ワイマックスツープラスの最新情報

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

ワイマックスツープラスの最新情報

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAX2+ってどんなサービス?速度・エリア・プランまとめ
WiMAX2+エリア、速度、制限

どこでも使い放題WiMAX2+


光回線並みの速度と、工事不要な手軽さで人気のWiMAX 2+(ワイマックスツープラス)。

「WiMAX2+の特徴は?」
「WiMAX2+と旧WiMAXの違いは何?」


WiMAXについて徹底的に調査している当サイトが、違いや進化ポイントを徹底的に紹介します。

WiMAX2+(ワイマックスツープラス)の特徴を知って、興味があったら毎月全プロバイダを調査して上で一番おすすめのプロバイダの紹介ページを記載しています。

旧WiMAX回線にいい印象が無い方も、WiMAX2+では大幅な進化を遂げていますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは早速確認していきましょう!

WiMAX2+でできること。

WiMAXはもともと2009年にサービスを開始し使い放題、速度制限なしのサービスとしてスタート。さらには2013年に高速化した新サービス「WiMAX2+」をスタートしました。

旧WiMAXとの違いはなんでしょうか?

旧ワイマックスとの違いって?

基本的にWiMAX2+(ワイマックスツープラス)と旧WiMAXは同じサービスです。

WiMAX2+というのは通信規格の1つで、旧WiMAXから通信速度が大幅にアップした通信規格となっています。

より高速な通信ができるWiMAX2+規格が誕生したなら、なぜ一気に切り替えないのか?と考えますよね。

少し専門的な解説すると、WiMAXやスマホキャリアなど無線通信には使える周波数がそれぞれ決まっています。

WiMAX全体では現在50MHzの帯域を使用する許可がでておりますが、同じ周波数で、違う通信規格のサービスは使えないため、旧WiMAXとWiMAX2+は分ける必要があるのです。

旧WiMAXしか対応していない端末を使っているユーザーのため、下記のように徐々に使える帯域を移し替えています。

周波数帯域拡張
そのため旧WiMAX回線は2018年10月を持って新規受付終了、2020年3月31日をもってサービス提供終了します。

あくまで旧WiMAX回線が終了するだけで、その帯域を利用してWiMAX2+回線が強化されると思われますので楽しみですね!

このように技術が違うため、一度にWiMAX2+回線へ切り替えることはできないという理由でした。

そのためここからはWiMAX=WiMAX2+として、サービス紹介していきます!

WiMAX2+(ワイマックスツープラス)のある生活

旧WiMAXの後継規格ということはわかりましたが、WiMAX2+って何ができるサービスなの?

そんな疑問にお答えすべく、WiMAX2+のおすすめポイントを紹介していきたいと思います。

特徴
  • 工事不要で即日利用
  • 家でも外でも持ち運びできる
  • スマホもPCも同時利用
  • 動画もSNSも使い放題

それぞれの特徴の詳細と、WiMAX2+を使うと何ができるのかを紹介していきたいと思います。

工事不要で即日利用

WiMAX2+なら工事不要!端末が届いたらすぐインターネットを利用可能です。

光回線の工事で1ヶ月も待つ必要もありません。

また賃貸マンションにお住まいの方は、回線工事する際に管理会社へ確認が必要になりますが、WiMAX2+なら工事不要なので面倒な確認も何も必要ありません。

契約期間のあるマンションだと解約月以外に解約して違約金まで取られてしまいますが、WiMAX2+なら引っ越しする際もそのまま持ち運べばよいので安心です。

家でも外でも持ち運びできる

光回線並の速度がでるWiMAX2+(ワイマックスツープラス)をどこでも持ち運び可能です。

カフェでお仕事したい、旅行にでかける。どんな場面でも高速インターネットを使えるんです。

今まで外では動画を控えていた方や、公衆無線LAN(WiFi)では遅くて使い物にならず仕事ができなかったという方にもおすすめです。

WiMAX2+を持ち運べば、生活の幅が広がります。

スマホもPCも同時利用

スマホにタブレット、PC、ゲームなど今ってインターネットを使う機器が増えていますよね。端末を使うたびに切り替えるのも手間ですし、そもそも同時に利用するのも当たり前です。

WiMAX2+のルーター(端末)なら同時に10台以上WiFi機器につなげます。当然一度に全部使えばスピードは遅くなりますが、家族みんながWEB閲覧したり、会社に置いてみんなが自由に使ったり使い方はいろいろ。

動画もSNSも使い放題

WiMAX2+は月間の使用量無制限で利用可能です。

スマホで動画見るのを控えていた方、月末になるとギガ制限が厳しくてストレスが溜まっていたもWiMAX2+を使えば解決です。

WiMAX2+の特徴を説明したところで、使えるエリアについて確認していきましょう。

ワイマックスツープラスを使えるエリアは?

