プロバイダ比較と乗り換えについて


現在、使っているプロバイダに満足いかずに乗り換え!という方も多いでしょうが、長年契約している方も最新プランに乗り換えたほうがお得のケースがあるので、契約の見直しがおすすめ。

というのも昔に契約したプロバイダは、料金設定自体も昔のままのため、新しいプランに乗り換えたほうがお得なことが多いのです。 特に!現在のインターネット契約のトレンドは「回線とプロバイダが一体となった契約に乗り換え」というのをお忘れなく。

NURO光やauひかりではもともとプロバイダと回線が一体となった契約ですが、フレッツ光ではプロバイダ契約が別途必要。しかし、光コラボの登場でプロバイダ込のお得な契約に工事なしで乗り換え可能に!

auひかりではプロバイダのみの乗り換えはできず新規契約が必要なので、こちらではプロバイダのみ乗り換え可能な、フレッツ光でのプロバイダ乗り換えに特化してご紹介いたします。


  • 乗り換えの方法
  • キャンペーンをお忘れなく
  • 乗り換え手順の注意点
  • プロバイダ開通後の設定変更
  • おすすめのプロバイダは?



プロバイダの乗り換えの方法は?

まずは基本的なプロバイダ乗り換えの手順をみていきましょう。今回はフレッツ光回線でのプロバイダ乗り換えの解説をいたしますが、その際にトレンドを再確認いたしましょう。

プロバイダと回線の一括契約。それが可能なのが光コラボを利用しての乗り換え。 ということ。

この場合、まず必要な手順がNTTフレッツ光から転出番号をもらうこと。
これはいわば携帯でいうMNPのようなもので、NTT回線は使いますが契約が他社(光コラボ事業者)になるので、転出番号をとる必要があります。

そして次に、新規契約ではなく「転用」で光コラボに乗り換えです。新しい契約を光コラボに乗り換えて結ぶのでが、フレッツ光回線自体は継続利用しますので、工事費用もいらず、乗り換えが可能。これを回線から新しく引き直す新規契約と分けて「転用」といいます。

この契約の際に先ほど取りました転出承認番号を伝える必要があります。その後、契約が完了次第NTTフレッツ光から光コラボへ乗り換えは完了です。といいたいのですが、これで終わりではないのでご注意を。

乗り換え後の契約では回線とプロバイダ込みになりましたが、以前はプロバイダと別途契約でした。そうです。まだ、以前契約していたプロバイダ契約を終了していません。

フレッツ光とは自動的に光コラボに乗り換えが完了したら契約が止まりますが、プロバイダはそうではありません。(以前利用していたプロバイダの光コラボに乗り換えは継続契約なのでそのまま)

となると、もちろん解約金がかかるということ。ですので、契約の見直しといっても回線契約は光コラボへの乗り換えで解約金は不要ですが、プロバイダとの契約期間をお忘れなく

さらに!
プロバイダとのメールを利用している方でそのままメールを使いたい方。
乗り換えの際にプロバイダを完全に契約解除するメールが使えなくなります。

でも、お得にネットも使いたくて、メールも継続して使いたい。
そんな方のために!メールのみ継続利用できるプランがあるのです。

メールアドレスのみ旧プロバイダ契約


メールアドレスが変わったことを知人達に知らせるためにも、1か月ぐらいは新しいプロバイダと旧プロバイダを併用するのが良いでしょう。

どうしても、以前のメールアドレスを継続して使いたいのであれば、旧プロバイダのサービスをメールサービスのみのプランに変更すること(月額200円〜400円)をおすすめします。



キャンペーンをお忘れなく

特に新しいプロバイダにこだわりがないようであれば、『キャンペーン』の内容でプロバイダを決めるのも良いでしょう。 各社とも顧客獲得のためにあらゆる乗り換え特典サービスを展開しています。

しかし、新規契約ではなく転用の場合、キャンペーン内容は劣りますが、その分工事費用はありませんので、少しお得に乗り換えられると思うくらいがいいでしょう。

そんな中で、光コラボへの乗り換えでキャンペーンが安定してお得なのはSo-netの光コラボ。光コラボ全体で、新規ですらそこまでお得なキャンペーンがありませんが、So-net光コラボではこと比べるとキャッシュバックが多いです。

