転送量規制プロバイダ比較について

転送量規制について

転送量の上り(送信)や下り(受信)に制限を設けているプロバイダがあります。 一般的な大手プロバイダ(isp)の殆どがこれに該当し、1日の総データ転送量が30GB以上などを目途に、超過した時点で、警告メールをその利用者に送ったり、状況によっては、強制的な解約措置を取る場合もあるようです。

また最近の傾向として、大手の各プロバイダによって様々な方法で行われているデータ総量の規制には、データ量が増加する時間帯に、データ転送速度を落とすなどして、データ転送量に制限をかけているところもあるようです。 特にP2Pやトレントには、規制の厳しい大手プロバイダも多く、これらの利用時には、大変厳しいデータ転送量の制限がかけられたり、転送できないような措置もとられている場合もあります。


転送量規制が比較的緩いプロバイダ

現段階でP2Pやトレント利用者に対して、帯域や転送量の規制が比較的緩いプロバイダには、以下のようなプロバイダがあるようです。

ブロードネット :山口県に本社があり、NTT西日本のエリアを対象にしているプロバイダです。

基本的に、よっぽどの帯域独占や、問題行使を行わない限り、帯域制限をもたないプロバイダの様ですが、光ネクストは、この限りではないようです。 主に固定IPアドレスのサービスですが、動的アドレスも可能です。

ADSL-direct :現時点において、P2Pやトレント使用で、帯域制限はないプロバイダのようです。

一般コースのオープンサーキット:InfoSphereが上位会社となるこのプロバイダは、2013年5月に規制方法の変更を発表し、ADSLの帯域や転送量の規制、およびP2Pやトレントの利用者にかかる規制を無くしました。

また、規制方法が変わったことにより転送速度が低下することもないようです。

転送量規制が厳しいプロバイダ

現段階でP2Pやトレント利用者に対して、一般的に大手のプロバイダ(isp)はどこも帯域や転送量の規制を様々な方法で行っていますが、中でも特に厳しいいプロバイダは、以下のようなプロバイダとされていますので、あまりにも制限が厳しく課せられたり、強制解約を強いられた場合には、大手以外の規制が緩いプロバイダへ乗り換えた方がよいのかもしれません。

BIGLOBE:BIGLOBEは、日本で最も大きい大手のインターネット接続提供プロバイダです。 動画の閲覧や、ファイルのダウンロードを個人的に行うのでしたら問題は全くなく、高速で快適に行えます。

しかし、P2Pやトレントの利用時には、かなり厳しい制限がかけられることでも有名なプロバイダのようで、転送量規制の対象にもされるようです。

プロバイダによって転送量規制の基準は違う

転送量規制もプロバイダによって制限の目安が変わってきますが、国内光加入者No1のOCN(回線はNTTフレッツ光)であれば、上りのデータに対して1日あたり30ギガを超える場合には規制がかかります。

OCNに限らず、フレッツ光回線利用のプロバイダはどこもこのような感じです。
また、ケイオプティコムが提供するeo光は、月刊のデータ転送量が一定を超えた場合に規制をかけています。

@100メガもしくは200メガコースの場合・・・・・月間転送量2テラバイト
A1ギガコースの場合・・・・・月間転送量5テラバイト

一般的なプロバイダーは上りのデータ転送に規制をかけるようですが、eo光は上りも下りも含めて規制をかけています。

転送量規制がないプロバイダはあるのか?

では、転送量規制そのものがない、プロバイダーというのは存在するのでしょうか? 府中インターネット:数少ない無制限に使えるプロバイダ。全国対応かつフレッツ光の利用も可能ですが、バックボーン自体が大手比較して、大きくないようで速度が若干遅めになってしまうというデメリットもあるようです。ただ、エリアによってはフレッツ光回線対応なので、転送量規制なく、サクサク使えるかもしれません。

Google DriveやDropboxなどクラウドサービスを多くの方が利用し、転送量が非常に大きくなってきていますが、一日30GBはよほどのことがない限り個人利用ではいかないので、動画をずっと配信し続けるなどかなり長きにわたって転送、かつ大容量転送出ない場合は実質無制限で利用可能です。  

人気トレンドのプロバイダ、光回線を徹底調査しました!是非ご確認ください。

人気調査の結果ページへ