2019年1月発売!ワイマックス端末の速度・実測値を調査

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

2019年1月発売!ワイマックス端末の速度・実測値を調査

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
WiMAX
ルーター
W06
【最新WiMAXルーター比較】W06&WX05どちらがおすすめ?

2019年1月25日発売のW06
最新WiMAXルーターを
WX05と徹底比較!


WiMAXの最新ルーター情報です!ついに、2019年1月25日にWiMAX最新ルーター「W06」が発売されることが決定しました。WiMAXを契約するなら最新ルーターW06の情報は気になるところ。

そこで、今回は最新のW06と2018年11月発売のWX05を徹底比較。どちらの最新端末がおすすめなのか、速度・実測値・キャンペーンなど、スペックだけでなく様々な要素から解説していきます。

「最新ルーターがおすすめなのかわからないから困っていた」
「WX05も評判が良いからW06との比較情報を知りたかった」

当サイトにお任せください。あなたの知りたい情報を全てお届けします。それでは、早速最新W06とこれまでの最新機種WX05スペックから確認していきましょう!



ついに1Gbps!W05から進化したW06のスペックを比較

現行最新機種である2018年11月発売のWX05と2018年1月発売のW05。そんなW05の発売から1年経ち、WiMAXの最新機種が発売されます。それがW06です。そんなW06のスペックがいかなるものなのか徹底解説いたしましょう。

2019年1月発売のW06はどんなルーター?

それでは、早速W06のスペック情報を確認していきます。W06は、昨年発売されたW05の後継機としてファーウェイ社が製造したルーターです。

「近年、巷で話題のファーウェイ社じゃん」

そうです。そんなファーウェイ社ですが、今のところ販売は続けるとのこと。(プロバイダ情報)今後、販売が中止になる可能性もありますが、現状何も問題は無いという情報を得たのでご安心ください。

そんなW06と前行機種のW05を比較しながら、W06のスペック見ていきます。下記の表をご覧ください。

W06のスペック(W05と比較)

W06 W05
受信最高速度 1.2Gbps(有線時)
867Mbps(無線時)
758Mbps
送信最高速度 75Mbps 112.5Mbps
質量 125g 131g
連続通信時間 約9時間 ハイスピード(通常)モード
ハイパフォーマンス:約6.5時間
ノーマル:約9時間
バッテリー:約10.5時間
ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンス:約4.3時間
ノーマル:約6.5時間
バッテリー:約9.1時間
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替

W06上記のようなスペックとなっています。W05からの変更点を早速確認していきましょう。まずは最高速度から。

最大通信速度1.2Gbpsの超高速モバイルルーターに

WiMAXは、これまでW06の最大通信速度758Mbpsが最も速い速度でした。しかし、今回のW06はその速度を大きく超える1.2Gbps(有線接続時)。モバイルWiFiで到達したことのない1Gbps超えを果たしました。

バッテリー機能は大きな変化無し

今回のW06の詳細情報を確認する限り、バッテリーに大きな成長は無いようです。ただ、そもそもWX05の段階で8時間以上使えるルーターなので、W06のバッテリーも十分外出先でも利用できる容量だと言えます。

W06目玉機能①ハイモードアンテナ

こちらの機能は、これまで繋がりにくかった部屋の内側などでもアンテナ感度が向上する機能です。平均20%ほど通信速度がアップするということで、W06ではさらに安定感が増すこと間違いなし。

2つ目はWi-Fi TXビームフォーミングで電波を通りやすく

こちらは、スマホやPCなどWiFi機器の位置を検知し、的確にWiFi電波を飛ばす機能です。少し離れた位置にWiMAXルーターを置いている場合にも、より安定した通信速度が担保できます。WiFiの受信速度が平均20%アップするとのことです。

繋がりやすい場所を見極めるベストポジション機能

「WiMAXってどこが繋がりやすいの?」

私もよく思うのですが、WiMAXが最も繋がりやすい場所は自分の部屋でどこなのかわからないこともあるでしょう。

そんなあなたのために、ベストポジション機能は利用できます。W06では、専用のアプリ(HUAWEI HiLink)をインストールすると、WiMAXルーターの状態を確認してベストポジションがどこか探すことが可能になりました。