プロバイダとしても顧客満足度は長年この業界でトップクラスなので速度環境も非常に良いです。大手のSONY系列ということもあって非常にサポートも安心。

もしくは、光コラボの最大の特徴としてはプロバイダ事業者以外にもサービス提供が可能ということ。その代表例が携帯キャリア。そしてその携帯とのセット割引が非常に魅力的。

ドコモ、ソフトバンクは独自の光コラボを展開していますが、キャンペーン以上にセット割がお得なので、携帯の利用料が多い方はおすすめ。

他にもOCN光などはプロバイダ事業者でありながら格安スマホも展開し、ネットとスマホのセット割を展開。auはauひかりがあるので、光コラボを持っていませんが、代わりに先ほどご紹介したSo-net光ではauスマホとのセット割があります。

プロバイダの乗り換えには光コラボがおすすめですが、その中でもあなたがどれくらいネットを使いたいか、スマホは何か、どんなオプションをつけたいか。これらに複数の要因が関わってきます。

契約時の手順の注意点

ここでは具体的な乗り換えの手順について、注意したいポイントをご説明しましょう。 まず、乗り換えの際にインターネットが使えなくなる期間がないように考慮する必要があります。

新しく光コラボに転用して、新しいプロバイダへの乗り換えを先に行ってください。旧プロバイダの退会処理の前に、行うとネットが使えない期間がでてきます。

プロバイダの契約期間が多少重複してしまいますが、 使えなくなることを考慮すると先に乗り換える先である光コラボに入会しプロバイダ契約を結ぶことをおすすめします。

また、使用していたプロバイダによっては、プロバイダ料金と回線使用料がプロバイダより毎月引き落としの場合があります。 その場合は、NTTに連絡して支払方法を変更してもらう必要もでてきますので、お使いのプロバイダと回線業者の支払い形態をチェックする必要があるでしょう。

プロバイダ開通後の設定変更

プロバイダの乗り換えが設定したら、パソコン側での乗り換え設定が必要になります。 回線は既存のものをそのまま使いますので、設定はさほど難しくはありません。

基本的には使用するパソコンにプロバイダIDを入力するだけの事です。簡単ではありますが、下記に説明させていただきます。

Internet Explorerを例に説明しますと、ブラウザを開きますと上部にファイル、編集、表示、お気に入り、ツール、ヘルプなどの項目があります。

ここのツールをクリックし、インターネットオプションを開いてください。

インターネットオプションが開きますと、『接続』のタブをクリックします。そして、『セットアップ』をクリックしてください。

ここからはお使いのWindowsのバージョンにより若干違いますが、XPの場合は接続ウィザードが出てきます。

そこから画面の指示通りに進めましょう。インターネットアカウント情報の場面は、プロバイダから渡されたIDを入力します。Windows7の場合はセットアップをクリックするとIDは自動的に設定されているケースが多いです。その後のインターネットアカウント情報ではプロバイダIDを入力して終了です。

あとはパソコンを再起動して設定が完了です。



おすすめのプロバイダは?

ここまでプロバイダ乗り換え、特にお得な光コラボへの乗り換えを中心にご紹介してきましたが、ご契約内容とこれからの利用環境を考慮してベストな選択をしたいですね。

それではおすすめのプロバイダ、光コラボはなんなのか。
ということですが、これは人によって幅広く異なります。

先ほど、述べたように大きくわけて、プロバイダ系と携帯キャリア系の2種類があります。

どちらにしても、乗り換えたいプロバイダ、乗り換え後の料金(携帯代も含めて)、サポート、オプションなどご利用になるあなたの環境をしっかり把握して光コラボを選ぶのをおすすめします。

ここまで乗り換えに関してご紹介してきましたが、いかかでしたでしょうか。
乗り換えに関してさらに詳細な情報を具体的にご覧になりたい方、もしくは乗り換え先の光コラボを先に決めたいという方は、それぞれ下記詳細ページを参考にしてください。

光コラボ詳細

プロバイダ乗り換え詳細