このエントリーをはてなブックマークに追加

プロバイダ徹底比較TOP20

@nifty(ニフティ)の基本知識

niftyの画像

@nifty(ニフティ)は、ADSL、光ファイバー回線、高速モバイル無線通信などの提供を行う富士通グループのニフティ株式会社によって運営されているインターネット接続サービス提供プロバイダです。

光ファイバー回線においても、NTTによるフレッツ光とKDDIによるauひかり、そして中部テレコミュニケーションによるコミュファ光にも対応していますので、これらにより全国の殆どのエリアに対応して展開しています。 光ファイバー回線の利用を行うインターネット接続サービスのプロバイダの中でも低価格クラスに入るプロバイダです。

@niftyでは、どの会社の光ファイバー回線の契約プランにおいても、様々なパックプランにより、月額使用料の支払いを一括にできるので便利です。

また、wimaxなどのモバイル端末サービスも展開しており、『年間パスポートサービス』プランであれば、月額3,670円でwimaxサービスが利用できます。
さらに、auスマートバリューの適用でauのスマートフォンをお使いであれば、スマートフォンの料金も毎月934円の割引が適用されます。

話題のWiMAX2+を@niftyで契約すると

値段

  • @nifty WiMAX2+ 使い放題プランは2年間の利用で合計66,290円と非常に安い価格に設定されています。大手プロバイダの中では最安値となっており、安定性に優れた低価格高品質のとてもおすすめできるプランです。

  • 月間7GB制限有りのプランも2年総額、52,011円と非常にお求めやすくなっています。
    しかし、今年2月の変更によってauと契約している携帯電話をお持ちの方だけがこのサービスを利用できるようになりました。

キャンペーン

                        ipad_sonetたったの1円
  • 契約時に@niftyレンタルサービスに入会すると、I pad mini(16GB)が月額1円でレンタルできます。また買い取りオプション付きで、最低24ヶ月の使用が義務となっています。
    【24ヶ月後に買い取りオプションを実行した場合、たった約2,600円(@niftyに電話調べ)】
    もしくは、@niftyレンタルサービスへの入会なしでも15,000円のキャッシュバックが受取可能。

サービス

  • 月額96円でグローバルIPオプションが利用可能。
    @nifty WiMAXは3月末から順次、グローバルIPからプライベートIPへ移行します。この移行によって不具合が発生する方はサービスへの参加を推奨します。
    (グローバルIPアドレスとは、PC一台に対し、一つのユニークなIPアドレスが割り振られ、決して重複して存在することはありません。一方、プライベートIPアドレスは、アドレスが一意ではないということです。)


低価格でも充実したセキュリティで安心

@niftyの魅力は、低価格クラスの利用料ということだけではなく、セキュリティ対策がしっかりしているということも大きな魅力の1つとなっています。

常時安全セキュリティ24という提供サービスでは、ウイルスの対策はもちろんのこと、不正侵入の防止対策、フィッシングの防止対策、スパイウエアの対策、無線LANの盗聴防止対策等、ネット上の様々な安全を守るために@niftyのセキュリティセンターにより24時間セキュリティ保護のための監視をしっかり行ってくれます。

初心者でも安心のサポート体制

@niftyは、サポート体制が充実していますので、インターネットやパソコンに不慣れな初心者等の方でも利用できるように、しっかりバックアップしてくれますので安心です。

また、@niftyの提供サービスの1つでもある出張設定サポートにより、@nifty申し込み後の回線開通時のインターネット初期設定における複雑な機材配線やパソコン設定も専門スタッフの訪問により行ってもらえますし、このサポートも無料になるキャンペーンも随時行われているようです。

ID取得だけですぐ使える便利なニフティクラウド

@niftyの他社にはない特徴に『ニフティクラウド』と『呼ばれるクラウドサービスがあげられます。

大手企業などの導入実績も多く、ビジネスでの使用には最適。初期費用も無料で始められるため、会社でのネット環境を整えたあとのオプションサービスのように利用できます。

法人を設立で、これからネット環境の構築が必要な場合は、ここでクラウドまで一括で導入してしまうのがよいでしょう。

ID取得だけですぐ使える便利なニフティクラウド

@nifty(ニフティ)の解約について

@niftyのプロバイダ解約は、@niftyのサイト上から行えます。会員IDの入力を求められますので、事前に用意しておきましょう。

また、@niftyの解約には、2種類の方法があり、ニフティサービスに関するすべてのサービスを解約する方法と、IDやメールアドレスを残して インターネット接続に関するものだけを解約する方法があります。

メールアドレスを仕事などでお使いで解約すると困る場合には残しておくほうが良いでしょう。


@niftyの公式サイト
ニフティの画像