ワイマックスをお得に契約するための3つのポイント

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ワイマックスをお得に契約するための3つのポイント

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAXの最安値はいくら?2020年4月最新料金比較
WiMAX最安値.見出し

余分な出費はもう終わり!
WiMAXプロバイダ最安値決定!


「最安値のWiMAXはどこのプロバイダなのか」「最安値にするために何をしたらいいのか」と頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

WiMAXはプロバイダごとにキャンペーンや実質月額料金が違い、WiMAXの最安値を比較しにくくなっています。

しかも、選ぶプロバイダによって総額3万円も変わるため注意が必要です。

この記事では、私がインターネット販売で得た知識とWiMAXを利用する上で知っておきたい情報を解説。

また、2020年4月現在でWiMAXを提供するプロバイダ全17社を徹底比較し、WiMAXの最安値がどこかわかりやすく解説していきます。

この記事をお読みいただければ、最安値でおすすめのWiMAXプロバイダがわかるはずです!

それでは、一緒に確認していきましょう!

WiMAXを最安値にするには?

どこのWiMAX公式プロバイダでも業界最安値を謳っており、本当に最安値なのか疑ってしまいますよね。

WiMAXはプロバイダごとにキャンペーンや料金の割引期間、初期費用が違います。

また、最安値はWiMAXのご利用通信量によって最安値が変わります。

こちらの記事では、最安値のWiMAXを正しく判断するために、契約から契約満了までの支払総額からキャンペーンや割引を引き、実質月額料金に直し公平に判断しています。

契約期間全体で計算をすれば「始めは安いけど、お得さを感じない」や「支払総額で計算したら高かった」などの失敗は回避できますよね!

また最安値でWiMAXを契約するために押さえるポイントは下記3つになります。

抑えるポイント
  • プランの選び
  • ルーターの選び
  • プロバイダの選び
これらを踏まえて、2020年4月時点での最安値を解説していきます!

WiMAXのおすすめプランは?

WiMAXは毎月の通信量によっておすすめのプランと最安値が変わります。

WiMAXで契約できるプランは基本的に同じですが、一部プロバイダで契約期間が違うため注意が必要です。

まずは、プランを解説していきます。

プランの特徴

まずは、ギガ放題プランの詳細です。

ギガ放題
(3年契約)
サービス内容
基本料金 約3,500~4,200円
月間データ量 上限なし(10GB/3日)
ハイスピードプラスエリアモード
(LTEオプション)
無料
契約期間 3年

次に、ライトプランの詳細です。

ライトプラン
※提供プロバイダごとに異なる
サービス内容
基本料金 約2,700~3,700円
月間データ量 7GB
ハイスピードプラスエリアモード
(au LTEオプション)
無料
契約期間 3年

※2019年9月までは各プランに2年契約や4年契約があり、au LTEオプション利用時に1,005円の利用料が発生していました。

しかし、2019年10月以降一部のプロバイダを除き3年契約に統一されたため、au LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)が無料で利用できるようになりました。

「ハイスピードプラスエリアモードってなんだろう」と疑問に思った方もいらっしゃると思うので、そちらを解説します!

ハイスピードプラスエリアモードとは

WiMAXには、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの2つの通信方法があります。

まずは、ハイスピードモードについて解説します。

ハイスピードモードとは
【特徴】
  • UQコミュニケーションズ株式会社が保有する電波「WiMAX2+」を利用する。
  • WiMAX2+の通信速度は、最大440Mbps。
    (W06のみ、最大558Mbps)

【注意点】
  • 3日間で10GBの通信上限がある。
  • 上限超過の場合、翌日18時~26時(翌2時)まで、速度制限がかかる。
  • 速度制限時は、概ね1Mbps。

そして、ハイスピードプラスエリアモードの特徴と注意点は以下の通りになります。

ハイスピードプラスエリアモードとは
【特徴】
  • WiMAX2+通信に合わせて、au LTE通信を同時に利用した通信方法。
  • 広いエリアで安定した通信が行える。
  • 最大速度1,237Mbpsの通信が可能。
    ※ご利用端末によって最大速度は異なります。

【注意点】
  • プラン問わず7GBの月間通信上限がある。
  • 通信量上限超過の場合、ハイスピードモードも速度制限がかかる。
  • 速度制限時、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードともに最大速度128Kbpsになる。

通信が繋がりにくい時に、ルーターの通信設定をハイスピードモードからハイスピードプラスエリアモードに切り替えられます。

ハイスピードプラスエリアモードは、速度が速く広い範囲で安定した通信が行えます。

しかし、ハイスピードエリアプラスモードは、プラン問わず月間7GBの通信上限があります。

速度制限になった際の通信速度はメールの送信が難しいくらい、めちゃくちゃ遅いので注意しましょう。

また、自分がどのくらい通信量を使うのか。7GBの通信量はどのくらいなのか。わからない方のために、7GBの通信量の目安を紹介します。

7GBの通信量目安 月間 1日あたり
メール 約14,630通 487通
WEB閲覧 約24,430ページ 814ページ
動画視聴 約31.5時間 63分

このように、メールやWEB閲覧のみの仕様であれば、十分な量の通信量があるといえます。

そして、ライトプランはギガ放題プランに比べ、料金が少し安いので、通信量が少ない方にはライトプランがおすすめです。

しかし、実際は利用者の90%以上がギガ放題で申し込みされているんです!

