ネット回線に関する情報ホームページ

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
インターネット回線&プロバイダを徹底比較

診断スタート

プロバイダ比較診断コンテンツ
    問1. お住まいのエリアはどちらですか?
    診断コンテンツ1問目
    スクロール
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 東海
  • 北陸・甲信越
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄
    問2. インターネット回線を利用されるのは1人ですか?複数人ですか?
    診断コンテンツ2問目
  • 1人
  • 複数人
    問3. 1日にインターネットをどのくらい利用されますか?
    診断コンテンツ3問目
  • 1日2〜3時間までの動画利用やサイト閲覧、アプリの利用
  • 1日2〜3時間以上の上記利用やオンラインゲームの利用
    問4. あなたのインターネット利用目的をお教えください
    診断コンテンツ4問目
  • サイト閲覧や動画利用など一般的な利用がメイン
  • TV・PCゲームや株取引など特殊な利用がある場合
    問5. お使いのスマホキャリアはどちらですか?
    診断コンテンツ5問目
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • その他
    問6. お住いは戸建(3階建て以下の集合住宅も含む)ですか?マンションですか?
    診断コンテンツ6問目
  • 戸建
  • マンション
  • 8階建て以上の物件
:一つ戻る :最初から
※上記ボタンでのみ戻れます
インターネット回線契約では、プロバイダや光回線、光コラボ、WiMAXなどなど知らない単語がたくさん出てきます。一般的な言葉じゃないので、正直あなたも大きな不安を抱えているのではないでしょうか?

「どんな手順で選べばいいのか?何を比較すればいいのか?」

これらを間違えると長期契約が普通であるインターネット回線契約では、数万円の損につながります。そんな事態は必ず避けたいですよね。

そこで、当サイトでは「簡単・お得」に信頼あるインターネット回線やプロバイダを比較できることのみを考えました。そうして生まれたのが以下の6個の比較基準。

  • 利用人数

  • お住いのエリア

  • 住居タイプ

  • 利用量

  • 利用目的

  • お使いのスマホキャリア

これさえわかればあなたにおすすめのプロバイダが必ず見つかります。(ページトップの診断コンテンツですぐにおすすめのインターネット回線を比較できます)

「インターネット回線ってこんなに簡単に比較できるんだ!」

あなたにそう思っていただけるのがプロバイダ比較.netです。それでは、早速あなたの状況に応じたおすすめインターネット回線プロバイダ比較を確認していきましょう。

安い?速い?戸建て/マンション?など、詳細比較はこちらから!

総合的に比較したい、インターネット回線について
詳しく知りたい方へ

インターネット回線の
総合情報ページ

種類別インターネット回線おすすめプロバイダ比較

光回線比較ページ詳細へ

最速1Gbps〜2Gbpsを誇る固定回線。速度を求める方、複数人での利用をお考えの方におすすめのインターネット回線です。

光回線比較へ
ポケットWiFi比較比較ページ詳細へ

持ち運びできるポケットWiFiやWiMAXのこと。利用量の少ない1人暮らしの方、外出先でインターネットを使いたい方におすすめのインターネット回線です。

モバイルWiFi比較へ

ジャンル別インターネット回線おすすめプロバイダ比較

住居タイプ

住居タイプによって料金や速度は変わります。あなたのお住いにおすすめのインターネット回線、及びプロバイダを比較!

戸建 マンション

通信速度

インターネット回線と言えば、速度の問題が付きもの。通信速度を求める方のために安定したインターネット回線をお伝えします。

速度比較へ

料金

契約の際に気になる料金比較。当サイトでご紹介するインターネット回線プロバイダの最安値をチェックしてお得な契約を勝ち取りましょう!

料金最安値比較へ

利用量

インターネットの利用が多い方、少ない方によっておすすめは大きく変わります。あなたの利用量にあったインターネット回線を見つけましょう。

利用量比較へ

利用目的

サイトの閲覧、動画視聴、オンラインゲーム、株の取引などあなたのインターネット利用目的に応じた契約を。あなたの目的に合ったインターネットプロバイダはこちら。

利用目的比較へ

ネット+TV

映画、ドラマ、スポーツ、バラエティなど好きなジャンルが見放題。そんなテレビ好きにはたまらないインターネット回線をご紹介します。

TVとセットなら

インターネット契約についてプロの意見を聞きたい方のために…

そして、「自分では複雑すぎて比較できない」、「信頼できる専門家の意見を聞きたい」などの悩みを解決するため、当サイトではインターネット回線コンシェルジュサービスというサービスを用意。

