速度と対応範囲拡大中のUQポケットWiFi「ワイマックス」の電波とマップ情報

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

速度と対応範囲拡大中のUQポケットWiFi「ワイマックス」の電波とマップ情報

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAXエリア確認方法解説!あなたが住んでる地域は対応してる?
WiMAX-対応エリア-検索方法-徹底解説

WiMAXのエリア内か確認しよう!


WiMAXは工事不要で、どこでも持ち運び可能なのに光回線並の速度がでることで人気のモバイルWiFi。しかし、エリアを確認しないで契約したら、思ったより速度が遅かったなんてことも。

「WiMAXが使えないエリアがあるの?」
「自分が住んでるエリアはWiMAXが使えるの?」


都市部は人口カバー率99%とどこでも使えるように思えるWiMAXですが、都市部でも場所によっては使えなかったり、人口の少ない地方では一部対応してないエリアもあります。

契約後にトラブルのないように、WiMAXのサービスが提供されているエリアをしっかりと確認していきましょう。

このページではWiMAXの利用可能エリアについての疑問を全て解決していきますのでご安心ください。

しっかりと確認して快適に使えるように、早速WiMAXの利用エリアを確認していきましょう。

ピンポイントで判定が出る?自宅や外でのWiMAX利用可能なエリアとは!?

現在のWiMAX利用可能エリアは、ほぼ日本全国をカバーしています。

ほぼ日本全国といっても人口カバー率が非常に高いのであって、あまり人の住まない地域ではWiMAXが繋がらないことも。 

また、都市部のエリアであっても、ピンポイントで使えないような場所も存在します。WiMAXを利用する前にあなたが普段利用する場所で利用可能か検索するのがおすすめです。

事前に確認することで、ご契約後に「エリア外でWiMAXが使えなかった!」というような、ミスマッチを防ぎます。


お住まいのエリアを検索してみよう


エリア検索には、大きく分けて「サービスエリアマップ」「ピンポイントエリア判定」の2種類が存在します。 

それぞれの検索方法にも向いている方がいますので、どちらを使うべきか確認しましょう。

  • サービスエリアマップ
  • 大まかな広いエリアでWiMAXが利用出来るかどうか検索したい方 
    日本のマップを利用して確認していきます。 

    例、旅行先、出張先、転勤先、など一定のエリア 

    <サービスエリアマップ>

  • ピンポイントエリア判定
  • 主に特定の場所でのWiMAX利用がメインとなり、そのエリアにおけるWiMAXの電波の強弱も確認したい方 

    例、ご自宅、勤務先、旅行先やよく行く場所 

    <ピンポイントエリア判定>

    上記のように目的によって使う方法を決めていただいてもいいのですが、1番は両方とも検索することです。 

    サービスエリアマップでどのくらいの範囲が利用できるのか確認し、自宅などご自身がお使いになる住所をピンポイントエリア判定でWiMAXの電波の強度も確認できます。 

    これらを確認しておくだけでも、ご契約後に「WiMAXのエリア外だった!」「思ったより速度が出ない」なんてことは回避できる可能性が高いでしょう。

    大前提、日本の主要都市はエリアに入っていますが、ピンク色になっていないエリアは圏外で使えません。

    もしエリア外であれば、光回線がおすすめ。

    またエリア内であっても一部使えない場所もあるため、先ほどあったピンポイント判定でも検索しましょう。

    3つの回線「WiMAX」「WiMAX2+」「LTE」について


    サービスエリアマップを利用するにあたっては「WiMAX」「WiMAX2+」「LTE」と、ピンポイントエリア判定に関しては「WiMAX」と「WiMAX2+」と利用する回線ごとにエリア検索出来るようになっています。 

    「WiMAX」
    WiMAXのサービスが誕生当初に利用していた旧回線。カバーしているエリアは広いが、2020年3月31日にサービス終了し、WiMAX2+へと移行。

    この回線は終了するため、特に確認する必要がありません。

    通信速度 下り最大13.3Mbps/上り最大15.4Mbps 

    「WiMAX2+」 
    現在のWiMAXのサービスにおける主流の新回線。ギガ放題のデータ使用量無制限はこちらの回線を利用した場合となりますのでこちらのエリア内であることが大前提です。

    都市部のほとんどは対応エリア内。またWiMAX2+未対応エリアも、順次エリア拡大中です。

    通信速度 下り最大558Mbps/上り最大75Mbps(機種による)
     
    「LTE」 
    大手携帯電話会社au 4G LTE回線を利用します。auスマホなどに利用されている回線で、WiMAXの回線よりも幅広いエリアに対応しております。

    au LTE回線を利用したハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+回線と電波を組み合わせて最大1,237Mbpsの高速通信に対応していますが、月間7GBまでの制限があります。

    上記の3つの回線の内、基本的につなげるのは「WiMAX2+」です。au LTE回線は7GBまでの制限がありますので、確認する際には必ず「WiMAX2+」エリアを確認しましょう。 