WiMAX2+は、全国主要都市の人口カバー率99%以上とかなり広いエリアで利用可能です。

また屋外だけでなく、新幹線やJR、私鉄、地下鉄、空港、地下街や大学キャンパスなど、主要なスポットにも幅広くエリアを拡大させています。

細かなエリアについてはUQコミュニケーションが発表している下記のWiMAX2+エリアマップをご利用くださいね。

サービスエリアマップ

こちらは、サービスエリアのチェックと今後のエリア拡充地域を確認するためのマップです。

まずは大まかにあなたがお住いの地域がエリア内なのか確認してみましょう。

<サービスエリアマップ>

サービスエリアマップを利用するにあたっては「WiMAX」「WiMAX2+」「LTE」と3つのモードがあります。それぞれを簡単に解説します。

  • 「WiMAX」
    旧WiMAX電波。2020年3月31日サービス停止となりますので、こちらは無視して頂いて問題ありません。

  • 「WiMAX2+」
    基本的に現在契約するWiMAXルーターはすべて「WiMAX2+」の通信回線となります。

  • 「LTE」
    auLTE回線を利用した回線です。後述しますが、広いサービスエリアに対応しています。
  • エリア対応していた場合は、次のピンポイントエリア判定での確認してみましょう。

    ピンポイントエリア判定

    エリア内であっても部分的にWiMAX2+電波の弱い部分もある可能性があります。ご自宅や職場などピンポイントでWiMAX2+が利用できるか確認してみましょう。

    <ピンポイントエリア判定>
  • エリア判定が「◯」の場合
    特に問題なく、安心してWiMAXをご利用いただけます。

  • エリア判定が「△」の場合
    確実にWiMAXの電波が入るかどうか定かではありません。

  • エリア判定が「×」の場合
    現状、残念ながらWiMAXをご利用いただけません。WiMAXのエリア拡張を待つか、WiMAX以外のモバイルWiFiを契約する他のモバイルWiFiを選んでいただく必要があります。

  • △や○でも利用できるか心配という方は、15日間無料でWiMAX2+を利用できる「TRY WiMAX」というサービスを使ってみましょう。

    もしエリア外だったという方は、こちらのポケットWiFiか、光回線も検討してみてくださいね!


    「TRY WiMAX」

    TRYWiMAX(トライワイマックス)は15日間完全無料でWiMAXをレンタル利用できるサービス。

    WiMAX2+対応ルーター利用料はもちろん、発送にかかる料金まですべてUQが負担してくれます。

    自宅や、職場、自分がよく行くカフェなど、普段の生活圏内でどこまで快適に利用できるか試すのがおすすめです。WiMAX2+電波が届くのか、圏外にならないか、スピードはどれくらいでるのか。

    やっぱり、エリア判定よりも実際に使ってみるのが一番です。

    話は変わりますが、WiMAX2+をご利用になれば、日本全国のWi-Fiスポットを無料で利用できるオプションもあります。

    UQ Wi-Fiプレミアム

    このオプションは、カフェや飲食店など日本全国20万箇所にある公衆無線LAN(WiFi)を利用できます。WiMAX2+利用者なら無料で使えるのもうれしいポイント。

    外で利用してたらWiMAX2+ルーターの電池が切れてしまったというときでもWi-Fiスポットが見つかる可能性が高くて安心ですね。

    エリアについて知ったところで、続いてはWiMAX2+の料金プランと速度について確認していきましょう。

    WiMAX2+のプランと速度を知る。

    WiMAX2+には大きく分けて容量制限のある「ライトプラン」と、月間使用量無制限の「ギガ放題プラン」があります。

    プラン ギガ放題 ライトプラン
    料金 2800-3500円程度 3400-4000円程度
    契約期間 3年 3年
    データ量 7GB 使い放題*後述の速度制限あり

