料金・速度を比較して契約におすすめのプロバイダをご紹介

ネット診断

記事を探す

コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

料金・速度を比較して契約におすすめのプロバイダをご紹介

コンシェルジュバナー
プロバイダとの契約は必要?おすすめプロバイダから契約方法まで解説
プロバイダの契約方法とは?

「インターネットを使う際、光回線とは別にプロバイダが必要なの?」
「おすすめのプロバイダはどこ?」

上記のような疑問をお持ちの方に向け、本記事ではプロバイダの役割・契約におすすめのプロバイダについてご紹介します。

プロバイダの契約は面倒なように感じますが、最近は光回線とプロバイダを一括で契約できる場合がほとんどで、比較的簡単に光回線サービスを利用できるようになってきました。

契約におすすめできるプロバイダはたくさんありますが、本記事を読めば、あなたにおすすめの1社が簡単に見つかります!

また記事後半では、プロバイダ契約・乗り換えについての疑問に一問一答方式で答えています。こちらであなたのプロバイダに対するお悩みを解消していきましょう。

プロバイダとの契約はなぜ必要?

プロバイダはインターネット接続に必須の存在

プロバイダとは、光回線(物理的な線)をインターネットに繋げる事業者のことで、プロバイダがあって初めてインターネットが利用できるようになります(プロバイダを契約せずに光回線だけ契約しても、インターネットに接続できるようになりません)。

これからご自宅にインターネット回線(光回線)を引こうとお考えであれば、「光回線+プロバイダ」の契約が必要です。 イメージとしては、下記の図が参考になるでしょう。

プロバイダの役割説明図

出典:https://tokuhayanet.com/hikaricollabo/biglobe/biglobehikari-provider/


現在は「光回線+プロバイダ」一体型が主流

「光回線の他にプロバイダまで契約しなければいけないなんて、面倒くさい…」と感じてしまいますよね。 一昔前までは光回線とプロバイダの契約窓口が別々で、それぞれを契約しなければいけませんでした。

しかし、現在は「光回線+プロバイダ」一体契約が主流。つまり、光回線を契約したら、自動的にプロバイダも契約できることがほとんどで、プロバイダの存在を気にする必要はありません。

また、通信速度や料金の安さはプロバイダより、光回線サービスの内容によって決まってくる部分が大きいため、どの光回線サービスにするかを比較して選ぶ方が大事です。

ただ、光回線を選ぶ際に「エリアが対応しているか?」「料金や速度の評判はどうか?」といったことをご自身で比較検討しようとすると、かなり大変ですよね。当サイトではあなたに代わって光回線の料金や速度を徹底比較しました!

今おすすめの光回線は何か、気になる方は次章でチェックしていきましょう。

おすすめの光回線サービスの選び方~プロバイダ選びは不要なの?

光回線を契約したい場合には、プロバイダを選ぶ必要がなくなってきているとお伝えしましたが、ではおすすめの光回線はどこなのでしょうか?今回は、料金が安く、通信速度の評判もよい光回線をご紹介します。

光回線を提供しているプロバイダは様々なキャンペーンを実施しておりますが、その中でも最も料金がお得になるのは「スマホ割」という割引です。

「スマホ割」とは、スマホキャリア(ドコモ・ソフトバンク・Y!mobile・au)と光回線をセットで契約することで受けられる割引で、毎月のスマホ代が最大1,100円も割引かれます。

年間に直すと「スマホ割」によって13,200円も安くなりますね。しかも、ご家族のスマホも同じキャリアであれば割引対象なのでさらにお得です。

このスマホ割を考慮して、今から契約する方におすすめの光回線サービス(プロバイダ)をご紹介しましょう!

プロバイダによっては、対応エリアが限られているため、エリアごとにおすすめの光回線(プロバイダ)をご案内します。

格安スマホをお使いの方はキャリアスマホのスマホ割を考慮する必要はありません。光回線の実質料金(月額料金、工事費、キャンペーンなどを考慮して算出した実質的な負担額)を比較し、最もお得な光回線をご紹介しています。

エリア別おすすめ光回線
(プロバイダ)

北海道


東北


関東


関西


東海


四国


中国


九州


上記が今から契約する方におすすめの光回線です。各光回線の詳細ページでは、料金プランやお得なキャンペーンだけでなく、通信速度の評判や契約にあたっての注意事項もお伝えしています。

あなたが光回線契約で迷われないよう、分かりやすく解説していますので、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね。

ここから先は、プロバイダ契約にまつわる疑問にFQA方式でお答えしていきます!気になる項目があればご一読いただき、プロバイダについての疑問を解消していきましょう。

プロバイダ契約についてのFAQ


それでは各項目について、疑問にお答えしていきましょう。

「インターネット対応マンション」でもプロバイダ契約が必要?契約方法は?