多くの利用者様に処方箋を提供してきたインターネット回線コンシェルジュが、あなたのお悩みを必ず解決してくれます。当サイトを見て、まだインターネット回線・プロバイダ選びに不安がある方には特におすすめです。

おすすめのプロバイダ・インターネット回線情報から比較まで何でもお答えします!コールバック予約も可能ですので、お気軽にご相談ください。


インターネット回線コンシェルジュへのご相談はこちらから
コンシェルジュサービスの
詳細はこちら

※営業時間 10:00〜21:00(年末年始を除く)
※クリックするとサービス詳細が見れます


それでは早速インターネット回線、及びプロバイダの選び方について詳細情報を確認していきましょう!まずは、固定回線とWiMAXやポケットWiFiを始めとしたモバイルWiFiの違いを比較していきます。どうぞご覧ください。

まずは固定回線とモバイルWiFiを比較!

家に繋ぐインターネット回線と言えば固定回線。そう決めつけていないでしょうか?確かに家族で利用される場合は固定回線がおすすめです。しかし、1人暮らしの方はモバイルWiFiも比較した方が良いかもしれません。

それは、1人暮らしの場合「安く・早く・手軽に」繋げるインターネット回線だから。下記にそんな固定回線とモバイルWiFiの特徴をまとめました。初めてインターネット回線やプロバイダの契約する方、1人暮らしの方は必見ですので、ご確認いただけると幸いです。

通信速度や接続方法、工事などの違いについて

固定回線とモバイルWiFiの比較

  • 固定回線
    固定回線とは、光ケーブルや電話線(ADSL)など有線でインターネット接続する回線。室内に据え置きで開通しているので、持ち運びはできません。高速で安定した通信ができるので、速度に不安がある方におすすめです。

    また、家族利用の場合は1人暮らしと比較して、スマホ割の金額が大きくなり非常にお得。固定回線では現在主流となっている光回線がおすすめです。速度は最高1〜2Gbps、料金も割引次第では月額料金を大幅に下げることができます。

  • モバイルWiFi
    モバイルWiFiとは、ポケットWiFiやWiMAXといった持ち運びができるインターネット回線です。特に工事も必要なく、契約後端末が届けばすぐに利用できます。また、通信速度も固定ほどではありませんが安定しているので、サイト閲覧や動画での利用なら全く問題ありません。

    ただ、利用データ量に応じた通信制限があるので、日常的にたくさんインターネットを使う人にはおすすめできません。モバイルWiFiの中では実質無制限プランがあるWiMAXがおすすめです。速度も最高758Mbpsを誇っており、何より1人暮らしの方はWiMAXの方が安くなります。

上記が固定回線とモバイルWiFiの特徴比較です。それぞれのおすすめサービスである光回線とWiMAXの総合比較はこちらからご覧いただけます。


固定回線プロバイダは住所とスマホキャリアが重要

ここからは固定回線の比較方法を詳しくご紹介します。固定回線では、回線選びからプロバイダ比較まで複雑な情報がありすぎてあなたも混乱してしまっていることでしょう。

しかし、最もあなたにおすすめのサービスを選ぶためにおすすめの比較方法は、ずばり…

「エリア」と「スマホキャリア」


よくプロバイダの比較サイトでは徹底的に比較していると明記して、多数あるプロバイダの情報を網羅的に紹介しています。ただ、最近のインターネット回線契約の構造は大きく変化。

確かに、以前はプロバイダの契約が必須だったので、プロバイダ比較は非常に重要な要素でした。しかし、最近ではプロバイダとインターネット回線が全てセットになった契約が一般的。プロバイダ比較はそこまで重要性が高くなくなりました。

それは、2015年に提供開始となった光コラボが非常に大きいです。光コラボはフレッツ光回線を一般業者に開放し、それらの業者がそれぞれ個別に光回線サービスを提供する仕組み。光コラボが生まれてからプロバイダ一体型のサービスが大きく増えました。

プロバイダ一体型契約のメリット

  • 契約先や支払い先は1つに
    例えば、これまでは、フレッツ光(光インターネット)とOCN(プロバイダ)と2つの契約をしなければなりませんでした。

    しかし、ドコモ光やauひかり、NURO光などプロバイダと一体型であれば、それぞれのサービスと契約するだけでインターネット回線を開通できるのでおすすめ。

  • 料金が安い
    これまで光回線とプロバイダ、別々に支払っていたのでそれぞれ料金がかかってしまっていました。しかし、各社料金値下げへの取り組みで一体型の方が安い料金で提示されています。

プロバイダ一体型のメリットは上記の通りです。他にも、これまでは光回線サービスの数が少なかったので、割引やオプションの幅が非常に狭くなっていました。しかし、多くの業者がこの光コラボを通して業界に参入することで、スマホ割やひかりテレビとセットになったプランなど趣向を凝らしたサービスを提供しています。

エリアとスマホ契約先の重要性とは?

