このエントリーをはてなブックマークに追加

速度規制プロバイダ比較について

速度規制について

転送速度の上り(送信)や下り(受信)に制限を設けているプロバイダがあります。そのような一般的な大手プロバイダは、1日の総データ転送量がある一定の量を超過した時点で、転送速度を落として帯域の占有率を下げているようで、この規制の方法には様々な方法があり、プロバイダや利用地域によって規制方法は異なるようです。

また、あらかじめ、特定アプリや特定のポートだけ速度規制の対象にしているプロバイダもあります。大手プロバイダの殆どは、一般的に、1日の総データ転送量が15ギガバイト以上超過した時点で、このような様々な方法で速度規制を利用者に課しているようです。

1日の総データ転送量15GBを超えると速度規制




速度規制が比較的緩いプロバイダ

現段階でP2Pやトレント利用者に対して、転送速度、帯域や転送量の規制が比較的緩いプロバイダには、以下のようなプロバイダがあるようです。

一般コースのオープンサーキット: InfoSphereが上位会社となるこのプロバイダは、2013年5月に規制方法の変更を発表し、ADSLの帯域や転送量の規制、およびP2Pやトレントの規制を無くしました。

また、規制方法が変わったことにより転送速度規制も排除されたようです。

MEGAEGG:中国電力グループによって運営されているインターネット接続サービスと回線提供サービスを一体型にしてインターネットサービス提供するプロバイダです。

2002年2月20日にサービスが開始された時から、月間転送総データが150ギガバイトを超過すると64kbpsの速度になる規制がかかっていましたが、この規制は、2005年11月に排除されました。 しかし、2009年6月から、1日の転送総データが30ギガバイトを超過すると、データ伝送速度に制限がかかるようになっていますが、大手他社に比べれば、多少の速度規制の緩さを持ち合わせています。


速度規制が厳しいプロバイダ

現段階でP2Pやトレント利用者に対して、一般的に大手のプロバイダはどこも転送速度、帯域、転送量の規制を様々な方法で行っていますが、中でも特に厳しいいプロバイダは、以下のようなプロバイダとされていますので、あまりにも制限が厳しく課せられたり、強制解約を強いられた場合には、大手以外の規制が緩いプロバイダへ乗り換えた方がよいのかもしれません。


@nifty:@niftyは、通常の個人利用でのダウンロードやアップロードなどの転送に関しては、規定量を超えない限り、非常に快適に安定してファイル転送などを行えますが、P2Pやトレントなどのファイル交換ソフトの利用者に対しては、規制が非常に厳しい大手プロバイダの1として有名です。 2006年4月には、ファイル交換ソフトが利用されている場合においては、ファイル転送の通信速度が制限される措置を行う旨が公式に発表され、同年の12月には、ACCSによって通報されたファイル交換ソフト利用者のIPアドレスから特定された個人へ警告のメールを送付開始しています。


また、同年4月より、auひかりの回線使用者には、1日の総アップロードデータ量が30ギガバイト以上を超過した時点で、通信速度の規制を利用者に課しているようです。

速度規制がかかったかどうかの確認方法

以前より、格段に通信速度がおちてしまった場合、プロバイダが速度規制をかけたのかどうかが気になるところです。

そこで、以下の方法で、実際に速度規制がかかったがどうかを確認することができます。 ますは、速度が遅くなったのが回線に問題があるのか?プロバイダーが規制をかけたのか調べる必要があります。

光回線にNTTのBフレッツをお使いの方は、フレッツ・スクウェアの測定サイトで測定をします。 測定の結果、速度がプロバイダより速くなった場合は、速度が遅いう原因はプロバイダーにあるとみていいでしょう。 規制をかけられている可能性があります。

しかしながら、BIGLOBEなどは時間帯によって帯域制限していますので、一概に速度規制と片付けたりはできません。 この方法はあくまで目安程度と考えてください。

 

人気のプロバイダを徹底調査しました!是非ご確認ください。

人気調査の結果ページへ