マンションでインターネットを利用するにはプロバイダとの契約が必要

「インターネット対応(使用可・完備)」のマンションにお引越しをされる方の中には、不動産会社から「別途プロバイダ契約が必要です」と伝えられることもあるでしょう。

これはどういう状況かというと、「マンション建物自体には光回線が引き込まれているものの、利用するにはインターネット利用契約が必要ですよ」という状況です。

マンションに住んでいる他の住人も光回線でインターネットを利用するので、ほとんどのマンションには既に光回線が引き込まれています。しかし、入居者がインターネットを利用するにはプロバイダと契約する必要があるのです。

ちなみに、マンション内では1本の光回線を住人でシェアするのが一般的です。下記図がそのイメージです。

回線混雑によりインターネット回線が遅い状況

出典:フレッツ光公式サイト


あなたのマンションで契約できるプロバイダはどれ?

では好きにプロバイダを選べるかというと、そうではありません。マンションに引き込まれている光回線の種類によって、契約できるプロバイダは変わってきます。

ほとんどのマンションに引かれている光回線はNTT回線(フレッツ光回線)ですので、まずはNTT回線を使っている場合、契約できるプロバイダを確認していきましょう(どの光回線を使っているか不明の場合は、マンションのオーナーに改めて確認しましょう)。

マンションにNTT回線が引かれている場合、契約できるプロバイダ

NTT回線を使って提供されている光回線サービスはかなり沢山ありますが、おすすめの光回線サービスとプロバイダは下記の通りです。

NTT回線を利用している
おすすめプロバイダ

光回線サービス 提供プロバイダ
ソフトバンクユーザーにおすすめ
ソフトバンク光
Yahoo!BB
(プロバイダ一体型)
auユーザー
におすすめ
ソネット光プラス
ソネット
(プロバイダ一体型)
ドコモユーザー
におすすめ
ドコモ光
GMOとくとくBB
*複数のプロバイダから選べますが、現在最もおすすめの光回線はGMOとくとくBB

上記のプロバイダであれば、簡単な工事だけですぐにご自宅でインターネットが使えるようになります。

一方で、マンションオーナーの許可がおりれば、他の光回線を新規で引いてくることもできます。そこで次に、NTT回線以外にどんな光回線があるのかを見ていきましょう。

NTT回線以外の光回線を新規で引く(もしくは既に引かれている)場合、契約できるプロバイダ

NTT回線ではなく、独自回線で光回線サービスを提供しているプロバイダは下記の通り。

独自回線を利用しているプロバイダ

光回線サービス 提供プロバイダ
NURO光
(北海道/関東/関西/東海/九州)
ソネット
(プロバイダ一体型)
auひかり
(関西/東海/沖縄を除く全国)
ソネット
*複数のプロバイダから選べますが、現在最もおすすめの光回線はソネット
関西ーeo光

東海ーコミュファ光

四国ーピカラ光

中国ーメガエッグ光

九州ーBBIQ光
プロバイダは各光回線サービスを提供している地方電力会社(プロバイダ一体型)

上記の光回線が既にマンションに引かれている場合、プロバイダを契約し、簡単な工事をするだけですぐにインターネットを使えるようになります。

しかし、NTT回線しか引かれていないマンションで、上記の光回線サービスを利用したい場合は、新規でマンションへの光回線導入工事を行う必要があります。工事内容としては、①マンション自体への回線引き込む+②お部屋まで回線を引き込むという作業が必要なため、利用開始までは1~2か月程かかると認識しておきましょう。

独自回線(NURO光・auひかり・地方光回線)はインターネット回線速度が速く、安定していると評判の光回線サービスです。 回線未導入の場合はマンションオーナーに開通工事の許可を取る必要があったり、インターネット利用開始まで少々時間がかかるといったデメリットはありますが、快適なインターネット環境を整えたい方はぜひ契約をご検討ください。

光回線サービス契約からインターネット利用開始までの流れ

契約したいプロバイダは見つかっているという方に向け、プロバイダ契約からインターネット利用開始までの流れをご案内いたします。

光回線(プロバイダ)利用手順①
WEBからプロバイダにみ、契約する

まずはプロバイダの契約窓口から光回線サービスを申し込みましょう。当サイトの各光回線詳細ページでは、おすすめのプロバイダ契約窓口をご案内しています。

「プロバイダによる訪問販売」や、「ヨドバシカメラなどの店頭」からもプロバイダと契約することはできますが、一番お得に契約できるのはWEBからの契約です!(WEB上では営業人件費をかけずに販売できるので、プロバイダは高額キャッシュバック等のキャンペーンが実施できるのです)

