NURO光10Gをただ導入すれば最速体験できると思ってませんか?

ネット診断

記事を探す

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
閉じる

キーワードで探す

人気の記事

お悩み・ご要望から探す

NURO光10Gをただ導入すれば最速体験できると思ってませんか?

診断コンテンツバナー コンシェルジュバナー
NURO光10Gをただ導入すれば最速体験できると思ってませんか?
NURO光-10G-世界最速サービスまとめ-エリア-実測値-対応ルーター

最大10Gbps!世界最速タイの光通信


「世界最速のNURO光を早く導入したい!」とスペックに興奮されている方も多いのではないでしょうか。

NURO光は2013年にも世界最速の通信サービスとしてNURO光2Gを発表していますが、10Gプランは理論上2Gプランのさらに5倍の通信速度を持つことになります。

しかし結論から言うと、現時点では、一般ユーザーがその速度を体感するのは難しいと言えます。

よほど速度が必要なプロユースの方を除き、料金面やサービス面でNURO光10Gよりも2Gサービスのほうがおすすめです。

そこでNURO光について徹底的に調査した当サイトが、NURO光10Gプランと2Gプランとの速度の違いを実感できるか、通信速度の実測値はどの程度かといった情報を紹介します。

月額料金およびキャンペーン情報もご紹介しながら、NURO光10Gプランが正直おすすめとは言えない理由を解説します。

それでは、まずはNURO光10Gサービスの基本情報を確認しましょう。

NURO光10Gサービスとは?

NURO光はプロバイダSo-netが光回線とプロバイダ両方を提供する光回線サービスです。

中でもNURO光10Gsプランは、月額100ドル(約11,000円)未満の個人宅向けFTTH(光ファイバーを利用したデータ通信サービス)として通信速度世界1位タイの「世界最速インターネット」です。

現在NURO光で契約できる高速通信プランは2G・10G・10Gs・6Gsの4種類。

4つのプランを分かりやすく比較する手段として、以下の表ではNURO光の各プランの最大通信速度を記載しました。

プラン 通信速度(下り) 通信速度(上り) 規格
10G 10Gbps 2.5Gbps XG-PON
10Gs 10Gbps 10Gbps XGS-PON
6Gs 6Gbps 6Gbps XGS-PON
2G 2Gbps 1Gbps G-PON

表からそれぞれの違いについて詳しく解説します。

「10G」と「10Gs/6Gs」プランの違い

なぜ10Gと10Gs同じ速度のものがあるの?という疑問に簡単にお答えすると通信規格の違いになります。

かなり専門的な話になってしまうため詳しい説明は省きますが、通信規格によって最大速度に違いがあります。

「10Gs/6Gs」はともに、上りも下りも同じ、「10G」は下りは10Gですが、上り速度は2.5Gbpsと他と比べて遅いという特徴があります。

また両プランともに提供エリアにも違いがあります。

提供エリアを確認

各プランの提供エリアを確認していきましょう。

実は、NURO光の提供エリア=すべてのプランに申し込めるわけではありません。

NURO光の提供エリア
2G
北海道・関東・東海・関西・九州エリアの一部。

10G
2ギガサービスの対象エリアのうち東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、奈良の一部

10Gs/6Gs
北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡)の一部エリアとなります。

このように10G/10Gs/6Gsプランはそれぞれ2Gプランから、さらに限られた地域限定のサービスとなります。

10Gsプランと共通することとしてNURO光のサービス対応エリアは拡大途中です。

また県単位ではエリア内でも細かい市区町村単位では回線工事の問題でNURO光を利用できないケースがあるので注意が必要です。

住居による制限

現在NURO光の導入条件は、下記の通り。

2Gプラン:一戸建てかマンション(制限なし)

10G・10Gs・6Gsプラン:一戸建てか5階建て以下のマンション

であることが導入条件となっています。

導入を検討している建物がNURO光対応エリアかどうかは、NURO光公式ホームページから確認できます。

ここまでプランごとに、速度の理論値や提供エリアについて確認してきました。

続いては、10Gサービスの実測値を徹底的に解説しますので確認していきましょう。

10Gプランの実測値を比較

世界最速を名乗るだけあって、NURO光10Gサービスの最高速度はダントツで高いものです。

「導入さえできれば世界最高速度を体験できる。」と思われがちですが、これは間違いです。

対応端末が限られている

まず前提として先程紹介したNURO光が提供する最大通信速度は、光ファイバーケーブルから住宅にあるONU(ルーターのようなもの)までの速度を指します。

ONUまでは高速で通信しても、実際にPCやスマートフォン側の機器が対応していなければ、NURO光の10G・10Gsプランを使うときでも通信速度は10Gbpsを下回ります。

現状、一般的に販売されているPCの有線LANカード(1000base-T)は最大1Gbpsまでしか対応していないため、そのままでは十分に10Gプランの速度を体感できません。


PCを1台10Gbps対応にするには、1~4万円するLANをつなぐカードを付け替え、対応ケーブルを購入する必要があります。

すべてを揃えると下記のように驚異的なスピードがでます。


PCでもメーカー純正品やスマホなどの無線機器はそもそも改造できないようになっている場合がほとんどです。

次にスマホや、タブレット、ノートPCなど無線接続(WiFi)する場合を確認していきましょう。

2G 10G 10Gs 6Gs
通信速度(下り) 2Gbps 10Gbps 10Gbps 6Gbps
無線通信速度 1.3Gbps 1.3Gbps 1.7Gbps 1.7Gbps

NURO光を新規契約すると高性能なWifiルーターがレンタルできますが、最大通信速度は2Gプランと10Gプランで最大1.3Gbpsまで、最新の10Gs/6Gsプランでも1.7Gbpsまでです。 です。

