ワイマックスの価格比較におけるポイントを詳しく解説

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ワイマックスの価格比較におけるポイントを詳しく解説

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAXの料金比較ポイント~プランやキャンペーン詳細情報~
WiMAXの料金(価格)関する疑問を全て解決

WiMAXの料金はいくら?
全プロバイダ20社を比較し
最安値をご紹介します


「WiMAXって、どのくらいの料金で使えるの?」
「WiMAXの初期費用は?端末代金は?解約金は?」などなど

上記のように、WiMAXに関する料金が気になってこのページをご覧になっている方も、多いのではないでしょうか。WiMAXを契約するなら、出来る限り損はしたくないですよね。

実は、WiMAXの端末価格や月額料金、解約金は全て、契約するプロバイダによって異なります。しかも、2020年9月現在WiMAXには、20社のプロバイダが存在。

損をしないためには、各プロバイダの料金をしっかりと比較しなければいけません。でも、20社も比較するのは、正直やりたくないですよね。

そこで!当サイトがそんなあなたのために、全WiMAXプロバイダ20社の料金を徹底調査しました。このページでは、WiMAXのプロバイダ全20社を比較紹介していきます。また、最も安くお得に契約できるプロバイダもご紹介。

最後まで読んでいただければ、WiMAXの料金に関する悩みがなくなること間違いなしです!

それでは、一緒に確認していきましょう!

WiMAXに関する押さえておきたい料金とは?

冒頭でもお伝えしましたが、2020年9月現在WiMAXには20社のプロバイダがあります。各プロバイダで端末料金や解約金、月々の支払い料金が異なります。

しかし、プロバイダが異なるからといって、通信速度や利用可能エリアが変わることはありません。速度やエリアが同じなのであれば、少しでも安い料金で利用できたら嬉しいですよね。

そこで、まずは、WiMAXを検討する際に、押さえておきたい料金に関する4つのポイントを紹介します。押さえておきたいポイントは、下記の3つ。

料金に関する
押さえおきたいポイント
  • WiMAXの料金プラン
  • 初期費用や端末代金
  • キャッシュバックや月額割引などのキャンペーン

これらが、WiMAXの料金に関する押さえておきたいポイントになります。それでは、上記の内容を詳しく確認していきましょう。

WiMAXの料金プランを確認しよう

現在WiMAXには、利用量に応じたプランが2つ存在します。その料金プランとは、「月間通信量7GBのライトプラン」と「3日で10GBの制限があるギガ放題プラン」になります。

WiMAXは固定回線とは違い、完全無制限で使えるものではありません。WiMAXの料金プランはスマホと同様に、利用可能データ量が設定されており、上限を超えた場合は速度制限が発生します。

しかし、スマホの料金プランと異なる部分もあるので、下記の料金プラン比較表をご確認ください。

WiMAX料金プラン
プラン ライトプラン ギガ放題プラン
料金 2,700-4,000円 3,400-4,300円
データ量 月間7GB 月間100GB
(3日間で10GB)
制限期間 月末まで 翌18時~26時まで
速度制限 128Kbps 1Mbps
LTE
オプション
3年プランなら無料
プラン変更
手数料
プロバイダによる
※LTEオプションとは、本来WiMAX2+回線のみで通信するWiMAXをauの4G LTE回線と融合させて速度を高速化するオプションのこと。

上記が、WiMAXの料金プラン比較になります。上記の通りWiMAXには2つプランがありますが、契約者の90%が実質無制限のギガ放題プランを選んでいます。

というのも、WiMAX以外のポケットWiFiなどではスマホと同じ月間○○GB制限というプランが多いので、速度や料金は満足できるけど十分に利用できないという方がいるから。

ギガ放題プランは、月間では実質100GB利用可能なので、使いすぎたと思っても1日我慢すればすぐに速度制限が解除されます。(3日で10GBの制限あり)

さらに、料金プランもライトプランと比べ700円程度の差なので、WiMAXを契約するなら必ずギガ放題プランがおすすめです。また、WiMAXの契約期間はだいたい3年契約なので、LTEオプションは無料で利用できます。

WiMAXの初期費用や端末価格を確認しよう

WiMAXを契約するにあたって、初期費用に事務手数料と端末代金が必要となっております。事務手数料は、プロバイダ問わず一律3,000円。一方、端末価格はプロバイダにより異なります

例えば、WiMAXの公式プロバイダである「UQWiMAX」では15,000円。BIGLOBE WiMAXでは19,200円となっています。

しかし、プロバイダの中には、端末代金無料キャンペーンを実施しているプロバイダもあります。端末代金が無料になるか否かで、総額は約2万円も変わるので、端末代金無料キャンペーンを実施しているプロバイダがおすすめとなります。

