法人のWiMAX申し込み方法と最新のキャンペーン情報

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

法人のWiMAX申し込み方法と最新のキャンペーン情報

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAX
モバイル回線
法人
法人でWiMAXを契約する際に必要な全知識とおすすめプロバイダ
法人でWiMAXを契約する方法

近年、WiMAXは法人での需要が高まっており、固定回線から乗り換える企業も増えてきています。 そんな法人にも大人気のWiMAXですが、個人と法人では申し込み方法が異なることをご存知でしょうか?

法人契約をするつもりが、個人として契約してしまい、違約金が発生するケースも続出しているようです。 そこで、今回は法人と個人でのWiMAXの契約方法を比較しながら、法人契約の全知識を解説していきます!

その内容とは以下。
  • WiMAXを選んだ法人の方のメリットとデメリット
  • 法人の方に合った、特徴別のおすすめのWiMAX
  • 法人でWiMAXを申し込む方法とその手順

WiMAXの法人契約をご検討中のみなさん、このページをご覧になればお得で便利なWiMAXをスムーズかつ、的確に申し込めること間違いなしです!

この記事を書いたのは…

運営者エミリー

エミリー

編集部で唯一の女性編集メンバー。分かりにくいインターネット回線の契約で失敗した実体験から、誰よりも役に立つコンテンツの発信に情熱を注ぐ。通信業界歴は短いものの、初心者の視点のわかりやすい記事が好評。



法人にWiMAXがおすすめな理由とメリット

個人の契約でも法人の契約でも関わりなく人気の通信方法となってきている WiMAXですが、それまで一般的に普及していた固定回線とはどんな違いがあるのでしょうか?
ここでは実際に、どんな場面でWiMAXの方がおすすめなのかを固定回線と比較しながら解説していきます。

固定回線よりも安いWiMAX

固定回線契約よりWiMAXで契約する方が安い固定回線で契約している法人の平均的な通信料は月々5,000円~。対照的にWiMAXを契約している場合は3,000円台~4,000円台が一般的になっているため、単純に固定回線よりお得に通信契約ができるとあって選ぶ方が多くいらしゃいます。

社外でも持ち運んで使うことができる

WiMAXのようなモバイルルーターは固定回線と違い、持ち運べるので外出先で利用することが可能。この点はWiMAX契約と固定回線の契約とを比較して一番大きなメリットと言えるでしょう。

WiMAXは外に持ち運んで使うことができるため、社外でのイベントや出張などの際の通信にはとても重宝されます。 そんなWiMAX端末ですが、法人の場合は、社内のオフィス用と社外で使うことができるモバイルルーターで使いわけを行なった方が経済的。

社内オフィスで利用する場合はホームルーター

ホームルーターは社内で利用するには最適のルーター。ホームルーターはオフィスや家などの室内で使うことを想定して作られているため、オフィスで使う目的の場合はモバイルルーターではなく、ホームルーターを選んだ方がいいでしょう。

出張や商談などの外出先で使うならモバイルルーター端末

営業や出張用に外出先で使うなら、持ち運び可能なWiMAXのモバイルルーター端末を契約する方がおすすめです。

有線回線によるノイズの心配がない

法人で有線で回線に繋いでいる場合、ノイズで40%ほど通信速度が落ちてしまうことがあります。

WiMAXでは、1端末につき無線回線で10~20台前後の端末を接続できるということもあり、ノイズに悩まされる心配がありません。

端末がコンパクトだから邪魔にならない

法人として使っている固定回線は主装置やルーター、分電盤など様々な機器があり幅を取ります。なんと、法人によっては、一部屋を丸々通信機器室として管理している会社もあるほど。

しかし、WiMAXはルーター端末がコンパクトで独立しているため、WiMAXルーターを必要な数だけ設置するだけで法人の規模に関わらず通信が可能になります。

もしもの時でも修理&処置が簡単

これまでの法人の固定回線の場合、法人の規模が大きければ大きいほど、通信に不都合があると修理や点検のためにほぼ全ての通信に関わる機器の接続をストップして点検する必要がありました。

しかし、WiMAXはルーターを交換すればその日のうちに通常通り使うことができますので、使い勝手は固定回線と比較しても抜群だと言えるでしょう。

以上が主な法人の契約でおすすめするWiMAXの利点になりますが、法人には法人ならではのデメリットも存在します。

WiMAXを法人契約する際のデメリットはある?

