WiMAXとWiMAX2+を徹底比較

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

WiMAXとWiMAX2+を徹底比較

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAXとWiMAX2+を徹底比較
従来のWiMAXとWiMAX2+回線を比較してみた

モバイルWiFiの代名詞的な存在となった「WiMAX2+」


「WiMAXとWiMAX2+の違いってなに?」と、このページを訪れた方も多いのではないでしょうか。

「WiMAX」とは1世代前の通信回線で、「WiMAX」の次にサービス提供が始まったのが「WiMAX2+」という通信回線になります。

2013年に下り最大220MbpsのWiMAX2+サービスをスタート。2020年現在は会員数は延べ3000万人を突破している人気通信回線です。

LTEよりも格安で高速!モバイルWiFiの中でも圧倒的な違いを見せるWiMAX2+について、こちらでは従来のWiMAXと比較してご紹介。WiMAX2+の魅力とは何か?

WiMAXとWiMAX2+の違いやLTEとWiMAX2+の違い、使えるエリア情報まで必要な情報を簡潔に網羅しております。

このページがWiMAX2+をご検討中のあなたの助けになれば幸いです。

WiMAX2+って?いったい何?

WiMAXは聞いた事あるけれどWiMAX2+の『2+』っていったい何?何が違いなの?と思われている方も多いのではないでしょうか?

先ほどお伝えした通り、WiMAX2+とは、もともとあったモバイル通信端末WiMAX (ワイマックス2005年サービス開始)の進化した通信規格です。それまでのWiMAXが下り最大40Mbps上り最大15.4Mbpsに対し、下り最大110Mbps上り最大10Mbpsに通信速度を大幅に違いをつけて2013年にリリースされたものになります。

また、通信速度だけでなくWiMAX2+からは圏外のエリアなどでも端末上のスイッチの切替えで4GLTE回線も使えるようになりました。

実はWiMAX2+はWiMAXに比べて、当時は通信インフラが十分に整っておらず対応エリアが乏しかったのがデメリットでした。それをカバーする為、4GLTEも併用で使える仕様にしたというわけです。

現在では、対応エリアは大幅に改善され、通信速度も下り558Mbpsにまでアップ。

さらにWiMAX2+とau 4G LTEをかけ合わせた、「ハイスピードプラスエリアモード」では1237Mbpsの最高速度を誇るほどに素晴らしい通信回線となっています。

もはやモバイルWiFiでありながら、固定の光回線ともなんら違いのない超高速通信モバイルサービスでしょう。

WiMAX2+は従来の5倍以上も速度に違いが!



従来のWiMAXとの違いは何?

従来のWiMAXとの大きな違いは、先ほども述べましたが通信速度の違いです。現在主流の440Mbpsと比べますと、その違いは約11倍以上の速度向上。格安LTEのYmobileのLTEが165MbpsですのでLTEとの違いも圧倒的といえます。

対応エリアの違い

そして次にあげられる違いが対応エリアの違いです。旧WiMAX時代は通信対応エリアは全国主要都市のほとんどをカバーしておりました。

ただし、WiMAX2+は旧WiMAXとは規格に違いがある為、旧WiMAXほどのエリアをカバーはできておりません。しかし、現在では全国主要都市のほとんどをカバーし、エリアも拡大を続けている為、この違いは大きなデメリットといえなくなりました。LTEと比べてもエリア面での違いは今はそこまで大きくないでしょう。

通信制限の違い

旧WiMAXとWiMAX2+の次に大きな違いがあるのは通信量制限の有無。通常、LTEなどに代表されるモバイルWiFiは月間7GBの通信量制限があります。

これは、その月のうち通信量が7GBを超えてしまうと、混雑を避ける為、翌月まで通信速度の制限がかかってしまいます。

旧WiMAXはこの通信制限が全くないのがセールスポイントの一つだったのですが、WiMAX2+からは7GBの通信制限が適用されるようになりました。

現在のWiMAX2+は、「UQ Flatツープラス」と「UQ Flatツープラス ギガ放題」の2種類のプランからなっており、こちらのUQ Flatツープラスのプランには月7GBの通信速度制限が採用されています。

UQ Flatツープラス ギガ放題プランはギガ放題という宣伝文句どおり通信量は無制限となっています。ただし、ここで注意しなければならないのは完全な通信無制限ではないということ。

WiMAX2+から始まった3日10GB制限

実は、WiMAX2+には3日10GB制限という新たな通信制限も加わったのです。これは、3日間の通算通信量が10GBを超えた場合、翌日の日中まで通信制限がかかるものになります。ギガ放題といいながらも、この3日10GB制限がある為、完全無制限ではないのです。

ただし、この3日10GB制限は7GB制限とは違い非常に緩い為、実質無制限といってもなんら違いはないといえます。実際この3日間などの短いスパンの制限はほとんどのモバイル回線でもあり、制限速度は約1Mbpsと動画が視聴できるレベルに。ですので、無制限に使いたいなら速度制限に圧倒的な違いのあるWiMAXが非常におすすめ。

WiMAX2+にデメリットはないの?

いい事尽くしのように見えてしまうWiMAX2+にもデメリットはあります。それは建物内での電波の悪さ。対応エリア内にいるはずなのにルーターのアンテナが立ってない。などということはよくある事でWiMAX2+の電波はその性質上、建物の中や地下室などは電波が届きにくくなります。

また、外にいた場合でも高い建物に囲まれたような場所では電波が若干届きにくくなっています。これは旧WiMAXとの違いになる点ですので、検討の際には注意が必要です。

エリアはどんどん拡大中のWiMAX2+

LTEを上回る高速558Mbps。通信量実質無制限とモバイルWiFiの中では、いうことなしのWiMAX2+。

携帯電話とは違い、対応エリアがの全国各地で安定していないのが現状なのですが、通信エリアはどんどん拡大をしております。空港、鉄道、地下鉄などの各種交通機関での使用も可能になり、主要都市にお住まいの方であれば、ほぼ問題はないかと思われます。

また、お住まいの地域が対応エリアかどうか不安な方は下記のサイトより対応状況を確認する事もできますので、事前に確認していただければと思います。


エリアの確認はできましたでしょうか? 以上、WiMAX2+について説明でした!

実は、今回紹介したWiMAX2+を使う際には、20社以上あるプロバイダの中からプロバイダを選ばなければならないのです。

もしプロバイダをあまり考えずに選んでしまうと、同じWiMAX2+なので支払う値段が全く違う!といったことになってしまう可能性が高いです。

そこで当サイトでは、20社以上あるプロバイダを徹底比較。WiMAX2+をお使いになりたい方は、必ず下記ページを確認してから契約しましょう!

WiMAXプロバイダを徹底比較
詳細はこちら!