これで、WiMAXの置き場所に困ることも無くなるかもしれませんね。

使いすぎ防止!通信モード自動切替

WiMAXには、より高速で使うためのハイスピードプラスエリアモードという機能があります。しかし、このモードは月間7GB以上使うと通常モードでも速度制限がかかってしまいます。

通常モードでの速度制限はすぐに解除されるのですが、ハイスピードプラスエリアモードで速度制限になった場合、当月はずっと速度制限が適用されることに。そんな事態を避けてくれるのがW06の通信モード自動切替。

この機能を使うと、ハイスピードプラスエリアモードで7GBに到達した段階で自動的に通常モードに切り替わります。これなら安心して高速通信モードを利用できますね。以上、W06をW05と比較した上での最新情報です。

今回の最新機種W06は、アップデート要素が多く非常に期待できるルーターだと言えます。ぜひこの際に新規契約、乗り換えもありかもしれませんね。続いては、現行最新機種のWX05とW06を比較していきましょう!

現行最新ルーターWX05と性能を比べてみた!

さて、続いては現行最新機種のWX05とW06を比較していきましょう。実は、WX05も評判が良く、安易にW06を選ぶのは少々危険です。だからこそ、比較をしっかりしていきましょう。

WX05&W06を徹底比較!

それでは、早速WX05とW06の比較表をご覧ください。

W06 WX05
外観 W06 WX05
受信最高速度 約1.2Gbps(有線時)
867Mbps(無線時)
440Mbps
送信最高速度 75Mbps 30Mbps
質量 125g 128g
連続通信時間 約9時間 ハイスピード(通常)モード
ハイパフォーマンス:約8.1時間
ノーマル:約11.5時間
バッテリー:約14時間
ハイスピードエリアモード
ハイパフォーマンス:約8時間
ノーマル:約10.5時間
バッテリー:約13.3時間
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替
  • ハイパワーモード
  • WiFiチャネルモニタ
  • 通信モード自動切替

WX05とW06の比較表はご覧の通りです。こちらでも両ルーターの違いを解説していきます。

最高速度はW06、バッテリーはWX05

最高速度は無線で867Mbpsを誇るW06と圧勝となりました。前述の通り、今回のルーターのスペックアップは非常に大きいので期待できるでしょう。

続いてバッテリー。バッテリーはWX05の勝利となりました。WX系の端末はW系の端末より少し小ぶりでバッテリーが持つのが特徴。よって、この結果は当然とも言えます。

しかし、W06も9時間程度使える優秀なWiMAXルーターなので、実際に外に持ち歩く際にもあまり差を感じない方が多いでしょう。

ハイパワーモードはハイモードアンテナと同じ

受信感度を高めるシステムなので、W06のハイモードアンテナとWX05のハイモードアンテナはほとんで同じです。20%程度通信速度を改善してくれます。

WX05のWiFiチャネルモニタは便利

WiMAXの電波の周波帯と普段電子レンジなど日用品が利用する周波帯はWX05と同じであることもあります。そんな同じ周波帯の電波がぶつかり合って接続が切れやすくなることも。

WX05のこのモニタは、そういった事態を避けるために同じ周波帯でも繋がりやすいチャネルを探し当ててくれます。接続の安定感を上げるには打ってつけの機能です。

W06の方がおすすめ!

スペックを確認した上で現在おすすめは最新端末の「W06」。理由は下記のとおりです。

WX05よりもW06の方がおすすめの理由

  • 圧倒的な最高速度
  • 速度の安定を重視したオプション機能

これらが今回WX05よりもW06をおすすめする理由となります。元々、W05でも最高速度は非常に高速でしたが、今回大きく進化して1Gbpsを超える速度を誇るようになったW06。これは明らかにおすすめできるポイントです。

さらに、今回は速度の安定を意識したオプションを多数備えています。WiMAXルーターでは、最高速度に匹敵する実測値を出すのが難しいです。それは、無線通信であるが故に安定した通信ができないことに起因しています。

実際に、実測値を測定しなければわかりませんが、今回のW06は実測値でも非常に期待できるのではないかというのが当サイトでの考察です。そのくらいオプション機能も期待できる最新WiMAXルーターとなっています。

それでは、期待できるW06はどこで契約できるのでしょうか?WiMAXにはUQ以外にもたくさん販売店(プロバイダ)があり、それぞれで契約内容が異なります。下記に申し込み可能なWiMAXプロバイダをまとめておりますのでご覧ください。

※実測値比較はW06を入手次第すぐにアップいたします!!