それでは、なぜエリアと携帯キャリアで比較することがおすすめなのでしょうか?まずはエリアで比較する理由から詳しくご説明させていただきます。

インターネット回線は今や全国的に光回線が提供されており、エリアの側面を気にする必要はないとお思いの方もいらっしゃるでしょう。しかし、現在でも地方電力系の光回線が特定エリアのみで存在しています。それらの光回線の評判が非常に良いのです。

毎年通信速度を実測値ベースで表彰する「RBB Speed Award」では軒並み地方電力系の回線がランクインしています。また、料金でも電力会社なので当該電力会社を利用している人向けの割引があったり、auのスマホ割があったりとおすすめ要素が満載です。

上記のようにエリアによって、通信速度や料金を比較したおすすめのインターネット回線は大きく変わります。よって、エリアで固定回線の契約を考えることは非常に大事。続いて、なぜスマホのキャリアが重要なのか?

それは、光回線で最も割引が大きくなる「スマホ割」がおすすめだから。光コラボがスタートし、プロバイダ一体型の光回線がたくさん登場したことで、スマホキャリアも光コラボに参入してきました。その結果、スマホとセットで非常にお得な割引が適用可能です。

特に家族でご利用の場合、お持ちのスマホ全てに割引が適用できるかもしれません。なぜなら、3つのキャリア全てが10回線程度まで割引適用になるから。そんなスマホ割を適用せずにインターネット回線を契約するのはもったいないですよね。

まずは、お住まいがどの回線に対応しているか見ることが必要です。また、1人暮らしの場合スマホ割を使わず、他のインターネット回線を利用する方が安いケースもあります。しっかりと比較しましょう。

それでは続いて2019年大注目のおすすめ固定インターネット回線をいくつかご紹介!どうぞご覧ください。

2019年おすすめのインターネット回線

  • NURO光
    2019年大注目の超高速光回線。プロバイダも一括契約で簡単。

  • auひかり
    業界最大級のキャッシュバック。お得に繋ぐならこのインターネット回線。

  • 光コラボ
    利用目的に応じた割引、プロバイダ一体型の契約など、サービス面で充実のインターネット回線。

これら回線をまずお住いのところで使えるか。次に、スマホ割が使えるか、キャンペーンはどうか。これに加えて、マンションでは光コラボの場合、他より混みやすいのでプロバイダ比較が非常に重要。速度重視なのか、料金重視なのか、ご自身が何を光回線契約に求めるかが大事です。

それでは、各おすすめ回線の情報を見てきましょう!

速度・料金全て良し!NURO光

【NURO光の特徴】

世界最速の光回線のNURO光。通常の高速光回線1Gbpsの2倍の速度を誇り、速度で困りたくない方はNURO光が最もおすすめ!

NURO光はこれまで関東限定であることがデメリットでした。しかし、2018年1月より関西・東海エリアでのサービス提供を開始。今大注目のおすすめインターネット回線です。

当該エリアに在住で、インターネット回線の速度を重視される方はぜひこの機会に検討してみると良いでしょう。エリアが限定ですが対応しているエリアにお住まいがある方はとにかく必見です!今回の拡大エリアは関西と東海に限られますが、今後もサービス拡大をしていくことが予想されます。

さらにNURO光でんわの利用で、ソフトバンクのスマホ割が適用可能。ソフトバンクのスマホデータプランに応じて割引となるので、ソフトバンクのスマートフォンユーザーにおすすめの超高速インターネット回線です。

NURO光は、人気No.1プロバイダSo-netが提供しているので、プロバイダを選ぶ必要がなく非常に安心。

最後に気になる料金。「料金が高いんじゃないの?」と思われがちですが、プロバイダ、無線LAN、セキュリティソフト全て込みで4,743円!他と比較しても引けを取らない安い料金です!まさに速い・安いを実現した2019年最もおすすめの回線と言えます。

【おすすめユーザー】

  • 関東・関西・東海エリアにお住まいで速度重視の方
  • ソフトバンクスマホユーザー
  • 7階建て以下の物件にお住まいの方

NURO光詳細情報

高額キャッシュバックとスマホのセット割が魅力!auひかり

【auひかりの特徴】

auスマホ割を適用できるauスマートバリューがあり、家族利用の場合は家族のスマホも対象になるので大きな割引を得られます。よって、auスマートフォンユーザーにはauひかりがおすすめ。