WiMAXの法人契約のデメリットは2つ。

即日発送は難しい

個人契約の場合ではWiMAX端末の即日発送などがキャンペーンとしてありますが、法人の場合契約に少し時間がかかってしまうケースが多くあります。

即日でWiMAX端末受け取れないこともあるということを念頭に置き、早めに申し込みましょう。

支払い方法がプロバイダによってバラバラ

WiMAXの契約の際には最初から支払い方法について確認しておくことをお勧めします。

その理由は、WiMAXのプロバイダにより、クレジットカード払い・銀行振込・口座振替・請求書発行など、支払い方法が何通りかあるから。

会社で法人カードが使えない場合があると、最初からプロバイダを選びなおさなければならないことも起こり得ます。

そのため、契約を検討する前に支払い方法の確認をしましょう。

専用窓口がある?法人でWiMAXを契約する方法と手順

ここでは法人としてWiMAXを申し込む手順とその方法についてご紹介していきます。

実は、法人契約が可能なWiMAXの主要プロバイダの大まかな契約の流れはほとんど同じ。 以下でご紹介する手順で契約を進めていけばスムーズに契約が完了できますので、一緒に確認していきましょう。

【Step.1】法人用契約窓口からWiMAXの申し込みフォームへ!

基本的にWiMAXを申し込むにはウェブページからの申し込みが主流になります。ウェブページで「WiMAX申し込み」と検索した時に出てくるのは個人用の申し込みフォームです。

そのため、まずは個人用申し込みフォームから法人用申し込みフォームへ移動する必要があります。法人で注意したいのは個人と違い一律してウェブ上で契約が完了することはなく、

法人専用の申し込み窓口『電話対応窓口』または 『その他の申し込み方法』から申し込みが必要になります。

そこで法人契約が可能な主要プロバイダを一覧でまとめました。すでにプロバイダを決めている法人の方はこちらを参考に申し込みを進めていってくださいね!

電話受付窓口可能なプロバイダ

プロバイダ 法人用電話窓口 電話受付対応時間
Broad WiMAX 0120-300-856 10:00~22:00(末年始を除く)
GMOとくとくBB 0120-377-109 10:00~19:00(年中無休)
UQWiMAX 0120-929-975 9:00~18:00(土日祝日・夏期休暇・年末年始除く)
So-net 0120-878-685 9:00~18:00(土日祝日を除く)
BIGLOBE WiMAX 0120-26-5644 9:00~12:00、13:00~17:00(土日祝日を除く)
@nifty 0120-677-210 9:00~17:45(土日祝日を除く)


電話受付がないプロバイダ

プロバイダ 法人受付方法
JPWiMAX 公式ホームページ申し込みフォームにある法人用申し込み枠からお客様情報を記入
カシモWiMAX 公式ホームページ下にある法人申し込みからメールアドレスやお客様情報を記入


【Step.2】契約の見積もり&相談でWiMAXを決めよう!

法人と個人の一番大きな違いがこちら。 個人はすでに決まったプランを申し込むものですが、法人の場合は直接プロバイダと相談をしてWiMAXを利用する際の見積もりを出してもらい、相談しながら契約を進めていきます。

また、先ほどの表でありましたように電話受付以外で契約が完了する場合は、法人でも所定のプランに従った契約になることが多くなります。しかしプロバイダによって異なってきますので、検討している場合は各プロバイダの問い合わせフォームからお問い合わせください。

【Step.3】WiMAXの法人用の契約に必要な書類を用意しよう!

次に提出する書類をご紹介します。提出書類は電話受付であるか否かは関係なく必要となる書類です。提出する書類も個人での申し込みと異なり提出する書類の数が多くなりますので注意しましょう!

