このエントリーをはてなブックマークに追加

契約見直しをすすめる画像 あなたの契約しているプロバイダ。乗り換え変更したほうがお得じゃないですか?

今の時代に不可欠なインターネット。回線やプロバイダ業者は日々競争し、価格やサービスなどは良くなる一方。そのためプロバイダや回線を最新プランに乗り換え変更したほうがお得なことも多々あります。

そんな方へ。こちらのページではプロバイダの乗り換え変更についてご紹介し、あなたにとって最適なプロバイダや回線に乗り換え変更すべきか否かを徹底解説。

そこで大事なのが今のトレンド。それはプロバイダと回線契約が一緒になったものに乗り換え変更すること。

最適なプロバイダに乗り換え変更を検討し、より良いネット生活を送りませんか?
それではプロバイダの乗り換え変更に関して詳しく見ていきましょう!





回線とプロバイダのセットがトレンド

まずはプロバイダや回線の乗り換え変更を検討する際に最も大事な現在の契約プランと現在の乗り換え変更のトレンドを確認しましょう。

固定のインターネット回線契約には回線契約との契約が必要。
こちらをまず両方ご確認ください。

現在の乗り換え変更のトレンドは回線契約とプロバイダの一体型プラン。auひかりやNURO光を契約されている方はすでにこちらは一緒でしょう。しかしフレッツ光の方はこちらが別々。

もし、現在プロバイダと別途契約をしていて、料金を少しでも安くしたいという方は、乗り換え変更のトレンド、プロバイダと回線一体型の契約に乗り換え変更しましょう。

契約プランにより乗り換え変更を検討しましたが、実際面倒くさいなんて方にいるでしょう。しかし、フレッツ光回線から乗り換え変更できる「光コラボ」なら工事なく乗り換えられるので非常に楽です。



余分な契約や速度が遅い方は必見!

ここまで、契約プランにより乗り換え変更を検討しましたが、その際に忘れてはならないのが、余分なオプションはついていないかということ。

実際、プロバイダや回線の乗り換え変更時には今の契約の解約金がある可能性があります。また、回線変更の方は工事が必要な場合も。

そのため、まず無駄なオプションがついていないかの確認は乗り換え変更前に必須です。加えて、ネットの利用容量に関しても考えましょう。もしかすると、乗り換え変更を固定回線にする必要がないかもしれません。

一人暮らしで家にいることが少ないなんて方はポケットWiFiに乗り換えるだけで十分なんてこともありますので。



乗り換え変更おすすめ最新プラン

それでは、お待ちかね。乗り換え変更の最新おすすめプランをご紹介いたします。

auひかりやNURO光はプロバイダ乗り換え変更ができませんので、こちらでは最大手のフレッツ光に特化してご紹介いたします。

フレッツ光回線はプロバイダと一緒に契約可能な「光コラボ」サービスというものを契約可能になりました。各事業者がこちらを提供しています。

現在、プロバイダと別途契約している場合は間違いなく光コラボに乗り換えがいいでしょう。中でも、速度に不満のある方はこちらがおすすめ。

光コラボ元年となった2015年のRBB SPEED AWARDにて最優秀賞を受賞した
So-net光コラボへの乗り換え変更がおすすめ。

料金プランで乗り換え変更を決めたいというはこちらがおすすめ。

マンションではismartひかりが最も安い2,000円台でフレッツ光の高速回線を利用可能。戸建てプランではオプションが豊富なU-NEXT光が乗り換えでおすすめ。



転用承認番号を忘れずに

ここまで乗り換え変更時のおすすめ情報をご紹介いたしましたが、最後にフレッツ光から光コラボへの乗り換えの際に重要な準備についてご紹介いたします。

まず、手順として最初に乗り換え変更先を決めるのは当たり前ですが、そのあと、NTTフレッツ光に「転用承認番号」を問い合わせてもらっておく必要があります。

新しい乗り換え変更先に光コラボ提供プロバイダとの契約時にこちらをお伝えする必要があるからです。これで初めてフレッツ光から光コラボに乗り換え変更可能になります。

その後、契約が完了すると、新しいプロバイダから機器が送られてきて完了。

となれば、よいのですがこれで乗り換え変更が終わりではありません。最後に、今まで契約していたプロバイダの解約が必要。

契約が完了しないとせっかくお得なプランに乗り換えたのに無駄にプロバイダ料金を払うことになってしまいますので注意が必要です。

以上で、プロバイダ乗り換え変更の簡単おすすめ情報になります。インターネットが必須となった現代にこうした見直しをすることで、より快適な生活を送れるのではないでしょうか。

1,000円お得でも年間12,000円もお得になるので、プロバイダや回線料金もなかなかばかになりませんね。こちらをご覧になって検討してみようと思われた方は下記、乗り換え変更完全解説にて最終プランの選定を行ってみてください。


さらに詳細情報へ