また、WiMAXで取り扱っている機種(ルーター)は、最新機種問わず全て同じ金額となっております。ですので、WiMAXを契約する際は最新機種がおすすめです。

キャッシュバックや月額割引などのキャンペーンを確認しよう

WiMAXでは、新規申し込みキャンペーンを実施しているプロバイダが数多くあります。月額料金割引やキャッシュバックなど、様々なキャンペーンを行っていますがキャンペーンには注意が必要です。

例えば、A社は月額料金5,000円、キャッシュバックが74,000円だったとしましょう。しかし、B社は月額料金3,000円でキャッシュバックは無しです。このとき、3年間の総額はどちらが安いのでしょうか?

A社…5,000円×36-50000=135,000円
B社…3,000円×36=111,000円

このように、実は、キャッシュバック無しの方が安い結果となります。

確かに、よくよく計算してみれば分かるものです。しかし、キャッシュバックの金額が大きいとどうしてもその金額に目が行ってしまいます。また、この例の逆で月額料金が安いからと言って必ず実質料金が安いとも限りません。

そこで重要なのが、実質月額料金での比較です。

実質月額料金とは
契約開始から満了までにかかる全ての費用からキャンペーンや割引を差し引き、総額を1ヶ月あたりの負担額に直したもの。

【計算式】
{初期費用(事務手数料+端末価格)
+(月額料金×契約期間)
-キャッシュバック}
÷契約期間

実質月額料金とは、契約開始から満了までにかかる全ての費用からキャッシュバックや割引を差し引き、総額を契約期間で割った1ヶ月あたりの金額になります。

キャッシュバックや月額料金だけで比較してしまうと、総額で計算した際にお得ではなかった、高かったとなりかねません。一方、実質月額料金で比較することで、キャッシュバックや月額料金に騙されず判断することが可能です。

当サイトでは、みなさんが総額で損をしないように、実質月額料金で比較しております。ですので、もしご自身でWiMAXの料金を比較する際は、実質月額料金で比べることをおすすめします。

以上、ここまでがWiMAXの料金に関する押さえておきたいポイント解説でした。続いては、WiMAXの料金に関する注意点を解説していきます。

WiMAXの料金に関する注意点

WiMAXを契約するにあたり、料金に関する3つの注意点をご紹介します。料金で注意していただきたいポイントは、下記の3つ。

料金に関する注意ポイント
  • auLTEオプション料について
  • オプションについて
  • キャッシュバックの受け取りについて

まずは、auLTEオプション料について解説していきます。

au LTEオプション料に注意

現在WiMAXには、プロバイダ問わず全てのプロバイダにauLTEオプションというオプションサービスがあります。このオプションサービスは、ハイスピードプラスエリアモードを利用するのに必要なものです。

そして、ハイスピードプラスエリアモードを利用した際に、auLTEオプション料が発生します。auLTEオプション料とハイスピードプラスエリアモードの詳細は、下記の通りになります。

auLTEオプション料と
ハイスピードプラスエリアモードとは?
【auLTEオプション料】
  • ハイスピードプラスエリアモードを利用した際に、発生する料金のこと。
  • auLTEオプション料は、月額1,000円(ただし、2年契約の場合のみ。)
  • ※3年契約の場合、auLTEオプション料が無料になります。

【ハイスピードプラスエリアモード】
  • WiMAX2+という回線を利用する通常モードに、au LTEというLTE回線を掛け合わせることで通信速度を高速化する仕組み
  • WiMAX2+通信が届きにくい地域でも、au LTE通信を使うことで回線が安定する
  • プラン問わず、月間7GBの通信量上限がある。※上限超過時は、WiMAX2+通信とau LTE通信共に最大128Kbps
※通常、WiMAXはWiMAX2+通信を利用して、通信を行っています。(この状態を、ハイスピードモードといいます。)

上記のような特徴があります。そして、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの違いは、以下の通りになります。

ハイスピード
エリアモード
ハイスピード
プラスエリアモード
最高速度 558Mbps(W06) 1,237Mbps(W06)
速度制限 3日10GB 月間7GB
料金 月額料金のみ 月額料金+月額1,005円
(ただし、2年契約のみ)

料金プラン比較のところでも紹介しましたが、WiMAXにはライトプランとギガ放題プランがあります。ハイスピードプラスエリアモードの利用にはLTEオプションに別途加入しなければなりません。

2年契約のプランでは、月額1,005円程度かかります。しかし、3年契約であれば基本的に無料で利用可能です。また、このハイスピードプラスエリアモードは無限に使えるわけではなく、月間7GBしか利用できません。

7GBを超えると、ハイスピードモードでも速度制限がかかります。つまり、ギガ放題プランという旨味が消えてしまうので注意しましょう。

しかし、最新機種にはストッパー機能が付いており、7GBが近づくと自動で通信モードを切り替えてくれます。ですので、使いすぎてしまうかも、とお考えの方もご安心ください。

続いて、オプションについて解説します。

オプションの解約し忘れに注意!

