激安プロバイダ

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

激安プロバイダ

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
最安値のプロバイダへの道
最安値のプロバイダへの道

フレッツ光の場合

フレッツ光とはNTT西日本、東日本が独立して提供する高速ブロードバンド回線のこと。西日本と東日本でプランの名称や値段が大きく異なります。

今回は西日本で最速の「フレッツ 光ネクスト ファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ隼」、東日本で最速の「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/マンション・スマートタイプ」をプロバイダ別に比較してみたいと思います。

NTT東日本(フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/マンション・スマートタイプ)

NTT東日本は戸建ての場合、フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ、マンションタイプの場合、フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプという名称で下り最速1Gbpsのインターネットサービスを提供しています。

インターネット代として支払う額は、基本的に「初期費用+プロバイダ料金+回線代金-キャンペーン」となります。

初期費用は固定で、「NTT契約料(事務手数料)800円+初期工事費用18,000円(戸建て)15,000円(マンション)」になりますので、今回の表には加算していません。
回線代に関してはNTT東日本が・戸建て 5,200円・マンションタイプ1 3,550円※マンションタイプ1は8世帯以上、タイプ2は16世帯以上の光回線契約が見込めるマンション

と定めています。プロバイダによってフレッツ光の代金が異なるのは、プロバイダが回線代を肩代わりして他の形(プロバイダ代など)でお金をとっているからです。

したがって最安値のプロバイダを探すことは、各プロバイダ会社が示すプロバイダ代・回線代・キャンペーン割引を上記の式に当てはめて計算することなのです!!

プロバイダ代、フレッツ光代の2年総額
8世帯以上契約が
見込めるマンション
16世帯以上契約が
見込めるマンション
戸建て
@nifty ¥107,550 ¥97,950 ¥133,800
AsahiNet ¥81,600 ¥72,000 ¥109,200
BBexcite ¥85,200 ¥75,600 ¥112,800
BIGLOBE ¥94,800 ¥85,200 ¥124,800
DTI ¥103,920 ¥94,320 ¥159,624
hi-ho ¥95,550 ¥85,950 ¥113,550
OCN ¥104,400 ¥94,800 ¥139,200
plala ¥96,600 ¥87,000 ¥148,300
So-net ¥94,800 ¥84,000 ¥127,900
WAKWAK ¥101,500 ¥91,900 ¥131,500

これに以下のキャンペーンが適用されます
@nifty マンションタイプの場合、22,000円キャッシュバック
戸建てタイプの場合、30,200円キャッシュバック
AsahiNet 13か月以上利用で20,000円キャッシュバック
BBexcite 11,000円キャッシュバック
BIGLOBE 23ヶ月利用で3ヶ月目に22,000G進呈
(電子マネー・マイルギフトカード等に使える)
DTI プロバイダ月額料金初月無料23ヶ月半額
hi-ho
OCN 500円でニコニコプレミアム会員
毎月540ポイント+1年ごとに2,000ポイント
plala 24ヶ月利用で20,000円キャッシュバック
So-net 10ヶ月利用で40,000円相当キャッシュバック
WAKWAK

この結果2年でかかる費用は!!

キャンペーン適用 プラン1 プラン2 戸建て
@nifty ¥85,550 ¥75,950 ¥103,600
AsahiNet ¥79,600 ¥70,000 ¥107,200
BBexcite ¥74,200 ¥64,600 ¥101,800
BIGLOBE ¥72,800 ¥63,200 ¥102,800
DTI ¥103,920 ¥94,320 ¥159,624
hi-ho ¥95,550 ¥85,950 ¥113,550
OCN ¥104,400 ¥94,800 ¥139,200
plala ¥76,600 ¥67,000 ¥128,300
So-net ¥54,800 ¥44,000 ¥87,900
WAKWAK ¥101,500 ¥91,900 ¥131,500

この表を見てもわかる様に、現在フレッツ光を提供するプロバイダのうち2年総額が最も安くなるプロバイダはSo-netです。
プロバイダ代とフレッツ光代のみを考慮した金額ではAsahiネット、BBexcite、ぷらら、So-netと同額でBIGLOBEなどがありますが、So-netのキャッシュバック40,000円を含めると2年総額54,800円なり、So-netが最も安いプロバイダとなります。
詳しいSo-netの内容はこちらっ!!

キャッシュバック40,000円を手に入れるには、申し込んだプランを最低10か月連続で利用が必要。10ヶ月連続利用を確認した後、11ヶ月後の15日にキャッシュバック手続きの確認メールが届き、受取りの手続きが進むことになります。

確認メールから送信後45日以内に手続きが完了しなかった場合キャッシュバックは無効となるので、こまめにメールをチェックしない方は注意が必要。

NTT西日本(フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼)

NTT西日本はフレッツ光ネクスト、フレッツ光ライト、フレッツ光プレミアムといったプランを提供しており、その中でもおすすめなのはフレッツ光ネクストです。
その中でもおすすめのコース「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」は下り最速1Gbpsと何の煩いもなくネットを楽しめるコースとなっています。

初期費用は固定で、「NTT契約料(事務手数料)800円+初期工事費用18,000円(戸建て)15,000円(マンション)」になりますので、今回の表には加算していません。
回線の月額費用は・戸建て3,610円・マンションタイプ 2,930円とNTT西日本が定めています。

その結果西日本での費用総額は
プラン1 プラン2 戸建て
@nifty ¥67,860 ¥58,260 ¥76,580
AsahiNet ¥52,720 ¥43,120 ¥66,640
BBexcite ¥67,253 ¥57,629 ¥92,453
BIGLOBE ¥55,520 ¥45,920 ¥76,640
DTI ¥86,640 ¥77,040 ¥109,464
hi-ho ¥80,670 ¥71,070 ¥96,990
OCN ¥89,760 ¥80,160 ¥106,080
plala ¥57,900 ¥48,300 ¥74,220
So-net ¥47,520 ¥37,920 ¥64,140
WAKWAK ¥74,920 ¥65,320 ¥95,840

この表を見てもわかるように西日本でも最安値はSo-netとなりました。

おすすめの光回線選びのために

近年、光コラボや地域系の光回線の出現によってインターネット回線を選ぶのが非常に難しくなっています。プロバイダと回線が一体になったサービスが全盛期の今、この2つを区別して考えることはできません。

つまり、プロバイダを比較する前に同様に光回線サービスを比較する必要があるということ。当サイトでは、そんな光回線の最新情報をまとめております。料金・速度・キャンペーンなど、様々な視点から比較情報をお届けしておりますので興味のある方はご覧ください。

光回線比較の詳細はこちらから