光回線(プロバイダ)利用手順②
工事日の日程調整

プロバイダとの契約が完了したら、担当者より工事日調整の連絡が来ます。マンションであれば光回線が既に引き込まれていることが多く簡単な工事になりますので、1~2週間で工事が完了することが多いです。

一方、戸建ての場合や、マンションでも新規回線を引き込む場合は、開通まで1~2か月掛かるのが一般的です。

工事日当日は、ご契約者の立ち合いが必要ですので、在宅できる日時で調整しましょう。

プロバイダの工事が完了するまで、インターネット環境がないというかた向けに、プロバイダがWiFiルーターを貸し出していることがあります。光回線の開通までに時間がかかる場合でも安心ですね。

光回線(プロバイダ)利用手順③
プロバイダによる開通工事の実施

プロバイダの担当者がご自宅に訪問し、光回線開通工事を行います。開通工事自体は、1~2時間ほどで完了します。

開通工事によりインターネットを利用できる状態になります。パソコンやスマホへのインターネット接続設定を行い、インターネットに接続できるか確認しましょう。

プロバイダによって通信速度に違いは出るのか

プロバイダによって速度の「安定性」に違いが出る

インターネット回線の速度は、光回線(光ファイバー)自体のスペックによって決まる部分が大きいのですが、プロバイダによっても「速度が安定しやすいプロバイダ」「速度が遅くなりがちなプロバイダ」があります。

プロバイダはインターネット接続を行う役割を担っていますが、そのプロバイダを利用しているユーザーが多いと回線が混雑し、通信速度が遅くなってしまう傾向があるのです。

では、利用者が多い人気プロバイダは避けた方がいいかというと、そうとは言い切れません。

現在、新しく回線混雑を避けてインターネットに接続する仕組み「IPv6 IPoE」というものが登場し、「IPv6 IPoE」に対応したプロバイダであれば安定した速度が出やすくなっています。

従来のプロバイダ通信方式と、「IPv6 IPoE」方式のイメージは下記の図が分かりやすいでしょう。「IPv6 IPoE」方式によってプロバイダの速度の安定性は2倍ほどに改善します。

IPoE Ipv6(v6プラス)適用によりプロバイダの通信速度が改善するイメージ図

(出典:http://www.kahemicafe.com/ipv4-over-ipv6-point-to-notice)


通信規格「IPv6 IPoE」に対応しているプロバイダとの契約がおすすめ

速度の速い光回線サービスを契約しようとお考えであれば、通信規格「IPv6 IPoE」に対応したプロバイダがおすすめです。

現在、主要プロバイダのほとんどが「IPv6 IPoE」に対応しており、当サイトでも「IPv6 IPoE」対応済みプロバイダをおすすめとしてご紹介していますのでご安心ください。

おすすめの乗り換え先はどこ?

現在、既にプロバイダと契約して光回線サービスを利用しているという方の中には、「速度が遅いからプロバイダを乗り換えたい」「今よりも料金が安いプロバイダに乗り換えたい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

以降では、「速度・料金」別にお乗り換えにおすすめのプロバイダをご紹介いたします。

通信速度が遅いとお悩みの方に、おすすめのプロバイダ

フレッツ光 or 光コラボを
ご利用の方

現在フレッツ光もしくは光コラボをご利用の方には、独自回線プロバイダである「NURO光」や「auひかり」への乗り換えが最もおすすめです。

逆に、下記の光回線サービスへ乗り換えても速度が改善する可能性は低いのでご注意ください。

乗り換えで速度が改善する
見込みが薄い光回線サービス

ソフトバンク光、ソネット光プラス、ドコモ光、ビッグローブ光、OCN光、ぷらら光、フレッツ光、その他光コラボサービス


フレッツ光と光コラボは、サービスを提供しているプロバイダは違いますが、使っている光回線は同じNTT回線になります。プロバイダを変えても使う光回線が同じなので、速度が改善する見込みが低いのです。

現在、フレッツ光と光コラボをご利用の方に、おすすめの乗り換えプロバイダはこちらです。

通信速度を改善したい方におすすめの乗り換え先プロバイダ

光回線
(プロバイダ)
特徴 対応エリア
NURO光
(ソネット)
平均速度(実測値)460Mbpsと、速度の評判が国内一高い。乗り換え先のプロバイダとして最もおすすめ。 北海道/関東/関西/東海/九州
auひかり
(戸建て:
GMOとくとくBB
マンション:
ソネット)
平均速度(実測値)360Mbpsと、速度の評判が高い。その上、高額キャッシュバックによってインターネット料金が安く抑えられる。 関西・東海以外の全国

どちらもNTT回線ではなく独自回線となりますので、回線未導入の場合、新たに光ファイバーを引き込む必要があるかもしれません。特にマンションにお住まいであれば、建物への光回線引き込み工事にオーナーの許可がいるので事前にご確認ください。