また、回線の満足度を見てみると最大手のフレッツ光より断然良いです!回線の安定感が抜群で、特に通信速度が落ちがちなマンションにお住まいの方は、混み合いやすいフレッツ光と比較するとはるかにおすすめ。

さらに、キャンペーンが充実しているのがauひかり。お得な代理店などではオプション無しでも60,000円のキャッシュバックや他社からの乗り換え解約金負担などがあります。加えてプロバイダも一括契約なので手続きや支払いも簡単。

上記のキャンペーンは期間限定のため、auひかりについて気になる方にとって詳細情報は要チェックです。

【おすすめユーザー】

  • auケータイ、スマホユーザー
  • とにかく安い料金で利用したい方
  • フレッツ光に不満をお持ちの方

auひかり詳細情報

ドコモ・ソフトバンクなどスマホ割が充実!フレッツ光コラボ

【光コラボの特徴】

2015年2月にサービスが開始された待望のおすすめサービス。(※回線の種類ではなく新しいサービスの名称)

これまでNTT東日本・西日本が独占的に販売してきた光回線(フレッツ光)をドコモやソフトバンクをはじめ、希望する事業者へ卸売りすることになりました。これにより、各社が個性あるサービスをユーザーに直接届けられるように。

また、通信会社とは異なる企業の参入も発表され、更なる競争激化が予想されることから、他の回線と比較して低価格・高付加価値のサービスが提供されています。そんなユーザー側のメリットが盛りだくさんの現在最もおすすめできるインターネット回線の1つ。

また、光コラボではプロバイダも一括契約がほとんどなので、手続きや支払いも簡単でおすすめできます。

【おすすめユーザー】

  • すでにフレッツ光ユーザーで契約を一本化したい方
  • 面倒な乗り換え作業無く、月額料金を安くしたい方
  • 携帯キャリアのセット割がお得な方(ドコモ光、ソフトバンク光)

光コラボ詳細情報

ここまで、様々なおすすめ回線を見てきましたが、現在のトレンドは回線とプロバイダが一体となったサービス。プロバイダを選ぶというよりはインターネット回線に関わる全体のサービスを比較して選ぶイメージです。

まだまだしっかり比較出来ていない、詳細比較をしたいという方はこちらからインターネット回線プロバイダ総合比較をしていただけます。

光回線の
総合比較ならこちら


ポケットWiFiのおすすめプロバイダを徹底解説

おすすめモバイル回線

モバイル回線の主流はLTEとWiMAX。ポケットWiFiと混同される方もいますが、どちらもポケットWiFiルーター(持ち運び可能なルーター)がモバイル用無線回線をキャッチして使います。

実際はポケットWiFiはY!mobileの商標登録なのですが、いまやこうしたモバイル回線サービス全般を指すので当サイトではポケットWiFiをモバイル回線サービス全般としてご紹介します。

WiFiやLTE、WiMAXといった語句があまりわからないという方は、モバイルWiFiに関する基本情報ぺージでまずはご確認ください。→ポケットWiFi総合解説

それでは、簡単にLTEとWiMAXの特徴をみて、どんな方にどちらの回線が、またどこで契約するのがおすすめなのかを簡潔に比較していきます。

LTEとWiMAXを徹底比較

それではこちらで、LTEとWiMAXの特徴比較に関してご紹介していきましょう。

WiMAX・LTE比較表
UQWiMAXロゴ mobileLTEロゴ
一言アピール 高速回線が実質無制限で利用可能! 安定した通信が魅力!エリア問わず全国の方におすすめ!
エリア 全国 全国
月額 実質3,500円以下で利用可能! 4,000円〜5,000円程度
最大通信速度 558Mbps
(au 4G LTEとの融合で最大758Mbps)
988Mbps
キャンペーン ポケットWiFiと
比較して、
キャッシュバック
月額料金割引
両方豊富!
あまり大きくない
解説ページ WiMAXプロバイダ比較ページ LTE比較ページ

ここで、ポケットWiFiの比較・契約に関して最も大事なポイントの1つである
「速度制限」に関して解説いたします。

WiFiルーターの速度制限について

ポケットWiFiルーター契約をする際に絶対に気になる「速度制限」の壁。その中でも基本的に2つの壁があります。それが「7GB」と「3日間」の壁。

7GBの壁は多くの方ご存知でしょうし、そもそも各ポケットWiFi提供業者のプラン容量による速度制限はあります。しかし、厄介なのが間の制限などの短いスパンでの制限です。