必要提出書類一覧

必要な書類 書類の内訳
法人確認書類 会社の登記簿謄本、印鑑証明書
担当者確認書類 担当者の方の名刺、社員証明書、健康保険証、パスポートなど
補助書類 その他担当者自身を証明する書類。または実際の生活を証明するための公共料金の領収書や住民票などが求められる場合も

法人でWiMAXを契約する際の必要な書類は主に上記の3種類の書類です。 法人でのWiMAXの契約には以上の書類を提出後、プロバイダが確認→支払い→契約完了というフローになります。

以上がWiMAXを法人で契約する際に必要となる手順と方法でした! 個人と違い契約の際の手順が少し増えてしまいますが、上のステップを参考にしながら契約項目を進んでいっていただければスムーズに申し込みができますのでご安心を。

法人でWiMAXを契約する時に気をつけておきたいポイント

WiMAXを法人で契約する際には、以下の2つの注意点があります。

法人契約の2つの注意点

  • 法人はキャッシュバックなどのキャンペーンが使えないことが多い
  • 法人契約は個人契約よりも面倒
法人契約で一番痛いポイントは、WiMAXが掲げる個人で使えるお得なキャンペーンを、ほとんどのプロバイダで使うことができないということです。

そのため法人でWiMAXを契約する際には必ず、法人向けのキャンペーンがあるかどうかとWiMAXの実質金額を比較しなければなりません。

そこで本ページでは法人契約で一番お得なWiMAXを調べて他のプロバイダと比較してみましたので、一緒に確認していきましょう!

最安おすすめプロバイダ3選【2019年度版】

ここでは特におすすめのプロバイダを調査してご紹介しています!

【BroadWiMAX】月額料金最安級!お得なWiMAX選びならこれ!

法人契約のプロバイダのBroadWiMAXといえば、業界最安クラスの料金でお得にWiMAXを利用できるプロバイダ。 BroadWiMAXには法人でも使うことができる超お得なキャンペーンがあります。


そのキャペーンは何台契約しても初期費用は無料というキャンペーン。 一般的に法人で契約する WiMAXではキャンペーンが適応されずに契約する場合がほとんどですが、BroadWiMAXは法人でもキャンペーンを使うということができるというのだからおすすめ。

【 JPWiMAX】キャンペーンで選ぶならこれ!

法人でもお得なキャッシュバックキャンペーン!法人契約のプロバイダでの一般的なキャッシュバックキャンペーンでは雑収益になってしまい、受け取ったお金は課税対象となってしまいます。
しかし、JP WiMAXではAmazonギフト券でキャッシュバックを行なっています。ギフト券の場合はギフト分の金額は経費として計上することができるため節税対策にもおすすめ!JPWiMAXは法人でも個人でも、おすすめできるプロバイダです。

【So-net】法人のプロバイダで大人気の安心サポートで選ぶならこれ!

So-netWiMAXで一番のおすすめは365日24時間対応の安心サポート体制が整っているということ。 やはり法人としてWiMAXのプロバイダを契約する場合は、もしもの時のことも考えてプロバイダ選びをする必要があります。

そんな時でもSo-net WiMAXのプロバイダでは常にサポートが可能になっているため、いつでもどこでも安心して WiMAXを利用することができます。

おすすめの法人契約のプロバイダ

プロバイダ BroadWiMAX JP WiMAX So-net
契約年 3年 3年 3年
実質総額料金 128,363円 124,200円 157,775円
初期費用 18,857円 特になし 特になし
法人用キャンペーン 1回線あたりAmazonギフト券10,000円分
初期費用無料
Amazonギフト券14,000円分 So-net安心サポートが1年間無料
支払方法 クレジットカード/請求書/口座振替 クレジットカード クレジットカード/口座振替
※最新機種『W06』で比較

BroadWiMAXのサポート

『My Broadサポート』

  • 月額料金:550円
  • 故意・紛失・盗難以外の故障での修理が無料

『安心サポート』

  • 月額料金:907円
  • パソコン周辺機器の使い方の電話サポート
  • ウィルスフィルターやスパムフィルターに対応したメールアカウントの使用
  • インターネットセキュリティ

JPWiMAXのサポート

『端末安心サポート』

  • 端末の不具合や故障を無料で交換

『JPサポート』

  • WiMAX端末の初期設定やその他の設定によるパソコンやスマートフォンの使い方を徹底サポート
  • 年中無休のカスタマーサポートが万全のサービス
    ※セキュリティメンテナンス日を除く
  • 24時間受付のチャットサポート

