このエントリーをはてなブックマークに追加

WiFiルーター比較!モバイル用もホームルーターも一気にまとめました


家庭用WiFiルーター比較?それともモバイルWiFiルーター?
WiFiルーター比較といってもよくわからない!

そんなあなたへ。上記のようにWiFiルーター比較といっても使い方で大きく2つの違いがあります。ポケットWiFiルーターとしてモバイル回線をキャッチする用なのか、それとも光回線を複数のデバイスで使うために有線、無線限らず回線を分配する用のルーターなのかで比較といっても全く違います。

この2つに分けて比較していく必要があります。さらに、高速通信対応や、光回線の接続機器であるモデムに内蔵させたものまで、その機能を比較すると多様です。

こちらでは、そんなWiFiルーターについて、接続の仕組みなど基本的なことまで徹底比較致します。まずは、あなたが比較したいWiFiルーターが家用の固定回線を分配するものか、それとも回線契約とセットになったポケットWiFiルーターの契約なのか確認していきましょう。

そして、おすすめのWiFiルーター比較をしてまいります。こちらをご覧になって、あなたが見つけたいWiFiルーター比較の手助けとなれば幸いです。


WiFiルーターだけを徹底比較!




ルーターのあれこれ

まず、WiFiルーター機器を比較する前に、ルーターとはそもそもどういったものなのか、仕組みについて見ていきましょう。

ルーターとは無線、有線限らず、ネット回線を受けて、それを別のデバイスに繋げる機器のことを言います。WiFiとは無線接続のことを言いますから、受けたネット回線を無線化してデバイスに接続する機器をWiFiルーターといいます。

モバイルWiFiルーターは無線のモバイル回線をキャッチし、無線(有線も機器によっても可能)で他のデバイスにつなぐものですが、比較してみると光回線の場合、接続の仕組みが違いますのでご紹介致します。

固定の光回線を引くには契約の後にモデムとルーターの二つの機器が必要になります。一般的にこの機器はプロバイダから支給されます。どこのプロバイダを比較してもこの図式は同じです。開通までの図は以下の通りです。

WiFiルーターの接続に仕組みを理解しよう


上記のように複数のデバイスと接続するには回線にモデムとルーターの二つの機器を接続する必要があります。中にはこのモデムとルーターが一体型となった機器もあります。

基本無線LANは別途接続

さきほど説明したのが基本的なインターネットの接続例になりますが、WiFi といった無線LAN接続を利用する際には、無線LAN機能を搭載したルーター(ホームゲートウェイなど)が必要になります。

プロバイダによっては、契約時に送られてくるルーターがWiFi対応のルーターである事もありますが、そうでない場合はWiFi対応ルーターを別途購入する必要があります。ルーターを比較する為にも契約前にどんなルーターが来るのか知っておくのが良いでしょう。

ルーター比較をしよう!とこちらをご覧の方にも、無線WiFi接続可能な機器がすでにあって、使ってない方もいるかもしれませんので、何が必要かまず理解しましょう。次に、モバイルWiFiルーターについて詳しく比較致します。



モバイルWiFiルーターについて

最近、ルーターといってよく耳にするのがモバイルWiFiルーターではないでしょうか?同じルーターですが、光回線の家庭用ルーターと比較しますと、これは全くの別のものになります。

違いを比較してみますと、モバイルWiFiルーターと無線LANルーターは回線契約そのものが全く異なり、普通のインターネット契約が自宅に回線を引いてくる契約に対して、モバイルWiFiルーターは携帯電話を新たに契約するものに似ています。

携帯電話同様にどこいいても電波さえ入ればWiFiを使用できるのが最大のポイントです。このように両者を比較した場合、全く別ものだという事がわかります。最大の比較ポイントは携帯性の有無です。

モバイルWiFiルーターも無線LANルーターも一言で「WiFiルーター」と呼ぶ事があるので、比較の際にややこしくなりがちです。もし、持ち歩きながらいつでもインターネットを楽しみたいのであれば、モバイルWiFiルーターが断然良いでしょうし、光回線をご家庭内で無線WiFi接続したいという方は家庭用WiFiルーターが必要です。

モバイルWiFiルーターはネット回線の代わりになる?

