このエントリーをはてなブックマークに追加

ぷらら光は1GBの速度に対応!!

社の光コラボが100MBpsの速度に対して、1ギガの速度に対応している光コラボは少ないので、ぷらら光が提供する光コラボは速度を重視したい方には魅力的なサービスでしょう。

またもう一つの大きな特徴にテレビとネットと9.7インチのipad proが一つのパッケージになった光TVパックというサービスがあります。これはネットだけでなくぷらら光が提供するメディア配信サービス『ひかりTV』がセットになったもので、さらにそれを視聴する為の端末としてipad proがついてくるものになります。

TVサービスだけでなく、視聴用のデバイスのipad proまでついてくるのですから、普段から動画視聴の多いユーザーにとってはぷらら光はうってつけといえるでしょう。



そんなぷらら光の光コラボについての詳しい料金や速度。キャンぺーンについて、このコンテンツで詳しく紹介していくことにしましょう。





ぷらら光の評判

まずは、ぷらら光の光コラボについての実際のユーザーの評価はいかほどのものなのでしょうか?以下に口コミ評価を、貝瀬の速度、料金、サポート、の3つに分けてご紹介します。

【回線速度の口コミ】

  • 光にしてから早くなったと思う。
  • 昼間なかなかリンクから他サイトにつながらない
  • 問題ない。とてもスムーズ。快適です。
  • 普通

【料金の口コミ】

  • 各社に比べると多少高めかな?
  • 5,000以上で高い
  • これが一番の問題。毎月の支払いが高すぎる。何とかならんか。
  • ちょっと高め

【サポートの口コミ】

  • 電話の問い合わせに対して最後まで分かりやすく丁寧な説明でした。
  • ふつう
  • まあまあ満足。なかなか親切な対応でした。
  • 接客時の対応はよかったです。

ざっと見てますと、ぷらら光の口コミは速度的には、目立つような悪い評価はみられません。ネットの口コミでの速度評価は住む地域や、戸建てかマンションかによってもばらつきが多く、賛否両論になるのが通例なのですが、比較的良い評価のほうが多いようなので、安定した速度という事と判断して良いのかもしれません。

もう一つ目立つ評価としては、料金が若干高いという評価が多く目立つようです。ぷらら光の具体的に料金に関しては次で詳しく紹介していきたいと思います。



料金に関して

先ほども触れました料金について、ぷらら光コラボの料金に関して見ていくことにしましょう。

ぷらら光コラボの月額料金は、戸建てプランが月4,800円。集合住宅向けのマンションタイプは3,600円となっております。参考までにNTTのフレッツ回線と他社の一般的なプロバイダと比較した料金を掲載しておきます。

▼戸建てタイプ▼

光回線プラン 月額料金
NTTフレッツギガライン 5,900円
NTTフレッツハイスピード 5,700円
ぷらら光 4,800円

▼マンションタイプ▼

光回線プラン 月額料金
NTTフレッツギガライン 5,250円〜4,150円
NTTフレッツハイスピード 4,950円〜3,950円
ぷらら光 3,600円


ぷらら光のキャンペーンは?

新規加入の際に見逃せないぷらら光のキャンペーンについてご紹介しましょう。ぷらら光のキャンペーンは、主に『転用手数料無料』と『5000円分のクオカードプレゼント』の2種類です。

転用手数料無料とは、光回線を既にNTTで契約しているものをプララ光に乗り換えるもので、本来であればこの際に事務手数料として3000円の費用が必要になりますが、この手数料が無料になるキャンペーンです。

5000円分のクオカードプレゼントはその名の通り5000円分のクオカードが進呈されるもので、新規で申込み後、7か月間のサービス利用が確認された方に適用されます。どちらのキャンペーンもWEBからの申込限定なので、申込の際はWEBから行うようにしましょう。


ここまで料金に関連する部分を見てまいりましたが、ぷらら光はキャンペーンも含め安いとはいえません。料金を特に重視する方は、利用環境別にお得な各光コラボをまとめたページが下記になりますのでよろしければ御覧ください。


光コラボ詳細ページはこちら



1Gbps対応は環境次第


ぷらら光の魅力の一つに最大1Gbpsの速度に対応しているというのがありますが、この1Gbpsの対応は、サービス加入者全てに対応しているものではありません。マンションといった集合住宅を例に挙げると分かりやすいのですが、光コラボというのは対象となるマンションの光回線インフラをそのまま使うサービスになります。