つまりいくらONUまでの最大速度がどれだけ速くても、そこからWiFiで飛ばせる速度が決まっています。

こちらも同様に機器を買うことができますが、1.7Gbps以上の速度対応ルーターを買おうとすると4万前後します。

またiPhone11でもWiFiの最大受信速度は1.2Gbpsとされていますので、オーバースペック十分に活かすことができません。


このようにWiFiルーターやこれを受信する機器のスペック以上の実測値は出ないのです。

10Gbps対応の通信機器をそろえれば通信速度は上がります。しかし現時点では対応していない機器が多い、また費用対効果の点であまりおすすめしていません。

どうしても10Gプランを有効活用したい場合は、PCショップあるいは家電量販店などに相談してみましょう。

実際に10Gを考えていた方も、諦めて2Gプランにした例はたくさんあります。


ここまでを踏まえると、NURO光の2Gプランと10G・10Gsプランで通信速度の差を実感するには、回線だけでなく機器側の対応も必要ということがわかって頂けたかと思います。

では2Gの速度でも問題ないのでしょうか?

2ギガプランでも十分な速度が出る

まずは2Gプランを使っているユーザーが測定した速度を見てみましょう。


環境次第にはなりますが、2Gプランでもここまでの実測値がでているユーザーが多数いらっしゃいます。遅くても100-200Mbps以上は出ているユーザーがほとんどです。

実際に通信速度が必要だと思われる場面ではどれくらいのスピードが求められるのでしょうか?

現状、かなり通信速度が必要と言われている下記の動画サービスでストリーミングした場合、1番高画質の設定にした場合も実測値で下り15-100Mbpsほどあれば快適に利用できます。

サービス 画質 推奨速度
Youtube 4K 25-40Mbps
8K 80-100Mbps
Amazonプライムビデオ UHD(超高画質) 15Mbps
Netflix UHD 4K画質 25Mbps

このように、NURO光でレンタルするWifiルーターであれば実測値は100~900Mbpsほどになるので、一般的な用途であればNURO光の2Gプランの通信速度は十分だといえます。

将来的に5G向けのリッチコンテンツが増えれば、10Gプランがおすすめできるようになる可能性はありますが、現在NURO光を契約するなら、費用対効果の良い2Gプランがおすすめです。

続いては、料金面を確認していきましょう。

NURO光各プランを料金で比較

NURO光が提供している各プランは、それぞれ月額料金や工事費、キャンペーン内容などが異なります。

それぞれを比較してみましょう。

2G 10G 10Gs 6Gs
月額料金 4,743円 6,480円 5,743円 5,243円
初期工事費 40,000円 40,000円 60,000円 60,000円
契約解除料 9,500円 9,500円 20,000円 20,000円
契約期間 2年 2年 3年 3年

上記について詳細を確認しましょう。

月額料金が高い

前述のように高額な対応機器を揃えない限り10Gという速度を最大限活用できませんので、月額料金は安いに越したことはありません。

2Gプランと比べると10Gsプランは月額1,000円の差、10Gプランは月額1,737円も差があります。

体感できる速度がほとんど変わらないとすれば、この料金の差は大きいですよね。

工事費実質無料も、支払い期間が長い

工事費もNURO光10Gs/6Gsプランは、2G/10Gプランより総額20,000円高くなります。

キャンペーンにより工事費が実質無料になりますが、割引期間に注意です。

2G/10G 10Gs/6Gs
工事費 40,000円 60,000円
分割期間 30ヶ月 60ヶ月
契約期間 24ヶ月 36ヶ月

このように契約期間終了時には、工事費の支払いが終わっていません。

工事費の支払いが終わる前に解約する場合、残債を支払う必要があります。

例:10Gs/6Gsプランで36ヶ月目に解約した場合
24ヶ月分の残債1,334円×24ヶ月=32,016円

長期間使う場合は問題ありませんが、5G時代が来たらどうなるかわかりませんので、短いに越したことはありません。

契約解除料が高額

継続契約期間中にNURO光を解約してしまうと、20,000円の契約解除料を請求されてしまいます。

なお、契約解除料の対象となる期間は、10Gs・6Gsプランは3年間、2G・10Gプランは2年間です。

10Gs・6Gsプランは期間が長いことと、解除料の高さがネックです。

NURO光では開通月を1か月目としているので、3年なら37か月目、2年なら25か月目に解約申請をすれば契約解除料はかかりません。

最後にキャンペーンの違いを確認していきましょう。

キャンペーン

それぞれのプランのキャンペーンは下記の通り。

キャンペーンは月ごとに変わることがありますので注意。

プラン キャンペーン内容 割引額
10G ・初月無料
・2~12ヶ月目
2,500円割引
33,980円
10Gs ・初月5,743円無料
・2ヶ月500円
(ワンコイン)
16,229円
2G ・キャッシュバック 45,000円

このようにキャッシュバック額で見ても、NURO光2Gプランが1番お得になります。

以上のように、NURO光のプランを総合的に比較してきました。

NURO光2Gサービスがおすすめ

NURO光世界最速10Gサービスについていかがでしょうか?

ルーターや、PCなどすべてを10Gbps対応機器に揃えれば、間違いなく快適に使えるすばらしいプランです。

しかし10G対応機器は揃えるのに費用がかかるのと、現時点では対応機器が少ないことから2020年4月現在は、全力でおすすめしておりません

5Gの時代が来て、高画質動画がどこでも求められるようになるまでは、スマホなど受け取る側が対応していないという点で、NURO光2Gプランをおすすめしています。

それまでは安い料金、高額なキャッシュバックキャンペーン、十分な通信速度がでるNURO光2Gプランで十分快適な通信環境を実現できます

NURO光2G
サービスの詳細