ワイマックスの通信制限をプランごとに徹底解説

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ワイマックスの通信制限をプランごとに徹底解説

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAXの速度制限を解説!3日で10GBは十分?
WiMAX-速度制限

WiMAXの速度制限を徹底解説!


「WiMAXを契約する前に速度制限について詳しく知りたい!」

上記のような悩みをもって、このページを訪れた方も多いのではないでしょうか。

WiMAX(ワイマックス)をご検討中なら、速度制限については気になりますよね。

事実、WiMAXを契約する前に速度制限について理解していないと、契約後に後悔してしまう可能性があります。 また、速度制限にかかる条件や制限が解除されるタイミングはWiMAXのプランによって異なるので注意が必要です。

現在主流のプランは、3日で10GBのデータ量で、実質無制限と言われるプランです。このプランは実質、月で100GBまでは利用可能であるということです。

ただ最も気になるところは、「WiMAXは速度制限にかかったらどのくらい遅いのか」「3日10GBでなにができるのか」といったところだと思います。

そこでこちらでは、そんなWiMAXにおける速度制限について網羅的に徹底解説。 速度制限にかかった場合の通信状態や速度制限にかからないための対処法など、通信制限に関する情報を全て紹介していきます。

速度制限について正しい理解をして、お得にWiMAXを利用していきましょう!

WiMAX(ワイマックス)のプランごとの違いについて

WiMAXの速度制限には2種類あります。

・3日で10GB制限
・月間7GB制限

これらはWiMAXのプランによって制限の内容が変わります。 なので、まずは速度制限の内容をお伝えする前に、先にプラン内容を確認していきましょう。

ギガ放題プランと通常プランを確認

WiMAXには実質使い放題をうたう「ギガ放題プラン」と月間7GBまでの「通常プラン」があります。

その違いは下記の通り。

ギガ放題プラン 通常プラン
月間通信量 無制限 7GB
制限速度 1Mbps 128Kbps

WiMAX契約者の90%以上が選ぶギガ放題プランは、月間通信量が無制限というプラン。また通常プランは月間7GBまでという制限があるものの、月額料金が抑えられたプランになっています。

さらに細かく見ると、WiMAXの通信には2つのモードが存在します。

ギガ放題プランでも、このモードの違いにより制限内容が変わりますので、内容を確認していきましょう。

ワイマックス2つの通信モードを確認

ギガ放題プランの中には2つの通信モードが存在し、それぞれ速度制限も異なります。

2つの通信モードの違いについて比較して確認していきましょう。

通信モードの違い
  • ハイスピードモード
  • WiMAX2+回線を利用。最大速度558Mbps(W06の場合)で実質使い放題で利用できる。
  • ハイスピードプラスエリアモード
  • auLTE回線を利用。auエリア対応し幅広いエリアと安定した通信が特徴。またW06の場合最大1,237Mbpsの通信が可能。

この2つのモードにどのような制限があるのか確認していきましょう。

モード  ハイスピードモード ハイスピードプラスエリア
データ量 3日10GB 月間7GB
制限 翌日18-26時 月末まで
制限内容 1Mbps 128Kbps

2つの比較結果は上記の通りです。

通信モードの種類によって通信量や制限内容に違いがあるんです。

さて、プランごとについての理解が深まったところで次項では速度制限について確認していきたいと思います!

速度制限にかかったらどうなる!?

前項までの説明でプランについての理解は深まったかと思います。

ここでは、説明したプランごとの速度制限について詳しく説明していきます。 もし速度制限にかかってしまった場合に、通信速度がどうなるのか、なにができるのかを解説しているのでしっかりと確認していきましょう!

3日10GB制限について

WiMAX(ワイマックス)のギガ放題プランは「実質使い放題」です。「実質」とついているのは3日で10GB以上使うと、速度制限がかかる場合があるからです。

3日で10GB制限という表現がわかりにくいと思いますのでこの画像を確認しましょう。
WiMAX10GB速度制限利用イメージ
図のようにWiMAX2+回線を利用したハイスピードモードで直近3日間のデータ使用量が10GB以上になった場合に制限がかかります。

制限がかかった場合、翌日18-26時まで最大速度1Mbpsまで速度制限されます。

この1MbpsというのはLINEやSNSを通常通り使用でき、Youtubeなどの動画でも低画質なら見られる程度です。

そして、制限されるのは翌日18時~26時の時間帯のみ!日中には制限を受けません。

このように、スマホや他のポケットWiFiと比較して、WiMAXの制限は非常に緩いというのがおすすめポイントです。

続いては、7GB制限について確認しましょう。WiMAXが遅くて使えないという評判は7GBの制限に対して言われている可能性が高いですね

7GB制限について

通常プランをご利用中の方や、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GB以上利用すると同様に速度制限がかかります。