もし現在、速度が速いと評判の「NURO光・auひかり・地方光回線」を使っているけれど、満足する通信速度が出ていないという方は、プロバイダ以外に問題があるかもしれません。

下記ページでは光回線の通信速度が遅い時の原因と対処法を解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

プロバイダ以外の速度が遅くなる原因を見る

インターネット料金を抑えたい方におすすめのプロバイダ

「今のプロバイダに支払っているインターネット料金が高すぎるのではないか…」と思っている方もいるでしょう。プロバイダ料金を安くしたい方には、光回線+キャリアスマホセット割引を実施しているプロバイダへの乗り換えがおすすめです!インターネット料金が毎月1,100円も安くなる可能性があります。

また、格安スマホをお使いの方にはキャリアスマホ割は関係ありませんので、料金が安いプロバイダとの契約がおすすめです。

本記事前半で料金が安い、契約におすすめのプロバイダをご紹介していますので、ぜひチェックしていただければと思います。
あなたにとって一番料金が安い
おすすめプロバイダを見る

プロバイダの乗り換え時の流れ・注意点

プロバイダ乗り換えなら、プロバイダの二重契約に注意

プロバイダを乗り換える際、元のプロバイダを解約し忘れると、プロバイダを二重契約した状態(プロバイダを使っていなかったとしても、利用料金を支払い続ける状態)になってしまいます。元のプロバイダの契約は必ず解除するようにしましょう。

では、どのようなタイミングで元のプロバイダの解約・新規プロバイダの契約をしたらよいのでしょうか。プロバイダ乗り換え時の流れをご説明します。

プロバイダの乗り換え時の流れ

プロバイダ乗り換えの流れ①
新規プロバイダを契約する

プロバイダを契約してから利用できるようになるまで、工事が必要であれば1~2か月ほど時間がかかります。そのため、まずは乗り換えたいプロバイダと契約しましょう。

プロバイダ乗り換えの流れ②
元のプロバイダの解約タイミングを確認し、解約する

乗り換え先のプロバイダが利用できるようになるまで、元のプロバイダを契約し続ける方も多いかと思いますが、元のプロバイダの契約更新期間には注意が必要です。

プロバイダの契約は2~3年の期間縛りがあることが多く、解約タイミングによっては、解約料金がかかってきてしまします。プロバイダとの契約書で、解約料金がかからない更新タイミングがいつなのかを確認しましょう。

なお、多くのプロバイダでは契約更新月の15日(あるいは20日)が解約申請の締め日となっており、「契約更新月の末に連絡をしたら間に合わなかった…」ということもありますのでご注意ください。

いずれにせよ、プロバイダに連絡をして解約金がかからず解約できる期間を確認し、適切なタイミングで契約を解除するようにしましょう。

プロバイダ乗り換えの流れ③
新規プロバイダで光回線サービスを利用できるようになる

新しく契約したプロバイダの光回線開通工事が完了すると、インターネットを利用できるようになります。

(もし元のプロバイダと同じ光回線を使ったプロバイダなのであれば、工事不要で1~2週間で利用できるでしょう。)

お持ちのパソコンやスマホにインターネット接続設定をして、実際にインターネットを使えるかどうか確認しましょう。

以上、プロバイダ乗り換え時の流れと注意点についてご説明しました。プロバイダ乗り換えをお考えの方の参考になれば幸いです。

契約が強制解約なった場合の対応方法

プロバイダ料金を滞納する等の事象で、プロバイダ契約が強制的に解除されてしまう場合があります。この場合は、未払い料金を全て清算するなど、強制解約になってしまった事項をクリアにすることで、再契約できる場合がほとんど。

ただし、2年など利用期間に縛りがある契約では、満了前の強制解約によって違約金が発生しますので、強制解約は避けたいところです。多くのプロバイダでは、強制解約前に未払い料金の通知書が届きますので、早急に支払いをするようにしましょう。

なお、これを機にプロバイダを乗り換えることもできるので、もし既に強制的に契約解除となってしまった場合には、本記事でご紹介しているおすすめプロバイダもご検討いただければと思います。

まとめ

本記事では、光回線を利用する際に契約が必要なプロバイダについての疑問にお答えしてきました。

プロバイダはインターネット接続をする役割を担っており、インターネットを利用する際には必ず契約が必要となります。 ただ、現在は「光回線+プロバイダ」一体型の光回線サービスが多いため、実際に契約をお考えの方は光回線サービスを選ぶだけで契約可能。

本記事では、エリアごとにおすすめの光回線プロバイダをご紹介していますので、ぜひご契約の参考にしてみてくださいね。

エリア別おすすめプロバイダはこちら