So-netのサポート

『So-net安心サポート』

  • 月額料金:300円
    相談一件につき30分1,200円
  • リモートによる操作サポート
以上、こちらではBroadWiMAX、JPWiMAX、So-netの3社の料金、サポート内容を比較しました。

比較表をご覧いただくとお分かりのように、キャンペーンを含めてお得だった法人契約のプロバイダは、JPWiMAX! JPWiMAXの3年間総額は124,200円と最もお得という結果に。

以上のように、法人契約におすすめのWiMAXプロバイダを比較していきました。法人契約の場合は、WiMAXの料金だけでなく、プロバイダ独自のサポートやオプションも考慮して、比較することが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はWiMAXの法人契約に関する知識と契約の手順、おすすめのプロバイダをご紹介してきました。 最後に、今回ご紹介した法人対応のWiMAXを選ぶ時のポイントについてまとめておきたいと思います!

WiMAXを法人で契約する際のおすすめポイント


まとめ
  • ①持ち運びができる
  • ②固定回線より安い
  • ③修理・点検が簡単だから安心して使うことができる

法人がWiMAXを導入する一番のメリットは、出張や打合せで外出する際も、WiMAXを持ち運ぶことでWiFiが常に利用できる点。 これまでの法人で使う固定回線では、修理や点検に多大な時間や人員が必要とされていましたが、WiMAXなら修理・点検も簡単な上ほとんどのプロバイダで安心できるサポートが実施されています。

先ほどご紹介したプロバイダですが、料金だけを見てプロバイダを決めてしまうのはいい判断とは言えません。 法人である皆様の状況に合ったWiMAXを選ぶことが最良の判断であることを忘れないように、しっかりとプロバイダを吟味していきましょう。

以上、法人でWiMAXを契約する際に知っておきたい全知識と申し込みの流れでした。 法人でWiMAXの契約をご検討中の方は、JPWiMAXが最もおすすめ。当サイト限定ページからのお申込みでAmazonギフト券をゲットできます。

JPWiMAXの詳細チェック、特設ページからのお申込みは下記ページからどうぞ。

法人におすすめ!JPWiMAXの詳細はこちら

WiMAX
モバイル回線
法人
法人でWiMAXを契約する際に必要な全知識とおすすめプロバイダ
法人でWiMAXを契約する方法

近年、WiMAXは法人での需要が高まっており、固定回線から乗り換える企業も増えてきています。

そんな法人にも大人気のWiMAXですが、個人と法人では申し込み方法が異なることをご存知でしょうか?法人契約をするつもりが、個人として契約してしまい、違約金が発生するケースも続出しているようです。

そこで、今回は法人と個人でのWiMAXの契約方法を比較しながら、法人契約の全知識を解説していきます!

その内容とは以下。
  • WiMAXを選んだ法人の方のメリットとデメリット
  • 法人の方に合った、特徴別のおすすめのWiMAX
  • 法人でWiMAXを申し込む方法とその手順

WiMAXの法人契約をご検討中のみなさん、このページをご覧になればお得で便利なWiMAXをスムーズかつ、的確に申し込めること間違いなしです!

運営者エミリー

エミリー

編集部で唯一の女性編集メンバー。分かりにくいインターネット回線の契約で失敗した実体験から、誰よりも役に立つコンテンツの発信に情熱を注ぐ。

通信業界歴は短いものの、初心者の視点のわかりやすい記事が好評。




法人にWiMAXがおすすめな理由とメリット

個人の契約でも法人の契約でも関わりなく人気の通信方法となってきている WiMAXですが、それまで一般的に普及していた固定回線とはどんな違いがあるのでしょうか?
ここでは実際に、どんな場面でWiMAXの方がおすすめなのかを固定回線と比較しながら解説していきます。

固定回線よりも安いWiMAX

固定回線契約よりWiMAXで契約する方が安い固定回線で契約している法人の平均的な通信料は月々5,000円~

対照的にWiMAXを契約している場合は3,000円台~4,000円台が一般的になっているため、単純に固定回線よりお得に通信契約ができるとあって選ぶ方が多くいらしゃいます。