あれっ!むしろどこでも持ち歩けてWiFiが使えるなら、どう比較しても普通の回線よりモバイルWiFiのほうが良いのでは?そういった声も聞こえてきますが、これはその通りともいえますし、そうでないともいえます。

確かに両者を比較した際に携帯性の有無は大きな違いといえます。ある程度、速度さえでれば、面倒な工事がいらず、どこでも使えるモバイルWiFiのほうが比較すると良い事だらけに聞こえるでしょう。

しかし、そもそも使っている回線が違うので速度の安定感に違いがあります。一人暮らしの方などはご家庭用にWiMAXなどのモバイルWiFiルーターを使う方もいますが、やはり光回線で有線でご家庭まできているほうが安定感が別物。

WiFiといってもご家庭用ルーターの場合、ネット回線自体は固定回線として家の接続口までは有線できているので、比較的高いです。一方、回線自体が無線の電波をキャッチし、デバイスにも無線WiFi接続しているモバイルのほうがもちろん比較すると安定感に欠けます。

ですので、どのようにWiFiルーターをあなたが使うか、使用感についても比較してから決める必要があります。また、そもそも家庭用WiFiルーターは固定回線の契約をして、接続口と繋がないと、それ自体ではネット回線は使えません。

一方、WiMAXなどの回線契約をしているWiFiルーターはスマホのようにどこでもそれ一台でネットが利用可能。もちろん、ルーターだけでは解約後のスマホのようにネットはつながりませんが、多くのポケットWiFiはデバイスとセットや無料提供をしているので、WiFiルーター+モバイル回線の契約とみることもできますね。

主流はLTEとWiMAXの二大回線

モバイル回線用ポケットWiFiルーター比較!LTE対WiMAX


モバイルWiFiルーターの仕組みについては概ね理解いただけたかと思います。ここで、もう一歩踏み込んだ話をしていく事にしましょう。現在、モバイルWiFiルーターを使って利用する回線は主に2種類からなっています。

それはLTEとWiMAXです。


モバイルWiFiルーターが出始めの頃はLTEが主流でしたが、最近ではWiMAXが速度、料金共に非常に評判が良いです。両者を比較した際に大きな違いは通信量制限の有無で、月間無制限のものはLTEにもありますが、WiMAXの場合3日3GB制限時でもある程度使えるので実質無制限と言える点です。

こういった理由から最近はWiMAXを固定回線の代わりに使用するユーザーも出てきており、速度も2016年12月になんと440Mbpsにスペックアップし、人気はさらに上昇中です。

こうしたモバイルWiFiに関して総合的に解説したページを用意しましたので、上記からモバイルWiFiルーターをお探しの方はこちらで一緒にあなたに最も合ったルーターを見つけていきましょう。そもそも、モバイルWiFiの基本情報からおさらいしたい方は基本情報ページも参考までに。


モバイルWiFiルーター比較
特設ページはこちらへ

基本情報ページは
こちらへ




家庭用WiFiについて

冒頭でも触れましたが、光回線などの固定回線に付属しているルーターには無線LAN機能がついてない事がほとんどです。家の中でWiFiを使いたいという事になりますと、別途無線LAN機能のついたルーターを購入する必要が出てきます。

また、プロバイダによってはオプションで無線LAN機能のついたホームゲートウェイをレンタルできる場合もあります。ホームゲートウェイとはルーターに差し込む付属カードのようなものです。

これを挿す事で無線LAN機能が追加される為、このルーターだけで無線接続のWiFiが使えるようになるのです。ルーターの買い替えと比較しますと今あるルーターをそのまま使用できるため簡単に導入が可能です。

ここでは、家庭用WiFi設置に関してルーターの買い替えの例とホームゲートウェイレンタルの例を比較してどちらがお得かを見ていく事にしましょう。


無線LANルーター買い替えの場合の比較

安いもので2000円台から高いものでは7000円以上と値段だけを比較してもかなり開きがあります。選ぶ際の比較ポイントとしては、「通信規格」「最高速度」「有線LANの速度」になります。