W06を契約するならこのWiMAXプロバイダ!

さて、ここまでW06とWX05を様々な側面から比較してまいりました。しかし、全てのWiMAXプロバイダで契約可能なのでしょうか?今回はどこよりも正確なW06入手のためのおすすめプロバイダ比較を行っておりますのでご覧ください。

W06を契約できるWiMAXプロバイダまとめ

プロバイダ W06の状況 備考
JPWiMAX 受付中
BroadWiMAX 受付中
GMOWiMAX キャッシュバック減額
So-netWiMAX 受付中
UQWiMAX 受付中

W06の取り扱いプロバイダ比較は上記の通りです。業界最安値のJPWiMAXも、W06の販売をしております。今、最安値でWiMAXを契約するならおすすめのプロバイダです!

その他のプロバイダも予約受付を開始しておりますので、ご安心ください。

ルーターの価格はどこのプロバイダも無料

ちなみにですが、上記でご紹介したWiMAXプロバイダであれば最新W06でも価格は無料です。一般的にWiMAXのルーターは無料なのですが、たまに有料のWiMAXプロバイダもあるためこういった言い方をしております。

よって、WiMAXのプロバイダを比較する際は必ず端末価格が無料のプロバイダを選びましょう。以上、W06についてWX05との比較から購入先まで詳しくお話してきました。最後に、本ページのまとめをご覧ください。

W06はおすすめなのか?
  • 最高速度が大幅アップでおすすめ
  • 速度の安定感考慮した機能があるからおすすめ
  • W06を契約するなら、最安値で契約できるJPWiMAX

これらが、WiMAX最新ルーター「W06」比較における重要なポイントになります。上記でご紹介したプロバイダが本当に安いのか確認いただける「毎月更新!料金比較表」もこちらからご覧ください。

今回ご紹介した内容をもとに、あなたが最新機種W06をお得に契約できたならば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

WiMAX料金・キャンペーン比較ならこちら JPWiMAX詳細情報はこちら

WiMAX
ルーター
W06
【最新WiMAXルーター比較】W06&WX05どちらがおすすめ?

2019年1月25日発売のW06
最新WiMAXルーターを
WX05と徹底比較!


WiMAXの最新ルーター情報です!ついに、2019年1月25日にWiMAX最新ルーター「W06」が発売されることが決定しました。

WiMAXを契約するなら最新ルーターW06の情報は気になるところ。

そこで、今回は最新のW06と2018年11月発売のWX05を徹底比較。

どちらの最新端末がおすすめなのか、速度・実測値・キャンペーンなど、スペックだけでなく様々な要素から解説していきます。

「最新ルーターがおすすめなのかわからないから困っていた」
「WX05も評判が良いからW06との比較情報を知りたかった」

当サイトにお任せください。あなたの知りたい情報を全てお届けします。それでは、早速最新W06とこれまでの最新機種WX05スペックから確認していきましょう!



ついに1Gbps!W05から進化したW06のスペックを比較

現行最新機種である2018年11月発売のWX05と2018年1月発売のW05。そんなW05の発売から1年経ち、WiMAXの最新機種が発売されます。

それがW06です。そんなW06のスペックがいかなるものなのか徹底解説いたしましょう。

2019年1月発売のW06はどんなルーター?

それでは、早速W06のスペック情報を確認していきます。W06は、昨年発売されたW05の後継機としてファーウェイ社が製造したルーターです。

「近年、巷で話題のファーウェイ社じゃん」

そうです。そんなファーウェイ社ですが、今のところ販売は続けるとのこと。(プロバイダ情報)

今後、販売が中止になる可能性もありますが、現状何も問題は無いという情報を得たのでご安心ください。

そんなW06と前行機種のW05を比較しながら、W06のスペック見ていきます。下記の表をご覧ください。

W06のスペック(W05と比較)

W06 W05
受信
最高
速度
1.2Gbps
(有線時)
867Mbps
(無線時)
758Mbps
送信
最高
速度
75Mbps 112.5Mbps
質量 125g 131g
連続
通信
時間
約9時間 ハイスピード
(通常)モード
ハイパフォーマンス
約6.5時間
ノーマル
約9時間
バッテリー
約10.5時間
ハイスピードプラス
エリアモード
ハイパフォーマンス
約4.3時間
ノーマル
約6.5時間
バッテリー
約9.1時間
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替