LTEと比較してWiMAXは、ギガ放題プランという高速回線が使い放題できるいわゆる「無制限プラン」がありました。しかし、LTEでもこれは登場しました。

ただ、誤解を招かないために言いますと、ポケットWiFiの中に無制限なものは1つもありません。なぜなら、先ほどいいました「短いスパン」の制限があるから。LTE、WiMAX2+ともに3日間で3GB制限がありましたが、今現在WiMAXは3日間10GBへと拡大しています。

ですので、ポケットWiFiルーター契約を選ぶならまず7GB制限があってもいいかを見ますが、実際7GBはすぐにいってしまうもの。そのため、当サイトでは特に「短いスパンでの制限」に注目し、「実質無制限プラン」があるものを基本的にはおすすめ。

こちらを踏まえて、ご利用方法別におすすめをご紹介していきましょう。注目する点はこちら。

利用方法別プロバイダ比較!

  • 携帯とのセット割引がお得かどうか

  • 7GB制限ありプランで利用したい

  • 無制限プラン!


携帯とのセット割引を使いたいという方!

以前までは携帯とポケットWiFiルーターのセット割引を中心におすすめしていましたが、ポケットWiFiに関する徹底調査の結果、割引を使えてお得なのはauとWiMAXのセット割くらいでした。

携帯割がお得なのはWiMAXだけ

なぜかといいますと、ドコモもソフトバンクもLTEポケットWiFiはだしていて割引もありますが、WiMAXと比較して元のプランも高く、3日間の制限後も128kbpsになるので、おすすめできません。

128kbpsといいますと、メール読み込みすら遅くなってしまうかもしれないレベルで、写真の読み込みや動画なんてもってのほか。

以上のことから、携帯とのセット割でおすすめできるのはWiMAXによるauスマートバリュー利用のみでしょう。ですので、ソフトバンクやドコモのポケットWiFiを考えている方は、割引ではなくポケットWiFi全体でご自身に合ったものをお選びください。

WiMAXとLTEどちらも詳細に解説しているポケットWiFi総合解説ページがございますので、参考にしてみてください。

ポケットWiFi総合解説

7GB制限があっていいなら…

ここまでポケットWiFiに関してみてきましたが、実質無制限プランに注目といってきました。

しかし、ご利用になる方の中には7GB以下でも足りるという方もいるでしょう。そんな方にはLTEがおすすめ。なぜなら、WiMAXのメリットが高速回線が無制限にお得に使えること。もし、7GB超えそうか微妙なところ・・・という方はがいましたらこちらは無制限プランがおすすめ。

速度制限がかかってもOK、もしくはかからないならLTE

WiMAXよりもエリアが広く、LTEも同じくらい高速です。ただ、少しでも超えてしまうと絶望的に遅いです。7GB以上使いたいなんてことがあったら+685円のアドバンスオプションで無制限に利用可能。(3日制限あり)

しかし、前の月に申請する必要があるので、大目に使う月がわかっていて基本は利用料が少ない方はLTE7GB制限でいいですが、超える可能性がコンスタントにある場合は無制限プランを見ましょう。

以上のことから、7GB制限があってもよいならLTEがおすすめ。

LTE詳細情報へ

おすすめは無制限プラン!

ご紹介したように無制限プランといっても3日3GB制限など短いスパンの制限があり、その制限が非常に厳しい。

無制限プランを選ぶ方は容量もかなり使うでしょうから、3日制限はかなり重要。各社公表はしていないところもありますが、当サイトでは徹底調査・比較をふまえて、実質無制限で使えるおすすめポケットWiFiをご紹介します。

まず、無制限プランといえばWiMAX。3日制限はありますが、制限は他社と比較してはるかに緩く、通常の3GBの3倍以上の10GB!となると、実際の利用では気にならない程度ということですので、無制限ならWiMAXがおすすめ。

制限のない間はさらに非常に速いですし、なんといっても充実のキャンペーンとauスマートバリュー割があるのでかなりお得。しかし、20社以上プロバイダがあるため比較が非常に大変。最もお得に契約したい方は徹底解説したページを下記からご覧ください。

以前はドコモのLTEを使ったスマモバもかなり緩和された制限だったのですが、会員数の増加に伴い結局3日3GB制限、そして制限速度が200Kbpsというかなりの低速。

2018年1月のWiMAX新ルーターW05は、最速758MbpsというポケットWiFi業界で高速回線且つ、お得なサービスとなった現在、実質無制限で使うならWiMAXで決まりでしょう。

WiMAXプロバイダ比較はこちら