まず通信規格の比較ですが規格はIEEE 802.11から始まり、同11a(最大54Mbps)、11b(最大11Mbps)、11g(最大54Mbps)、11n(最大150Mbps)、11ac(最大433.3Mbps)となっており、現在の主流は11acとなっています。当然ながら古い規格と比較して新しいほうが速度は速くなっております。近年に発売されているスマホやタブレットは11acの規格に対応しているため、11acを選んで間違いはないかと思われます。

次に最高速度の比較ですが、これはルーターに設置してあるアンテナの数によって変わってきます。11ac規格のルーターでアンテナ1本の製品では最高速度は、433.3Mbps。アンテナ2本の製品が867Mbps。アンテナ3本の製品は1.3Gbps。アンテナ4本になると1.7Gbpsになります。

比較しますと、アンテナ数に応じて速度が変わるのですが、3本以上のギガ単位になりますと、大元の光回線契約の速度がギガ対応でないとルーターの性能だけが宝の持ちぐされになりますので、ルーター比較の前に光回線の契約内容を確認しておくことが良いでしょう。

最後に有線LANの速度ですが、上位機種のルーターであれば有線LAN端子もギガ速度に対応したものがありますが、中位機種以下では100メガ対応の端子しかついていない事もあるので、せっかくギガ速度の回線を契約しているのである場合、その速度を発揮できなくなります。この点もルーター比較の際に気をつけておきたい部分です。


ホームゲートウェイレンタルの場合の比較

NTTのフレッツ光のホームゲートウェイレンタルの例を見ますと、料金は月額100円。年間でも1200円と比較的お得な料金体系となっています。また、NURO光などは契約内容に無料で最新型無線LANが含まれているので非常にお得。

こうしたレンタルの際も上記で比較したルーターの規格が重要。フレッツ光やNURO光の場合、通信規格は最新の11ac。アンテナ数は3本で有線LAN端子もギガ対応ですので性能は十分といえます。

同等のWiFiルーターを買替えの場合で比較しますと、5000円以上はするのが通例ですので、フレッツ光の方は5年までの利用であればレンタルのほうがお得といえます。



WiFiルーター機器の比較

最後にケース別によるWiFiルーター比較を紹介していきたいと思います。WiFiルーターを比較検討する方向けにここまでの話を簡単にまとめてあります。

@一人暮らしの際のWiFiルーター比較
一人暮らしでお使いのスマホでのネット使用程度の方は工事の手間や外出時での使用も考えてモバイルWiFiルーターが比較的おすすめです。しかし、自宅でネットゲームなどの使用がメインといった方は固定回線のWiFiを使う事が比較的おすすめです。


A家族で利用するWiFiルーター比較
家族間でWiFiを使用したいという際の比較は、断然固定回線に軍配があります。使用する人数が多いので通信制限を考慮しますとモバイルWiFiルーターの使用は比較的厳しいといわざるおえません。


B契約回線速度が1Gbps以下の場合のWiFiルーター比較
回線速度が100Mbpsなどの光回線の場合は、2000円台程度の安価な無線LANルーターでも比較的問題はないかと思われます。


C契約回線速度が1Gbpsの場合のWiFiルーター比較
反対に回線速度が1ギガ対応の場合はルーター側もその速度に対応できるように規格が新しくアンテナ数も多いものを比較して選ぶ必要があるでしょう。ルーター自身の値段も高くなる為、月額100円〜300円ほどでレンタルができる場合はレンタルで利用する方が比較的良いかと思われます。


【まとめ】お得にWiFiやネット回線を使うために・・

ここまで、WiFiルーターとは何かについてみてきて、ご家庭用とモバイル用と比較して、全くの別物ということはわかりました。こちらを読んであなたが必要なWiFiルーターをご利用になる、手助けとなれば幸いです

しかし、WiFiルーター比較だけでなく、ネット回線、特に家用の光回線についても現状のサービスよりもっとお得に、快適に使える可能性もあります。契約内容を見直しができていない方は、WiFiルーターだけでなく、現状の契約とインターネット回線料金ランキングと比べてみるのも併せておすすめです。

インターネット回線料金ランキング
〜100社以上料金だけ徹底比較調査をしました〜