W06上記のようなスペックとなっています。W05からの変更点を早速確認していきましょう。まずは最高速度から。

最大通信速度1.2Gbpsの超高速モバイルルーターに

WiMAXは、これまでW06の最大通信速度758Mbpsが最も速い速度でした。

しかし、今回のW06はその速度を大きく超える1.2Gbps(有線接続時)。モバイルWiFiで到達したことのない1Gbps超えを果たしました。

バッテリー機能は大きな変化無し

今回のW06の詳細情報を確認する限り、バッテリーに大きな成長は無いようです。

ただ、そもそもWX05の段階で8時間以上使えるルーターなので、W06のバッテリーも十分外出先でも利用できる容量だと言えます。

W06目玉機能①ハイモードアンテナ

こちらの機能は、これまで繋がりにくかった部屋の内側などでもアンテナ感度が向上する機能です。

平均20%ほど通信速度がアップするということで、W06ではさらに安定感が増すこと間違いなし。

2つ目はWi-Fi TXビームフォーミングで電波を通りやすく

こちらは、スマホやPCなどWiFi機器の位置を検知し、的確にWiFi電波を飛ばす機能です。

少し離れた位置にWiMAXルーターを置いている場合にも、より安定した通信速度が担保できます。WiFiの受信速度が平均20%アップするとのことです。

繋がりやすい場所を見極めるベストポジション機能

「WiMAXってどこが繋がりやすいの?」

私もよく思うのですが、WiMAXが最も繋がりやすい場所は自分の部屋でどこなのかわからないこともあるでしょう。

そんなあなたのために、ベストポジション機能は利用できます。

W06では、専用のアプリ(HUAWEI HiLink)をインストールすると、WiMAXルーターの状態を確認してベストポジションがどこか探すことが可能になりました。

これで、WiMAXの置き場所に困ることも無くなるかもしれませんね。

使いすぎ防止!通信モード自動切替

WiMAXには、より高速で使うためのハイスピードプラスエリアモードという機能があります。

しかし、このモードは月間7GB以上使うと通常モードでも速度制限がかかってしまいます。

通常モードでの速度制限はすぐに解除されるのですが、ハイスピードプラスエリアモードで速度制限になった場合、当月はずっと速度制限が適用されることに。

そんな事態を避けてくれるのがW06の通信モード自動切替。

この機能を使うと、ハイスピードプラスエリアモードで7GBに到達した段階で自動的に通常モードに切り替わります。

これなら安心して高速通信モードを利用できますね。以上、W06をW05と比較した上での最新情報です。

今回の最新機種W06は、アップデート要素が多く非常に期待できるルーターだと言えます。

ぜひこの際に新規契約、乗り換えもありかもしれませんね。続いては、現行最新機種のWX05とW06を比較していきましょう!

現行最新ルーターWX05と性能を比べてみた!

さて、続いては現行最新機種のWX05とW06を比較していきましょう。

実は、WX05も評判が良く、安易にW06を選ぶのは少々危険です。だからこそ、比較をしっかりしていきましょう。

WX05&W06を徹底比較!

それでは、早速WX05とW06の比較表をご覧ください。

W06 WX05
外観 W06 WX05
受信
最高
速度
約1.2Gbps
(有線時)
867Mbps
(無線時)
440Mbps
送信
最高
速度
75Mbps 30Mbps
質量 125g 128g
連続通信時間 約9時間 ハイスピード
(通常)モード
ハイパフォーマンス
約8.1時間
ノーマル
約11.5時間
バッテリー
約14時間
ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンス
約8時間
ノーマル
約10.5時間
バッテリー
約13.3時間
その他機能
  • ハイモードアンテナ
  • Wi-Fi TXビームフォーミング
  • ベストポジション機能
  • 通信モード自動切替
  • ハイパワーモード
  • WiFiチャネルモニタ
  • 通信モード自動切替