7GB制限は、1度制限がかかると月末まで速度制限がかかります。

注意したいのは7GB制限がかかると月末までハイスピードモードも含めて制限がかかること。

7GB制限の場合、最大速度が128Kbpsと超低速になってしまいます。これはメールやSNSを利用するにもストレスがかかるほど遅い速度。

ハイスピードプラスエリアモードの注意点をまとめると

  • 1度制限がかかると当月内はずっと制限かかる
  • ハイスピードモードも速度制限にかかる
  • 追加料金を支払って速度制限を解除できない

  • ハイスピードプラスエリアモードは旅行中や、ちょっと電波が悪いなと思ったときに利用するくらいで、基本的にはハイスピードモードの利用がおすすめです。

    以上、WiMAXの速度制限について確認してまいりました。

    7GBのプランだと速度制限にかかってしまうと痛手ですが、3日で10GBのプランであればほとんどの場合、不自由なくインターネット通信ができることがお分かりいただけたかと思います。

    とは言いつつも、やはりなるべく速度制限にかかりたくないという方が多いですよね。 そこで、続いては速度制限にかからないための対策法を確認していきます!

    WiMAXの速度制限にかからないための対処法

    先ほどお伝えした通り、ここでは速度制限にかかる前にできる対処法について説明していきます。

    3日で10GBプランなら速度制限にかかってもほぼ不自由なく使えますが、それでもできれば速度制限にはならない方がよりストレスなくWiMAXを利用できますよね。

    簡単な対策から、少し大掛かりな対策まで紹介しているので早速確認していきましょう!

    通信量を把握して速度制限がかかる前に対処!

    基本的には、WiMAX通信量を把握する必要があります。

    3日で10GB制限があるハイスピードモードをご利用の場合は、WiMAXルーターに備わっている機能で通信量を確認できます

    現在使っている通信量を確認して、制限が掛かる前に対処することが可能です。

    スマホが30日で7GB程度であることを考えると、3日で10GBは10倍以上。かなりの通信を行えます。

    ほとんどの方は10GBを使いきるということはなく、またWiMAXは制限されてもゆるい制限となっています。

    また特に心配だと感じるのは、ハイスピードプラスエリアモード利用時の月間7GB制限ではないでしょうか?

    しかし、実はあまり心配する必要はありません。

    現在契約可能なルーター(端末)には、ハイスピードプラスエリアモードの『使いすぎ防止機能』が付いています。設定しておくだけで使い切る前に自動でモード切り替えが可能です。

    このように、簡単に速度制限がかかる前に対処できる方法があります。

    ただ、どうしてもそれ以上データ量を使うという方は、WiMAX単体では満足できないかもしれません。

    そこで、固定回線の契約、もしくはWiMAXとの併用をご検討するという方法について、次項で詳しくお伝えしていきます。

    固定回線との併用

    多くのユーザーは3日で10GB以内で収まるような使い方をされていますが、高画質動画を扱うなどデータ通信量が多い方は、WiMAXだけでは対応が難しいかもしれません。

    WiMAXを選ぶ方には、工事不要であること、持ち運びできるというメリットを理由に買われる方が多いかと思います。

    しかし、大容量で利用する場合はWiMAXを始めとしたモバイルWiFiでは満足できない可能性があります

    あなたがこんな使い方をするような場合は、通信制限のない光回線との併用もおすすめです。

    反応速度命!オンラインゲームを利用
    高画質な動画のアップロード
    高画質動画を長時間視聴する

    上記に当てはまる場合、WiMAXの速度、通信量では物足りない可能があります。その場合は光回線を利用するのがおすすめです。

    光回線総合比較はこちら

    以上、WiMAXの使い方は定まったでしょうか?

    最後にここまで説明してきたWiMAXを1番お得に契約できるプロバイダを確認して終わりたいと思います。

    おすすめのWiMAXプロバイダを確認

    ここまでお伝えしてきた通り、WiMAXの3日で10GBという容量は、ほとんどのユーザーが速度制限にかかることなく大容量のデータ通信ができるほどです。

    WiMAX回線はUQコミュニケーションズ1社が回線を管理しており、どのプロバイダで契約してもエリアも速度も、速度制限の内容も変わりません

    また契約できる機種もほとんど変わらないため、プロバイダを選ぶ基準は「料金」のみ。

    なんとエリアも速度制限も変わらないのに、選ぶプロバイダによって料金の総額が数万円も違うことも。

    そこで、当サイトでおすすめなのが、月額料金が安い、且つ当サイト限定の100%受け取り可能なキャンペーンを行っているダブルでお得なBroadWiMAX

    他社プロバイダを含め、お得かどうか、そして本当におすすめなのか気になる方は当サイト限定キャンペーン情報を含むWiMAX総合解説ページを要チェック!

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    WiMAX比較総合ページ
    限定キャンペーン中!