ギガ放題はライトプランと比べ、料金はすこし高くなりますが、無制限で利用できるので選ぶ人が多いんです。

インターネットの通信量を気にすることなく利用できるため人気があります。

結局、どちらのプランがおすすめなのか。各プランがどんな方におすすめかまとめました。

こんな方におすすめ!
ギガ放題 3年契約(無制限)
  • 家族や複数人でご利用の方
  • 動画視聴などに利用し通信量が多い方
  • 通信量を気にせず使いたい方

ライトプラン(7GB)
  • 少ない通信量で足りる方
  • 主にメールやWEB閲覧にご利用の方
  • とにかく料金を安くしたい方

次は、ルーター(機種)について解説していきます!

ルーターはどうやって選ぶの?

WiMAXを契約する際に、どのルーターを選べばいいのか悩みますよね。

最近では、端末料金0円キャンペーンを実施しているプロバイダが多くあります。

どの機種を選んでも料金がかからないので、新しくて性能の良い機種を選ぶのがポイントです。

ここからは、おすすめの機種を紹介します。

おすすめの機種

WiMAXでは、2つのタイプから選ぶことができます。

  • ポケットWi-Fi
  • HOMEタイプ

ホームタイプとポケットWi-Fiの大きな違いは、外に持ち運びできるかどうかになり、契約できるプランや速度は変わりません。

速度が変らず持ち運びできるため、おすすめはポケットWi-Fiになります。

ポケットWi-Fiにもいくつか種類があり、どれがおすすめなの?と何を基準に選べばいいのかわからない方もいるかと思います。

そんな方におすすめのポケットWi-Fiは、2019年発売のW06になります。

なぜ2019年に発売されたW06が、おすすめと言えるのか、2020年1月発売のWX06と比較して解説します!

機種名 W06 WX06
発売日 2019年1月 2020年1月
最大速度 1,237Mbps 440Mbps
同時接続台数 最大16台
連続通信時間 540分 690分

このように、最新機種と比べW06は最大速度が圧倒的に速くなっております。

私個人的には、普段使っていて検索画面の表示に時間がかかったり、動画再生が止まったりするとストレスに感じやすいので、通信速度が大切だと言えます。

ですが、バッテリーの持ちが気になる方もいるかと思いますので、ご自身のご利用方法に合ったものがベストです。

どの機種を選んでも最安値には関係ないですが、迷った時は速度の速いものを選んでおけば間違いないです!

次に、WiMAXを最安値にするために、1番重要なプロバイダについて解説します!

最安値の決め手はキャンペーン

ここまで解説したギガ放題やW06は、ほとんどのプロバイダで同じものを選べます。なので、WiMAXを契約する際は、料金だけ比較すればいいと言えます。

しかし、プロバイダごとにキャンペーンが異なり、料金が変わるため、プロバイダ選びは注意が必要です。

プロバイダごとに記載方法がバラバラなので、この記事では、公平に判断するために下記の方法で料金を比較しました。

{初期費用(事務手数料+端末価格)+(月額料金×契約期間)-キャッシュバック}÷契約開始から更新月までの期間=実質月額料金

それでは、気になるプランとプロバイダを見ていきましょう!

気になる最安値のプランとプロバイダは?

実質月額料金で最安値を比較した結果、ギガ放題とライトプランが最安値で利用できるプロバイダは以下の通りになりました。

まずは、ギガ放題プラン最安値のプロバイダです。

【ギガ放題プラン最安値】
プロバイダ Broad WiMAX GMOとくとくBB
実質月額料金 3,378円 3,380円
キャッシュバック 10,000円
(即日)
34,700円
(11ヶ月目)
支払総額 128,363円 128,446円

次に、ライトプラン最安値のプロバイダになります。

【ライトプラン最安値】
プロバイダ Broad WiMAX
実質月額料金 2,747円
キャッシュバック 10,000円(即日)
支払総額 104,388円

以上のように、Broad WiMAXとGMOとくとくBBが最安値のプロバイダになります。

また、GMOはキャッシュバック金額が30,000円を超えるとわかりました。

しかし、GMOWiMAXを契約した半数以上の方がキャッシュバックをちゃんと受け取れていないんです。

なぜGMOWiMAXのキャッシュバックは、ちゃんと受け取れていないのか。その理由は以下のような点があげられます。

キャッシュバックを
受け取り忘れやすい理由
  • キャッシュバックの受け取りが11ヶ月目
  • 案内メールがGMOメールアドレスに届く
  • 受け取り期間が1ヶ月間のみ
GMOWiMAXのキャッシュバックは、契約から11ヶ月も先になり、案内メールも普段使わないメールアドレスに届くため気づきにくいんです。