    WiMAXの通信エリアが○じゃなかった場合の対処法

    ピンポイントエリア判定の結果について

    ピンポイントエリア判定で、あなたの自宅や職場など、普段使う場所がWiMAXのサービスエリア内なのか確認できたかと思います。

  • エリア判定が「◯」の場合
  • ピンポイントエリア判定で「◯」が出た場合は、安心してWiMAXをご利用いただけます。ご契約を検討しても特に問題は無いでしょう。

    「◯」のエリアであっても、利用になる建物の階数、利用場所の窓からの距離、建物の形状や周辺の地形によってはWiMAXの電波が入りづらい場合、圏外になる場合があります。特に高階層や地下でご利用になる方は要注意です。


  • エリア判定が「△」の場合
  • ピンポイントエリア判定で△が出た場合は、周辺の状況や建物によって簡単に影響を受けてしまうかもしれません。

    確実にWiMAXの電波が入るかどうか分からない状態で契約するのは、契約後のトラブルになるのでおすすめできません。 

    もしエリア判定が△な場合や、○でも実際に使ってみないと心配という方は、15日間無料でWiMAXを体験できる「TRYWiMAX」がおすすめです。

    TryWiMAXとは

    TryWiMAXとは、WiMAX回線の大本であるUQWiMAXがルーター(端末)を提供し、15日間無料でレンタルできるサービスになります。

    端末の送料もすべて無料で利用できますので、エリアが気になる方はもちろん、WiMAXの実測値がどれくらいなのか知りたいという方も一度試すのがおすすめです。

    TryWiMAXを利用してエリアも速度も満足してそのまま契約すると割高になってしまいます。後述するお得なプロバイダ経由で申し込むのがおすすめです。


    もし、ピンポイントエリア判定が×になってしまったら。

  • エリア判定が「×」の場合
  • 残念ながらピンポイントエリア判定で「×」出てしまった場合、すぐにWiMAXをご契約されるのはおすすめしません。ひとまずBroadWiMAXの専門スタッフの方に問合わせ丁寧に調査してもらいましょう。

    もしそれでもエリア外だった場合、「UQWiMAX」の公式サイトで「エリア改善受付フォーム」というものがありますので、こちらに要望を出しましょう。

    あなたの要望がWiMAXのエリア拡大や電波の強化に繋がるかもしれません。

    すぐにインターネットが必要という方は、光回線を検討してみてくださいね。

    次はWiMAXのエリアに関するよくある質問を紹介していきます。

    疑問解決!WiMAXサービスについて知りたいこと

    ここからは、WiMAXのエリアに関して多くの方が疑問に感じていることを順番に解決していきます。

    プロバイダによってWiMAXの利用できるエリアに違いはある?


    A.違いはありません!

    BroadWiMAX、UQWiMAX、GMOとくとくBB、So-netなど、20社以上ものWiMAXプロバイダ存在しますが、どのプロバイダもUQWiMAXの提供する回線(MVNO)を利用しています。

    したがってプロバイダによってWiMAX端末、通信速度、利用可能エリアに違いはありません。

    WiMAXにおけるプロバイダというのは契約における代理店のようなもの。プロバイダごとに異なるのは、料金プラン、キャンペーンなどです。

    実際、地方エリア(北海道、沖縄、離島など)でWiMAXは使えるの?


    A.一概には言えません。

    先程紹介したサービスエリアマップを確認すると、地方の都市エリアではかなり高いカバー率になっています。しかし、都市エリアを離れてしまうとWiMAXが利用できないエリアも。

    WiMAXのサイトでもご紹介しておりますが、全国政令指定都市でカバー率99%で使えないエリアのほうが少ないのですが、地方に関してはエリア拡大中です。

    沖縄、北海道も主要都市エリアではWiMAXが利用できますが、離島となると厳しいことが多そうですね。

    エリア拡大要望を出せば使えるようになる可能性もありますので、UQに確認してみましょう。


    対応エリア内でも地下では使えないの?


    A. 商業施設の地下など、人がよく入る場所ではWiMAX対応していることが多い

    地下鉄や、地下街など人が集まるエリアでは使える場合がほとんどです。地下に関わらず、空港や駅構内、屋内スポットも順次エリア拡大中です。

    WiMAXのエリアは本当に拡大しているのか?


    A. 日々拡大中!

    こちらのページでは日々のエリア拡大についての情報を見ることが出来ます。あなたが要望を出したエリアがWiMAX利用可能になっているかもしれません!

    公式サイトへはエリア拡大情報はこちら

    まとめ

    今回はWiMAXの利用可能なエリアについて、「サービスエリアマップ」や「ピンポイントエリア判定」によるエリア検索方法を確認して参りました。

    まとめ
    • サービスエリアマップで検索
    • ピンポイントエリア判定でお住まいを確認
    • TRYWiMAXを利用して実測値を確認
    • WiMAXエリアは順次拡大中
    • エリア拡大要望を出す
    • 電波改善要望を出す

    上記を確認すれば、契約後にWiMAXを買って失敗したなんて嫌な思いをせずにご利用頂けます。

    下記のページではWiMAXのプロバイダ20社の料金プラン、キャンペーンなど総合的に比較しどれが1番おすすめなのか紹介しています。

    WiMAXを1番お得に契約できるので、ぜひご覧ください。 WiMAXプロバイダを徹底比較
    詳細はこちら!