このエントリーをはてなブックマークに追加

5分でわかる光回線おすすめ情報



インターネットといえば光回線がおすすめ!

今では、戸建てやマンションといった家庭用回線ではほとんどが光回線となっています。従来の電話線を使ったADSLと比べて圧倒的に速くなり、今の時代では他の回線と比較するまでもなく高速ネット回線がおすすめ。

しかし、速度の比較や料金の比較に加えて、そもそもマンションでは対応している回線が決められているなど、おすすめの光回線選びにはいろいろな情報が必要。

そこで、こちらでは光回線の比較に必要な情報をシンプルにご紹介し、あなたに合ったおすすめの光回線を適切に選んで快適なネット回線利用をできるようお助けいたします。

それでは、比較方法やおすすめに関してなど、一つ一つ簡潔に見ていきましょう!


【目次】5分でわかる!簡単光回線比較





比較方法に関して〜光回線入門編〜

まずは光回線の比較方法の詳細に入る前に、前提となる情報をみてきましょう。

比較の際の前提とは、インターネット回線、光回線の仕組みやトレンドに関して。これを理解しないとあなたに合ったお得なおすすめ光回線比較はできません。

それでは、光回線契約を比較する際の基本となるインターネット回線の仕組みをご紹介いたします。光回線を利用した固定のインターネット回線契約には、光回線契約とプロバイダ契約の両方の契約が必須。

回線を比較して、いくら光回線がおすすめで契約したからといって、プロバイダ契約がなければインターネットは開通しません。ですので、おすすめ情報を比較する際はこちらをお忘れなく。

それではこれらに別途料金を支払い、契約も2つしなければいけないので比較対象が多くて迷う。そうお思いでしょう。しかし、auひかりやNURO光のようにもともとプロバイダ料金が込みになっているプランがあり、非常におすすめ。

一方、最大手のフレッツ光回線の利用では別途プロバイダ契約が必要でした。しかし、2015年NTTがフレッツ光回線を各業者に貸し出すことにより多くの事業者が独自のサービスとしてフレッツ光回線の提供をすることができるようになりました。

これを光コラボといいます。しかし、光コラボ事業者はなんと約200もあり、非常に比較が大変。しかし、比較してみると意外と似ているサービスも多いので、こちら厳選しておすすめ情報を下記でご紹介いたします。

5分でわかる光回線おすすめ情報


さて、比較の際はプロバイダと光回線が一括になったプランを検討するのがトレンドでおすすめということはわかりました。しかし、当サイトで徹底比較した結果、あるエリアでは別途契約のほうがおすすめということが分かりました。

それは、東海地方!

なぜかといいますと、このエリアで圧倒的に人気を誇るコミュファ光のプランを徹底比較して最もおすすめは別途契約にあるということが分かったからです。

このコミュファ光回線でも光回線とプロバイダの一括契約が可能なのですが、コミュファ光に限っては別途So-netと契約するサービスプラン、So-net光(コミュファ光)で契約したほうが断然おすすめということがわかりました。

ですので、東海エリアの方はコミュファ光の詳細ページを光回線比較の参考にしてみてください。具体的にどのくらいお得か、口コミ評判では本当におすすめされているのか、といった詳細解説をしております。

コミュファ光詳細





おすすめの選び方〜詳細編〜

それでは、ここからは具体的におすすめ情報を比較してみていきましょう。

光回線の比較の際にまず見なければいけないのがエリアと物件が対応しているか。どんなにおすすめだからといってお住いの場所が対象外では元も子もありません。それでは、おすすめ情報の比較の前に各光回線の対象を見てきましょう。

↓住居タイプを選んで各解説をご覧ください↓

光回線サービス 解説
フレッツ光 全国(最もエリアは広い)
光コラボ 光回線は同じなので、回線自体は上記と同じ。
光コラボ事業者によっては一部エリアが限定される場合あり。
auひかり 東海エリアを除く全国(フレッツよりは狭い)
NURO光 一部を除く関東エリアのみ
コミュファ光 東海エリアはのみ

光回線サービス 解説
フレッツ光 全国(最もエリアは広い)
光コラボ 光回線は同じなので、回線自体は上記と同じ。
光コラボ事業者によっては一部エリアが限定される場合あり。
auひかり 東海エリアを除く全国(フレッツよりは狭い)
対応物件が少ないので要確認。
NURO光 一部を除く関東エリアのみ。元々、戸建て用でスタート
しましたが、現在は2015年末にスペックアップし、
5階建て以下のマンションにも対応。
コミュファ光 東海エリアはのみ
いかがでしょうか。こちらまずおすすめ比較の際はお住いの物件がどの回線が利用可能か見ていくことが大事です。

さて、ここからは具体的にどの回線がおすすめか比較してまいります。

エリア内なのであれば、おすすめはNURO光。こちらがどの光回線と比較しても速度は最速の下り2Gbps。また一部エリアでは10Gサービスも始まり、速度が圧倒的に速くおすすめ。

なぜこれだけおすすめできるかというと、他の回線と比較しても速度が速いからといって料金が高いわけでもなく、4000円台でプロバイダ、無線ルーター、セキュリティソフトなどすべて込々の非常におすすめのプランだから。