WX05とW06の比較表はご覧の通りです。こちらでも両ルーターの違いを解説していきます。

最高速度はW06、バッテリーはWX05

最高速度は無線で867Mbpsを誇るW06と圧勝となりました。前述の通り、今回のルーターのスペックアップは非常に大きいので期待できるでしょう。

続いてバッテリー。バッテリーはWX05の勝利となりました。WX系の端末はW系の端末より少し小ぶりでバッテリーが持つのが特徴。よって、この結果は当然とも言えます。

しかし、W06も9時間程度使える優秀なWiMAXルーターなので、実際に外に持ち歩く際にもあまり差を感じない方が多いでしょう。

ハイパワーモードはハイモードアンテナと同じ

受信感度を高めるシステムなので、W06のハイモードアンテナとWX05のハイモードアンテナはほとんで同じです。20%程度通信速度を改善してくれます。

WX05のWiFiチャネルモニタは便利

WiMAXの電波の周波帯と普段電子レンジなど日用品が利用する周波帯はWX05と同じであることもあります。

そんな同じ周波帯の電波がぶつかり合って接続が切れやすくなることも。

WX05のこのモニタは、そういった事態を避けるために同じ周波帯でも繋がりやすいチャネルを探し当ててくれます。接続の安定感を上げるには打ってつけの機能です。

W06の方がおすすめ!

スペックを確認した上で現在おすすめは最新端末の「W06」。理由は下記のとおりです。

WX05よりもW06の方がおすすめの理由

  • 圧倒的な最高速度
  • 速度の安定を重視したオプション機能

これらが今回WX05よりもW06をおすすめする理由となります。

元々、W05でも最高速度は非常に高速でしたが、今回大きく進化して1Gbpsを超える速度を誇るようになったW06。これは明らかにおすすめできるポイントです。

さらに、今回は速度の安定を意識したオプションを多数備えています。WiMAXルーターでは、最高速度に匹敵する実測値を出すのが難しいです。

それは、無線通信であるが故に安定した通信ができないことに起因しています。

実際に、実測値を測定しなければわかりませんが、今回のW06は実測値でも非常に期待できるのではないかというのが当サイトでの考察です。

そのくらいオプション機能も期待できる最新WiMAXルーターとなっています。

それでは、期待できるW06はどこで契約できるのでしょうか?WiMAXにはUQ以外にもたくさん販売店(プロバイダ)があり、それぞれで契約内容が異なります。

下記に申し込み可能なWiMAXプロバイダをまとめておりますのでご覧ください。

※実測値比較はW06を入手次第すぐにアップいたします!!

W06を契約するならこのWiMAXプロバイダ!

さて、ここまでW06とWX05を様々な側面から比較してまいりました。しかし、全てのWiMAXプロバイダで契約可能なのでしょうか?

今回はどこよりも正確なW06入手のためのおすすめプロバイダ比較を行っておりますのでご覧ください。

W06を契約できるWiMAXプロバイダまとめ

プロバイダ W06の
状況
備考
JPWiMAX 受付中
BroadWiMAX 受付中
GMOWiMAX キャッシュバック減額
So-net
WiMAX
受付中
UQWiMAX 受付中

W06の取り扱いプロバイダ比較は上記の通りです。業界最安値のJPWiMAXも、W06の販売をしております。今、最安値でWiMAXを契約するならおすすめのプロバイダです!

その他のプロバイダも予約受付を開始しておりますので、ご安心ください。

ルーターの価格はどこのプロバイダも無料

ちなみにですが、上記でご紹介したWiMAXプロバイダであれば最新W06でも価格は無料です。

一般的にWiMAXのルーターは無料なのですが、たまに有料のWiMAXプロバイダもあるためこういった言い方をしております。

よって、WiMAXのプロバイダを比較する際は必ず端末価格が無料のプロバイダを選びましょう。

以上、W06についてWX05との比較から購入先まで詳しくお話してきました。最後に、本ページのまとめをご覧ください。

W06はおすすめなのか?
  • 最高速度が大幅アップでおすすめ
  • 速度の安定感考慮した機能があるからおすすめ
  • W06を契約するなら、最安値で契約できるJPWiMAX

これらが、WiMAX最新ルーター「W06」比較における重要なポイントになります。

上記でご紹介したプロバイダが本当に安いのか確認いただける「毎月更新!料金比較表」もこちらからご覧ください。

今回ご紹介した内容をもとに、あなたが最新機種W06をお得に契約できたならば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

WiMAX料金・キャンペーン比較なら
こちら
JPWiMAX詳細情報は
こちら


タイトルとURLをコピーしました