社外でも持ち運んで使うことができる

WiMAXのようなモバイルルーターは固定回線と違い、持ち運べるので外出先で利用することが可能。この点はWiMAX契約と固定回線の契約とを比較して一番大きなメリットと言えるでしょう。

WiMAXは外に持ち運んで使うことができるため、社外でのイベントや出張などの際の通信にはとても重宝されます。

そんなWiMAX端末ですが、法人の場合は、社内のオフィス用と社外で使うことができるモバイルルーターで使いわけを行なった方が経済的。

社内オフィスで利用する場合はホームルーター

ホームルーターは社内で利用するには最適のルーター。ホームルーターはオフィスや家などの室内で使うことを想定して作られているため、オフィスで使う目的の場合はモバイルルーターではなく、ホームルーターを選んだ方がいいでしょう。

出張や商談などの外出先で使うならモバイルルーター端末

営業や出張用に外出先で使うなら、持ち運び可能なWiMAXのモバイルルーター端末を契約する方がおすすめです。

有線回線によるノイズの心配がない

法人で有線で回線に繋いでいる場合、ノイズで40%ほど通信速度が落ちてしまうことがあります。 WiMAXでは、1端末につき無線回線で10~20台前後の端末を接続できるということもあり、ノイズに悩まされる心配がありません。

端末がコンパクトだから邪魔にならない

法人として使っている固定回線は主装置やルーター、分電盤など様々な機器があり幅を取ります。なんと、法人によっては、一部屋を丸々通信機器室として管理している会社もあるほど。

しかし、WiMAXはルーター端末がコンパクトで独立しているため、WiMAXルーターを必要な数だけ設置するだけで法人の規模に関わらず通信が可能になります。

もしもの時でも修理&処置が簡単

これまでの法人の固定回線の場合、法人の規模が大きければ大きいほど、通信に不都合があると修理や点検のためにほぼ全ての通信に関わる機器の接続をストップして点検する必要がありました。

しかし、WiMAXはルーターを交換すればその日のうちに通常通り使うことができますので、使い勝手は固定回線と比較しても抜群だと言えるでしょう。

以上が主な法人の契約でおすすめするWiMAXの利点になりますが、法人には法人ならではのデメリットも存在します。

WiMAXを法人契約する際のデメリットはある?

WiMAXの法人契約のデメリットは2つ。

即日発送は難しい

個人契約の場合ではWiMAX端末の即日発送などがキャンペーンとしてありますが、法人の場合契約に少し時間がかかってしまうケースが多くあります。

即日でWiMAX端末受け取れないこともあるということを念頭に置き、早めに申し込みましょう。

支払い方法がプロバイダによってバラバラ

WiMAXの契約の際には最初から支払い方法について確認しておくことをお勧めします。 その理由は、WiMAXのプロバイダにより、クレジットカード払い・銀行振込・口座振替・請求書発行など、支払い方法が何通りかあるから。
会社で法人カードが使えない場合があると、最初からプロバイダを選びなおさなければならないことも起こり得ます。 そのため、契約を検討する前に支払い方法の確認をしましょう。

専用窓口がある?法人でWiMAXを契約する方法と手順

ここでは法人としてWiMAXを申し込む手順とその方法についてご紹介していきます。

実は、法人契約が可能なWiMAXの主要プロバイダの大まかな契約の流れはほとんど同じ。 以下でご紹介する手順で契約を進めていけばスムーズに契約が完了できますので、一緒に確認していきましょう。

【Step.1】法人用契約窓口からWiMAXの申し込みフォームへ!

基本的にWiMAXを申し込むにはウェブページからの申し込みが主流になります。ウェブページで「WiMAX申し込み」と検索した時に出てくるのは個人用の申し込みフォームです。

そのため、まずは個人用申し込みフォームから法人用申し込みフォームへ移動する必要があります 法人で注意したいのは個人と違い一律してウェブ上で契約が完了することはなく、

法人専用の申し込み窓口『電話対応窓口』または 『その他の申し込み方法』から申し込みが必要になります。

そこで法人契約が可能な主要プロバイダを一覧でまとめました。すでにプロバイダを決めている法人の方はこちらを参考に申し込みを進めていってくださいね!