WiMAXには、各プロバイダが提供する様々なオプションがあります。基本的に契約したくなければ、わざわざオプションを追加する必要はありません。しかし、キャンペーンによってはオプション契約が必須になる場合も。

もし、そういったプロバイダと契約する場合は、申し込み後すぐオプションを解約することをおすすめします。一般的に申し込み時の加入が条件となっているだけで、無料期間中に解約できるので心配ありません。

最後に、キャッシュバックの受け取りに関する注意点を解説していきます。

キャッシュバックの受け取りに注意

WiMAXでは、キャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダが非常に多くあります。

例えば、高額キャッシュバックで有名な「GMOとくとくBB」。こちらは、最大28,000円キャッシュバックを実施しています。キャッシュバック金額だけを見ると、非常にお得に感じるかと思います。

しかし、キャッシュバックの受け取り方法が複雑なため注意が必要です。実は、GMOのWiMAXはキャッシュバックの受け取りが複雑すぎるがゆえに、キャッシュバックを受け取れていない方が多くいます。

GMOのキャッシュバック受け取りは、契約開始から11ヶ月後。さらに、受け取り期間は、わずか1ヶ月のみ。しかも、案内メールはGMOのプロバイダ専用メールアドレスに届くため、気付きにくいのです。

このように、受け取りが契約から約1年後となり忘れやすく、案内メールも普段使わないメールに届くため気付きにくいことが原因で、受け取れていない方が多くなってしまっています。

万が一、キャッシュバックを受け取り忘れた場合、実質料金で大きく損をしてしまうので注意しましょう。WiMAXの料金を比較する際は、キャッシュバックの受け取りやすさを考慮することがおすすめです。

以上、ここまでがWiMAXの料金に関する注意点の解説でした。上記の3点を頭にいれれば、安心してWiMAXをご利用いただけます。

次は本題のWiMAXの実質料金比較をお伝えします。あなたが最もお得に契約できるプロバイダを紹介しておりますので、是非ご確認ください。

実質月額金額が安いプロバイダランキング!

ここまで、WiMAXの料金に関する押さえておきたいポイントや注意点を紹介してきました。子の章では、みなさんがお待ちかねの料金比較をしていきます。

2020年9月現在、WiMAXを提供しているプロバイダ全20社の料金は、下記の通りになります。

WiMAX実質月額料金比較ランキング

※表はスクロールできます
※プロバイダは上から料金が安い順
プロバイダ 実質月額料金 更新月までの総額
キャッシュ
バック
受け取り○
キャッシュ
バック
受け取り×
BroadWiMAX 3,392円 128,913円
JPWiMAX
※受付停止中
3,465円 128,200円
GMO 3,556円 4,293円 135,146円
DTI 3,613円 137,304円
カシモ
WiMAX
3,691円 140,241円
エディオン 3,962円 150,554円
novas
WiMAX
4,009円 152,357円
Tikiモバイル 4,014円 152,514円
So-net 4,030円 153,149円
Asahiネット 4,036円 153,384円
hi-ho 4,108円 115,050円
BIGLOBE 4,306円 5,460円 55,979円
Jcom 4,329円 112,553円
DiSM WiMAX 4,357円 165,554円
Yamada Air
Mobile
(ヤマダ電機)
4,357円 165,554円
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
4,357円 165,554円
ワイヤレス
ゲート
(ヨドバシ)
4,357円 165,554円
KT WiMAX
(ケーズデンキ)
4,357円 165,554円
au 4,415円 110,375円
UQ 4,602円 115,050円

このように、全WiMAXプロバイダ20社を比較した結果、「BroadWiMAX」が最安値だとわかりました。

WiMAXのおすすめプロバイダBroadWiMAXに関する詳細情報を手っ取り早く知りたい方は、下記ボタンからBroadWiMAXの詳細ページをご確認ください。

WiMAXプロバイダ最安値
BroadWiMAXの詳細ページを確認

ここからは、BroadWiMAXについて詳しく解説していきます。WiMAXの料金が気になっている方の中には、固定回線の料金とどっちがお得か比較している方もいるかと思います。

そこで、BroadWiMAXの詳細を解説する前に、固定回線との料金比較を解説していきます。

固定インターネット回線と料金を比較してみよう

こちらでは、WiMAXと固定回線の料金を比較していきます。インターネット回線をお探しの多くが、家でのインターネット利用がメインとなる場合、WiMAXではなく固定回線の方が安いと思っている場合があります。

しかし、実際はWiMAXのほうが月々安い金額で利用可能です。下記の表をご確認ください。

固定回線・WiMAX料金比較表
プロバイダ 実質
月額料金
更新月までの
総額
契約
期間
Broad
WiMAX
3,392円 128,913円 3年
ドコモ光 4,640円 116,000円 2年
ソフト
バンク光
4,960円 124,000円 2年
auひかり 3,700円 136,911円 3年
※固定回線は全て戸建てプラン

上記のような結果となりました。固定回線がWiMAXより高い理由としては、やはり工事が発生するので工事費がかかるという点が上げられます。また、固定回線は家族でスマホ割などを適用できる場合にはお得ですが、1人暮らしの方はあまり料金割引のメリットがありません。

ですので、ひとり暮らしの方や料金を安く抑えたい方には、WiMAXがおすすめです。

以上、固定回線とWiMAXの料金比較をお伝えしました。続いて、先ほど料金の安いプロバイダランキングで1位にいたおすすめのWiMAXプロバイダBroadWiMAXに関する料金やキャンペーンの詳細情報を解説いたします。

おすすめのプロバイダは「BroadWiMAX」

先程のランキングをご覧いただいて分かる通り、2020年9月現在最もおすすめのプロバイダはBroadWiMAXになります。

BroadWiMAXの詳細情報は下記の表をご確認ください。

ワイマックス契約ならBroadWiMAX一択!

BroadWiMAXの詳細情報
月額料金
プラン
1~3ヶ月目 2,726円
4~24ヶ月目 3,411円
25ヶ月目以降 4,011円
初期費用 3,000円
実質月額料金 3,392 円
支払い総額 128,913円
キャンペーン Amazonギフト券
10,000円分
端末料金実質無料
キャンペーンの受け取り ルーター受け取り後すぐ
※最短、翌日。

BroadWiMAXは、WiMAX業界最安値の月額料金を誇るプロバイダです。なんといっても、必ずもらえるAmazonギフト券キャンペーンが非常におすすめです

それに加え、最新機種が無料になるキャンペーンや他社インターネットからの乗り換えキャンペーンなど、お得なキャンペーンを数多く実施中です。

第2章で、キャッシュバックの受け取りについて注意点をご説明しましたが、BroadWiMAXのキャッシュバック(Amazonギフト券)は非常に良心的なものになります。というのも、このキャンペーンは受け取り忘れるリスクがありません。

こちらのキャンペーンは、端末が届いたらすぐに申し込むことができます。さらに、受け取り期間は決まっていないため、後から思い出した方でも確実に受け取れます。しかも、案内メールは普段利用するメールアドレスに届くため、気付かない心配もありません。

ワイマックスの契約をご検討中の方は、BroadWiMAX一択と言えるほどおすすめのプロバイダです。

GMOはキャッシュバック最高額

GMOの詳細情報
月額料金
プラン
1~3ヶ月目 3,609円
4ヶ月目以降 4,263円
初期費用 3,000円
実質月額料金 3,556円
支払い総額 135,146円
キャンペーン 28,000円キャッシュバック
端末料金実質無料
キャンペーンの受け取り 契約から11ヶ月後
※受け取り期間は1ヶ月間のみ

GMOWiMAXは、業界最高額のキャッシュバックを誇るプロバイダです。現在28,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っております。ただ、このキャンペーンには先ほど申し上げたキャンペーン受け取りの難易度が、非常に高いためおすすめできません。

受け取りできなかった場合、WiMAXの基本月額料金が高く設定されているので大きく損してしまいます。キャッシュバックがとにかく欲しいという方は、受け取りに注意してご契約するようにしましょう。