    WiMAX2+と言えばギガ放題!と言われるように90%以上の人が、データ利用量無制限の「ギガ放題プラン」を選んでいます。

    月間の使用量はギガ放題がほぼ無制限なのに対して、ライトプランは月間7GBまで。WiMAX2+の売りは光回線並の速度をどこでも利用できることなのに、使えるデータ量が少なくても力を発揮できません。

    特にこれから動画サービスなど扱うデータ量は増えていきますので、基本的にはギガ放題がおすすめです。ただし、使用量によりますのでご自身の使い方に合わせたプランを選びましょう。

    続いては速度について。

    WiMAX2+の速度

    WiMAX2+の速度について説明する際に2つのモードを紹介します。

    ハイスピードモード

    WiMAX2+回線を利用し、月間データ使用量無制限。

    ハイスピードプラスエリアモード

    au LTE回線とWiMAX2+回線を利用し、高速通信と、より広く安定した通信が可能。
    ※ハイスピードプラスエリアモードは通常auLTEオプション代として月額1,005円かかります。

    現在主流の3年契約ではこのオプション代は無料


    先程紹介したギガ放題プランの実質使い放題というのは、このハイスピードモード利用時のこと。

    それぞれのモードで使えるデータ量と、最大速度に違いがありますので詳しく確認していきましょう。

    モード ハイスピードモード ハイスピードプラスエリアモード
    利用回線 WiMAX2+ auLTE回線併用
    速度 558Mbps 1,237Mbps
    データ量 3日で10GB 月間7GB
    制限 翌日18時-26時まで下り1Mbps規制 翌月まで128Kbps規制

    それぞれの制限についてわかりにくいと思うので解説します。

    速度制限を詳しく知る

    WiMAX2+(ワイマックスツープラス)は使い放題とは言え、まず速度制限があること、そしてどんな制限がかかるかを知っておく必要があります。

    よくWiMAX2+が遅すぎて使えないという評判が多いのは、この速度制限を正しく理解せずに購入された方が多い印象です。

    しっかりと理解して快適にWiMAXを利用していきましょう!

    3日で10GB制限ってどんな制限?

    こちらの図を確認しましょう。

    WiMAX10GB速度制限利用イメージ
    図のように直近3日間のデータ使用量が10GBを越えると制限がかかるというものです。

    3日間の合計が10GBを超えた場合、翌日18時-26時までの速度が最大1Mbpsまで制限されます。

    ただこの1Mbpsという速度の目安としては、LINEやWEB閲覧は問題なくできますし、Youtubeも低画質であれば見れる程度なので安心ですね。また日中は制限なく、使えるので外出時などは特に問題なく利用できるのもポイントです。

    7GB制限

    ハイスピードプラスエリアモードにもある7GB制限。こちらはライトプラン同様月間の使用量が7GBまでとなっています。

    制限がかかると下り速度が128Kbpsと、WEB閲覧もストレスがかかるほどの低速になります。

    また注意したいのが、こちらの制限がかかるとすべての通信(ハイスピードモードも)が月末まで128Kbpsに制限されてしまうこと。

    追加料金を払って、制限を解除することもできませんので注意。

    最新の機種では7GBの制限が掛かる前に、自動でハイスピードモードに切り替えてくれる機能がついていますので、切り替え忘れて速度制限という心配はなくなりました。

    以上、WiMAX2+の速度やプランについて紹介してきました。

    まとめ

    以上、WiMAX2+(ワイマックスツープラス)について確認してきました。

    WiMAX2+のサービスについて理解が深まったでしょうか?

    WiMAX2+まとめ
    • WiMAX2+は旧WiMAXの最新規格
    • 工事不要で即日利用
    • 家でも外でも持ち運びできる
    • スマホもPCも同時利用
    • 動画もSNSも使い放題
    • 光回線並の速度

    WiMAX2+を利用して、今までとは違った生活スタイルを始めてみるのもよいのではないでしょうか。

    どうせ使うならお得に使いたい!キャンペーンの利用がおすすめです。しかし、20社以上もあるプロバイダから選ぶのは大変ですし、毎月の料金や、キャンペーンもばらばらでどれはホントに良いかわかりにくくなっています。

    当サイトでは、毎月WiMAX全プロバイダの価格、キャンペーンを徹底調査し、どこが一番おすすめのプロバイダなのかを紹介しています。

    今なら当サイト限定のAmazonギフト券10,000円キャッシュバックも実施中です!

    おすすめWiMAX比較はこちら