また、「メールに気付くのが遅く、受け取り期間をすぎてしまった。」なんてこともあるので、多くの方が受け取り忘れやすくなっています。

キャッシュバックが受け取れなかった場合、支払総額が約3万円も高くなるので、受け取り忘れたくないですよね。

Broad WiMAXであれば、即日キャッシュバックを受け取れるため、キャッシュバックを受け取り忘れる心配はありません。

GMOWiMAXよりもBroad WiMAXの方が、より確実にキャッシュバックが貰えるためおすすめです。

本当にBroad WiMAXが最安値なのか。WiMAXプロバイダ全17社の実質月額料金を比較し、以下の通りまとめました。

プロバイダ 実質月額料金
Broad WiMAX 3,378円
GMOとくとくBB 3,380円
JP WiMAX 3,465円
Asahi Net 3,546円
DTI WiMAX 3,613円

残りの12社を見る

プロバイダ 実質月額料金
カシモWiMAX 3,717円
EDION(エディオン) 3,962円
So-net 4,030円
hi-ho WiMAX 4,108円
PCデポコーポレーション 4,296円
BIGLOBE 4,306円
J:COM 4,329円
KT WiMAX 4,357円
YAMADA Air Mobile 4,357円
BIC WiMAX 4,357円
DiS WiMAX 4,357円
UQ WiMAX 4,483円


このようにBroad WiMAXとGMOが最安値とわかりました。

また、WiMAX公式プロバイダのUQWiMAXと比較すると毎月1,000円もの差があるのは驚きです。

11ヶ月間受け取りを気にすることや、受け取り忘れる不安がないため、当サイトでは、より確実にキャッシュバックを受け取れる、かつ最安値のBroad WiMAXをおすすめします。

次は、Broad WiMAXの料金以外のメリットを紹介します!

最安値はBroadWiMAXで決定!

ここまで最安値でWiMAXを契約する方法とプロバイダを紹介させていただきました。

WiMAX業界最安値のBroad WiMAXの料金以外のメリットを紹介していきます。

Broad WiMAX おすすめポイント

・即日キャッシュバック 10,000円
Broad WiMAXをお申し込み後、すぐにキャッシュバックが受け取れます。

こちらは当サイト限定キャッシュバックで、いつ申し込みしてもキャンペーンが適用されます。

GMOは11ヶ月後のわずか1ヶ月間のみの申込期限になりますが、当サイトであれば、いつでも申込可能です。

・選べる支払い方法
 Broad WiMAXであれば、支払い方法をクレジットカードか口座振替か選べます。

 ※口座振替の場合、初期費用18,857円が必要になるので注意。

口座振替の場合200円の手数料がかかってしまいますが、クレジットカードを持っていない方やクレジットカードで支払いをしたくない方には、嬉しいですよね!

・すぐに利用開始 最短即日発送
 平日13時までの申し込みであれば、即日発送され最短翌日から利用開始できます。

光回線のように利用開始までに日数がいらないので、月末のスマホの通信量不足などの時に、待つことなく届くのはストレスフリーですね。

・他社回線解約金 19,000円還元
 他の固定回線やケーブルテレビなど、他社サービスご利用中の方がBroad WiMAXに乗り換えた場合、最大19,000円の還元があります。

現在Broad WiMAX以外のプロバイダでWiMAXを契約している方や固定回線をご利用中の方が、こちらの最安値の記事を見て、乗り換えたいと思った場合でも、キャンペーンが適用されます。

また、現在は新規受付終了してしまっているラクーポン(楽天×WiMAX)からのお乗換えなどでも、適用できます。

最後に、ここまでのまとめに入りたいと思います!

まとめ

ここまで、読んでいただきありがとうございます。

料金を比較した結果、GMOWiMAXとBroad WiMAXが最安値のプロバイダとわかりました。

また、GMOのキャッシュバックは、半数以上の方が受け取れていない。

一方、Broad WiMAXは確実にキャッシュバックが受け取れるとわかりました。

以上のことから、WiMAXを最安値で利用でき、おすすめのプロバイダは「Broad WiMAX」といえます。

Broad WiMAX 
おすすめまとめ
  • 実質月額料金がWiMAX全17社の中で最安値。
  • 申込後すぐに10,000円キャッシュバックが受け取れる。
  • 解約金19,000円還元があり、乗り換えがしやすい。

この記事を最後まで読んでいただいたあなたが、より安くより安心してWiMAXをご利用いただければ幸いです。

即日キャッシュバックキャンペーンは、当サイトからの申し込み限定になりますので、この機会をお見逃しないように!

Broad WiMAXお申し込みの詳しい情報は、下記のボタンから確認いただけます!

Broad WiMAX
お申し込み詳細はこちら