必ず受け取れるAmazonギフト券キャンペーンがおすすめのJPWiMAX

※【2020年9月更新】注意事項
2020年1月17日より、JPWiMAXは端末不足により新規契約を一時的に停止しており現在は契約できません。JPWiMAXは料金面ではおすすめのプロバイダとなっているため、今後も販売再開などの最新情報は随時更新していきます。
JPWiMAXの詳細情報
月額料金
プラン
1~3ヶ月目 2,800円
4~24ヶ月目 3,500円
25ヶ月目以降 4,100円
初期費用 3,000円
実質月額料金 3,465円
支払い総額 128,913円
キャンペーン Amazonギフト券10,000円分
端末料金実質無料
キャンペーンの受け取り ルーターを受け取り後すぐ。
※最短、翌日。

上記がJPWiMAXの料金・キャンペーン情報となります。JPWiMAXは月額料金が安いのが特徴ですが、BroadWiMAX同様に必ず受け取れるAmazonギフト券がおすすめです

おしくも1位のBroadWiMAXに総額で負けてしまいましたが、安心して契約のできるプロバイダの1つです。

本家UQは意外と高い

UQWiMAX詳細情報
月額料金
プラン
ずっと 3,880円
初期費用 18,000円
※端末代金含む
実質月額料金 4,602円
支払い総額 115,050円
キャンペーン なし

最後に、WiMAXの公式プロバイダであるUQWiMAX。UQWiMAXがサービスの提供主ですが、料金自体は決して安いわけではありません。数多くのプロバイダに売ってもらっているので、敢えて値下げしないという狙いもあるのでしょう。

信頼できると感じるかもしれませんが、実際にはUQか他のプロバイダかで速度もエリアも何も変わることはありません。できるだけお得にWiMAXを契約できるプロバイダを見つける方がおすすめです。

以上、おすすめWiMAXプロバイダとUQの料金やキャンペーンを確認してきました。それでは最後に、ここまでのまとめに移ります。

まとめ

ここまで、WiMAXに関するあらゆる料金を解説しましたがいかがでしたでしょうか。

最後に、ここまで解説した内容をもう一度振り返ってみましょう。

WiMAXの料金に関する重要ポイント
  • WiMAXの料金はプロバイダにより異なる
  • プロバイダは、実質月額料金で比較すること
  • 最安値のプロバイダはBroadWiMAX

WiMAXの料金比較は、キャッシュバック額ではなく、実際に支払う料金で比較することが重要です。それに合わせて、キャッシュバックを確実に受け取れるか否かも重要といえます。

WiMAXでおすすめのプロバイダBroadWiMAXであれば、必ずもらえるAmazonギフト券10,000円分キャッシュバックキャンペーンが非常におすすめです。

当サイトでは、今回ご紹介しているBroadWiMAXの情報を詳しく解説している詳細ページもご用意しております。WiMAXを最安値で利用したいとお考えの方は、下記ボタンから、ご覧ください。

おすすめのプロバイダ
BroadWiMAX

番外編 料金の支払い方法について

この番外編では、WiMAXの支払い方法について解説していきます。

WiMAXの料金について調べている方の中には、月々の支払い方法も気になっている方もいるのではないでしょうか。WiMAXの支払い方法は、クレジットカード払いが基本的に多くなっています。しかし、UQ、BroadWiMAX、BIGLOBEの3社であれば、口座振替が可能です。

中にはクレジットカード払いしたくないとお考えの方もいるかと思います。そこで、WiMAXの支払いをクレジットカードにするメリットを紹介します。

クレジットカード払いにするメリット
  • とにかく申し込みから契約までが早い
  • 口座振替にする場合、本人確認に2週間~4週間かかり、口座振替できるまでにも時間がかかります。発送はそれらが全て終わった後です。クレジットカードなら、遅くとも1時間以内に契約が完了するのですぐに利用できます。
  • 手数料を取られない
  • 口座振替の場合、毎月少額ではありますが口座振替手数料を取られます。また、キャンペーンを適用できないこともあり、大きく損する可能性が高いです。
  • キャンペーンが豊富
  • BroadWiMAXが該当しますが、口座振替にした場合、端末代金無料キャンペーンは適用対象外となります。少しでもお得に利用したいとお考えの方は、クレジットカードをおすすめします。

上記のようなメリットがあります。クレジットカードを持っていない方は別ですが、持っている方であれば確実にクレジットカードでの申し込み一択です。クレジットカードでも口座振替でも、毎月同じ金額が口座から引き落とされるだけなので仕組みは変わりません。

また未成年の方は、クレジットカードを持っていない場合も多いかと思います。ただ、未成年の方はいずれにせよWiMAXを申し込めないので注意しましょう。(BroadWiMAXは保護者の方の同意書があれば契約できます)

以上、WiMAXの支払い方法に関する解説でした。このページをご覧になっているあなたが、お金で損をせずWiMAXを利用していただければ幸いです。