電話受付窓口可能なプロバイダ

プロバイダ 法人用電話窓口 電話受付対応時間
Broad
WiMAX
0120-300-856 10:00~22:00(末年始を除く)
GMO
とくとくBB
0120-377-109 10:00~19:00
(年中無休)
UQ
WiMAX
0120-929-975 9:00~18:00
(土日祝日・夏期休暇・年末年始除く)
So-net 0120-878-685 9:00~18:00
(土日祝日を除く)
BIGLOBE WiMAX 0120-26-5644 9:00~12:00
/13:00~17:00
(土日祝日を除く)
@nifty 0120-677-210 9:00~17:45
(土日祝日を除く)


電話受付がないプロバイダ

プロバイダ 法人受付方法
JP WiMAX 公式ホームページ申し込みフォームにある法人用申し込み枠からお客様情報を記入
カシモ WiMAX 公式ホームページ下にある法人申し込みからメールアドレスやお客様情報を記入


【Step.2】契約の見積もり&相談でWiMAXを決めよう!

法人と個人の一番大きな違いがこちら。 個人はすでに決まったプランを申し込むものですが、法人の場合は直接プロバイダと相談をしてWiMAXを利用する際の見積もりを出してもらい、相談しながら契約を進めていきます。

また、先ほどの表でありましたように電話受付以外で契約が完了する場合は、法人でも所定のプランに従った契約になることが多くなります。

しかしプロバイダによって異なってきますので、検討している場合は各プロバイダの問い合わせフォームからお問い合わせください。

【Step.3】WiMAXの法人用の契約に必要な書類を用意しよう!

次に提出する書類をご紹介します。提出書類は電話受付であるか否かは関係なく必要となる書類です。提出する書類も個人での申し込みと異なり提出する書類の数が多くなりますので注意しましょう!

必要提出書類一覧

必要な書類 書類の内訳
法人確認書類 会社の登記簿謄本
/印鑑証明書
担当者確認書類 担当者の方の名刺
/社員証明書
/健康保険証
/パスポートなど
補助書類 担当者自身を証明する書類/
(公共料金の領収書/
住民票)

法人でWiMAXを契約する際の必要な書類は主に上記の3種類の書類です。 法人でのWiMAXの契約には以上の書類を提出後、プロバイダが確認→支払い→契約完了というフロー。

以上がWiMAXを法人で契約する際に必要となる手順と方法でした! 個人と違い契約の際の手順が少し増えてしまいますが、上のステップを参考にしながら契約項目を進んでいっていただければスムーズに申し込みができますのでご安心を。

法人でWiMAXを契約する時に気をつけておきたいポイント

WiMAXを法人で契約する際には、以下の2つの注意点があります。

法人契約の2つの注意点

  • 法人はキャッシュバックなどのキャンペーンが使えないことが多い
  • 法人契約は個人契約よりも面倒
法人契約で一番痛いポイントは、WiMAXが掲げる個人で使えるお得なキャンペーンを、ほとんどのプロバイダで使うことができないということです。

そのため法人でWiMAXを契約する際には必ず、法人向けのキャンペーンがあるかどうかとWiMAXの実質金額を比較しなければなりません。

そこで本ページでは法人契約で一番お得なWiMAXを調べて他のプロバイダと比較してみましたので、一緒に確認していきましょう!

最安おすすめプロバイダ3選【2019年度版】

ここでは特におすすめのプロバイダを調査してご紹介しています!

【BroadWiMAX】月額料金最安級!お得なWiMAX選びならこれ!

法人契約のプロバイダのBroadWiMAXといえば、業界最安クラスの料金でお得にWiMAXを利用できるプロバイダ

BroadWiMAXには法人でも使うことができる超お得なキャンペーンがあります。

そのキャペーンは何台契約しても初期費用は無料というキャンペーン。

一般的に法人で契約する WiMAXではキャンペーンが適応されずに契約する場合がほとんどですが、BroadWiMAXは法人でもキャンペーンを使うということができるというのだからおすすめ。

【 JPWiMAX】キャンペーンで選ぶならこれ!

