  • au one net
  • @nifty
  • @tcom
  • AsahiNet
  • DTI
  • GMOとくとくBB


  • auひかりは様々なプロバイダが選べますが、申込先によってどこのプロバイダが利用できるか違いますのでご注意を。

    ただし、どこも実績があり大きな違いはありませんので、料金で見るのがおすすめです。

    続いては、窓口選びのポイントを紹介します。

     

    auひかりキャンペーン比較のポイント

    auひかりのキャンペーンで「最大11万円還元!」などという広告を見たことがあるのではないでしょうか?

    しかし!ホントに大事なのは、キャッシュバック額ではなく、実質料金で見ることがポイントなんです。

    不要なオプションが無いところで申し込む。

    そんなオプションには、どのようなものがあるのでしょうか?
    【例①】プロバイダの有料オプション強制加入
    (初月~数か月だけ無料で、そのあと有料というパターンが多い)

    例:安心サポート→オプションの月額料金は100~500円の安価なものがほとんどですが、解約し忘れると無駄なお金を払い続けることに。

    【例②】ウォーターサーバーの注文
    →auひかりの月額料金より、ウォーターサーバー代の方が高くつきそうですね。

    【例③】友達○人紹介
    →面倒な固定回線の乗り換えを友達に頼むのはハードルが高いですね。

    【例④】キャッシュバック額が大きそうに見せて、実は安くなっていない場合がある。
     →表記をわかりにくくし、キャッシュバック額だけで判断させてしまう。


    このように高額なキャッシュバックを受け取るには、かなり高いハードルが設けられたり、キャッシュバック額だけ高くして安く見せていることがほとんどです。

    これでは、何を基準に選ぶべきかわかりにくいですよね。

    そこで今回当編集部は、auひかりの最もおすすめの窓口を選定するための基準として、実質月額料金という指標を設定しました。その内容は下記の通りです。

    おすすめの窓口選定の基準
    • 契約期間満了までの月額料金総額
    • キャッシュバック
    • 月額料金割引
    • 工事費・契約事務手数料などの諸費用

    上記ご覧いただくと分かる通り、契約に関わる全てのお金を計算して契約期間で割った月額料金が実質月額料金です。

    つまり、あなたが実際に負担することになる金額を正確に割り出しております

    上記を踏まえて、当編集部は高額なキャッシュバックなどに囚われず、本当にお得にauひかりを利用していただけるのはどこかを調査しました。

    前述の通り、結論として現在auひかりの1番お得な申込先は「GMOとくとくBB」です。

    次は、GMOとくとくBBがなぜおすすめなのか?その理由を確認していきましょう。

    auひかりはGMOとくとくBBからの契約がおすすめ

    前述の通り、大切なのはキャッシュバック額ではなく、実質月額料金。

    なぜGMOとくとくBBの実質月額料金がここまで安いのか、確認していきましょう。

    auひかりの窓口(プロバイダ・代理店)11社を比較

    早速ですが、下記の比較表を確認していきましょう。 

    ホームプラン(3年) マンションプラン(2年)auひかり料金比較
    ※キャッシュバック額は実質料金に含まれています。

    auひかり料金比較

    ※キャッシュバック額は実質料金に含まれています。

    auひかり
    窓口
    3年実質
    月額料金
    3年総額 キャンペーン
    auひかり公式
    (電話あり)
    5,717円 211,511円 10,000円
    キャッシュバック
    GMO
    とくとくBB
    (電話あり)
    3,700円 136,911円 61,000円
    キャッシュバック
    フルコミット
    (電話あり)
    4,830円 178,711円 41,000円
    キャッシュバック
    BIGLOBE 4,481円 165,800円 50,000円
    キャッシュバック
    NEXT
    (電話あり)
    4,430円 163,911円 52,000円
    キャッシュバック
    NNコミュニ
    ケーションズ
    (電話あり)
    4,430円 163,911円 52,000円
    キャッシュバック
    So-net 3,872円 143,280円 月額料金割引
    アシタエ
    クリエイト
    (電話なし)
    4,130円 152,800円 45,000円
    キャッシュバック
    DTI
    (電話なし)
    4,927円 182,300円 38,000円
    キャッシュバック
    Asahinet
    (電話なし)
    4,831円 178,750円 月額料金割引
    nifty 5,022円 185,800円 30,000円
    キャッシュバック
    T-COM 5,703円 211,025円

    auひかり料金比較

    ※キャッシュバック額は実質料金に含まれています。

    auひかり
    窓口
    3年実質
    月額料金
    3年総額 キャンペーン
    auひかり公式
    (電話あり)
    4,023円 100,575円 10,000円
    キャッシュバック
    GMO
    とくとくBB
    (電話あり)
    1,731円 43,275円 51,000円
    キャッシュバック
    フルコミット
    (電話あり)
    3,051円 76,275円 30,000円
    キャッシュバック
    NEXT
    (電話あり)
    3,114円 115,211円 47,000円
    キャッシュバック
    NNコミュニ
    ケーションズ
    (電話あり)
    2,543円 63,575円 47,000円
    キャッシュバック
    アシタエ
    クリエイト
    (電話なし)
    2,120円 53,000円 45,000円
    キャッシュバック
    BIGLOBE 1,784円 44,600円 50,000円
    キャッシュバック
    nifty 2,584円 64,600円 30,000円
    キャッシュバック
    DTI
    (電話なし)
    3,464円 86,600円 38,000円
    キャッシュバック
    So-net 2,117円 52,920円 月額料金割引
    Asahinet
    (電話なし)
    3,384円 84,600円
    T-COM 3,784円 94,600円

    表の通り、実質月額料金はダントツでGMOとくとくBBがお得であると、お分かり頂けたのではないでしょうか?

      なぜこんなに安くなっているのか、キャンペーン内容を確認していきましょう。

    2020年10月現在のGMOとくとくBBのキャンペーン内容

    こちらのキャンペーン内容は、GMOとくとくBBとau公式のキャンペーンを含んだもので、両方適用されます。

    ひかり電話が無料に。

    GMOとくとくBBで申し込むと、戸建てで36ヶ月、マンションで24ヶ月間ひかり電話が無料になります

    ひかり電話は、スマートバリューや、キャンペーンの適用条件になっていますので、加入をおすすめしています!

    auひかり電話 月額料金 割引期間 割引総額
    戸建て 500円→0円 36ヶ月間 −18,000円
    マンション 500円→0円 24ヶ月間 −12,000円


    以上のように、電話代も無料になりますので、入らない理由はないくらい、お得になっています。

    工事費も実質無料に

    高額だと言われた工事費も、なんと実質無料になります!

    住居 工事費 割引期間 割引総額
    ホームプラン 625円→0円 60ヶ月 −40,000円
    マンション
    プラン
    1,250円→0円 24ヶ月 −40,000円


    最大61,000円キャッシュバック

    2020年10月現在GMOでは、戸建て最大61,000円、マンション最大51,000円のキャッシュバックがあります。

    受け取り期間は下記の通り。

    受け取り時期 金額
    11ヶ月後 キャッシュバック総額の半分
    23ヶ月後 キャッシュバック総額の半分


    申請月をカレンダーアプリなどに登録し、必ず通知を受け取れるようにするのがポイントです!


    他社違約金最大30,000円負担

    上記の30,000円キャッシュバックとは別で、他社から乗り換えの際に発生した違約金を最大30,000円分キャッシュバック。

    こちらは他社からの乗り換えにかかる違約金を負担するという特典のため、実質月額には反映していません。

    宅内無線LANが永年無料に

    スマートバリューに加入していれば、auひかりをご利用中は無線LANルーターがずっと無料です

    通常、無線LANルーターを別で買いますが、どれを買ったらいいかわからない、別でお金を払いたくないという方にはお得ですね。

    5ギガ、10ギガの高速通信サービスがお得に

    ホームプランに申し込みかつ、対象エリアにお住まいの方は、5ギガ、10ギガの高速通信プランがお得になります。

    ※auひかりホーム10ギガ・5ギガヘのお申し込みは、提供エリアが限られます。
    【お申込可能エリア:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア】

    サービス 速度上り/下り 料金
    ホーム5ギガ 最大5Gbps 500円 → 0円
    ホーム10ギガ 最大10Gbps 1,280円 → 780円
    この割引額は、スマートバリュー加入中はずっと継続されますので、エリア内の方は無料で追加できる5ギガに申し込むのがおすすめです。

    以上、au光のお得な申し込み窓口「GMOとくとくBB」のキャンペーンについてご紹介してきました。

    まとめ

    auひかりを申し込むなら圧倒的にGMOとくとくBBがおすすめだとおわかりいただけたのではないでしょうか?

    auひかりは速度、料金、キャンペーンどれを見ても、auユーザーであれば間違いなく1番おすすめの回線です。

    GMOとくとくBBから申込むことで、一段とお得に利用頂けます。

    GMOとくとくBBまとめ
    • 戸建てなら実質月額3,700円~
    • マンションなら実質月額1,731円~
    から利用可能です。

    1台あたり最大1,000円が永年割引になるスマートバリューを適用しもっとお得に利用しましょう。

    auひかりの契約をお考えであれば、下記のGMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです!

    お得なGMOとくとくBBの
    申し込みは先はこちら

    この記事があなたの契約の参考になれば幸いです。