次に、東海エリアの方は間違いなくコミュファ光
なんといっても豊富なキャンペーンが一押しの光回線。

KDDIグループなのでauスマートバリューも使え、東海エリアでの口コミ評判はNo.1です。当エリアでのRBB AWARDにてキャリア部門、サポート部門、事業者総合の三冠を達成しております。

さて、ここからが悩みどころの特定地域外の全国対応の光コラボかauひかりの比較。こちらは、特にマンションが対応しているかが問題で、新規でauひかり対応物件を増やしていないので、意外とフレッツ光と比較して対応する方は少ないかもしれません。

しかし、対応しているのであれば間違いなくauひかりがおすすめ。おすすめのキャンペーンがずらりと並び、非常にお得。それに加えて、フレッツ光と比較して、混みにくいという評判。

実際に、NURO光が出る前まで5年連続顧客満足度は1位だったので、NUROを除く1Gbpsの高速光回線では満足度はNo.1。NUROは関東以外では未対応なので、実質全国で見ると顧客満足度はトップでしょう。

なので、対応していればauひかりがおすすめ。

5分でわかる光回線おすすめ情報



ここまで光回線を比較してきましたが、フレッツ光しか対応していないという方も多いでしょう。そんな方にはフレッツ光とプロバイダを別途契約した場合と比較して圧倒的におすすめなのが、光コラボということは最初に述べました。

それでは次項で、具体的に数多くある光コラボ業者から比較方法、おすすめ情報をご紹介いたしましょう。

その他、NURO光やコミュファ光、auひかりで決まりという方はこちら各詳細ページへお進みください。最もおすすめできる契約方法をご紹介いたします。

auひかり

NURO光

コミュファ光




あなたに合った光回線はこれだ!

最後に、NUROやコミュファ光という特定エリアで比較した際におすすめの光回線、もしくは顧客満足度が非常に高いauひかりが対応外という方に向けて、フレッツ光回線を使ってのインターネット利用であなたに合ったおすすめをご紹介いたしましょう。

フレッツ光回線なら光コラボ。

その中でも、おすすめは2つに分かれます。それは「プロバイダによる光コラボ」もしくは、「携帯とのセット割がある光コラボ」。

携帯とのセット割があっても大手キャリアの割引は利用容量に割引が依存します。そのため、携帯の利用容量が少ない場合はプロバイダによる光コラボのほうがおすすめかもしれないので、比較をしてお得なほうをお選びください。

それでは、シンプルにおすすめの光コラボをご紹介いたします。


プロバイダによる光コラボ


マンションの方は、ismartひかりがおすすめ!

なぜかというと、唯一基本料金がなんと高速光回線にもかかわらず、2000円台!

さらに、まだまだ知らない方も多く、プロバイダとしても非常に快適に利用ができているとのことなので、今マンションで光コラボにするならismartひかり。

戸建ての場合はビデオサービスを行っているU-NEXT光、もしくはSo-net光コラボがおすすめ。U-NEXT光は5,000円を切った月額料金に加え、ビデオサービスを含むオプションが非常に豊富。

もしくは、So-net光コラボ。戸建てプランは基本料金にそこまで変わりはありませんので、速度で決めたいという方も多いでしょう。そんな方へ、確実におすすめなのがSo-netコラボ。

2015年に始まった光コラボですが、2015年光コラボ元年のRBB SPEED AWARDにてこちらを受賞しています。

◆光コラボレーション部門 最優秀賞受賞◆
下り速度:230.05 Mbps 上り速度:230.07 Mbps(対象件数:2,918件)

以上が、プロバイダによる光コラボ。

スマホとのセット割がない方にはこちらが間違いなくおすすめ。

セット割との比較をして検討したい方、もしくは今後スマホを乗り換えたいという方はこちらも併せて比較してみてください。

携帯とのセット割がある光コラボ


こちらが携帯のセット割がある光コラボ。プロバイダによる光コラボとの比較が必要ですが、まずはこちらセット割のある主な光コラボをご覧ください。

大手キャリア 格安スマホ
  • Softbank→Softbank光
  • au→So-net光コラボ
  • docomo→ドコモ光
  • UNEXT光×U-mobile
  • OCN光×モバイル
  • @TCOMヒカリ×モバイル


  • 格安スマホとの割引は300円ほどがほとんどなので、特にマンションではismartひかりが非常に安いので、比較が必ず必要。

    大手キャリアの光コラボも基本料金が高いので割引額と比較する必要があります。しかし、auに関しては、先ほどご紹介した通り速度の安定性は光コラボでNo.1なので、もしフレッツ光回線とauスマホがあるなら絶対にSo-net光コラボ。

    ここまで、光回線の比較方法、おすすめに関してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。限定的なエリアでサービス展開するものや、物件によるものもありますが、おすすめの優先順位の高いほうからあなたに合ったものを選びといいでしょう。

    フレッツ光は最大手ですので、もちろんおすすめです。しかし、その分込み合うということも起こりやすいので、こちら光コラボ提供事業者の比較が間違いなく必要。

    あなたに合った光回線を選んでサクサク快適にインターネットが利用できる手助けになれば幸いです。

    光回線比較でまだまだお悩みの方はさらに詳細を解説したページがございますので参考にしてみてください。

    光回線詳細情報へ