したがって、契約をしようとするマンションの回線インフラによって対応する速度が変わってくるのです。マンションの光回線で一般的にメジャーとなっている方式はVDSL方式かLAN方式と呼ばれるもので、どちらも速度は100Mbpsとなっています。

NTTが1Gbpsに対応した隼回線の提供を始めたのが平成24年ですので、まだまだ集合住宅でこの回線に対応したインフラが整っているところは少ないかと思われます。したがって1Gbps光コラボだからといって安易に飛びつかず、今の居住環境の回線インフラをチェックする必要がでてくるでしょう。



ぷらら光の速度に関して

口コミでも比較的高評価を得ているぷらら光の速度ですが、ここで詳しく見ていくことにしましょう。基本的な仕様はNTT回線と同じなので、速度的には問題はないかと思われますが、ネット上では意外にも『遅い』、もしくは『遅くなった』といった評価が多く見られます。

上記口コミでは比較的速度に関しては好評価が多かったのですが、その他のネットでの口コミを見ますと圧倒的に遅いといった書込みが多く見られます。このあたりについては、はっきりと書かれてあるものがないようなので、ここでは何と評価してよいか難しいところです。

ぷらら光はNTTの子会社が運営している会社になりますので、インフラ面においてもNTTのものを使っている為、速度が遅くなるといった事は考えずらいのですが、後に確かな情報が見つかれば、このサイトで新たに追記していくことにします。



ぷらら光メイトwithフレッツとの違いは?

ぷらら光といえば、光コラボとは別に『ぷらら光メイトwithフレッツ』というサービスもありますが、このサービスとぷらら光の光コラボとの違いはなんなのでしょうか?ぷらら光のぷらら光メイトwithフレッツは、回線は別途NTTでの契約が必要な光コラボが誕生する前のサービスです。



両サービスの違いに関してですが、ぷらら光コラボのほうが月額700円ほど料金的なメリットがあります。ただし、こちらはNTT東日本での話で西日本だと話はかわってきます。NTT西日本の場合は、ぷらら光メイトwithフレッツでは回線使用料が8年目まで年ごとに割引されていきます。

その為、回線割引がないぷらら光に比べますと、8年目からはぷらら光メイトwithフレッツのほうが安くなるという逆転現象がおきてしまうのです。ただ、8年も同じ固定回線を使う方はあまりいないかと思われますので、基本的にはぷらら光をおすすめします。



メディア配信テレビサービスひかりTV

ぷらら光の特徴的なサービスの一つである『ひかりTV』これは、光回線を使用して50チャンネル以上の専門番組が見放題というサービスになります。光回線を使用したサービスなので、パラボラアンテナのような外部へのアンテナ設置などは不要です。見放題の対象となるチャンネルは全て高画質のHD画質で視聴できます。



ひかりTVの月額料金が割引に『ひかりTVセット割』


例えば、これから光コラボを検討しようとお考えの方に、おすすめできるのが、『ひかりTVセット割』です。通常ひかりTVのサービスは光コラボの料金とは別に月額2500円のサービス使用料がかかってきます。この『ひかりTVセット割』に加入しますと、この月額2500円が900円に割引されます。実質月額1600円も特になるサービスです。

視聴用デバイスにipadpproのついた『ひかりTVパック』


普段から動画の視聴がメインの方におすすめなのは、視聴用の新たなタブレット端末ipadproのついた『ひかりTVパック』です。通常『ぷらら光』『ひかりTV』に加入するだけでも7300円の月額料金がかかるのに対し、このサービスではIpad proの端末がついても月額7000円〜で利用できるサービスになります。

タブレットの購入などを別途考えている方にとっては非常にお得なサービスといえるでしょう。ただし、特にタブレットなどの端末に興味がない方は、ひかりTVの基本料金が割引900円になる『ひかりTVセット割』がコストの面でおすすめといえるでしょう。


ここまでぷらら光について見てまいりましたが、いかがでしたでしょうか?1GB対応の光コラボや、Ipadproに魅力を感じた方は、ぷらら光がおすすめですが、他にも光コラボでおすすめはございますのでこちら光コラボ総合ページで比較してみてください


光コラボ総合比較ページ