法人でもお得なキャッシュバックキャンペーン!法人契約のプロバイダでの一般的なキャッシュバックキャンペーンでは雑収益になってしまい、受け取ったお金は課税対象となってしまいます。

しかし、JP WiMAXではAmazonギフト券でキャッシュバックを行なっています。ギフト券の場合はギフト分の金額は経費として計上することができるため節税対策にもおすすめ!JPWiMAXは法人でも個人でも、おすすめできるプロバイダです。

【So-net】法人のプロバイダで大人気の安心サポートで選ぶならこれ!

So-netWiMAXで一番のおすすめは365日24時間対応の安心サポート体制が整っているということ。 やはり法人としてWiMAXのプロバイダを契約する場合は、もしもの時のことも考えてプロバイダ選びをする必要があります。

そんな時でもSo-net WiMAXのプロバイダでは常にサポートが可能になっているため、いつでもどこでも安心して WiMAXを利用することができます。

おすすめの法人契約のプロバイダ

プロバイダ BroadWiMAX JP WiMAX So-net
契約年 3年 3年 3年
実質総額料金 128,363円 124,200円 157,775円
初期
費用
18,857円 特になし 特になし
法人用キャンペーン 1回線あたりAmazonギフト券10,000円分
初期費用無料
Amazonギフト券14,000円分 So-net安心サポートが1年間無料
支払
方法
クレジットカード/請求書/口座振替 クレジットカード クレジットカード/口座振替
※最新機種『W06』で比較

BroadWiMAXのサポート

『My Broadサポート』

  • 月額料金:550円
  • 故意・紛失・盗難以外の故障での修理が無料

『安心サポート』

  • 月額料金:907円
  • パソコン周辺機器の使い方の電話サポート
  • ウィルスフィルターやスパムフィルターに対応したメールアカウントの使用
  • インターネットセキュリティ

JPWiMAXのサポート

『端末安心サポート』

  • 端末の不具合や故障を無料で交換

『JPサポート』

  • WiMAX端末の初期設定やその他の設定によるパソコンやスマートフォンの使い方を徹底サポート
  • 年中無休のカスタマーサポートが万全のサービス
    ※セキュリティメンテナンス日を除く
  • 24時間受付のチャットサポート

So-netのサポート

『So-net安心サポート』

  • 月額料金:300円
    相談一件につき30分1,200円
  • リモートによる操作サポート
以上、こちらではBroadWiMAX、JPWiMAX、So-netの3社の料金、サポート内容を比較しました。

比較表をご覧いただくとお分かりのように、キャンペーンを含めてお得だった法人契約のプロバイダは、JPWiMAX!

JPWiMAXの3年間総額は124,200円と最もお得という結果に。

以上のように、法人契約におすすめのWiMAXプロバイダを比較していきました。法人契約の場合は、WiMAXの料金だけでなく、プロバイダ独自のサポートやオプションも考慮して、比較することが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はWiMAXの法人契約に関する知識と契約の手順、おすすめのプロバイダをご紹介してきました。

最後に、今回ご紹介した法人対応のWiMAXを選ぶ時のポイントについてまとめておきたいと思います!

WiMAXを法人で契約する際のおすすめポイント


まとめ
  • ①持ち運びができる
  • ②固定回線より安い
  • ③修理・点検が簡単だから安心して使うことができる

法人がWiMAXを導入する一番のメリットは、出張や打合せで外出する際も、WiMAXを持ち運ぶことでWiFiが常に利用できる点

これまでの法人で使う固定回線では、修理や点検に多大な時間や人員が必要とされていましたが、WiMAXなら修理・点検も簡単な上ほとんどのプロバイダで安心できるサポートが実施されています。

先ほどご紹介したプロバイダですが、料金だけを見てプロバイダを決めてしまうのはいい判断とは言えません。

法人である皆様の状況に合ったWiMAXを選ぶことが最良の判断であることを忘れないように、しっかりとプロバイダを吟味していきましょう。

以上、法人でWiMAXを契約する際に知っておきたい全知識と申し込みの流れでした。

法人でWiMAXの契約をご検討中の方は、JPWiMAXが最もおすすめ。当サイト限定ページからのお申込みでAmazonギフト券をゲットできます。

JPWiMAXの詳細チェック、特設ページからのお申込みは下記ページからどうぞ。

法人におすすめ!JPWiMAXの詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました