インターネット開通作業の詳細について

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

インターネット開通作業の詳細について

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
光回線の工事を徹底解説~内容・費用・おすすめ情報一覧~
光回線の工事内容解説

工事内容から工事費用まで
光回線の工事に関することを
全て解説


「光回線の工事ってどんなことするんだろう」
「工事費用ってどのくらいなのかな?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

光回線の工事内容は住居タイプ(戸建てまたは集合住宅)によって、大きく異なります

それに加え、マンションで光回線を利用する場合、管理人に許可を取らないといけないケースもあるため注意が必要です。

このページでは、光回線の工事に関する費用や時間など網羅的に解説。また、ページの最後では、立ち会い工事に関するよくある質問もご紹介します。

最後まで読んでいただければ、光回線の工事に関する悩みや不安がなくなること間違いなしです。

それでは早速、確認していきましょう。

この記事を書いたのは…

運営者Sato Ryuji

Ryuji Sato

プロバイダ比較.net編集長の右腕。ドコモ光とWiMAXの個人営業出身。もう数字や売上の為の営業は致しません!元販売員の経験を活かし、あなたに合ったインターネットサービスを豆知識やオトクな情報と一緒にお届けします。



光回線の工事に関する基礎知識と注意点

光回線を契約するにあたり「どんな工事をするのだろう」と気になっている方も多いと思います。

冒頭でもお伝えしましたが、光回線の工事内容は、住んでいる住居(戸建て、マンション、またはアパート)タイプにより異なります

しかし、光回線が利用できるようになるまでの期間や流れは、基本的に同じです。

そこで、まずは共通している「光回線が利用できるようになるまでの流れ」と「注意点」をご紹介します。

光回線が
利用できるようになるまで

はじめに、光回線が利用できるようになるまでの大まかな流れを確認していきましょう。光回線の利用開始までの流れは、以下の通りになります。

利用開始までの流れ
  • ①申し込み
  • ②工事日程を決める(申し込み日から最短約2週間後~最長約2ヶ月後)
  • ③工事日前日の電話確認 
    ※ただし、ない場合もある。
  • ④工事
  • ⑤開通(工事日当日)

まず光回線は、申し込みの際に工事日を決める必要があります。

申し込み先光回線の工事業者のスケジュールにより異なりますが、最短約2週間後から最長約2ヶ月先までの間で、工事日を決めることが可能です。また、工事日の工事時間も午前か午後で希望を出すことができます

仕事や引っ越しなど、ご自身の予定に合わせて工事日を決めることがおすすめです。

次に、工事日前日の電話確認があります。工事日の前日に工事担当者から、「翌日の何時頃にお伺いします。」との電話連絡がきます。電話確認が取れなかった場合、工事日当日に工事担当者が来ないこともあるので注意が必要です。

万が一、電話が取れなかった場合は、折返し電話でも問題ないので気付いた時に連絡をしておきましょう

最後に、当日の立ち会い工事があります。戸建てとマンション(集合住宅)のどちらも、基本的には立ち会い工事が必須です。(ただし、マンションの場合、立ち会い工事が必要ない場合もあります。)

立ち会い工事については、次項で詳しく解説しますが、立ち会い工事が完了すると光回線が利用できるようになります。

以上、ここまでが光回線の利用開始までの流れの紹介でした。

光回線は、戸建てとマンションのどちらも申し込みから利用開始まで約1ヶ月程度の期間が必要です。

また、3月や4月など新生活が始まる時期は、光回線の新規申し込みが集中するため、利用開始が約2ヶ月先になってしまう場合もあります光回線のご利用をお考えの場合は、できるだけ早くお申し込みされることがおすすめです。

続いて、光回線の工事に関する注意点をご紹介していきます。

光回線の工事に関する注意点

ここからは、光回線の工事に関する注意点を解説していきます。工事に関する注意点は、大きく以下の2つが挙げられます。

  • マンション・アパートなど賃貸物件の工事は、管理人または管理会社の許可が必要
  • 戸建ての場合、隣人の許可が必要なケースがある

以上、2点をそれぞれを詳しく解説していきます。

管理人または管理会社の許可が必要なケース

マンションやアパートなどの賃貸物件に住んでいる方は、光回線を契約する際に管理人または管理会社へ回線工事の許可を貰う必要があります。万が一、許可が下りなかった場合は、光回線をご利用になれませんのでご注意ください。

工事の許可が下りなかった場合、既にマンションで契約されている光回線を利用するか、工事不要のインターネット回線を利用する必要があります。工事不要のインターネットをお探しであれば、ポケットWiFi(WiMAX)がおすすめです。

WiMAXの詳しいサービス内容は、下記ボタンからご確認いただけます。ぜひ工事不要のインターネットをお探しの方はご確認ください。

工事不要のインターネット
WiMAXについて詳しく確認する


続いて、隣人の許可が必要なケースについて解説します。

隣人の許可が必要なケース

戸建てで光回線を利用する場合、1番近くの電柱から回線を自宅まで引き込みます。回線を引き込む際に、お隣の敷地上空を通過してしまうこともあります。お隣の敷地を通過する場合、苦情に発展してしまうこともありますので注意が必要です。

お隣の敷地を通過してしまうようであれば、事前に許可を貰うようにしておきましょう

以上、光回線の工事に関する注意点のご紹介でした。

ここからは、戸建てとマンションの具体的な工事内容を解説していきます。マンションにお住まいの方は、下記ボタンから「マンションの工事内容解説」までスキップいただきます。

マンションの工事内容までスキップ

それでは、戸建ての具体的な工事内容を確認していきましょう。

戸建ての工事内容とは?

ここからは戸建ての工事内容をわかりやすく解説していきます。まずは、下の図をご覧ください。

戸建ての工事

  (NTT公式ページから引用 URL:https://flets.com/first/kouji/multi_unit.html)



戸建ての場合、上記の図にあるオレンジ色の線が配線工事する部分になります。

戸建てにおける光回線の工事は、大きく「外での作業」と「家の中での作業」に分けられるので、ぞれぞれ分けて詳しく解説していきます。

外での作業内容

外での作業内容は、以下の順で行います。

作業内容
  • ①近くの電柱から自宅の外壁まで光回線を引き込む
  • ②光回線を部屋の中に引き込む
  •  【引き込む方法】
      方法①電話線の配管に通す
      方法②エアコンのダクトから通す
      方法③10mm程度の穴を開け通す
※基本的に①か②になるため、穴を開けることはあまりありません。

外の主な作業は、「一番近い電柱から家まで光ファイバーケーブルの引き込み」と「光回線を部屋へ引き込み」の2つになります。

この2つの中でも、部屋への引き込み工事が気になる方も多いかと思いますが、ご安心ください。

光回線は基本的に外壁にある配管、またはエアコンのダクトを使って引き込みを行います。極稀に外壁に穴を開けないといけないときがありますが、ほとんど無いのでご心配ありません

もし、穴を開けないといけない場合は、工事担当者から穴を開けても問題ないか確認があります。どうしても穴を開けたくない方は、担当者に工事のキャンセルが可能かどうかを確認してみましょう。

ここまでが、外での作業内容です。外での作業には、おおよそ1時間~1時間半程度かかると見込んでください。

続いて、家の中での作業を解説していきます。

家の中での作業内容

自宅内の主な作業内容は、「光コンセントの設置」と「ホームゲートウェイ(ONU)の設置」の2つになります。

光コンセントの設置は、先程ご説明した外から引き込んだ光ファイバーケーブルを使って行います。(私筆者が自宅で使っている光コンセントの写真を載せておきます。ご参考までにどうぞ。)

光コンセント 右:NTT 左:KDDI

光コンセントの設置が終わった後は、ホームゲートウェイ(ONU)の設置となります。ホームゲートウェイの設置は、先程設置した光コンセントへの接続のみです。

ここまでが、家の中での作業内容となります。自宅内での作業は、長くても30分程度を見込んでください。

以上が、戸建てにおける光回線の工事内容でした。続いては、マンションの具体的な工事内容をご紹介していきます。

各光回線の工事費を確認する

マンションで光回線を利用する場合は?

ここからは、マンションの工事内容をわかりやすく解説していきます。まずは、下の図をご覧ください。

マンションの工事

  (NTT公式ページから引用 URL:https://flets.com/first/kouji/multi_unit.html)



マンションの場合、上記の図にあるオレンジ色の線が配線工事する部分になります。

マンションにおける光回線の工事は、既に共有スペースに「光回線が引き込まれている場合」と「光回線が引き込まれていない場合」で作業内容が変わります。

光回線が引き込まれているか否かで工事内容が異なるので、それぞれ分けて解説していきます。

既に光回線が引き込まれている場合

既にマンション内の共有スペースに光回線が引き込まれている場合の作業内容は、以下の順で行います。

作業内容
  • ①共用部分にある光回線を部屋内に引き込む
  • ②光コンセントを設置する
  • ③ホームゲートウェイ(ONU)の設置

既に光回線が共用部分に引き込まれている場合、部屋内での作業がメインとなります。また、外での作業がないため、工事の時間は長くても30分程度で終わります。

部屋内での作業は、「共有スペースから部屋へ光回線の引き込み」「光コンセントの設置」「ホームゲートウェイ(ONU)の設置」の3つです。

既に共有スペースに光回線が引き込まれている場合、部屋への光回線の引き込みや光コンセントの設置も終わっているケースが多くなっています。したがって、既に光回線が引き込まれている場合は、壁に穴を開けることはございませんのでご安心ください

光回線の引き込みや光コンセントの設置が終わっている場合、ホームゲートウェイの設置のみとなります。

ここまでが、既に光回線が引き込まれている場合の作業内容でした。

続いて、既に光回線が引き込まれている場合、工事不要のケースも有るので、そのケースも解説します。

工事不要の場合もある

既にマンションやアパートでインターネットを契約している場合は、工事無しでインターネットの利用が可能です。

入居時に「インターネット完備」と書かれていたり、管理費に「インターネット(通信費)代込」と書かれていたりすれば、工事不要の場合が多くなっています。

また、光回線を申し込みした際に、無派遣工事と言われた方も工事が不要です。

無派遣工事は、フレッツ光から光コラボに乗り換えたときなどが該当します。無派遣工事の場合、もともと引き込まれている光回線を新たな回線に切り替えるだけで済むため工事が不要となります。

また、無派遣工事の場合、光回線の申し込み先からホームゲートウェイ(ONU)が届くので、それをご自身で接続して完了となります。

ただし、無派遣工事の場合でも工事日は一度設定する必要があり、工事費は回線切替費用として2,000円程かかると覚えておいてください。

以上が、工事が不要になる場合の解説でした。

次は、共有スペースに光コンセントが引き込まれていない場合の工事内容を解説していきます。

光回線が引き込まれていない場合

マンションの共有スペースに光回線が引き込まれていない場合の作業内容は、以下の順で行います。

作業内容
  • ①近くの電柱から共用部分に光回線を引き込む
  • ②共有スペースから部屋へ光回線を引き込む
  • ③光コンセントを設置する
  • ④ホームゲートウェイ(ONU)の設置

光回線が共用部分に引き込まれていないケースは、築年数が古いマンションやアパートに多く見られる傾向があります。

光回線が引き込まれていない場合、近くの電柱から光回線を引き込む工事が必要です。電信柱からの引き込みは、配管またはエアコンのダクトを使って行います。新たな穴を開けることはほとんどないので、ご安心ください。

光回線の引き込みが終わった後は、部屋内で光コンセントの設置に移ります。光コンセントの設置は、下記の写真のようなものを設置します。(私筆者が自宅で使っている光コンセントの写真を載せておきます。ご参考までにどうぞ。)

光コンセント 右:NTT 左:KDDI

そして最後に、ホームゲートウェイ(ONU)の設置となります。ホームゲートウェイの設置は、先程設置した光コンセントへの接続のみです。

ここまでが、光回線が引き込まれていない場合の作業内容でした。光回線が引き込まれていない場合、約2時間程度の工事時間がかかると見込んでください。

以上が、マンションにおける光回線の工事内容でした。

次は、光回線の工事費用をサービスごとに解説していきます。

工事費用はどのくらい?サービス別にご紹介

ここまで、光回線の利用開始までの流れや期間、工事内容について詳しく解説してきました。

ここからは、各光回線の工事費用を住居タイプ別にご紹介します。

2020年8月現在の各光回線の工事費用は、以下の通りになっております。

光回線 工事料金一覧
サービス名 工事料金 工事費実質無料
キャンペーン
フレッツ光 19,800円 ×
ドコモ光 18,000円 ×
ソフト
バンク光
24,000円 ×
auひかり 37,500円
nuro光 40,000円
So-net光
プラス
24,000円
BIGLOBE光 30,000円
nifty光 18,000円
ぷらら光 18,000円 ×
OCN光 18,000円
コミュファ光 25,000円
eo光 27,000円
ピカラ光 無料
メガ・エッグ 35,000円
BBIQ 2,000円
光回線 工事料金一覧
サービス名 工事料金 工事費実質無料
キャンペーン
フレッツ光 16,500円 ×
ドコモ光 15,000円 ×
ソフト
バンク光
24,000円 ×
auひかり 30,000円
nuro光 40,000円
So-net光
プラス
24,000円
BIGLOBE光 27,000円
nifty光 15,000円
ぷらら光 15,000円 ×
OCN光 15,000円
コミュファ光 25,000円
eo光 無料
ピカラ光 無料
メガ・エッグ 35,000円
BBIQ 2,000円

各光回線の工事料金は、以上のようになります。

現在では、多くの光サービスが工事費実質無料キャンペーンを実施中です。新しい光回線の契約を検討している人であれば、初期費用を抑えられるため嬉しいキャンペーンだといえます。

初期費用が抑えられるのは分かったけど、どの光回線を選べばいいかわからない」と悩んでいる方もいるかと思います。

そんな方のために、次項ではここまでの解説まとめとおすすめ光回線の比較方法をご紹介したいと思います。

まとめ|あなたにあった光回線を見つけよう

ここまで、光回線の工事内容を戸建てとマンションに分けて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ここまでを簡単にまとめると、以下の通りになります。

光回線 工事内容まとめ
【戸建の場合】
・申し込みから利用開始まで、約2週間から1ヶ月半の日数がかかる
・工事の時間は2時間程度で終わる

【マンションの場合】
・申し込みから利用開始まで、約2週間から1ヶ月半の日数がかかる
・工事の時間は30分から1時間程度で終わる

光回線を新たに契約する場合、戸建てとマンションのどちらも利用開始まで1ヶ月ほど日数がかかります。また、3月や4月など新生活が始まる時期は、申し込みが集中するため2ヶ月後になることもあります。

光回線を検討している方は、できるだけ早く申し込みすることがおすすめです

それでは最後に、おすすめ光回線の比較ポイントをご紹介します。

光回線の比較ポイント
  • ①スマホ割(スマホのキャリア)
  • ②住んでいるエリア
  • ③住んでいる住居タイプ

上記の順番で光回線を比較すれば、あなたにあったおすすめのサービスが見つけられます。

当サイトでは、皆さんがおすすめの光回線を簡単に見つけられるように、総合比較ページもご用意しております。

あなたにあったおすすめの光回線をお探しの方は、是非ご一読ください。

おすすめの光回線を探す
総合比較ページはこちら


立ち会いに関するQ&A

ここでは、立会い工事に関するよくある質問をご紹介します。

立会い工事は部屋が汚くても平気?

A.部屋が汚くても問題ありません。

光コンセントを設置する周辺は、工事当日にものを片付ける必要があるかと思いますが、基本的には普段通りの状態で問題ないです。

立会い工事はどうやって過ごしたらいい?

A.自宅内にいれば何をしていても問題ありません。

立会い工事は、始まりの挨拶と工事完了のサイン以外に、無理して会話しなくても大丈夫です。

普段通りスマホをいじっていたり、テレビを見て過ごしていて問題ありません。なにか会話が必要な時は、工事業者の方から声をかけてくれます。

立会い工事の途中で家を出てもいい?

A.基本的にNGです。

立会い工事途中での外出は、トラブルの元になるため控えるようにしましょう。

ただし、どうしても出ないといけない場合は、工事業者に確認の上、貴重品をしっかり管理し、外出中でも常に連絡が取れる状態にしておくことをおすすめします。

立会い工事がないインターネットは?

A.WiMAXやSoftBank AirなどのモバイルWiFiがあります。

光回線をご利用の場合、基本的に工事が必須となります。しかし、工事ができない住居にお住まいの場合は、モバイルWiFiがおすすめです。

通信量を無制限に使えるインターネットをお探しであれば、WiMAXをおすすめします。
工事不要のインターネット
WiMAXの詳細を確認する